浦和がJリーグからの懲罰をCASに提訴、「エントリー資格」と「出場資格」の違いが争点に

2021.08.19 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは19日、エントリー手続き不備事案に関するJリーグの懲罰に関して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したことを発表した。

この事案は、6月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第18節の湘南ベルマーレ戦に関して、エントリー資格がなかったGK鈴木彩艶を起用。この試合は3-2で敗れていたが、3-0での敗戦という懲罰を受けていた。

鈴木は、U-24日本代表の活動に参加。そのため、Jリーグの公式PCR検査を受けられていなかった。代表活動中にJFAのPCR検査を受けて陰性になっていたため、その結果を受けてJリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要があったものの、クラブが認識不足からこれを怠り、エントリー資格がないまま鈴木を出場させていたということだ。

マッチコミッショナーによる確認不足もあった中、エントリーの資格を有する選手を起用する義務はクラブにあることから、けん責処分に加え、「出場資格のない選手の公式戦の不正出場」という理由で3-0の敗戦処分となっていた。

浦和はこの件に関して、7月14日に日本サッカー協会(JFA)の不服申立委員会へ不服申立理由書を提出。しかし、不服申立可能な懲罰に該当しないということで却下されていた。

浦和は、この件について、鈴木の「エントリー資格」がないことはチームの手続きミスとして認め、処分を受けるとしながらも、選手としての「出場資格」は持っているため、「出場資格のない選手の公式戦の不正出場」は適用されるべきではないと主張。懲罰基準 3-7「チーム又は選手等によるその他の違反行為」が適用されるべきではないかという主張をしている。

浦和の声明は以下の通り。

「本事案は、JFA及びJリーグの各規則並びに2021明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦試合実施要項(試合実施要項)で出場資格を認められている選手について、エントリー手続に不備があったものであり、この事案に懲罰基準3-3「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)」として、本試合を「得点を3対0として試合を没収」するとの懲罰を科す事は、懲罰規程の適用に誤りがあるとして、クラブ内で検討の結果、CASに提訴しましたのでお知らせいたします」

「浦和レッズは、「日本サッカーの水準向上及びサッカーの普及促進」等、Jリーグの理念を実現すべく、JFA及びJリーグと協力してクラブを運営していくものであり、この基本的な姿勢は、過去も、現在も、将来も変わりません」

「JFA及びJリーグが自ら定めたルールを正しく理解して、正しく運用することは、健全な日本サッカー界にとって必要なことであると考えます」

「本件について浦和レッズは、第三者機関による中立公正な判断を求めることがJFA及びJリーグを構成するクラブの責務であると考えると同時に、今シーズンにおける浦和レッズの順位やACLの出場権獲得に影響を及ぼすこと、さらには他のクラブにおいても同様のことが発生した場合、クラブの根幹に影響を及ぼす大きな事態に繋がる恐れがあることなどから今回の結論に至りました」

「このことにより、これまで培ってきたJリーグや日本サッカー協会との関係を毀損させる意図はないこと、日本のスポーツ界、サッカー界の発展を願い全力を挙げていきます」

選手のエントリー資格に関しては、その他のケースが3件発覚しており、マッチコミッショナーの義務が果たされていないケースが散見。コロナ禍でのイレギュラーな対応とはいえ、根本的な見直しが必要な状況に立たされていると言っても良いかもしれない。

関連ニュース
thumb

ルヴァン杯プライムステージの組み合わせが決定! 王者名古屋は浦和と対戦

29日、YBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ抽選会が行われた。 今月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 前回王者の名古屋は浦和と対戦。昨シーズンのカップ戦王者同士の対決となる。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 抽選会当日にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の解任が発表された神戸は福岡と対決。J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 浦和レッズ vs 名古屋グランパス 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「かなりの陽キャだ」浦和加入リンセン フェイエノールトとの“惜別動画”に注目「愛された選手なのが分かる!」

フェイエノールトがオランダ人FWブライアン・リンセンとの別れを惜しんだ。 27日、浦和レッズがリンセンの完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表。日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーでフェイエノールトに加入したリンセンは、公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。 そしてフェイエノールトも27日、クラブの公式SNSでリンセンとの惜別動画を投稿。「ブライアン、忘れられない2年になった」とゴールシーンや練習中などピッチ内外の様子を繋げた動画をアップした。 「日本での冒険を楽しんでください!」、「君がいなくなって寂しい」といったフェイエノールトファンからも声も集まる中、いったいどんな選手なんだと気になった日本のファンも反応。「かなりの陽キャだ」、「チームメイトやサポーターに愛された選手なのが分かる!」、「浦和レッズでの活躍が楽しみ!」、「勝手にクールガイだと思ってたけど、めちゃくちゃお茶目じゃん笑」とそのキャラクターに注目が集まっている。 リカルド・ロドリゲス監督体制2年目を迎えている浦和。ここまでは得点力不足に悩まされているが、リンセンの加入で挽回できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】リンセンのキャラクターが伝わってくる惜別動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Het waren twee onvergetelijke jaren, Bryan!<a href="https://twitter.com/hashtag/BryanBedankt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BryanBedankt</a> <a href="https://t.co/OHQcpid0s3">pic.twitter.com/OHQcpid0s3</a></p>&mdash; Feyenoord Rotterdam (@Feyenoord) <a href="https://twitter.com/Feyenoord/status/1541296517067296768?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
thumb

90分にモーベルグのFKが炸裂! 浦和が神戸を下し2連勝【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、ヴィッセル神戸vs浦和レッズが26日にノエビアスタジアムで行われ、0-1で浦和が勝利した。 未だ2勝で最下位に沈む神戸と、前節の名古屋グランパス戦で10試合ぶりの勝利を収めた浦和が激突。ベスト16入りした天皇杯のレノファ山口戦から先発を6名変更した神戸に対し、浦和は敗れたザスパクサツ群馬戦からの変更は2人にとどめた。 その浦和ではユンカーが1カ月ぶりにリーグ戦に復帰。開始直後に一人で相手DFからボールを奪い、ビッグチャンス到来。シュートはポストに嫌われたが、いきなり存在感を見せる。 しかし、キックオフからわずか5分後に足を痛めてプレー不可能に。松尾との交代で早くもピッチから去ることになった。 相手のアクシデントに乗じたい神戸だが、効果的な攻撃はほぼ皆無。逆に浦和は速攻から効率よくチャンスを作り出す。 まずは28分、猛烈なプレスで敵陣中央でボールを奪うと、江坂がボックス右で収めて最後は大久保がシュートへ。44分には、再び江坂のパスで大久保にボールが渡ると、今度は右サイドからカットインし、左足でフィニッシュ。しかし、どちらも枠を捉えることができず、試合は0-0で折り返した。 浦和は後半から宮本に代わって酒井が登場。リーグ戦では8試合ぶりの出場となったが、酒井の投入で浦和の右サイドが活性化。立ち上がりは押し込む時間が続いた。 なかなかチャンスを作れない神戸は、62分に大迫と汰木を下げて、ボージャンと郷家を投入。70分にはイニエスタを下げて扇原を送り出すが、それでもゴールに迫るシーンは増えない。 一方の浦和もチャンスの数が多いわけではなく、フィニッシュの精度の低さが目立つ。しかし、ラストチャンスとなった90分のFKで、途中出場のモーベルグがボックス手前中央から直接決めて勝ち越しに成功する。 結局、これが決勝点となり、浦和が2連勝を収めた。神戸は2連敗となった。 ヴィッセル神戸 0-1 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(後45) 2022.06.26 20:04 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:神戸vs浦和】前半戦期待を裏切った両者、折り返し初戦で結果を残すのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/11pt) vs 浦和レッズ(14位/18pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆残り17試合で浮上できるか【ヴィッセル神戸】 このチームが最下位にいることを予想できた人はいないと断言しても良いだろう。しかも17位との勝ち点差は「5」。大きく離されている状況だ。 17試合で10敗。わずか2勝と苦戦も苦戦。ケガ人が出るなどのエクスキューズもあったが、昨季3位のチームが残す結果ではない。 そして今の神戸に足りないのは波に乗る力。ジュビロ磐田(0-0△)、北海道コンサドーレ札幌(4-1○)と流れを作ったかと思えば、前節は柏レイソル相手に先制しながらも3-1で逆転負けを喫した。 ミッドウィークの天皇杯もあわや敗戦の危機に陥ったが、J2のレノファ山口FC相手に2-1で逆転勝利。この勝利を勢いに変えられるかがポイントだ。 残りは17試合。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も再び戦う中で、とにかく勝ち点を積み上げなければ、早い段階での降格決定を迎えることになるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:橋本拳人、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆ケチャップが出るのはいつなのか【浦和レッズ】 神戸同様に期待外れの結果に前半戦を終えたのが浦和だ。敗戦は5と多いわけではないが勝利は「3」と圧倒的に少ない。7連続ドロー、9戦未勝利と苦しんだ結果、14位に位置している。 中断明けとなった前半戦ラストの名古屋グランパス戦では3-1と快勝を見せた一方で、ミッドウィークの天皇杯ではJ2のザスパクサツ群馬に敗戦。やはり今季の戦いは安定しないということを露呈してしまった。 なんといっても浦和の問題点は得点力。失点は16と少ないものの、得点は17試合で18点。1試合1点のペースはどう考えても物足りない。いかに守備陣が奮闘しても勝ち点が積み上がるわけもなく、17試合で勝ち点も18だ。 ポイントは攻撃陣。補強の話もあるが、少なくともあと3週間は誰も加わらない。今いる選手たちがしっかりと奮起できるのか。前節の形を思い出してしっかりと戦いたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:宮本優太、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:平野佑一、柴戸海 MF:大久保智明、江坂任、明本考浩 FW:松尾佑介 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.06.26 15:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly