アーセナルがオーバのハットで“U-23”WBAに6発圧勝! セインツとバーンリーも3回戦へ《EFLカップ》

2021.08.26 05:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)2回戦の3試合が25日に行われた。

プレミアリーグ開幕から無得点の2連敗という厳しいスタートとなったアーセナルは、チャンピオンシップ(イングランド2部)に属するWBAと対戦。

今週末にマンチェスター・シティ戦を控える中、アルテタ監督は0-2で敗れたチェルシー戦からホールディング、ジャカ、サカ、ペペを除く先発7人を変更。GKに新加入のラムズデール、4バックは右からチャンバース、ホールディング、コラシナツ、ヌーノ・タヴァレス。中盤はエルネニーとジャカの2セントラルに、2列目は再デビューのウーデゴールとペペ、サカが並び、最前線にオーバメヤンが入った。

最終ラインを除きほぼ主力を起用したアーセナルだが、直近のリーグ戦から全員を入れ替えた上、6選手をトップチームデビューさせたWBAを相手に後手を踏む立ち上がりとなる。

可変式の布陣によるビルドアップが嵌らず、中盤でのボールロストが目立つ中で相手の鋭い縦への攻めに苦戦。比較的容易に自陣深くまでボールを運ばれると、10分過ぎには波状攻撃を受ける。そして、11分にはボックス手前右からカットインしたフェローズに枠の左隅を捉えたシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。

何とか失点を免れたアーセナルは、頼れる若武者の個人技でファーストチャンスをモノにする。17分、高い位置でルーズボールの競り合いを制したサカが相手に寄せられてバランスを崩しながらもそのままボックス左に持ち込んでシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球に反応したオーバメヤンが難なく流し込んだ。

公式戦3試合目にして待望の今季初ゴールを挙げたアーセナルは、以降もサカの個人技を突破口に追加点を狙う。23分にはサカがボックス手前で放ったシュートのこぼれ球に反応したウーデゴールに決定機も、ゴール左角度のないところから放ったシュートは惜しくもポストを叩いた。

以降はしばらく膠着状態が続くも、時間の経過と共にゲームをきっちりコントロールするアーセナルは、前半終了間際に畳みかける攻めを見せる。

まずは45分、エルネニーのスルーパスに反応したペペが完璧に相手の背後を取ってボックス右からシュートを放つ。これは惜しくも左ポストを叩いたが、跳ね返りをドフリーのオーバメヤンが難なく流し込む。さらに、前半アディショナルタイム1分には左サイドで持ち上がったサカからラストパスを受けたオーバメヤンの決定機はGKの好守に阻まれるも、こぼれ球をオーバメヤンがアクロバティックな形で折り返すと、今度はペペが押し込んだ。

前半終了間際の連続ゴールによって余裕を持って後半に入ったアーセナルは、立ち上がりに追加点を挙げる。ボックス手前左で仕掛けたサカがウーデゴールにボールを預けてゴール前に走り出すと、ノルウェー代表MFから足裏を使った見事なリターンパスが戻ってくる。これをサカが難なく流し込んだ。

これで勝利を確実としたアーセナルは再デビュー戦でアシストを記録したウーデゴールを下げてメイトランド=ナイルズを投入。その直後にはボックス手前左でメイトランド=ナイルズからパスを受けたオーバメヤンが得意の角度から右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、ハットトリックを達成。

さらに、ジャカに替えて新型コロナウイルスから快復したラカゼットを投入すると、69分にはホールディングからのロングフィードに抜け出した左サイドのペペからの斜めのマイナスパスをボックス中央に走り込んだラカゼットが冷静に右隅へ流し込んだ。

その後、相手の反撃をGKラムズデールを中心に危なげなく凌ぎ切ったアーセナルが、“U-23チーム”で臨んだWBAに6-0の圧勝。今季の公式戦初勝利を挙げ、週末のシティ戦に弾みを付けた。

また、今シーズンのプレミアリーグで2戦未勝利が続くニューカッスルとバーンリーによるプレミア勢同士の一戦は、互いにゴールをこじ開けられずに0-0のまま90分の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したバーンリーが3回戦に進出。

同じく今シーズンの公式戦初勝利を目指すサウサンプトンは、フットボールリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティと対戦し、エルユヌシのハットトリックの活躍などで8-0の圧勝を収めた。

◆EFLカップ2回戦結果

◆南部
▽8/25(水)
WBA(2) 0-6 アーセナル
【アーセナル】
オーバメヤン(17分)
オーバメヤン(45分)
ペペ(45分+1)
サカ(50分)
オーバメヤン(62分)
ラカゼット(69分)

ニューポート・カウンティ(4) 0-8 サウサンプトン

◆北部
▽8/25(水)
ニューカッスル 0-0(PK:3-4) バーンリー

◆南部
▽8/24(火)
ワトフォード 1-0 クリスタル・パレス
ノリッジ 6-0 ボーンマス(2)
カーディフ(2) 0-2 ブライトン
ブレントフォード 3-1 フォレスト・グリーン(4)

ミルウォール(2) 3-1 ケンブリッジ・ユナイテッド(3)
バーミンガム(2) 0-2 フルアム(2)
ジリンガム(3) 1-1(PK:4-5) チェルトナム(3)
QPR(2) 2-0 オックスフォード・ユナイテッド(3)
スウォンジー(2) 4-1 プリマス・アーガイル(3)
スティヴネイジ(4) 2-2(PK:3-5) ウィコム(3)
ノーサンプトン(4) 0-1 ウィンブルドン(3)

◆北部
▽8/24(火)
ハダースフィールド(2) 1-2 エバートン
ノッティンガム・フォレスト(2) 0-4 ウォルバーハンプトン
リーズ 3-0 クルー・アレクサンドラ(3)
バロー(4) 0-6 アストン・ビラ

オールダム(4) 0-0(PK:5-4) アクリントン・スタンリー(3)
ウィガン(3) 0-0(PK:5-4) ボルトン(3)
シェフィールド・ユナイテッド(2) 2-1 ダービー(2)
ストーク(2) 2-0 ドンカスター(3)
シュールズベリー(3) 0-2 ロッチデール(4)
モアカム(3) 2-4 プレストン(2)
ブラックプール(2) 2-3 サンダーランド(3)

※()内は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

ダイレクトパスの連続に相手守備陣は何もできず…アーセナル“らしい”崩しのゴールに再脚光

日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナル。ミケル・アルテタ監督の戦い方は、相手に合わせて選手の立ち位置を変え、試合中にもポジショニングを変えて後方からビルドアップしていく手法をとり、守備では前線から選手たちがプレスをかけていくスタイルをとっている。 一方で、アーセナルを大きく飛躍させたのはアーセン・ヴェンゲル監督だ。築き上げたスタイルは当時のプレミアリーグでは珍しく、「パス&ムーブ」のスタイルで少ないタッチ数でボールを素早く繋ぎ、パスの精度を高く、素早くボックスに侵入してチャンスを作る攻撃スタイルで、多くのファンを魅了した。 そのスタイルの真骨頂の1つとも言えるのが、今から8年前の2013年10月19日に行われたプレミアリーグ第8節のノリッジ戦でのゴールだ。 18分、ボールを保持したアーセナルは、敵陣左サイドでボールを持ったMFサンティ・カソルラがMFジャック・ウィルシャーへとパス。ウィルシャーがツータッチでカソルラにリターンすると、カソルラはダイレクトでボックス内のFWオリヴィエ・ジルーへとパスを出す。 ジルーはこれまたダイレクトでウィルシャーへとフリックし、ウィルシャーもやはりダイレクトでリターン。再びジルーがダイレクトで浮かすと、抜け出したウィルシャーがダイレクトで流し込んだ。 ダイレクトパスの連続にノリッジ守備陣は何もできず。わずか3人の6回のタッチで完璧に相手ディフェンスを崩してしまった。頭の中でイメージできたとしてもそれを体現するのはまた別。まるでゲームのような連携に、アーセナルサポーターでなくとも感嘆するゴールだったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】これぞアーセナルの真骨頂!芸術作品のような美しいワンタッチの連続に相手は呆然</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1bTdSRUhPbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.20 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表右SBで辛口評論家のネビル氏が冨安健洋を評価「素晴らしいサポート役の右サイドバック」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏がアーセナルの日本代表DF冨安健洋を評価した。イギリス『HITC』が伝えている。 今夏ボローニャからアーセナルへと加入した冨安は、加入直後から右サイドバックの一番手となると、デビューからここまで5試合連続で先発出場。開幕3連敗だったアーセナルだが、冨安が出場して以降は5試合負けなし、3勝2分けと調子を上げている。 18日に行われたプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレス戦では、8分にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがマークした先制弾の起点となる活躍。精彩を欠く場面も見られたものの、ミケル・アルテタ監督は「彼に満足している」とそのパフォーマンスを評価していた。 その冨安に対し、クリスタル・パレス戦直前のイギリス『スカイ・スポーツ』の番組でネビル氏が「冨安が加入した。センターバックとしてもプレーできるから、(ベン・)ホワイトにとって素晴らしいサポート役の右サイドバックだ。冨安はホワイトの近くでサポートしている」と評価した。 また、『HITC』も「冨安はセンターバックをいつ助ければよいか、いつ彼らに仕事してもらうかを理解している」と認めた一方で、「もう少し冒険的に、相手にとってより驚異になる必要がある。彼は4本しかクロスを上げていない」と、攻撃面では注文をつけている。 2021.10.20 20:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが本拠地エミレーツの内装を改修、クラブカラーを基調としたモチベーションの高まるデザインに

日本代表DF冨安健洋の所属するアーセナルが、本拠地の一部改修工事を終えた。 リーグ戦では3連敗のち3連勝し、さらに2試合連続のドローで現在12位に付けているアーセナル。9月26日に行われたホームでのトッテナム戦後から代表ウィークを挟んだおよそ3週間のうちに、本拠地であるエミレーツ・スタジアムのマイナーチェンジを行った。 改修されたのはドレッシングルームとピッチへの通用口だ。10月18日のクリスタル・パレス戦を前に改修を終えたその内装が、ついに公開された。 ドレッシングルームの床の中央には巨大なクラブのエンブレムが施され、ロッカーの足元には赤く光るLED照明を効果的に利用。壁には"WE ARE THE ARSENAL"の文字が踊っている。 通用口もクラブカラーの赤と白で装飾され、通路の両脇には更衣室と同様に"WE ARE THE ARSENAL"と、クラブのモットーでもある"VICTORY THROUGH HARMONY"の文字が。ピッチへと向かう選手たちの士気を高めてくれる。 アーセナルは22日にプレミアリーグ第9節のアストン・ビラ戦、26日にはEFLカップ(カラバオカップ)4回戦のリーズ・ユナイテッド戦と、ホームでの2連戦を控えている。装いを新たにしたスタジアムからも力を借り、勝利を手にすることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】クラブカラーを基調としたモチベーションの高まるデザインになったエミレーツスタジアムの内装</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our dressing room has a new look <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/ARSCRY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ARSCRY</a> <a href="https://t.co/jl9tQ72wIK">pic.twitter.com/jl9tQ72wIK</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1450165933578784774?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが語る「マウントとハヴァーツは次元が違った」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チェルシーでチームメイトだったイングランド代表MFメイソン・マウントとドイツ代表MFカイ・ハヴァーツの2人は「別クラスの選手だった」と話している。 今夏の移籍市場でチェルシーからミランへ移籍したジルー。チェルシーでは概ねサポート役に回ったものの、各コンペティションで重要なゴールを決める勝負強さを発揮し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップと3つのタイトルに貢献した。 そんなジルーがイギリス『Tribal Football』のインタビューで、共にプレーした中で最も才能を感じた選手を挙げた。チェルシーでは現在も中心選手として活躍する2人の若手に特に感銘を受けたようだ。 「アーセナルでプレーしていた時、ベストプレイヤーの一人はサンティ・カソルラだった」 「チェルシーではエデン・アザールがその一人だけど、多くの若いタレントが揃っている。メイソンとカイ・ハヴァーツは別次元の選手だったよ。彼らが成長してトッププレイヤーになるのは楽しみだね」 「メイソンはまだまだ高みへ行くためのクオリティとメンタルを備えている。彼に言ったことがあるよ。絶対に成功する、間違いないとね」 2021.10.20 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サカ負傷時の判定に不服のアルテタ「あの選手がピッチでプレーを続けていたことが信じられない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、悪質なプレーに対してビデオアシスタントレフェリー(VAR)が介入しなかったことに不満を感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスと対戦したアーセナル。試合はFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制したものの、後半に2点を決められ逆転を許す。それでも、試合終了間際にFWアレクサンドル・ラカゼットが劇的な同点ゴールを決めて2-2で終了した。 結果的に勝ち点1を得たアーセナル。しかし、ここまでリーグ戦全試合に出場しているFWブカヨ・サカが43分にクリスタル・パレスのMFジェームズ・マッカーサーにふくらはぎを蹴られて負傷。ハーフタイムでの交代を余儀なくされていた。 一方のマッカーサーは、このファウルでイエローカードの判定。これに納得のいかないアルテタ監督は、悪質なプレーに対してVARが介入せず、同選手がそのまま試合終了までピッチでプレーを続けたことに不満を抱いているようだ。 「もし、試合の流れを変えてしまうような重要な事象を検出したいのであれば、それを調べる必要がある。あの状況は彼らに影響を与えただけでなく、我々は選手を交代させなければならなかったため、2つの意味で影響を与えていた。正しい判断だとは思えない」 「これだけはっきりとしていて、10人でプレーしなければならない可能性があったとすれば、しっかりとした判断が必要だった。ブカヨはプレーを続けることができず、ハーフタイムで退場することになったんだ。私はその様子を見ていたが、あの選手がピッチでプレーを続けていたことが信じられない」 「理解できない。シーズンの初めに説明されたことは、今回起こったことと異なっていて何の意味もない」 <span class="paragraph-title">【画像】これがイエローカード?マッカーサーがサカの軸足を思い切り蹴る瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> &quot;I don&#39;t get it... it doesn&#39;t make any sense&quot;<br><br>Arsenal boss Mikel Arteta was left bemoaning the lack of VAR intervention at the end of the first half as Bukayo Saka was kicked on the back of the calf by James McArthur.</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1450344964236316672?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.19 20:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly