ウディネーゼが元ナイジェリア代表FWサクセスをワトフォードから完全移籍で獲得

2021.08.27 11:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは26日、ワトフォードの元ナイジェリア代表FWイサーク・サクセス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。

かつてはウディネーゼのU-19に所属したこともあるサクセス。ファーストチームに昇格することなく、2014年7月にグラナダへと完全移籍。2016年7月にワトフォードへと完全移籍した。

その後マラガへのレンタル移籍も経験したサクセスは、ワトフォードで公式戦72試合に出場し6ゴール5アシストを記録。プレミアリーグでも54試合で2ゴール2アシストを記録していた。

パワーと強さ、テクニックを持ち合わせたサクセスは、世代別のナイジェリア代表を経験。2013年のU-17ワールドカップや2015年のU-20ワールドカップも経験している。また、A代表では4試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

スパーズがウディネーゼSBウドジェを獲得、今季はレンタルでウディネ残留

トッテナムは16日、ウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの5年間。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1500万ポンド(約24億3000万円)にアドオンとのことだ。なお、今季はレンタルの形でウディネーゼに残留することになる。 ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったウドジェは、187cmの左サイドバック。エラス・ヴェローナでプロデビューを飾ると、昨夏に買い取り義務付きのレンタルでウディネーゼに新天地を求めた。 ウディネーゼでは加入1年目となった昨季、左ウイングバックを主戦場にリーグ戦35試合に出場し、5ゴール3アシストの鮮烈な活躍を見せた。 サイドプレーヤーとして恵まれた体躯に加え、スタミナ、スピード、パワーとフィジカル能力が非常に高く、攻守両面で強度を発揮できる万能型。とりわけ、積極果敢にスペースをアタックする推進力、一定水準以上の技術を持つ攻撃性能は、利き足は異なるものの、オランダ代表DFデンゼル・ダンフリースを彷彿とさせる。 今夏の移籍市場でユベントス、インテル、ブライトンらの関心を集めたウドジェ。しかし、アントニオ・コンテ監督、マネージングディレクターのファビオ・パラティチ氏がその将来性を高く評価するトッテナムが、獲得レースを制した。 2022.08.17 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

逸材SBウドジェのスパーズ加入決定的に! 移籍完了に向けて現地入り

トッテナムが、ウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 今夏の移籍市場でユベントス、インテル、ブライトンらの関心を集めたウドジェ。しかし、アントニオ・コンテ監督、マネージングディレクターのファビオ・パラティチ氏がその将来性を高く評価するトッテナムが、獲得レースを制したようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やニコロ・スキラ氏らによると、トッテナムとウディネーゼは2000万ユーロ(約27億4000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億8000万円)と言われる移籍金でクラブ間合意。 すでに2027年までの5年契約で個人間合意に至っているウドジェは、13日に行われたセリエA開幕節のミラン戦の遠征メンバーを外れており、移籍を完了させるため14日にロンドン入りした模様。そして、週明けにメディカルチェックを受診した後、契約書にサインする予定だという。 なお、今シーズンいっぱいはレンタル移籍の形でフリウリに残留し、正式加入は来シーズンからとなる見込みだ。 ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったウドジェは、187cmの左サイドバック。エラス・ヴェローナでプロデビューを飾ると、昨夏に買い取り義務付きのレンタルでウディネーゼに新天地を求めた。 ウディネーゼでは加入1年目となった今シーズンに左ウイングバックを主戦場にリーグ戦35試合に出場し、5ゴール3アシストの鮮烈な活躍を見せた。 サイドプレーヤーとして恵まれた体躯に加え、スタミナ、スピード、パワーとフィジカル能力が非常に高く、攻守両面で強度を発揮できる万能型。とりわけ、積極果敢にスペースをアタックする推進力、一定水準以上の技術を持つ攻撃性能は、利き足は異なるものの、ドイツ代表DFロビン・ゴセンスやオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースらを彷彿とさせる。 2022.08.15 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ、ウディネーゼ残留を明言! 開幕戦ではフル出場1アシスト

去就が注目されていたウディネーゼの元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(28)が残留を明言した。 バルセロナ下部組織出身のアタッカー、デウロフェウ。加入初年度の一昨季こそケガとの戦いに明け暮れたが、昨季はセリエA34試合で13得点5アシストを記録するなど、キャリアハイの活躍を披露した。 今夏はミランやビジャレアルなどから関心が寄せられ、一時はナポリ移籍が確実との観測も。しかし、13日に行われたセリエA開幕戦のミラン戦ではフル出場し、デウロフェウはこの一戦の直前にクラブ公式サイトで並々ならぬ熱意を語っていた。 「僕は自信を持って前に進まなくてはいけない。チームメイトやコーチたちが僕に何を求めているかを理解している。良い状態で試合に臨めるよう、毎週のようにトレーニングを続けてきた」 「僕らは皆、ウディネーゼのアイデアに忠実であり続ける。誰しもが僕らのことをタフなチームだと知っていて、もちろんミランだってそうだ。この試合のためにプレシーズンで取り組んできた。今日はできること全てをピッチ上で示す日だね」 「僕はウディネーゼに残る。契約はあと2年残っていて、サッカーだけにフォーカスしているよ。頭をクリアにしなければいけない。自分たちのチームと、今日の試合についてのみ考えているよ」 迎えたミラン戦はデウロフェウが2分にCKから先制点をアシスト。最終的に2-4で敗戦となったものの、絶対的エースの活躍、何より残留に、アウェイに詰めかけたウディネーゼサポーターも胸を撫で下ろしたのではないだろうか。 2022.08.14 15:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラヒム・ディアスが全4ゴールに絡んだミラン、ウディネーゼを下して白星スタート《セリエA》

ミランは13日、セリエA開幕戦でウディネーゼをホームに迎え、4-2で勝利した。 昨季、11シーズンぶりにスクデットを獲得した王者ミランの開幕戦。注目の新戦力デ・ケテラエルがベンチスタートとなった中、スタメンは昨季の主力が名を連ねた。 昨季12位のウディネーゼに対し、最前線にレビッチ、2列目に右からメシアス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランは開始2分、左CKからベカンにヘディングシュートを決められ、先制を許してしまう。 それでも7分、ブラヒム・ディアスがボックス右からシュートを放つと、GKを強襲したルーズボールをカラブリアが詰めにかかったところで転倒。VARが入り、ソピーのファウルがあったとしてPKとなった。 このPKをテオ・エルナンデスが決めて1-1としたミランは15分に一気に逆転する。ブラヒム・ディアスのパスを受けたカラブリアの右クロスからレビッチがボレーで蹴り込んだ。 逆転後はミランが主導権を握り、敵陣でのプレーを続けていく。しかし追加タイム4分、R・ペレイラの右クロスからマジーナにダイビングヘッドで決められ、2-2で前半を終えた。 だが迎えた後半開始35秒、ミランが勝ち越す。テオ・エルナンデスの左クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ルーズボールをブラヒム・ディアスが詰めた。 その後も敵陣でのプレーを続けたミランは68分に4点目。ブラヒム・ディアスがボックス右でルーズボールを奪ってラストパス。最後はレビッチが押し込んだ。 そして71分、注目のデ・ケテラエルを投入したミランは終盤にかけても5点目に迫った中、4-2で勝利。ブラヒム・ディアスやレビッチの活躍で白星スタートとしている。 2022.08.14 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、“デスティニー”獲得へ! ユーベやインテルも関心示したU-21伊代表の左SB

トッテナムが、ウディネーゼに所属するU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の獲得に迫っているようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ウドジェはヴェローナの下部組織出身で、当時17歳だった2020年11月のミラン戦でファーストチームデビュー。昨シーズンにレンタルでウディネーゼに移籍し、左ウイングバックを主戦場にセリエAで35試合5ゴール3アシストを記録した。 契約には買い取り義務があったため、今夏に700万ユーロでウディネーゼに完全移籍。ただ、昨季の活躍から国内外のビッグクラブから関心を持たれるようになり、早くもステップアップの機会を掴もうとしている。 そんな争奪戦をトッテナムが制した模様。ロマーノ氏によれば、2000万ユーロの移籍金でクラブ間合意し、来夏に5年契約で加入する契約になるという。以前の報道では、ウディネーゼが同選手をもう1年チームに残すことを条件としていることが伝えられていたが、トッテナムはその要求を飲んだようだ。 なお、ウドジェにはインテルやユベントスが獲得に動いていたほか、プレミアリーグでもブライトンがチェルシーに去ったスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として注目していた。 2022.08.09 15:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly