C・パレス退団のギャリー・ケイヒル、英2部ボーンマスと1年契約

2021.08.20 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスは20日、元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(35)の獲得を発表した。契約期間は1年。フリートランスファーでの加入となる。

ケイヒルはボルトンやチェルシーでの活躍を経て、2019年夏からクリスタル・パレスにフリー移籍。ケガによる離脱を除けば、2シーズンを通じて主力を張り、公式戦通算47試合に出場した。

だが、昨季限りで契約満了。チェルシー時代にチャンピオンズリーグ(CL)優勝などに貢献したイングランド人センターバックは1日、自身のインスタグラムを通じて、C・パレス退団を報告した。

ボーンマスは2019-20シーズンのプレミアリーグで18位に終わり、今季もチャンピオンシップ(イングランド2部相当)も所属。今季は開幕からここまで3試合を戦って、2勝1分け無敗の4位に位置している。


関連ニュース
thumb

24歳MFがガンを克服、その日にチームはプレミア昇格の二重の喜び「サッカーを続けていくことがとても楽しみだ」

ボーンマスのウェールズ代表MFデイビッド・ブルックス(24)が、ガンの完治を発表した。 ブルックスは2021年10月にステージ2のホジキンリンパ腫と診断されていた。 悪性リンパ腫の1つで、痛みのない首やワキの下の腫れがあり、理由不明の発熱、体重減少、寝汗などの全身症状がみられるものだ。 ウェールズ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)予選に参加していたブルックスは、チームドクターにより発見されたとのこと。その後検査をし、リンパ腫と診断されていた。 診断されて以降、ピッチには立っていなかったブルックスだが、3日に自身のツイッターを更新。ガンを克服し、キャリアを続けていくことを楽しみにしているとした。 「最後の更新から数カ月が経過したけど、その間にありがたいことにガンの治療を終えることができた」 「先週、最終的な検査結果を確認し、専門医と面談した。治療が成功し、ガンがないことが証明されたこと嬉しく思う」 「その言葉は信じられないほど、素晴らしいものだった」 「これから体力が回復し、サッカーを続けていくことがとても楽しみだ」 「ボーンマスの選手たちはこれまで素晴らしいシーズンを送ってきており、今シーズンの最も重要な試合に向けて、ザ・バイタリティに戻ってチームを応援できることを楽しみにしている」 「これから数カ月、一生懸命に働き、そう遠くはない未来にピッチでみんなの前でプレーすることが待ち遠しい。本当にありがとう」 ブルックスは、マンチェスター・シティやシェフィールド・ユナイテッドの下部組織で育ち、2015年7月にシェフィールド・ユナイテッドのファーストチームに昇格。2018年7月にボーンマスへと完全移籍していた。 これまでボーンマスでは公式戦91試合に出場し18ゴール12アシストを記録。プレミアリーグでも39試合に出場し8ゴール5アシストを決めており、離脱するまでの今シーズンも公式戦9試合で3ゴールを記録していた。 ウェールズ代表としても21試合に出場し2ゴールを記録している。 なお、ブルックスの回復という朗報を受けたボーンマスは、3日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦で1-0と勝利。プレミアリーグ昇格という目標を達成し、クラブにとってもファンにとっても二重の喜びとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】ガンを克服し、昇格決めたチームメイトと再会したブルックス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a moment <a href="https://t.co/BmeDYPXlFF">pic.twitter.com/BmeDYPXlFF</a></p>&mdash; AFC Bournemouth (@afcbournemouth) <a href="https://twitter.com/afcbournemouth/status/1521625399020736512?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.04 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ボーンマスが3シーズンぶりにプレミア復帰! 3位ノッティンガム・フォレストとの直接対決制し自動昇格決定

チャンピオンシップ(イングランド2部)の第45節が行われ、ボーンマスが2位を確定。プレミアリーグ復帰を果たした。 4日、チャンピオンシップ第45節のボーンマスvsノッティンガム・フォレストが行われた。 2位のボーンマスは勝ち点82、3位のノッティンガム・フォレストは勝ち点79という状況。自動昇格を懸け、残り2試合となった中、奇跡の対戦カードが実現した。 勝てば自動昇格が決まるボーンマス、勝てば2位に浮上するノッティンガム・フォレストという痺れる状況の中、試合は堅い入りとなる。 勝たなければいけないノッティンガム・フォレストが果敢にボーンマスゴールを目指し決定機を作るが、ボーンマスも堅い守備でゴールを許さない。 ノッティンガム・フォレストは、PKに値するファウルを受けるも、その前にオフサイドの旗が上がっていたために取り消しになる不運も。そんな中0-0で推移した83分にボーンマスがボックス手前でFKを得ると、キッカーのフィリップ・ビリングが直接狙うと見せかけてサインプレー。ボックス内のキーファー・ムーアへパスを出すと、ムーアがダイレクトシュート。これがGKの逆を突いて決まり、ボーンマスが土壇場で先制。そのまま逃げ切りに成功し、1-0で勝利。2位を確保し、プレミアリーグ昇格を手にした。 ボーンマスは2019-20シーズンにプレミアリーグで18位となりチャンピオンシップに降格。2020-21シーズンは6位になりプレーオフに進むも、昇格を決めたブレントフォードに敗れて昇格を逃していた。 スコット・パーカー監督にとっては、今回優勝し見事に昇格したフルアムを昇格させて以来2度目の昇格となった。 なお、敗れたノッティンガム・フォレストは3位のまま。プレーオフへの進出はすでに決定しており、昇格を目指すこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画】プレミア昇格を決めた完璧なサインプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_bTmRyMybJI";var video_start = 59;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.04 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ノリッジで出番減のキャントウェル、英2部ボーンマスにローン移籍!

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のボーンマスは1月31日、ノリッジ・シティからイングランド人トッド・キャントウェル(23)を今季終了までのローン移籍で獲得したと発表した。 ノリッジ育成育ちで、地元出身のキャントウェル。2018年1月にトップチームデビューを果たした後、オランダでの修行期間もあったが、ノリッジに戻った2018-19シーズンにチームのチャンピオンシップ優勝によるプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。 その翌シーズンに自身初挑戦のプレミアリーグで37試合に出場して6得点2アシストと活躍してみせ、複数クラブの関心も集める存在に。それでも、ノリッジ愛を貫き、1年で降格したチームの一員として今季から再びプレミアリーグを戦うが、立場が暗転する。 プレミアリーグ序盤こそ開幕から5試合連続で出場するなど、引き続き主戦力として計算される存在だったが、次第に欠場数が増加。結局、ここまで8試合の出番しかなく、昨年11月途中から指揮を執るディーン・スミス監督の下でも苦しい状況が続いていた。 ボーンマスは現在、チャンピオンシップ3位に位置。この冬の移籍市場最終日にキャントウェルのほかにも、GKフレディ・ウッドマンやDFナット・フィリップス、FWキーファー・ムーア、FWシリキ・デンベレを一挙に獲得している。 2022.02.01 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのナット・フィリップスが英2部ボーンマスへレンタル

リバプールは1月31日、イングランド人DFナサニエル・フィリップス(24)が、今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスにレンタル移籍することを発表した。 2016年にボルトンの下部組織からリバプールの下部組織に加入したフィリップスは、2019年にレンタル加入したシュツットガルトでプロデビュー。同シーズンの途中に一度リバプールにレンタルバックし、FAカップのエバートン戦でトップチームデビューを飾ったが、再びシュツットガルトに帰還。 その後、レンタルバックした昨シーズンは開幕当初こそユルゲン・クロップ監督の構想に入らず放出候補とされていたが、チームの主力センターバックたちが相次いで負傷したこともありスタメンに定着。公式戦20試合に出場して、プレミアリーグ3位フィニッシュに貢献した。 しかし、その主力が復帰した今シーズンはチャンピオンズリーグ2試合とEFLカップ1試合に出場したものの、プレミアリーグでは1度もプレー機会を与えられず。一時ウェストハムなどプレミアリーグのクラブへの移籍の可能性も取り沙汰されたが、チャンピオンシップでプレミアリーグ自動昇格も狙える3位に付けるボーンマスへの移籍を選択した。 2022.02.01 01:46 Tue
twitterfacebook
thumb

これはゲームではないのか!? キックオフからわずか6秒、英2部で生まれた電光石火のゴールが『FIFA』のようだと話題沸騰

プロのサッカーの試合で、ゲームの裏技のようなゴールが誕生した。 3日に行われたEFLチャンピオンシップ(イングランド2部)第21節、フルアムvsボーンマスの一戦は両チーム無得点で前半を終え、試合を折り返した。 後半はボーンマスボールでキックオフ。MFエミリアーノ・マルコンデスがセンタースポットからボールを下げると、ここから一度も相手に触れられることなくものの数秒でゴールを奪うことになる。 MFルイス・クックからリターンを受けたマルコンデスはワンタッチで軽く落とし、MFフィリップ・ビリングが前線へフィード。ボックス内へ走り込んだFWドミニク・ソランケがワントラップから右足でネットを揺らし、瞬く間に先制ゴールを挙げた。 電光石火の一撃には、まるでビデオゲーム『FIFA』シリーズで使われる裏技、“キックオフ・グリッチ”のようだという声が多数。仕様こそ若干異なるものの、ゲームよりもゲームらしい完璧なキックオフゴールとなった。 見事な一発でリードを奪ったボーンマスだったが、84分に失点を喫して惜しくもドロー。“フラッシュパス”からの一発を勝利に結びつけることはできなかったが、このようなゴールはなかなかお目にかかれないのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】まるで『FIFA』、KOからわずか6秒の鮮やかなゴール(0:38~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ct8duIIq2ys";var video_start = 38;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.05 22:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly