昇格組のクレルモンがチュニジア代表MFカーウィをマルセイユから獲得

2021.08.15 20:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クレルモンは14日、マルセイユからチュニジア代表MFサリフ=エディヌ・カーウィ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2022年6月30日までとなり、1年間の延長オプションがついている。

トゥールFCの下部組織で育ったカーウィは、2016年7月にマルセイユへと完全移籍。トロワ、カーンへのレンタル移籍を経験した。

これまでリーグ・アンでは91試合に出場し10ゴール4アシスト。マルセイユでは公式戦通算40試合で2ゴール2アシストを記録していた。

また、チュニジア代表としても21試合に出場し4ゴールを記録。2018年のロシア・ワールドカップにも出場していた。


関連ニュース
thumb

開幕戦で5発完勝のPSG、ガルティエ監督は満足感「試合を通して高い水準を維持した」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が、開幕戦のクレルモン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日に2022-23シーズンのリーグ・アンが開幕。王者のPSGは、クレルモンとのアウェイゲームで開幕を迎えた。 今夏はジャパンツアーで日本のファンを大いに魅了してきたPSG。ナントとのトロフェ・デ・シャンピオンも制し、良い状態でシーズン開幕に臨んだ。 フランス代表FWキリアン・ムバッペが内転筋の問題で招集外となったが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてブラジル代表FWネイマールは揃って先発。パブロ・サラビアと2トップを組んだ。 力の差がある両者は試合展開も一方的なものに。9分でネイマールがネットを揺らすと、アクラフ・ハキミ、マルキーニョスと得点を重ね、前半で0-3とする。 しかし、後半はクレルモンの粘り強い守備の前になかなかゴールを奪えなかったが80分にメッシがネイマールのアシストからゴールを決めて4点差に。そして86分にメッシがバイシクルシュートを決めて0-5で勝利を収めた。 PSGでのリーグ戦初戦を振り返ったガルティエ監督は、勝利に満足。まだ課題はあるとしながらも、多彩な攻撃とクリーンシートに抑えた守備を評価した。 「初戦で勝ったことは大きな満足感がある。5ゴールを決めて勝つことは重要だ。チャンスを逃さず、点差が開いた後も、試合を通して高い水準を維持した」 「攻撃面では、チームが自分たちを表現しているやり方が好きだった。また、ボールを奪うために選手がグループで努力しなければいけない時もあった。ボールを奪い返すこと、味方のために努力することは、我々がたくさん主張してきたことだ」 「チームには非常に優秀な選手が揃っているが、彼らはチームとしてプレーしなければいけない。1試合、そしてシーズンを通して、続けなければいけない」 「クリーンシートは常に重要だ。(トロフェ・デ・シャンピオンの)ナント戦では、2、3回のチャンスを与えたが、今日は何もなかった。グループで、インテリジェンスを持って上手く守りたいという願望がある」 「ただ、最も重要なことはゴールを決めることだ。それはPSGと、選手たちのDNAだ。だから、テクニックのクオリティが高い人数をかけた攻撃と、コレクティブな守備。この2つには満足している」 2022.08.07 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール1G3Aにメッシは圧巻オーバーヘッド弾含む2発! PSGが連覇に向け最高のスタート《リーグ・アン》

2022-23シーズンのリーグ・アン開幕節、クレルモンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が6日に行われ、アウェイのPSGが0-5で勝利した。 昨シーズンにリーグ・アンを制したPSGは、ポチェッティーノ前監督を解任し、前ニース指揮官のガルティエ監督を新指揮官に据えた。その初陣となったトロフェ・デ・シャンピオンを4-0の快勝で飾った新チームは、リーグ開幕戦で昨季17位のクレルモンのホームに乗り込んだ。 ガルティエ監督はこのリーグ開幕戦に向け、内転筋の問題で招集外のムバッペを除く現状のベストメンバーを起用。メッシをトップ下、2トップにサラビア、ネイマールを配した[3-4-1-2]の布陣で臨んだ。 ホームでの開幕戦ということもあり、クレルモンが勢いを持って試合に入ったが、昨季王者が早速力の差を見せつける。開始9分、ボックス左に抜け出したサラビアがゴールライン際でマイナスへ深く折り返すと、ニアのメッシのトラップが流れたところをサポートしたボックス中央のネイマールが右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 幸先よく先制に成功したPSGは、すぐさま反撃に出たクレルモンの勢いに晒されるが、決定機までは許さない。すると、26分には中盤でのボール奪取から高速カウンターを発動。メッシとのコンビで中央を突破したネイマールのスルーパスに快足を飛ばして追いついたハキミがそのままボックス右に持ち込んで強烈な右足のシュートをニア上に突き刺した。 これでホームチームの勢いを削ぐことに成功したPSGは、セットプレーやサイドアタックからセルヒオ・ラモス、ヌーノ・メンデスらに続けて決定機が訪れると、39分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのネイマールが正確なクロスボールをゴール前のスペースへ落とすと、フリーで抜け出したマルキーニョスが頭で合わせ、決定的な3点目まで奪って見せた。 3点リードで試合を折り返したPSGは後半も危なげなく試合をコントロール。ただ、引き続き高いモチベーションで戦うクレルモンの粘り強い守備を前に、なかなか4点目を奪い切れない。 後半半ばを迎えてガルティエ監督は67分にセルヒオ・ラモス、ヴィティーニャを下げて、ムキエレ、パレデス。78分にはメンデス、サラビアに代えてベルナト、エキティケを同時投入。 一連の交代で再びゴールへの意識を強めたアウェイチームは80分、マルキーニョスのパスカットを起点とした鮮やかなカウンターから、最後はボックス中央でネイマールからのプレゼントパスをメッシが冷静に左足で流し込み、開幕戦でのゴールを記録。 すると、このゴールに気を良くしたか、直後の86分には同胞パレデスからの絶妙な縦パスに反応したメッシはゴールを背にしての胸トラップから圧巻のオーバーヘッドシュートを叩き込み、この日のゴールショーを締めくくるチーム5点目とした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ネイマールの1ゴール3アシストにメッシの2ゴールと役者がきっちり仕事を果たしたPSGがリーグ・アン連覇に向けて最高のスタートを切った。 2022.08.07 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

リール、昨季仏リーグ14ゴールのクレルモン主砲バヨを獲得!

リールは13日、クレルモンからギニア代表FWモハメド・バヨ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 フランス『フット・メルカート』によると、リールはウェストハムやエバートン、フランクフルト、マルセイユといったクラブが関心を示したストライカー獲得に、1400万ユーロ(約19億3000万円)を支払うことになるようだ。 クレルモンの下部組織出身の188cmのストライカーは、2017–18シーズンにトップチームデビュー。2020–21シーズンには22ゴールを挙げ、リーグ・ドゥ(フランス2部)の得点王に輝き、クラブのリーグ・アン昇格に大きく貢献した。 さらに、自身初の挑戦となった2021-22シーズンのリーグ・アンでは32試合14ゴール5アシストの活躍をみせ、チームの1部残留の立役者となっていた。 長身とリーチの長さ、トリッキーな足元の技術を生かしたボールキープで前線の基準点として機能しつつ、フィニッシュの局面ではストライカーらしい嗅覚と決定力を発揮。ヌワンコ・カヌやエマニュエル・アデバヨールといったアフリカ出身の長身FWの系譜を受け継ぐセンターフォワードだ。 2022.07.13 18:24 Wed
twitterfacebook
thumb

リールがアルジェリア代表DF獲得! ローマ行きチェリク後釜に

リールが6月30日、クレルモンからアルジェリア代表DFアキム・ゼダドゥカ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 リールでは右サイドバックの絶対的な主力だったトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)のローマ移籍が迫っており、後釜の確保が急務に。 そういった中、2021-22シーズンのリーグ・アンで印象的なパフォーマンスを披露していたゼダドゥカの獲得に至った。 ナポリが保有権を持つMFカリム・ゼダドゥカ(22)を弟に持つゼダドゥカは、イストレやRCランス、マリニャーヌ・ジニャックといった故郷フランスのクラブを渡り歩き、2019年に当時リーグ・ドゥに所属していたクレルモンに加入。 主力としてリーグ・アン昇格に貢献すると、今シーズンは自身初の1部の舞台でリーグ全試合に出場し、3アシストを記録。チェリクの後釜に指名されたように推進力のある攻撃的なサイドバックだが、一対一の対応を含め守備でも貢献できる安定したサイドプレーヤーだ。 先月にアルジェリア代表デビューも飾った苦労人に関しては、セビージャやラツィオからの関心も伝えられたが、リールという堅実なステップアップ先を選択した。 2022.07.01 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ&ネイマールがハットトリック達成!大量6発を奪ったPSGが2戦連続の圧勝劇《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第31節でクレルモンと対戦し6-1で圧勝した。 前節のロリアン戦を大勝した首位PSG(勝ち点68)が、17位クレルモン(勝ち点28)のアウェイに乗り込んだ一戦。PSGは前節からスタメンを2人変更。負傷したパレデスとマルキーニョスに代えてヴェッラッティとセルヒオ・ラモスをスタメンで起用した。 PSGは開始早々の6分、メッシの縦パスをボックス内で受けたネイマールが素早いターンからゴール右隅へシュートを突き刺し、先制に成功。 さらにPSGは19分にも、左サイドのネイマールがクロス性のパスを供給すると、バイタルエリアのメッシが胸トラップから左足でボックス内へ繋ぎ、最後はうまく抜け出したムバッペが難なくゴールネットを揺らした。 その後も70%近いボール支配率でゲームをコントトールするPSGだったが、42分に1点を返される。ベルトミエのパスでボックス左深くまで切り込んだカーウィの折り返しをドソウに押し込まれた。 1点のリードで後半を迎えたPSGは、後半も先に決定機を創る。63分、メッシの浮かせたパスでボックス左深くまで抜け出したムバッペのクロスをゴール前に走りこんだメッシがヘディングシュートで叩き込んだが、ムバッペのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 追加点のチャンスを逃したPSGだったが70分、高速ドリブルでボックス左から侵入したムバッペがゼダドゥカに倒されPKを獲得すると、このPKをネイマールがゴール左に決めた。さらに74分には、ネイマールのロングパスからDFの裏に抜け出したムバッペが飛び出したGKをかわし無人のゴールへシュートを流し込み、4点目を奪った。 攻撃の手を緩めないPSGは、80分にもメッシのパスをボックス左で受けたムバッペがコントロールショットを突き刺し、ハットトリックを達成。さらに83分には、DFの裏に抜け出したムバッペが相手DFとGKをひきつけてラストパスを供給。これをネイマールが難なく決めて、こちらもハットトリックを達成した。 結局、試合はそのまま6-1でタイムアップ。ムバッペとネイマールがハットトリックを達成するなどPSGが圧勝で2季ぶりの優勝に一歩前進した。 2022.04.10 05:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly