「本当にウンザリ」日常的に送られる人種差別メッセージに悩むウィロック、それでもSNSを辞めない理由

2021.08.19 10:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのU-21イングランド代表MFジョー・ウィロック(21)が、人種差別との葛藤を明かした。イギリス『BBC』が伝えた。

アーセナルの下部組織で育ったウィロックは、2019年7月にファーストチームへ昇格。2021年2月から半年間はニューカッスルへとレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合連続ゴールを含む、公式戦14試合で8ゴールを記録してチームの残留に貢献した。

今シーズンはアーセナルでも構想に入っていた中、ニューカッスルが獲得を熱望し、粘り強く交渉を続けた結果、完全移籍で加入。6年契約を結んだ。

将来的にはイングランド代表での活躍も期待されているウィロックだが、実は日々人種差別的な虐待を受けていることを告白。ソーシャルメディアの会社が問題を根絶するために何かをすべきだと語った。

「僕は毎日メッセージを受け取る。僕の肌の色や様々なことへのメッセージは本当にウンザリする」

「できることはあまりないね。無視するぐらいしかない。インスタグラム、フェイスブック、ツイッターは十分なことをしてくれているとは思わない」

「この時代にできることは、それを無視して、頭の片隅に置いておくしかないだろう」

「そういったものはスマートフォンに表示され、彼らは直接メッセージを送る手段を持っている。こういった嫌なことをされると、傷つくね。話すことすら辛い」

それでもSNSを辞めることはないとするウィロック。それは、一部の問題ある人ではなく、自身のファンのためだと語った。

「ソーシャルメディアから離れてしまうと、毎日僕をサポートしている全ての素晴らしいファン、日常生活を見て、僕が何をしているのかを知りたいと思ってくれている人たちとの繋がりが失われてしまう」


関連ニュース
thumb

ユナイテッドの2ndGKヘンダーソン、ニューカッスルにレンタルへ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(25)のニューカッスル移籍がまもなく決まる模様だ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨季にシェフィールド・ユナイテッドでの2年間の武者修行から復帰しトップチームに定着したヘンダーソン。その初年度の終盤こそ出番を増やしたが、今季は新型コロナウイルス感染などで出遅れると、近年の不振ぶりから一転して復調したスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに付け入る隙のない状況となってしまった。 今季はプレミアリーグでの出場は一度もなく、このまま控えに甘んじるつもりのない25歳は、夏に新天地を求めるようだ。伝えられるところによると、同選手は18日に交渉のためニューカッスル入り。シーズンローンに向けた話し合いが行われたという。 今冬の移籍市場でもヘンダーソンの獲得に動いたニューカッスル。だが、トレード要員になることを嫌ったGKマルティン・ドゥブラフカが拒否したため実現しなかった経緯がある。また、同じタイミングでアヤックスもローンでの獲得を試みたが、来季からユナイテッドを指揮するエリク・テン・ハグ監督はデ・ヘアを正GKと見ているようだ。 なお、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は完全移籍の可能性も除外されていないと主張。ただ、ユナイテッドは4000万ポンドの(約63億8000万円)の移籍金を求めているとのことで、仮にニューカッスルが満額支払った場合、昨夏にアーセナルが3000万ポンド(現レートで約49億4000万円)を投じて獲得したイングランド代表GKアーロン・ラムズデールを上回り、イギリス人GK史上最高額の選手になる。 2022.05.20 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のダルウィン・ヌニェス、マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスルのオファーを拒否

ベンフィカで活躍するウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス(22)の去就が注目されている。 母国の強豪ペニャロール出身のヌニェスは、2019年夏にアルメリアに移籍し欧州上陸。その1年目にラ・リーガ2部で30試合16ゴールの活躍を披露し、2020年夏に2400万ユーロの移籍金でベンフィカに加入した。 187cmの身長に巧みなドリブル、ゴールへの嗅覚を武器とする万能型センターFWのヌニェスは、新天地でも公式戦44試合で14ゴール12アシストと、初年度としては上々の結果を残す。だが、今シーズンはさらに覚醒。リーグ戦では28試合で26ゴール、自身初のチャンピオンズリーグでも10試合で6ゴールを挙げるなど、公式戦41試合で34ゴールという圧巻の成績を残した。 この活躍には当然ビッグクラブが注目。マンチェスター・シティやバルセロナ、バイエルンなど錚々たるクラブの関心が伝えられる中、1月にはイギリス『スカイ・スポーツ』が、ウェストハムが金銭面でベンフィカと合意していると報じていた。 ただ、フランス『RMC Sport』に勤めるロイク・タンジ記者によると、ヌニェスはチャンピオンズリーグに出られるクラブへの移籍を求めている模様。この理由から、マンチェスタ・ユナイテッドやニューカッスルからのオファーには断りを入れたと伝えられている。 なお、現状ではパリ・サンジェルマンが22歳の争奪戦をリードしているとのこと。この夏注目の一人となりそうだ。 2022.05.20 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

前オーナーの意向で6年間外に…ニューカッスル本拠地に“レジェンド”シアラー氏の銅像が帰還!

ニューカッスルのスタジアムにクラブレジェンドであるアラン・シアラー氏の銅像が帰ってきた。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えている。 プレミアリーグが発足した1992-93シーズンから活躍していたシアラー氏は、1996年にニューカッスルへと移籍。いきなり31試合で25ゴールを記録し、ブラックバーン時代に続いて3年連続の得点王に輝いた。その後もゴールを量産し続け、積み上げたプレミアリーグでの通算ゴール数は「260」。ニューカッスル時代だけでも148ゴールを記録していた。 ニューカッスルはその功績を称え、シアラー氏の銅像を本拠地セント・ジェームズ・パークに設立。しかし、前オーナーのマイク・アシュリー氏はこれを許さず、その銅像はおよそ6年にわたってスタジアムの外に置かれていた。 多くの人がそのことを忘れかけていた中、2021年に流れが変わる出来事が。サウジアラビアの政府系ファンドであるPIFによるクラブ買収が完了し、14年続いたマイク・アシュリー前オーナーによる政権が終わりを迎えたのだ。 その際、シアラー氏も自身のツイッターで「Yesssssssss!我々は再び恐れずに希望を抱くことができる」とツイートしており、自身を蔑ろにしていたオーナーの退任に、喜びを爆発させていた。 シアラー氏の銅像は5月に入っておよそ6年ぶりにセント・ジェームズ・パークへと帰還。現在はサー・ボビー・ロブソン氏の銅像の隣に配置。2つの銅像を製作したトム・メイリー氏は、偉大な2人が並ぶ光景に喜びを口にしている。 「とても満足だ。かなり大変な作業でしたが、本来あるべき姿の彼を見ることができ、とても素敵な気分だ」 「今、初めてボビーが後ろにいる映像を見ているけど、本当に素敵で、これで一件落着だよ。まず最初に私は彼をここに置くことを選んだ。彼をここに置くことを提案したとき、オーナーたちは背中を押してくれたんだ」 <span class="paragraph-title">【写真】セント・ジェームズ・パークへと帰還したシアラー像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Where he belongs.<br><br> <a href="https://t.co/LsMayUVYFq">pic.twitter.com/LsMayUVYFq</a></p>&mdash; Newcastle United FC (@NUFC) <a href="https://twitter.com/NUFC/status/1526522768317206529?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ

ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣トッテナムファンにメッセージを届けた。 16日、プレミアリーグ第37節でアーセナルをホームに迎えたニューカッスル。トップ4フィニッシュを目指す相手に難しい試合になることが予想されたが、最終的には攻守両面で相手を圧倒する見事なパフォーマンスでホーム最終戦を2-0の完勝で飾った。 この勝利によってニューカッスルはトップ10フィニッシュの可能性を残したが、それ以上に大きな利益を手にしたのが、アーセナルと熾烈なトップ4争いを繰り広げるトッテナム。 前日の試合でバーンリーを破って暫定4位に浮上したトッテナムは、ニューカッスルのアシストによって2ポイント差を得て次節の最終節を迎えられることになった。 このアーセナル戦でプレー機会はなかったものの、戦前から古巣へのアシストを語っていたトリッピアーは試合後に自身のインスタグラムを更新。味方のパフォーマンスを称賛すると共に、古巣ファンに向けてメッセージを綴っている。 「今夜は仲間たちが素晴らしい活躍を見せてくれた。もう一度、自分たちの能力を証明してくれた」 「今夜の一戦を、スパーズファンが楽しんでもらえたとしたら嬉しいよ」 なお、トッテナムはすでに降格が決定した最下位ノリッジとの最終節で引き分け以上の結果を残せば自力でのトップ4フィニッシュが可能となるが、アーセナルの最終節の相手のエバートンには、トリッピアーと同様にイングランド代表MFデレ・アリが在籍しており、更なるアシストも期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kieran Trippier(@ktrippier2)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.05.17 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

「気合が凄い」歯が抜けかけた状態で試合続行!アーセナル撃破に献身のニューカッスルFWに驚きの声「痛そう…」

ニューカッスルのイングランド代表FWカラム・ウィルソンがストライカーの意地を見せた。 ニューカッスルは16日、プレミアリーグ第37節でアーセナルとホームで対戦。前節のマンチェスター・シティ戦でハムストリングのケガから復帰したウィルソンは、キャプテンマークを巻いて復帰後初先発を飾った。 試合はホームのニューカッスルが序盤から主導権を握る展開に。ウィルソン率いる3トップも躍動するが、27分にアクシデントが襲う。競り合った際に味方選手の腕がウィルソンの顔にぶつかってしまった。 ウィルソンはそのままタッチラインに駈け寄り、応急処置を依頼。中継カメラには歯が上の前歯が1本折れ、抜けかけてしまっているのがバッチリと映っていた。そのまま交代かと思われたが、ウィルソンは応急処置を済ませると即座にピッチに復帰。結局、後半アディショナルタイムに交代するまでプレーした。 56分の先制点の場面では鋭い動き出しから相手のオウンゴールも誘発したウィルソン。その行いには、ファンからも「気合が凄い」、「痛そう…」、「すごい選手だ」、「我々には彼が必要だ!」といったコメントが寄せられている。 試合は90分を通して高いパフォーマンスを発揮したニューカッスルが2-0で勝利。イギリス『クロニクル・ライブ』によると、ウィルソンは試合後、「信じられないような雰囲気だった」と試合を振り返り「シーズン序盤は誰もが僕たちを見限り、クリスマスには降格圏内にいた。しかし、我々はやり続け、皆が間違っていることを証明した」とチームの復調を誇っていた。 <span class="paragraph-title">【閲覧注意】歯が抜けかけてしまったウィルソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Callum Wilson&#39;s tooth <a href="https://t.co/dTjFF7Mu85">pic.twitter.com/dTjFF7Mu85</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1526293546810097664?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 19:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly