宮崎のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性

2021.08.18 18:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
テゲバジャーロ宮崎は18日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該スタッフは15日に抗原定性検査を実施し陽性判定に。16日に医療機関にてPCR検査を実施したところ、陽性と診断されたとのことだ。

なお、体調不良や発熱などの症状はなく、自宅で回復に努めているとのことだ。

当該スタッフは14日ごろから鼻づまりの症状はあり、16日には倦怠感もあったとのことだ。

また、宮崎市保健所による調査の結果、トップチームスタッフ2名が濃厚接触者に該当するとの連絡を受け、保健所の指導のもと自宅で待機しているとのこと。チームの活動は一度中止し、自宅待機となっているとのことだ。

保健所の指示のもと8月19日(木)に当該スタッフならびに濃厚接触者2名を除くトップチーム選手・スタッフにPCR検査を行い、陰性が確認できた者のみで8月20日(金)より活動を再開する予定とのことだ。


関連ニュース
thumb

宮崎のGK伊東が契約満了 「テゲバで試合に出場することができず、悔しい気持ちでいっぱい」

テゲバジャーロ宮崎は3日、GK伊東倖希(25)との契約満了を発表した。 U-16日本代表の選出歴を持つ伊東は、FC東京U-18を経て鹿屋体育大学に進学。2019年2月に当時JFLに所属していた宮崎への加入が決定した。 しかし、そこから約3年間公式戦の出場はなし。今季Jリーグ初挑戦ながら首位を走り、明治安田J2リーグ昇格に王手をかけるチームをベンチから見守る格好になっている。 伊東はクラブを通じてコメントを残した。 「リリースの通り、今シーズンをもちましてテゲバジャーロ宮崎を離れることになりました。まずは3年間テゲバでプレーさせていただいた事本当に感謝しています。個人的にはテゲバで試合に出場することができず、悔しい気持ちでいっぱいです」 「自分に期待して応援していただいていた方々、プレーしている姿をみせれず申し訳ありませんでした。3年間たくさんの応援ありがとうございました!」 「テゲバでのJ3昇格、J3での優勝争いの経験は一生忘れません。僕はまだサッカーを続けようと思うのでこの経験を生かし成長していけるように、またどこかでプレーをみてもらえるように頑張りたいと思います!」 「テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆様、本当にありがとうございました! 優勝しましょう!!」 2021.12.03 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本との天王山制した宮崎が“暫定”首位で今季終了! 2位浮上の岩手は最終節勝利で優勝決定【明治安田J3第29節】

明治安田生命J3リーグ第29節の7試合が28日に各地で行われた。 今節の最注目カードは、2位宮崎(勝ち点50)と首位熊本(勝ち点51)の天王山。日程の進みが早い宮崎は今節が最後の試合となるため、得失点差も加味すると引き分け以下で優勝の可能性は消滅する。 そのため試合は慎重な入りを見せた中、アウェイの熊本に押し込まれる展開に。前半に熊本の岩下に決定的なシュートを許すが、ここはGK植田がポストも味方にしたセーブで難を逃れる。 ゴールレスで迎えた後半も熊本ペース。立ち上がりの47分に右サイドから上がったクロスを髙橋が難しい体勢からボレーシュートを放つ。しかし、ここもGK植田がファインセーブ。さらに75分にも熊本はターレスがビッグチャンスを迎えるが、やはり植田が立ちはだかる。 すると84分、水際で失点を防ぎ続けていた宮崎はセットプレーの流れで左からクロスが上がると、その折り返しを前田がシュート。これは当たり損なったが、ゴール前の代がねじ込んで守勢の中で先制点を挙げた。これが決勝点となり、宮崎は首位で最後の試合を終えることに。 その一方で、3位の岩手(勝ち点49)は富山をホームに迎え1-0で勝利。こちらも3位と4位の上位対決となった中、富山は末木が2枚のイエローカードで前半で退場に。これで数的有利を得た岩手は、86分に小野田が2019年以来のゴールを決めて勝利を収めた。 この結果、岩手が熊本をかわして2位に浮上。最終節で沼津に勝利すれば、宮崎を抜いて優勝が決定する。 ◆第29節 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 カターレ富山 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 福島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 3</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 1</span>-0 ロアッソ熊本 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> FC岐阜 0-0 藤枝MYFC カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> 2021.11.28 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本が首位浮上! 宮崎は自力優勝の可能性が消滅【明治安田J3第28節】

明治安田生命J3リーグ第28節の6試合が、21日に各地で行われた。 今節の最注目カードは、4位の富山(勝ち点42)と首位の宮崎(勝ち点50)による上位対決。試合は4試合未勝利の富山が地の利を生かして積極的にシュートを放っていく。しかし、徐々に宮崎がペースを掴むと迎えた45分、梅田のバックパスを前田がボックス手前から右足一閃。強烈なミドルシュートが突き刺さり、アウェイチームが先制した。 1点ビハインドとなった富山は、後半も前半同様にシュートを重ねていく。その姿勢が実を結んだのは66分のことだった。右サイドからパスをつなぎ、マテウス・レイリアの短い落としに末木がボックス手前右から左足を強振。宮崎同様、見事なミドルシュートで追いついた。なお、末木は今季2ゴール目。初得点も宮崎戦だった。 以降は互いに交代カードを切りながら試合を進めるが、しばらく膠着状態に。それでも87分に動きを見せる。富山は左CKの流れから、途中出場の碓井が左サイドからグラウンダーのクロスを供給。ニアの林堂がバックヒールで巧みにコースを変えると、これがゴールに吸い込まれ、逆転に成功。 このまま5試合ぶりの勝利を挙げた富山は、優勝ないしはJ2昇格に向けて望みを繋いだ。一方の宮崎は残り1試合となった中、2位熊本(勝ち点48)の結果を待つことに。 その熊本は、ホームにYS横浜を迎え、47分の伊東の3カ月ぶりのゴールで勝利。この結果、熊本が宮崎を抜いて首位浮上。2試合を残す熊本が優勝へ向けて大きく有利となった。 その他、3位の岩手(勝ち点46)はホームで讃岐に3-1で快勝。直近4試合で3勝目を挙げ、逆転優勝も視界に捉えた。岩手も残り2試合となっている。 ◆第28節 藤枝MYFC 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ヴァンラーレ八戸 2</span>-1 FC岐阜 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>いわてグルージャ盛岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>カターレ富山 2</span>-1 テゲバジャーロ宮崎 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ガイナーレ鳥取 2</span>-1 FC今治 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ロアッソ熊本 1</span>-0 Y.S.C.C横浜 AC長野パルセイロ 1-1 アスルクラロ沼津 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ロアッソ熊本 51(26/14/9/3/37/19) 2位:テゲバジャーロ宮崎 50(27/15/5/7/43/31) 3位:いわてグルージャ盛岡 49(26/14/7/5/41/27) 4位:カターレ富山 45(26/13/6/7/39/32) 2021.11.21 16:53 Sun
twitterfacebook
thumb

“デカモリシ”こと藤枝のFW森島康仁が現役引退「16年もプロ生活を送れると思いませんでした」

藤枝MYFCは18日、FW森島康仁(34)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 森島は、兵庫県出身で、滝川第二高校から2006年にセレッソ大阪に入団した。クラブのレジェンドであり現在は社長を務める森島寛晃氏がいたこともあり、“デカモリシ”の愛称でも親しまれた。 2008年7月から大分トリニータに期限付き移籍。2009年からは大分へ完全移籍するとチーム内での得点源に。2014年に川崎フロンターレへ完全移籍、2015年はジュビロ磐田へ期限付き移籍すると、2016年に完全移籍。2017年はテゲバジャーロ宮崎、2018年は栃木ウーヴァFCでプレーし、2019年から藤枝でプレーしている。 これまでJ1通算83試合13得点、J2通算165試合37得点、J3通算60試合21得点、リーグカップ15試合1得点、天皇杯16試合7得点を記録。2008年には大分トリニータでリーグカップ優勝を経験した。なお、今シーズンは明治安田生命J3リーグで2試合の出場に終わっていた。 また、世代別の日本代表でも活躍し、2006年のAFCユース選手権では準優勝。2007年のU-20ワールドカップにも出場。2007年には北京オリンピックの予選にも出場した。また、2008年には日本代表にも選ばれたが、出場機会はなかった。 森島はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンを持ちまして、現役を引退する事になりました。夢のサッカー選手になれて様々な経験ができました。プロサッカー選手に育てていただいたセンアーノ神戸、セレッソ大阪U-15、滝川第二高校、成長させていただき本当にありがとうございます」 「16年間でお世話になったセレッソ大阪、大分トリニータ、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田、テゲバジャーロ宮崎、栃木ウーヴァFC、藤枝MYFC、こんな僕を受け入れていただいた各クラブには本当に感謝しています」 「自分自身16年もプロ生活を送れると思いませんでしたが、たくさんの経験をさせていただきました。今年のラストシーズンは本当に悔しさもありましたが、様々なことを経験できました。この経験をこれから第二の人生に活かしていきたいと思います」 「両親、家族には本当に感謝しています。色々なサポートやわがままを聞いてもらい本当にありがとうございます」 「サッカーを通じてご迷惑をおかけしした方々には本当に申し訳ありません。応援してくださったサポーターの皆さん、クラブ関係者の皆さん、16年間応援ありがとうございました」 2021.11.18 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎が富山とドローの熊本をかわして首位浮上、岐阜は敗れるも辛うじて昇格の可能性を残す【明治安田J3第27節】

14日、明治安田生命J3リーグ第27節の7試合が各地で行われた。 勝てばJ2昇格へ大きく近づく首位のロアッソ熊本(勝ち点47)は、逆転昇格のために1つも落とせない4位カターレ富山(勝ち点41)をホームに迎えた。 ここ3試合は無得点かつ未勝利の熊本だったが、この日は早々にゲームを動かす。後方からのふわっとした浮き球を高橋がボックス右で収めて後方へ下げると、岡本と姫野がもつれてボールは流れる。これに反応した上村が右足を振り抜き、見事なミドルを左隅に沈めて5分でリードを奪う。 ボールを握りながら危なげのない試合運びを見せる熊本は、杉山の直接FKや竹本のフィニッシュでゴールを脅かすと、前半の終了間際にも追加点を奪取。河原のミドルがクロスバーを叩くと、ボールは大きく浮き上がり、上村と競り合った戸根の体に当たってゴールに吸い込まれた。 ビハインドで折り返した富山は後半の頭から松岡、マテウス・レイリア、63分には大野を送り出して攻勢を強める。すると、投入直後の大野が裏へ抜け出し、ボックス内で酒井のファウルを誘発してPKを獲得。これを自ら力強く蹴り込んで1点を返す。 畳みかけたい富山はカウンターからチャンスを迎え、左からのクロスに音泉が合わせるも、至近距離でのシュートは力なく終わる。78分にもゴール前での混戦から大野が左足のフィニッシュを放つが、これもGKに足で防がれた。それでもその1分後、伊東のバックパスを大野がさらうと、飛び出したGK佐藤をかわして流し込み、ついに試合を振り出しに戻した。 勝ち越しを狙う熊本は河原のFKに阿部が頭で合わせるも、GK西部がビッグセーブ。後半アディショナルタイムには菅田を前線に上げてパワープレーを仕掛けるも、新たなゴールは生まれず2-2の痛み分け。熊本は順位を1つ下げ、富山は辛うじて昇格に望みをつないでいる。 敗れればJ2昇格が潰える可能性のある6位FC岐阜(勝ち点40)は、2位テゲバジャーロ宮崎(勝ち点47)とアウェイで対戦。試合は壮絶な打ち合いとなった。 互いにポゼッションを志向するチーム同士の一戦は、岐阜がボールを保持して主導権を握る展開に。19分にハーフウェイライン付近でFKを得ると、クイックリスタートから裏を取った川西が一対一を迎えるも、左足のシュートは枠の右へ外してしまう。だが、直後に名誉挽回。代のバックパスをボックス内でカットし、冷静にGK石井をかわして今度はネットを揺らした。 反撃の糸口を見つけたい宮崎だが、思うようにボールを奪えず我慢の時間が続く。35分には高い位置でボールを奪い、渡邊、さらには千布がフィニッシュに持ち込むが、いずれもDFのブロックに。このままハーフタイムかと思われた前半のアディショナルタイム、宮崎はゴール正面でFKを獲得する。これを前田が右足で左隅に直接ねじ込み、振り出しに戻して前半を終えた。 維持でも負けられない岐阜は後半開始早々に再び前へ出る。三ッ田の縦パスに橋本が抜け出し、左の深い位置からクロスを入れると、川西がフリックして最後はファーから詰めてきた窪田。頭で押し込み、岐阜が再びリードを奪う。 対する宮崎もその5分後、綿引の右からクロスを梅田が頭で落とし、前田がダイレクトで左足を一閃。強烈な一撃がネットを揺らし、再び同点とすると、64分にはついに逆転。梅田のシュートのこぼれを拾った徳永が右の高い位置からグラウンダーの速いクロスを送ると、ゴール前で渡邊がプッシュし、ネットを揺らす。4分後にはチームトップスコアラー・梅田もGK松本の手を弾く強烈なフィニッシュを沈め、一気にリードを広げた。 追い掛ける展開となった岐阜も84分にCKから富樫がネットを揺らしたが、GK石井へのファウルを取られてゴールは認められず。5分後のFKからの甲斐のヘディングもオフサイドを取られ、刻々と時間は過ぎていく。後半アディショナルタイムに吉濱の左CKから藤谷のJ初ゴールで1点を返すも、時すでに遅し。3-4で敗れた岐阜だが、他会場の結果により辛うじて首の皮がつながった。一方の宮崎は熊本をかわして首位に浮上している。 また、3位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点43)も4連勝と好調を維持する7位Y.S.C.C.横浜(勝ち点37)を和田の2ゴールなどで3-1と退け、3ポイントを積み上げて熊本に肉薄している。 ◆明治安田生命J3リーグ第27節 福島ユナイテッドFC 1-1 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 2</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 ガイナーレ鳥取 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC今治</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 4</span>-3 FC岐阜 Y.S.C.C.横浜 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 いわてグルージャ盛岡</span> ロアッソ熊本 2-2 カターレ富山 2021.11.14 16:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly