圧巻レバークーゼンがセオアネ新体制リーグ初勝利! ボルシアMGは守護神ミス&PK失敗に4人の負傷者…《ブンデスリーガ》

2021.08.22 03:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第2節、レバークーゼンvsボルシアMGが21日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが4-0で圧勝した。

それぞれウニオン・ベルリン、バイエルン相手に1-1のドロースタートを飾った昨季6位のレバークーゼンと8位のボルシアMGによる、今季リーグ戦初勝利を懸けた強豪対決。

拮抗した展開が予想されたが、試合はホームのレバークーゼンが主導権を握る。開始3分、ボックス付近まで攻撃参加を見せたバッカーがミドルシュートを放つと、GKゾンマーが不用意に見送ったボールが右ポストの内側を叩き、その跳ね返りがゾンマーの左足に当たると、そのままゴールネットに吸い込まれた。

守護神の痛恨ミスでバタつくアウェイチームに対して、畳みかける攻めを見せるレバークーゼンは、先制からわずか5分後に追加点を奪取。8分、最終ラインからの長いボールが繋がって右サイドのディアビが馬力のある仕掛けで内へ切り込んでペナルティアーク付近のシックに繋ぐ。ここで左に持ち出したシックの左足のシュートはややコースが甘かったものの、GKゾンマーの手を弾いてゴール左隅に決まった。

頼れるゾンマーのらしくない2つのプレーで一気に厳しくなったボルシアMGは、15分にボックス手前のホフマンが左ポストを掠めるシュートで最初の決定機を創出。だが、その直前から足を痛めていたテュラムがプレー続行不可能となり、20分にヴォルフのスクランブル投入を余儀なくされた。

悪循環に陥るアウェイチームを尻目にディアビ、パウリーニョの両ウイングの推進力を生かした高速アタックが面白いように機能するレバークーゼンは、幾度も何度となく決定機を創出。だが、気持ちを切り替えたGKゾンマーの好守などに阻まれ、3点目を奪うには至らず。

すると、前半終了間際の41分にはボックス右で仕掛けたライナーがDFバッカーのファウルを誘いPKを獲得。1点差に詰め寄って試合を折り返す絶好のチャンスを得たが、キッカーのシュティンドルが右を狙って蹴ったシュートはGKフラデツキーに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗に。さらに、バッカーからハードチャージを受けたライナーもプレー続行不可能となり、再び負傷で2枚目の交代カードを切ることになった。

攻守の歯車がカチッと嵌って2点リードで試合を折り返したレバークーゼンは、後半も先にゴールをこじ開ける。パウリーニョとバッカーの連携で左サイドを破ると、ボックス左でバッカーが浮き球のクロスを供給。ボックス右でフリーのディアビがワントラップから左足を振ると、DFベンセバイニにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。

反撃に打って出る前に出ばなを挫かれたボルシアMGの受難は続く。60分過ぎにはギンターが負傷。すでに2度の交代を行っているチームに残された交代機会はあと1度のため、ヒュッター監督はギンターに代えてネッツ、さらにプレアを下げてヘアマンを最後の交代カードとして投入した。

一方、後半もイケイケな展開が続くレバークーゼンはシックがドッペルパックに迫るシーンを作るなど、4点目、5点目と奪いそうな勢いを見せる。さらに、試合終盤にかけては新戦力のアンドリッヒをデビューさせるなど、今後の戦いを見据えた戦い方にシフトした。

そして、試合終了間際の87分にはヴィルツ、アミリの途中出場コンビの連携からアミリがトドメの4点目まで奪い、この日のゴールショーを締めくくった。

そして、ボルシアMGをホームで文字通り粉砕したレバークーゼンがセオアネ新体制初勝利となる今季初白星を手にした。一方、守護神の拙守、主将のPK失敗に加え、後半ラストプレーではベンセバイニまで負傷し、4人の負傷者を出す散々な内容となったボルシアMGはヒュッター新体制で初黒星を喫することになった。

関連ニュース
thumb

バイエルンが前半の5発でレバークーゼンを粉砕、首位攻防戦を完勝で制す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、レバークーゼンvsバイエルンが17日に行われ、1-5でバイエルンが圧勝した。 勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる首位攻防戦。 前節ビーレフェルトに4-0と快勝して3連勝としたレバークーゼンはシックやディアビ、ヴィルツら主力がスタメンとなった。 一方、バイエルンは前節フランクフルトGKトラップのビッグセーブなどにも阻まれ、1-2で逆転負け。今季の公式戦初黒星を喫した中、出場停止のパヴァールを除いて現状のベストメンバーで臨んだ。 共に[4-2-3-1]で臨んだ中、試合は開始3分に動く。FKからボックス右のウパメカノが折り返すと、レヴァンドフスキがヒールでうまく流し込み、バイエルンが先制した。 その後も主導権を握るバイエルンは19分、サネのミドルシュートが右ポストに直撃。そして30分、リードを広げる。サネのヒールパスをボックス左で受けたアルフォンソ・デイビスが中へ切れ込み、持ち出しが大きくなったところをレヴァンドフスキが蹴り込んだ。 さらに4分後、バイエルンに3点目。右CKの流れからジューレがシュートに持ち込むと、ミュラーが足に当ててコースを変え、ネットを揺らした。 止まらないバイエルンは1分後、フリンポンのミスパスを突いてショートカウンターに転じ、ミュラーの左クロスをニャブリがダイレクトで合わせて4-0とした。 容赦のないバイエルンは37分、ニャブリがゴレツカとのパス交換でボックス右に侵入。シュートを蹴り込み、5-0として前半を終えた。 迎えた後半、55分にシックが1点を返したレバークーゼンに対し、バイエルンは64分にレヴァンドフスキとミュラーをお役御免とする。 結局、その後はスコアが動かずバイエルンが前半の5ゴールで圧勝。首位をキープしている。 2021.10.18 00:19 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】同勝ち点で並ぶレバークーゼンvsバイエルン開催

代表ウィーク前に行われた前節、バイエルンがフランクフルトに敗れ、初黒星を喫した。迎える第8節、勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる上位対決が行われる。 バイエルンは前節、フランクフルトGKトラップのビッグセーブなどにも阻まれ、1-2で逆転負け。今季の公式戦初黒星を喫した中、レバークーゼンとの首位攻防戦を制すことはできるか。 一方、MF奥川が先発したビーレフェルトに4-0と快勝したレバークーゼン。リーグ戦3連勝、公式戦5連勝と勢いに乗る中でのバイエルン戦となるが、一気に首位浮上となるか。 2強が潰し合う中、3位ドルトムント(勝ち点15)は、9位マインツ(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。ドルトムントは前節、アウグスブルク相手に2-1と逃げ切り勝利。引き続きFWハーランドを欠いた中、リーグ戦での勝利を取り戻した。代表戦も欠場し、十分な調整期間を得られた中、ハーランド復帰予定のドルトムントはマインツ戦を確実に制したい。 バイエルン戦で出番のなかったMF鎌田&MF長谷部の13位フランクフルト(勝ち点8)は、14位ヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨む。両選手に出場機会がなかった中、チームはバイエルンに金星を挙げたため、ヘルタ戦での起用法が気にかかるところだが出番はあるか。 前節ホッフェンハイム戦で開幕節以来の勝利を挙げた12位シュツットガルトは、10位ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。大半の時間帯で主導権を握る試合を演じた中、前節ヴォルフスブルクを下したボルシアMGに勝利となるか。 そしてMF原口が先発したマインツ戦を逆転勝利とした7位ウニオン・ベルリン(勝ち点12)は、5位ヴォルフスブルク(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。2連勝としたウニオンに対し、2連敗で5位まで後退したヴォルフスブルク。勢いの差を見せ付けられるか。 FW浅野が先発したものの、後半に3失点を喫してライプツィヒに敗れた17位ボーフム(勝ち点4)は、最下位グロイター・フュルト(勝ち点1)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で貴重な決勝点に絡んだ浅野としては何とか昇格組対決を制し、浮上のキッカケを掴みたいところだ。 最後に開幕から先発出場を続けるMF奥川の16位ビーレフェルト(勝ち点4)は、15位アウグスブルク(勝ち点5)とのアウェイ戦。未勝利が続くビーレフェルトとしても勝ち点1差の相手から勝利をもぎ取りたい。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/15(金) 《27:30》 ホッフェンハイム 5-0 ケルン ▽10/16(土) 《22:30》 グロイター・フュルトvsボーフム ウニオン・ベルリンvsヴォルフスブルク フランクフルトvsヘルタ・ベルリン ドルトムントvsマインツ フライブルクvsライプツィヒ 《25:30》 ボルシアMGvsシュツットガルト ▽10/17(日) 《22:30》 レバークーゼンvsバイエルン 《24:30》 アウグスブルクvsビーレフェルト 2021.10.16 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場のビーレフェルト、レバークーゼンに完敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは3日、ブンデスリーガ第7節でレバークーゼンをホームに迎え、0-4で敗れた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ウニオン・ベルリンに0-1で敗れ、未勝利(4分け2敗)が続くビーレフェルトは、奥川が[4-2-3-1]の左MFで開幕から7試合連続スタメンとなった。 4勝1分け1敗スタートのレバークーゼンに対し、ビーレフェルトは守勢の入りを強いられる。 すると18分、レバークーゼンに先制を許す。右サイドからヴィルツの入れたクロスをシックに触られると、ボールはボックス内のディアビへ。ディアビにGKとの一対一を制された。 1分後、ビーレフェルトはFKからヴィマーがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドがあったとしてノーゴールに。 すると24分、レバークーゼンに追加点を許す。ヴィルツのスルーパスでボックス内に進入したシックにネットを揺らされた。 2点のビハインドを負ったビーレフェルトは32分に好機。右CKからクロスのヘディングシュートがわずかに枠の上に外れた。 ハーフタイムにかけては前からのプレスを強めたビーレフェルトだったが、0-2で前半を終えた。 迎えた後半、ビーレフェルトは57分に3失点目。右サイドからのフリンポンのクロスをシックにヘッドで決められた。 結局、後半追加タイムにPKで失点したビーレフェルトは0-4で完敗。未勝利が続いている。 2021.10.04 04:22 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷明けで先発の古橋に再三の決定機も…、セルティックが守護神躍動のレバークーゼンに完敗《EL》

セルティックは9月30日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第2節でレバークーゼンをホームに迎え、0-4で敗れた。セルティックのFW古橋亨梧は74分までプレーしている。 9月の代表戦でヒザを負傷した古橋の復帰戦かつELデビュー戦。[4-5-1]の最前線に構えた古橋は開始2分、先制のビッグチャンスが訪れる。相手のバックパスミスをカットし、GKもかわしてシュートに持ち込みかける。しかし、懸命に戻ったターにシュートをブロックされた。 さらに19分、ジョタのパスでボックス右に抜け出した古橋がシュートに持ち込んだが、GKフラデツキーにセーブされてボールはわずかに枠の左へ。 すると25分、レバークーゼンに先制される。ターンブルがバッカーの突破を許してクロスを入れられると、インカピエのシュートがモンゴメリーに当たってゴールに吸い込まれた。 さらに35分、ボックス手前左からパウリーニョにスルーパスを通されると、ファーサイドのヴィルツに蹴り込まれた。 セルティックが2点を追う展開で迎えた後半開始1分、古橋がボックス右から左足のコントロールシュートでゴールに迫るも、GKフラデツキーのビッグセーブに阻まれる。 さらに51分、ジョタのカットインシュートが枠の右を捉えたが、ここもGKフラデツキーが立ちはだかった。 すると56分には自陣ボックス内でシュートブロックに入ったカーター=ヴィッカーズのハンドを取られてセルティックはPKを献上。これをアラリオに決められて0-3とされた。 厳しいセルティックは60分、古橋に決定機。ジョタのヘディングシュートが左ポストに直撃したルーズボールを古橋が左足ボレーで狙ったが、枠の左に外れてしまった。 74分に古橋がピッチを後にしたセルティックは、追加タイムにアドリにゴールを許して0-4で敗戦。2連敗スタートとなった。 2021.10.01 06:13 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがドイツ代表DFターと2025年まで契約延長

レバークーゼンは28日、ドイツ代表DFヨナタン・ター(25)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 192cmの恵まれた体躯とパワー、スピードに長けたアスリート型のセンターバックのターは、2015年にハンブルガーSVから5年契約でレバークーゼンに加入。これまでレバークーゼンでは公式戦223試合に出場し5ゴール9アシストを記録しており、今季も主力としてリーグ戦全試合にフル出場していた。 また、2016年3月にデビューを飾ったドイツ代表ではこれまで13試合に出場している。 契約延長に至ったターは公式サイトで次のように語っている。 「僕はここで信じられないほど快適に過ごせているよ。2015年に19歳でレバークーゼンに来たとき、僕がプロとして成長するための最高の条件が揃っていた。ここで国際的に活躍することができ、僕はドイツ代表にも選ばれたんだ」 「僕はこのチーム、このクラブを信じており、何か特別なことを成し遂げるチャンスがあると思っているよ」 2021.09.28 23:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly