シティのDF板倉滉が独2部のシャルケにレンタル移籍! 内田篤人に続いて2人目の日本人選手に

2021.08.20 03:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ2(ドイツ2部)に所属するシャルケは19日、マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(24)の加入を発表した。

買い取りオプション付きの1年レンタルで加入。また、ドイツ『スカイ・スポーツ』によればブンデスリーガへ昇格した場合は、約400万ユーロ(約5億1300万円)での移籍金で獲得できるとのことだ。

川崎フロンターレの下部組織出身の板倉は、2015年2月にトップチーム昇格。2018年2月にベガルタ仙台へとレンタル移籍すると、ここでの活躍が転機となる。

川崎Fでは出場機会がなかなかなく、公式戦22試合に出場し1ゴール4アシスト。仙台では3バックの一角としてレギュラーをつかみ、公式戦32試合で3ゴールを記録していた。

復帰後の2019年1月に川崎Fからシティへと完全移籍。労働許可がないこともあり、加入してからはフローニンヘンへとレンタル移籍し2シーズン半が経過していた。

フローニンヘンでは公式戦59試合に出場し1ゴール1アシスト。2020-21シーズンはエールディビジでフルタイム出場を果たすなど、着実に経験を積み評価を上げていた。

また、日本代表にも招集され、今夏はU-24日本代表として臨んだ東京オリンピックでもセンターバックやボランチなどで5試合に出場していた。

シャルケはかつて元日本代表DF内田篤人も所属したドイツの名門クラブ。かつてはブンデスリーガで上位を争い、チャンピオンズリーグ(CL)の常連クラブだったが、近年は下位に低迷することが増えると、2020-21シーズンは最下位でシーズンが終了。30年ぶりに2部へと降格していた。

関連ニュース
thumb

吉田フル出場シャルケ、10人の戦い強いられケルンに完敗スタート《ブンデスリーガ》

シャルケは7日、ブンデスリーガ開幕節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。シャルケのDF吉田麻也はフル出場している。 1年で1部復帰を果たしたシャルケはサンプドリアから加入の吉田が4バックのセンターバックでスタメンとなった。 昨季7位のケルンに対し、積極的な入りを見せたシャルケは11分に先制しかける。FKの流れからボックス手前右のサラザールがルーズボールをダイレクトで強震。ネットを揺らしたが、VARの末にGKの前にいた吉田がオフサイドを取られ、ノーゴールに。 その後は守勢を強いられたシャルケは25分、ディエチにゴール至近距離からヘディングシュートを打たれるピンチ。しかし、ここはGKシュウォローが好守で防いだ。 だが34分、ドレクスラーがヘクターのふくらはぎにスパイクするとVARの末、退場に、 そして迎えた後半開始4分、CKの流れからキリアンに決められ先制される。さらに62分、スローインの流れで吉田とGKシュウォローが被ってルーズとなったボールを最後はカインツに決められた。 2点を追う展開となった10人のシャルケは76分にブルナーが一矢報いるも、80分にリュビチッチにヘディングシュートを決められて終戦。完敗スタートとなっている。 2022.08.08 02:28 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケが“スウェーデンの英雄”ヘンリク・ラーションの息子、ヨルダン・ラーションを完全移籍で獲得

シャルケは5日、スウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(25)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年夏までの3年間となる。背番号は「7」に決まった。 ラーションはクラブを通じて、加入のコメントをしている。 「シャルケは、過去数カ月間で目覚ましい進歩を遂げた。チームの一員となり、シーズンの成功に貢献できることを楽しみにしている」 ラーションはこれまでヘルシンボリやNECナイメーヘン、スパルタク・モスクワなどでプレー。しかし、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置で母国のAIKソルナへとレンタル移籍していた。 スウェーデン代表としても7試合で1ゴールを記録しているヨルダンは、スパルタク・モスクワでは83試合で27ゴール9アシスト。AIKソルナでも11試合で3ゴール2アシストを記録していた。 父は、スウェーデン代表のレジェンドであり、フェイエノールトやセルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどでストライカーとして活躍したヘンリク・ラーション氏。同じストライカーとして、ブンデスリーガでの活躍が期待される。 2022.08.05 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ラーションの息子が吉田麻也の同僚に? ロシアクラブ退団でシャルケ移籍が接近

スウェーデンのレジェンドであるヘンリク・ラーション氏の息子であるスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(25)が、ブンデスリーガに挑戦するようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 フェイエノールトやセルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどでストライカーとして活躍した父を持つヨルダンは、これまでヘルシンボリやNECナイメーヘン、スパルタク・モスクワなどでプレーした。 しかし、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置で母国のAIKソルナへとレンタル移籍していた。 未だに軍事侵攻は終息せず特例措置が継続する中、スパルタく・モスクワを退団したヨルダンはドイツ移籍が近づいているようだ。 そのクラブは、日本代表DF吉田麻也も所属するシャルケ。『ビルト』によれば、5日にもメディカルチェックを受け、そのまま契約を結ぶとしている。 スウェーデン代表としても7試合で1ゴールを記録しているヨルダンは、スパルタク・モスクワでは83試合で27ゴール9アシスト。AIKソルナでも11試合で3ゴール2アシストを記録していた。 昇格組のシャルケにとってはまずは残留、そしてなるべく高い順位でシーズンを終えることだが、若いチームの助けになると見られている。 2022.08.05 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安が芸術FK弾で決勝点!延長戦を制したフライブルクが2回戦へ《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、7月31日にドイツ各地で行われた。 堂安律の所属するフライブルクは2部所属のカイザースラウテルンと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。1点のビハインドで後半を迎えたフライブルクは、82分にR・サライのゴールで試合を振り出しに戻した。 試合はそのまま延長戦に突入。フライブルクは111分、バイタルエリア中央右寄りの位置で獲得したFKを堂安が直接狙うと、これがゴール右隅に突吸い込まれ勝ち越しに成功。これが決勝点となりフライブルクが2回戦へ駒を進めた。 その他の日本人選手在籍クラブでは、DF吉田麻也の所属するシャルケは4部のブレーマーSVに5-0で、DF室屋成の所属するハノーファーは4部のショット・マインツに3-0で、DF板倉滉に所属するボルシアMGは4部のオーバーアハーンに9-1で、MF奥川雅也の所属するビーレフェルトは4部のエンガースに7-1でそれぞれ勝利している。 また、MF遠藤渓太の所属する3部のブラウンシュヴァイクはヘルタ・ベルリンと対戦し、4-4で120分が終了。その後行われたPK戦を6-5で勝利し2回戦へ駒を進めている。 なお、31日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/31(日) SWレーデン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザントハウゼン(2部)</span> ブレーマーSV(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 シャルケ</span> ショット・マインツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハノーファー(2部)</span> レーディングハウゼン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ホッフェンハイム</span> オーバーアハーン(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">9 ボルシアMG</span> ローネ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アウクスブルク</span> カイザースラウテルン(2部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 フライブルク</span> エンガース(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">7 ビーレフェルト(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マンハイム(4部) 0</span>-0(PK:5-3) ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 マインツ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウンシュヴァイク(3部) 4</span>-4(PK:6-5) ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> 2022.08.01 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、背番号「4」でシャルケ公式戦にキャプテンとしてデビュー!チームは6発快勝《DFBポカール》

31日、DFBポカール1回線のブレーマーSV(ドイツ4部)vsシャルケが行われ、0-6でシャルケが勝利した。 今シーズンはブンデスリーガを戦うシャルケ。日本代表DF吉田麻也を始め、1部で戦うための戦力を整えた。 その吉田は、キャプテンマークを巻いての出場。背番号も「4」となり、プレシーズンで着けた「39」ではなく公式戦デビューを果たした。 シャルケは[4-4-2]のシステムを採用。吉田は右CBに入り、マルチン・カミンスキーとコンビを組んだ。 試合は開始2分、右からのスローインの流れからこぼれ球をドミニク・ドレクスラーがボックス右からクロス。これをトビアス・モールがファーサイドで折り返すと、最後はロドリゴ・サラサルが押し込んでシャルケが先制する。 早々に先制したシャルケだが、5分にはPKを獲得。ボックス内でセバスティアン・ポルターが倒される。これをポルターが自ら蹴るも、GKが横っ飛びでセーブ。追加点とはならない。 12分、左からのCKからのクロスをボックス内でフリーになったドレクスラーが右足で面を作ってボレー。これが決まり、シャルケはリードを2点に広げる。 その後も何度もゴールに迫るシャルケは33分にも追加点。浮き球のパスに対して抜け出したドレクスラーがボックス内右でダイレクトボレー。これがニアサイドの狭いところを抜けてネットを揺らす。 さらに39分には、左からの鋭いクロスにポルターが合わせに行くと、阻止しようとついてきた相手DFがオウンゴール。シャルケのリードは4点となる。 前半で4点をリードしたシャルケ。後半も左サイドを中心に攻め込んでいく。 しかし、前半ほど圧力をかけられないシャルケ。リードしているということもあり、選手を入れ替えながら、積極的に縦パスを入れるなど、少しリスクをかけた攻撃にもチャレンジする。 吉田もビルドアップに積極的に参加し、スルーパスやロングボールなど、攻撃の起点となるパスを供給。一方で、ディフェンス面では危なげないプレーが続く。 後半はゴールが生まれなかった中、83分にこじ開けることに。右CKからのモールのクロスをカミンスキーがボックス内でヘッド。これが決まり5点目を奪う。 さらに90分にダメ押し。スルーパスに抜け出したポルターがダメ押しゴールを決め、そのままタイムアップ。シャルケが力の差を見せつけ、0-6で勝利を収めた。 ブレーマーSV 0-6 シャルケ 【シャルケ】 ロドリゴ・サラサル(前2) ドミニク・ドレクスラー(前12、前33) オウンゴール(前39) マルチン・カミンスキー(後38) セバスティアン・ポルター(後45) 2022.07.31 21:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly