荒木と上田のゴールで鹿島が勝利!好調の横浜FM相手にシーズンダブル達成【明治安田J1第27節】

2021.08.28 21:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第27節、横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが28日に日産スタジアムで行われ、0-2で鹿島が勝利を収めた。

横浜FMは前節、サガン鳥栖にアウェイで4-0の大勝。これで4連勝となり、首位の川崎フロンターレとの勝ち点差は「1」になった。だが、今日の相手は、前半戦で5失点を許した鹿島。2年ぶりのリーグ優勝を目指すために、この高い壁を乗り越えたいところ。

一方の鹿島も、前節の清水エスパルス戦に4-0で勝利している。中断空けのリーグ戦を3勝1敗としており、熾烈な3位争いを繰り広げている最中だ。更に、横浜FM相手には公式戦5連勝中。首位を目指して勢いに乗る相手を食い止めることが期待される。

試合は10分頃から横浜FMがボールを保持しつつ、鹿島がミドルプレスからのカウンターを狙うという、大方予想通りの展開に。すると15分に鹿島が先制。自陣からのFKの処理を相手が誤ると、そこに抜け出した土居が右サイドからクロスを送り、タイミング良く合わせた荒木がネットを揺らし、アウェイで先にリードを奪った。

スコアが動いても両チームの動向は変わらず。横浜FMが両SBを高い位置まで上げて、人数をかけて押し込んでいく。後方にはセンターバックの2人だけを残して、リスクをかけてゴールを狙いに行った。

これに対して鹿島は崩されながらも、最後のゴール前で辛抱強く耐え続ける。何度か危険なシュートを打たれるも、コースにブロックに入って枠内シュートを未然に防いでいく。すると30分に待望の追加点を決める。

自陣でクロスをインターセプトしてピトゥカに繋げ、相手センターバックの裏に抜けた上田へスルーパス。これを受けた上田はボックス中央でGK高丘の股を抜き、リードを広げた。

これで2点差とされた横浜FM。それでもボールは保持しつつサイドハーフへのパスをスイッチに攻撃を加速させる。サイドバックやボランチが目まぐるしく動き、相手ゴールへと迫って行く。しかし、鹿島がクリーンな形でシュートを許さず。狙い通りの形から2点を奪い、上々の出来で試合を折り返した。

得点が必須の横浜FMは、後半の序盤に3枚替えを敢行。仲川、前田、レオ・セアラを下げてエウベル、水沼、杉本を投入した。この交代直後、鹿島は得点を挙げた荒木と上田を下げてエヴェラウドとレオ・シルバを投入。まだ64分ではあったが、守勢を許容する意思決定を下した。

そんな中72分、ホームチームに決定機。中央に切り込んだエウベルからのスルーパスに反応した水沼がゴール前に。しかし、GK沖にブロックされてしまい、ゴールネットを揺らせなかった。

堅い守備を見せる鹿島は、時間が経つにつれて横浜FMの攻撃に慣れていく。前半から続いていた相手のサイドバックとサイドハーフを同時に動かすという一貫した前進に対応できるようになり、次第にピンチを迎える回数は減っていった。

その後も相手の攻撃を防ぎ続けたアウェイチームは、MFのピトゥカに代えてDFの安西をピッチに送り出す。完全に守り切るプランに変更し、要所要所で時間をかけて、笛が鳴るのを待つ。

結局、そのまま0-2で試合終了のホイッスル。鹿島が好調の横浜FM相手にシーズンダブルを達成した。一方の横浜FMは連勝が途絶え、川崎との勝ち点差は再び「4」に広がっている。

横浜F・マリノス 0-2 鹿島アントラーズ
【鹿島】
荒木遼太郎(前15)
上田綺世(前30)


関連ニュース
thumb

J2降格の仙台、暫定指揮の原崎政人監督が来季も続投決定「自分たちの責任は必ず自分たちで取り返す」

ベガルタ仙台は3日、2022シーズンに関して原崎政人監督(47)が続投することで合意したことを発表した。 原崎監督は、現役時代はベルマーレ平塚や大宮アルディージャ、ベガルタ仙台でプレー。引退後は、大宮の下部組織でコーチを務めた他、東洋大学、仙台、V・ファーレン長崎でも指導。ユースからトップチームまで幅広い経験がある。 今シーズンからヘッドコーチに就任していたが、11月23日に成績不振の責任を取り手倉森誠監督が退任。暫定監督としてシーズンの残りを指揮することが発表されていた。 チームがJ2に降格した後の就任となったが、そのJ2で戦う2022シーズンを指揮することとなった原崎監督は、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズン、指揮を執ることになりました、原崎政人です。コロナ禍で制限のある中、いつもベガルタ仙台を応援してくださり、また支えていただき、本当にありがとうございます」 「今シーズンはファン、サポーター、スポンサー、クラブに関わる全てのみなさまに辛い思いをさせてしまい、申し訳ありません。2週間ではありますが、監督として指揮を執っております」 「選手たちは私の練習に果敢にチャレンジし、真剣に取り組んでくれています。J2降格という結果をしっかりと受け止め、自分たちの責任は必ず自分たちで取り返すという思いを持って来シーズンを戦います」 「ベガルタ仙台を応援してくださる全てのみなさまへ。まずは最終戦、来シーズンに繋がる熱い試合をお見せします。ぜひ一緒に戦ってください。応援よろしくお願いいたします」 また、佐々木知廣 代表取締役社長も原崎監督の続投にコメントしている。 「2022シーズンのトップチームの指揮について、原崎監督に委ねることといたしました。原崎監督は、ベガルタ仙台のスタッフとして、トップチームからアカデミーまで指導歴が長く豊富であり、選手としても在籍し、クラブへの思いが強い指導者です。妥協しないトレーニングと、きめ細やかにコミュニケーションをとるスタイルで、チームを強くまとめあげていってくれるものと思います」 「明日には最終戦を控える状況ですが、来シーズンの戦いでJ1復帰を果たすことを第一の目標に、そして将来につながるサッカースタイルを確立していくためには、1日でも早くスタートする必要があると考え、続投を発表いたしました。ファン、サポーター、スポンサーのみなさまには変わらず、熱い応援を何とぞお願いいたします」 2021.12.03 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「たまにいる」札幌・チャナティップが雪の中でも半袖短パンの中島大嘉とツーショット、見ている方が「寒いって」

北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップ・ソンクラシンがチームメイトと練習場の雪を堪能した。 11月19日に平年より遅めの初雪を観測した札幌市。札幌管区気象台の報告によれば、札幌市では2日13時の段階で14cmの積雪が確認されているとのことだ。 もちろんコンサドーレの練習場・宮の沢にも雪が積もることに。そのトレーニング上でテンション高く写真に納まる2人の姿が公開された。 チャナティップは自身のインスタグラムに、今季国見高校から加入したルーキーFW中島大嘉との写真を投稿。中島の頭に雪の塊を載せサムアップを決めるチャナティップは、手袋にネックウォーマー、ニット帽と防寒対策は万全だ。 対して中島は、タンクトップにハーフパンツ、素手という出で立ち。見ているファンも「寒いって(笑)」と、中島の姿に突っ込まざるを得なかった。また、「たまにいる。真冬に半ズボンの少年」、「若いっていいねぇ」、「風邪ひかないように(笑)」などのコメントも寄せられている。 いよいよ4日に最終節を迎える明治安田生命J1リーグ。10位・札幌はアウェイで最下位・横浜FCと対戦する。今季のラストゲームを勝利で締めくくることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】防寒バッチリのチャナティップと半袖短パンの中島、雪上のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chanathip Songkrasin(@jaychanathip)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦のピッチを後にする大久保を名古屋GKランゲラックも労う、セレッソサポとともに拍手を送り続ける

名古屋グランパスの元オーストラリア代表GKランゲラックも、ピッチを去る功労者に敬意を表した。 11月27日、明治安田生命J1リーグ第37節セレッソ大阪vs名古屋グランパスの一戦がヨドコウ桜スタジアムで行われた。 C大阪にとってのホーム最終戦で、今シーズン限りでの現役引退を表明している元日本代表FW大久保嘉人も先発出場。ゴールこそ奪えなかったが精力的にボールを引き出し、80分に交代を告げられた。 会場からは惜しみない拍手が送られる中、ランゲラックも日本を代表するストライカーへの敬意を示す。ゴール裏に陣取るC大阪サポーターとともに拍手。大久保がピッチを後にするまで手をたたき続けた。 また、ランゲラックだけでなく、日本代表DF中谷進之介らも大久保の元へ駆け寄って労いの握手を求めるなど、チームの垣根を越えて相手をリスペクトするスポーツマンシップにファンも感銘を受けた様子だ。 「人としても素晴らしすぎる」、「拍手するランゲラックも握手しに行く中谷も最高よね。大久保選手お疲れ様でした」、「ランゲラックもそうやけど名古屋の選手の大久保へのリスペクトがほんまに泣きそうやった」など、大久保への労いの言葉とともに名古屋の選手を称える声が寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ホーム最終戦のピッチを去る大久保に、ランゲラックも惜しみない拍手を送る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>スタンドからは大きな拍手が<br>\<br><br>今シーズン限りでの引退を発表した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%98%89%E4%BA%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大久保嘉人</a> 選手。<br>ヨドコウ桜スタジアムのピッチでのラストプレーでした<a href="https://twitter.com/crz_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@crz_official</a> <a href="https://twitter.com/Okubonbon13?ref_src=twsrc%5Etfw">@Okubonbon13</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/pMSBEked4H">pic.twitter.com/pMSBEked4H</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1465977722476404736?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

清水DFエウシーニョ、今季3度目の左内転筋肉離れで離脱…治療のため帰国

清水エスパルスは2日、ブラジル人DFエウシーニョの負傷と帰国を発表した。 クラブの発表によると、エウシーニョは11月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第36節のサンフレッチェ広島戦で負傷した。 検査の結果、左内転筋肉離れと診断。全治までは6~8週間を要する見込みとなり、治療のためにブラジルへ帰国したとのことだ。 エウシーニョは、6月に左内転筋肉離れで離脱すると、8月にも同じ箇所を負傷し離脱。再び復帰したが、またしても同じ箇所を負傷してしまった。 今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで12試合に出場し1得点を記録していた。 2021.12.02 15:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly