町田退団のマソビッチ、母国の古巣クラブに出戻り 7月中旬に契約解除

2021.08.07 18:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは7日、セルビア人MFマソビッチ(27)の移籍先決定を発表した。加入先はセルビア・スーペルリーガ(セルビア1部)のFKヴォジュドヴァツとなる。

複数のセルビアクラブを渡り歩いたマソビッチは、2020年1月にFKヴォジュドヴァツから加入。約1年半の在籍で公式戦29試合1ゴール1アシストを記録したが、今季は6試合の出場でノーゴールだった。

そのマソビッチは7月18日に両者合意のもとで町田との契約を解除。以降は所属クラブが未定だったものの、町田に入る前に所属したFKヴォジュドヴァツに戻る形となった。


関連ニュース
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟のルーキーMF三戸舜介がプロA契約に変更

アルビレックス新潟は2日、MF三戸舜介(19)がプロA契約に変更となったことを発表した。 三戸は山口県出身で、JFAアカデミー福島で育ち、世代別の代表を経験。今シーズンから新潟へ入団した。 開幕戦のギラヴァンツ北九州戦の終盤に途中出場しプロデビューを果たすと、徐々に出場時間を増やしていき、10月31日の第36節ファジアーノ岡山戦で、プロA契約締結条件の900分を超過していた。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで24試合に出場し2得点を記録していた。 2021.12.02 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「まだ現役で戦い続けたい」町田が元日本代表DF水本裕貴との契約満了を発表…今季はJ2で24試合出場

FC町田ゼルビアは2日、元日本代表DF水本裕貴(36)との契約満了を発表した。 水本はジェフユナイテッド千葉やガンバ大阪、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、松本山雅FCでプレー。広島から、2020年に期限付き移籍で加入すると、今シーズン完全移籍で加入していた。 水本は2020シーズンは明治安田生命J2リーグで41試合に出場し1得点、今シーズンも24試合に出場していた。 水本はクラブを通じてコメントしている。 「2年間応援していただき本当にありがとうございました。J1に昇格出来なかったことが心残りです」 「私自身まだ現役で戦い続けたいと思うので、FC町田ゼルビアと共に応援していただければ幸いです」 2021.12.02 19:37 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉が尹晶煥監督の続投を発表、3年目の指揮へ「J1昇格を果たせるよう、最善を尽くします」

ジェフユナイテッド千葉は2日、尹晶煥監督(48)との契約更新を発表した。 尹晶煥監督は、サガン鳥栖や蔚山現代、セレッソ大阪、ムアントン・ユナイテッドで監督を歴任。2020年から千葉で指揮を執っている。 2017年にはC大阪でリーグカップを優勝。また天皇杯の優勝も経験していた。 Jリーグでは通算275試合122勝68分け85敗の成績。千葉では、2シーズンで83試合を指揮し、31勝23分け29敗の成績を残している。 今シーズンはここまで16勝15分け10敗で7位に位置。昨季の14位から大きく成績を伸ばしていた。 尹晶煥監督はクラブを通じてコメントしている。 「日頃からジェフユナイテッド市原・千葉を応援して下さるファン・サポーターの皆さま、スポンサーの皆さま、ホームタウンの皆さま、今シーズンもここまで応援いただきありがとうございます」 「残念ながら今シーズンでのJ1昇格は達成できませんでしたが、この2年間で積み上げたチームのベースを活かし、来季は更により良い成績を収め、またクラブとしての目標であるJ1昇格を果たせるよう、最善を尽くします。引き続き、応援を宜しくお願いいたします」 2021.12.02 16:12 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格争った新潟がDF大本祐槻、MFロメロ・フランクの契約満了を発表

アルビレックス新潟は2日、DF大本祐槻(27)、MFロメロ・フランク(34)との契約満了を発表した。 大本はFC岐阜や徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎でプレーし2020年に新潟へと加入。2シーズンでJ2通算26試合に出場し1得点を記録。今シーズンはJ2で3試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 ロメロ・フランクは、水戸ホーリーホックやモンテディオ山形でプレーしたのち、2017年に新潟に加入。その後FC町田ゼルビアでプレーしたが、2020年に復帰していた。 新潟ではJ1通算11試合、リーグカップ通算3試合、J2通算56試合に出場し11得点を記録した。今シーズンもリーグ戦27試合に出場し6得点を記録したが、退団となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF大本祐槻 「2年間のサポート、本当にありがとうございました。J1昇格に向けて闘うチームに貢献できなかったことを、本当に申し訳なく思っています。特に今シーズンは、個人として本当に苦しい一年となってしまいましたが、サッカーはもちろん、人としても大きく成長することができました。常に自分へ矢印を向け続け、毎日努力を重ねられたのは、ファン・サポーターの皆様が背中を押し続けてくれたからです」 「これまで積み上げた経験を無駄にすることなく、また、支えてくださる方々への感謝の気持ちも忘れずに、これからも前を向いて頑張っていきます」 「アルビレックス新潟に加入した昨年、リーグ開幕戦での新潟サポーターの応援の凄さに、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えていますし、クラブにとってリーグ通算500ゴール目という歴史的なゴールを決められたことを、本当に嬉しく思っています」 「改めまして、2年間の温かい応援に心から感謝しています。アルビの選手として、皆様と共に闘えたことを誇りに思っています。本当にありがとうございました」 ◆MFロメロ・フランク 「まずは、アルビレックス新潟の一員として2度もプレーする機会を与えていただいたことに感謝しています!」 「2017シーズンに所属していたとき、プロになって初めて無得点でシーズン終えてしまい、自分の力を発揮できなかったこと、そして、アルビレックス新潟をJ2に降格させてしまったことに責任を感じていました」 「その2年後に、再びオファーをいただいたときには迷いや不安もありましたが、新潟をJ1昇格させるという強い想いでもう一度チャレンジしようと決心しました。そして、この2年間はアルビをJ1へ昇格させるために、すべての力を注いできましたが、皆様の期待に応えられずに、本当に申し訳なく思っています」 「もっと長くここでプレーしたかったのですが、最高のチームメイト、スタッフ、サポーターと共に新潟で戦えたことを心から誇りに思いますし、最高の2年間となりました。僕は新潟を離れますが、来シーズンは新潟に残る選手たちが、今度こそJ1昇格を勝ち取ってくれることを願っていますし、これからも応援したいと思います」 「僕の次の挑戦がどのようになるかは分かりませんが、いつかまた、皆さんに会えることを願ってます。2年間、本当にありがとうございました」 2021.12.02 15:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly