初昇格のブレントフォード、コンゴ民主共和国代表FWウィサを完全移籍で獲得!

2021.08.11 01:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレントフォードは10日、ロリアンに所属するコンゴ民主共和国代表FWヨアネ・ウィサ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は1年の延長オプションが付いた4年となる。

2018年冬にアンジェからロリアンに加入したウィサは、左ウイングを中心に、前線のあらゆるポジションをこなすユーティリティ性に優れたFW。ロリアンでは在籍3シーズン半で公式戦128試合に出場し37ゴール17アシストをマーク。昨季も主力としてリーグ・アン全試合に出場し10ゴール5アシストを記録していた。

フランスとコンゴ民主共和国の二重国籍を有するディアは、2020年10月にコンゴ民主共和国代表に初招集されると、10月9日に行われたブルキナファソ代表戦との国際親善試合で代表デビュー。さらに同月13日に行われたモロッコ代表との国際親善試合では代表初ゴールを記録した。


関連ニュース
thumb

ケルン、若手DF2選手の国外移籍が決定!

ケルンは18日、スペイン人DFホルヘ・メレ(24)がメキシコのクラブ・アメリカに完全移籍することを発表した。 なお、ケルンとメレは今シーズン終了までとなっていた現行契約を双方合意の下で解消しており、フリートランスファーでの移籍となる。 スポルティング・ヒホンでプロデビューを飾り、かつてはU-21スペイン代表の主力としても活躍したメレは2017年にケルンへ5年契約で加入。ここまでの在籍期間に公式戦96試合に出場していたが、ここ数シーズンは出場機会を減らしていた。 また、ケルンは同日、U-21ドイツ代表DFノア・カッターバッハ(20)がスイスのバーゼルに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 ケルンの下部組織出身のカッターバッハは、U-21ドイツ代表でもプレーする左サイドバックの逸材。2019-20シーズンにトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦45試合に出場。しかし、今シーズンのブンデスリーガの出場はわずかに1試合となっていた。 2022.01.19 23:33 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズの逸材FWマーカンデイがブラックバーンへ完全移籍 「スパーズはいつでも僕の心の特別な場所に…」

トッテナムは18日、イングランド人FWディラン・マーカンデイ(20)のブラックバーン・ローヴァーズへの完全移籍を発表した。マーカンデイはチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブと1年の延長オプション付きの2025年6月30日までの契約にサインしている。 インドにルーツを持つマーカンデイは、トッテナムのアカデミーで育ったスピードとテクニック、得点感覚に優れるアタッカー。2021年10月に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ戦でトップチームデビューを飾っていた。 リザーブリーグにあたるプレミアリーグ2では14試合12ゴール5アシストと印象的な活躍を見せていたが、トップカテゴリーでの定期的な出場機会を求める若武者はブラックバーンへの完全移籍を選択した。 なお、マーカンデイはトッテナム退団に際して、自身の公式『インスタグラム』で別れのメッセージを綴っている。 「さよならを言う時が来ました。スパーズに関わるすべての人が僕のためにしてくれたことに感謝したいと思います」 「9年前に加入した瞬間から、あなた方は僕を歓迎し、まるで家にいるように感じさせてくれました。そして、大好きな試合をプレーする機会を与えてくれました。そのことを永遠に感謝します」 「素晴らしいファンの皆さんのサポートにも心から感謝します。ここでは本当に素晴らしい経験をすることができ、スパーズはいつでも僕の心の中で特別な場所を占めます」 2022.01.19 23:13 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田麻也所属のサンプドリアがジャンパオロ新監督を招へい! 2019年以来の復帰に

日本代表DF吉田麻也が在籍するサンプドリアは19日、マルコ・ジャンパオロ氏(54)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、2024年6月30日までの延長オプションが含まれている。 ロベルト・ダヴェルサ監督(46)の下で今シーズンをスタートしたサンプドリアだったが、セリエA22試合を消化した時点で5勝5分け12敗の15位と、結果が出ない日々が続いていた。 さらに、直近のリーグ戦では3連敗で5戦未勝利の苦境に陥っており、逆転負けを喫した15日のトリノ戦後にダヴェルサ監督の解任が決定した。 そして、新監督はかつて2016年夏から3年間にわたってサンプドリアを指揮し、3シーズン連続でリーグ10位以内に入るなど安定した成績に導いていたジャンパオロ氏に決定。 直近ではミランとトリノを指揮したが、いずれも1シーズン持たず解任の憂き目を味わい、2021年1月以降はフリーの状態が続いていたが、慣れ親しんだジェノヴァの地でチームを残留に導くことはできるか。 2022.01.19 22:33 Wed
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、リールのトルコ代表MFヤズジュを買い取りOP付きレンタルで獲得

CSKAモスクワは19日、リールのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したこを発表した。 2019年夏にトラブゾンシュポルからリールに加入した攻撃的MFのヤズジュは、加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、昨季は主力として活躍。リーグ・アン32試合の出場で7ゴール4アシストを記録した。 しかし今季はジョスリン・グーヴェネック新監督の下で序列が低下。リーグ戦19試合(先発は5試合)の出場に留まっていた。 2022.01.19 22:16 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、アミン・ユネスの退団を発表…レンタル期間前倒しでナポリへ復帰

フランクフルトは18日、ドイツ代表MFアミン・ユネス(28)がナポリへ復帰することを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のユネスは、2011-12シーズンにトップチームデビューし、その後は2015年にアヤックス、ナポリには2018年にフリートランスファーで加入した。だが、度重なるケガの影響などもあり、在籍2年間で公式戦27試合の出場に留まると、2020年夏に買い取りオプション付きの2年契約でフランクフルトにレンタル移籍することに。 加入1年目はブンデスリーガで26試合3ゴール3アシストと、ハイパフォーマンスを見せる時期もあったが、シーズン終盤はケガで下降路線に。さらに、昨夏には給与アップを求めたとして、クラブとの関係が悪化。サウジアラビアへの移籍の噂もあった中で迎えた今季は、8月初旬に行われたDFBポカール1回戦での37分の出場以降、ベンチ入りすらできない状況が続いていた。 今冬も引き続きサウジアラビア行きの可能性は取り沙汰されていたが、ひとまず所属元のナポリに戻ることに。ドイツ方面の情報ではアル・イテファクへの移籍が濃厚のようだ。 2022.01.19 15:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly