ドイツ代表の復活について語るハヴァーツ「世界の頂点に返り咲くことができる」

2021.08.27 16:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが母国の復活について語った。

ドイツ代表は2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)と2017年のコンフェデレーションズカップで優勝を果たし、黄金期を迎えた。しかし、その後はユーロ2016で準決勝敗退、2018年のロシアW杯でグループステージ敗退と思うような成績を残せていない。

ハヴァーツ自身は19歳で2018年9月にA代表デビュー。先のユーロ2020でも4試合で2ゴールを決める活躍を見せたが、チームはイングランド代表に敗れてラウンド16で姿を消している。

そんな中、ドイツ『ビルト』のインタビューで、2022年に開催されるカタールW杯の優勝に向けて必要なことを聞かれると、近年の代表の低迷に触れつつも、世界王者の奪還に自信をのぞかせた。

「ここ数年の成績は良くなかった。だからこそ、多くのことを変えていかなければならない」

「とはいえ、僕たちはスーパープレーヤーを擁する非常に優れたチームであることを確信している」

「この何年かでチームは急激な変化を起こし、多くの選手が出てきた。それは僕にとって刺激になったよ」

「かつての強さを取り戻し、1試合、1カ月ごとに勝利のメンタリティを築いていかなければならないんだ」

「2022年のW杯での優勝には長い道のりがあるけど、チームの質と層を疑う人はいない。僕たちは世界の頂点に返り咲くことができる」


関連ニュース
thumb

日本代表と1月に対戦する中国代表、李鉄監督が突如辞任

中国サッカー協会(CFA)は3日、中国代表の李鉄(リー・ティエ)監督(44)の辞任を発表した。なお、後任には李小鵬(リー・シャオペン)氏(46)が就任する。 李鉄監督は、現役時代はプレミアリーグのエバートンでプレーし、中国人として初めてのプレミアリーガーになった実力の持ち主。当時のデイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム)の信頼を得て、トーマス・グラベセンとボランチでコンビを組んだ。 その後、ケガの影響で出場機会を失うと、シェフィールド・ユナイテッドへと移籍するも、ここでも出番はなし。その後中国へと戻って現役を引退した。 河北華夏(現:河北FC)や武漢卓爾(現:武漢FC)で監督を務めた後、2020年からマルチェロ・リッピ監督の後任として中国代表監督に就任。カタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指すチームを率いていた。 2次予選を勝ち抜いた中国は、最終予選で日本代表と同じグループBに所属。ここまで6試合を戦い、1勝2分け3敗で5位と苦しい戦いを続けていた。 来年1月27日には日本代表と対戦する予定だったが、CFAは李鉄監督が数日前に辞任を申し出たとし、それを承認したと発表した。 後任となる李小鵬氏は、元中国代表の選手で、中国女子代表や青島中能、山東泰山などで監督を務めていた。 2021.12.04 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

5つ星ホテルも内包、カタールW杯開幕戦の会場がついにお披露目

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦が行われるアル・ベイト・スタジアムが完成し、こけら落としとなる試合が行われた。 W杯に向けての工事が行われていたアル・ベイト・スタジアム。ついに施工完了となり、11月30日にW杯のリハーサル大会とされているアラブカップ2021のカタール代表vsバーレーン代表の会場として使用された。 ドーハの北約40kmに位置し、収容人数は6万人。カタール国内ではルサイルスタジアム(8万人収容)に次ぐ、2番目の規模となっている。 遊牧民の使うテントをモチーフにした外観で、目玉の1つはスタジアム内に組み込まれている豪華な5つ星ホテルだろう。ピッチを望む展望席の付いたスイートルームが96部屋あり、W杯期間中は"スカイボックス"と銘打たれて使用されるとのこと。もちろん、大会終了後には通常のホテルとして利用される計画だ。 西アジアで初めて開催されるカタールW杯の開幕戦は、2022年の11月21日に行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】カタールW杯開幕戦の会場がついに完成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> An astounding opening ceremony at Al Bayt stadium as the crowds gather for Qatar&#39;s first <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFArabCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFArabCup</a> match, against Bahrain <a href="https://t.co/UMbtACbZLT">pic.twitter.com/UMbtACbZLT</a></p>&mdash; Road to 2022 (@roadto2022en) <a href="https://twitter.com/roadto2022en/status/1465726356197720067?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

かつて日本代表監督候補にもあがったペケルマン氏、W杯南米予選最下位のベネズエラ代表監督就任

ベネズエラサッカー連盟(FVF)は、ベネズエラ代表の新指揮官にホセ・ペケルマン氏(72)が就任することを発表した。 ベネズエラ代表は、ホセ・ペセイロ監督が今年8月に解任。レオ・ゴンサレス氏が率いていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選を戦うベネズエラだが、ゴンサレス監督の下では8試合を戦い1勝7敗と大不振。予選最下位に位置している。 ペケルマン氏は、世界的な名将として知られ、アルゼンチン代表やコロンビア代表を指揮。コロンビアでは、2度のW杯に出場するなど、代表チームの復活に寄与していた。 過去には日本代表監督の候補にも浮上したことがあり、引くて数多の指揮官だったが、ロシアW杯後に退任。その後はフリーだった。 契約期間は5年間。2026年に行われるアメリカ、カナダ、メキシコが共催するW杯まで指揮を執ることとなる。 ペケルマン氏は監督就任に際してコメントしている。 「歓迎していただき、ありがとうございます。自分が正しい場所にいることがわかりました」 「我々は熱意を持つことから始めている。希望は我々が持っている目標で開かれる。代表チームに明日はない。選手は今日のことを考えなければならない」 2021.12.02 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

オフサイド判定が半自動化? FIFAが新テクノロジーを試験運用、W杯で採用も

国際サッカー連盟(FIFA)は29日、オフサイドに関する新たなテクノロジーの試験運用を行うことを発表した。 これは“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”とされ、審判がより正確なオフサイドのジャッジを行えるためのテクノロジーとのこと。10台から12台のカメラを使用し、1秒間に50回、全ての選手の最大29個のデータポイントを収集するというものだ。 この技術によりオフサイドの可能性が発見されると、最終判断を下すビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られるというものだ。 半自動オフサイドの技術は、11月30日にカタールで開幕するFIFAアラブカップで試験運用されるとのこと。FIFAアラブカップは。アラブ地方の16カ国が参加する大会で、カタール・ワールドカップ(W杯)のリハーサル大会として開催。運用次第ではW杯本大会でも採用される可能性があるという。 かつて名物審判と知られ、現在はFIFAの審判長であるピエルルイジ・コッリーナ氏は今回のテクノロジー導入にコメントしている。 「VARはサッカー界に非常に良い影響を与えており、大きなミスの数は減ってきているが、まだ改善できる部分はあり、オフサイドもその1つだ」 「オフサイドをチェックするプロセスは、(他の判定と比べ)時間がかかることがあり、特に非常にタイトな場合はそうであると認識している。また、ラインの位置が100%正確ではないことも承知している」 「このような理由から、FIFAはより早く、より正確な答えを提供できる技術を開発している。それは“セミオート・オフサイド”と呼ばれている」 「オフサイドの判定は、選手の位置だけでなく、プレーへの関与を分析した上で行われる。テクノロジーは線を引くことはできるが、判定はレフェリーの手に委ねられる。それが重要であることには変わりない」 あくまでも通知のために使われるとみられる“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”だが、どのような効果があるのか。VARチェックの時間が短くなれば、導入の価値はあるかもしれない。 2021.11.30 07:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly