バルセロナFWデンベレが東京五輪に出場!? “そっくり”な男子100m走イギリス代表が話題

2021.08.05 05:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
連日の盛り上がりをみせ、クライマックスが近づいている東京オリンピック。男子サッカーではU-24日本代表がU-24スペイン代表と死闘を繰り広げ、惜敗したものの大きな注目を集めた。

そんな中、1日に決勝を終えた男子100m走に出場していたイギリス代表のリース・プレスコッド(25)にサッカー界からの注目が集まっている。

プレスコッドは2017年と2018年にイギリス選手権で優勝し、自己ベスト9秒94をマークしていたものの、準決勝でフライングして敗退となった。ただ、その容姿がバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレと似ていると大きな話題になっている。

確かに少し垂れ目なところや大きな口、長い手足、そして髪型など類似点も多く、フットボール界のネタを集めるツイッターアカウント『Footy Humour』が投稿したプレスコッドの写真には8000を超えるいいねも集まっている。

テコンドー 男子58キロ級で銀メダルに輝いたチュニジア代表のムハマド・ハリル・ジェンドゥビ(19)もマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス似ていることで話題となり、インタビューまで受けていたが、第2のそっくりさん発見となった。

ユーロ2020で右ヒザを負傷したデンベレは現在リハビリ中だが、24歳。年齢的には東京オリンピックにも出場できた。



1 2
関連ニュース
thumb

「どうか辛抱を」バルサ会長がCL惨敗後に弁明…シーズン序盤で異例のメッセージ「予想していた状況のひとつ」

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、不甲斐ない戦いの後にメッセージを発信した。 今シーズンのバルセロナは、プレシーズンでも大きな話題を呼ぶことに。カンテラ出身の大エースであったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団しパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍した。 さらに、その移籍の理由がクラブの杜撰な経営状況にあり、ラ・リーガの規制によってメッシと契約ができないという最悪のものだったため、物議を醸した。 そんな中スタートしたシーズンだったが、ラ・リーガでは3試合を戦い2勝1分けとスタート。しかし、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦のバイエルン戦では、0-3で惨敗していた。 ケガ人などの問題もあった中、ホームでの惨敗は大きな問題に。ロナルド・クーマン監督の進退問題も浮上してしまった。 そんな中、ラポルタ会長は自身のツイッターで30秒のビデオメッセージを投稿。ファンへ呼びかけ、この状況は想定内であったとし、信じて応援してほしいと呼びかけた。 「こんにちは、クレ(バルサファンの愛称)。私もみなさんと同じように失望し、動揺している」 「今起きていることは、我々が予想していた状況のひとつであることを伝えなければならない。どうか辛抱してもらい、引き続き我々のチームを応援してもらいたい」 「また、クラブをマネジメントしている我々を信頼してほしい。我々はみなさんの信頼と時間を必要としているが、この状況を解決するということを疑わないでもらいたい」 「ありがとう。バルサ万歳!」 シーズン開始早々での異例とも言える呼びかけ。バルセロナの内部はかなり慌しい状況なのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】バルセロナのラポルタ会長がファンへメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">Un missatge a tot el barcelonisme: confiança i suport a l’equip. No en tingueu cap dubte, ho solucionarem. Visca el Barça! <a href="https://t.co/xwFur9ls7b">pic.twitter.com/xwFur9ls7b</a></p>&mdash; Joan Laporta Estruch (@JoanLaportaFCB) <a href="https://twitter.com/JoanLaportaFCB/status/1438128171845623808?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリーズFWロドリゴ獲得に失敗…今夏の移籍市場最終盤にオファーも断られる

バルセロナが今夏の移籍市場で、リーズ・ユナイテッドのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(30)の獲得に失敗していたことが判明した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今夏の移籍市場最終日にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのアトレティコ・マドリーへの電撃移籍によって、バルセロナは後釜の確保に奔走。最終的にセビージャで構想外となっていたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得したが、それ以前にロドリゴの獲得にも動いていたようだ。 2020年夏にバレンシアからリーズへ2700万ポンド(約40億8000万円)で加入したロドリゴは、ここまで公式戦32試合に出場し、7ゴール2アシストを記録。ただ、スタメン起用はその半分以下と、マルセロ・ビエルサ監督の信頼を勝ち得るまでには至らず。 そういった事情もあり、今夏の移籍市場でスペイン人DFジュニオール・フィルポの移籍交渉を行っていた伝手もあり、バルセロナは過去にも幾度となく獲得に関心を示していたロドリゴの獲得オファーをリーズに打診。 だが、移籍市場最終日の土壇場のオファーだったこともあり、リーズはバルセロナからの申し出を固辞していたようだ。 2021.09.16 23:07 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサのMFペドリが大腿四頭筋の損傷、DFジョルディ・アルバはハムストリングの損傷で離脱

バルセロナは15日、スペイン代表MFペドリの負傷を発表した。 ペドリは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のバイエルン戦で負傷したとのこと。試合には90分間フル出場を果たしていた。 クラブの発表によると、ペドリは左大腿四頭筋に損傷が見られるとのこと。ケガの程度は低いとのことで、様子を見守るとしている。 昨シーズンはバルセロナの中心選手として飛躍したペドリは、18歳ながらスペイン代表に選出。今夏は、ユーロ2020、東京オリンピックとフル稼働し、オリンピックでは銀メダルを獲得していた。 シーズンが始まり開幕から2試合に出場していたペドリだが、疲労等を考慮されクラブから休暇をもらうことに。2試合を欠場したが、14日のバイエルン戦で復帰していた。 また、試合中に負傷交代したスペイン代表DFジョルディ・アルバについても報告。右ハムストリングの損傷とのことだ。なお、こちらも程度は低いとのことだ。 2021.09.15 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「言い訳や不足していることを探したくはないが…」力なき惨敗を喫したバルセロナ、クーマン監督がバイエルンとの戦力差を嘆く

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは14日、2021-22シーズンのCL初戦でホームにバイエルンを迎えた。しかし、相次ぐケガ人がいる中で臨んだ試合では、前半にトーマス・ミュラーにゴールを許し失点。後半には、ロベルト・レヴァンドフスキに2ゴールを許し、0-3で敗戦。ホームで痛恨のスタートとなった。 今夏の移籍市場ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団。セビージャからオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得しこの試合で先発出場。一方で、マンチェスター・シティから獲得したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロはケガで起用できず、デンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト、スペイン代表FWアンス・ファティ、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレもケガで起用できず、ベンチにFWがいない状況での試合となった。 クーマン監督は前線の人員不足を嘆き、バイエルン相手に戦うのは難しい状況であったことを語った。 「ストライカーは3人しかいなかった。戦術的には、我々が試合をコントロールできた時もあったが、バイエルンのプレーは中央を攻めてくるので、そこを埋めなければならなかった。それが現状だ」 「試合に臨む態度は文句のつけようはないが、長く一緒にいるチームと、ベンチも含めて変化チームとのクオリティの違いだ。2、3年で良くなる若手がたくさんいる」 「受け入れるのはとても難しい。しかし、我々は状況を改善し、選手がケガから復帰することを願っている」 バイエルン戦の内容については、「彼らは優勝候補の1つだ。少しずつトラブルが増えていった。先制点の不運、そして後半は、我々よりも優れていることを証明した」と相手が上だったとコメント。起用できる選手が限られている上、スペイン代表DFジョルディ・アルバも試合中に負傷するなど、問題があったとした。 「勝負できるような若手を投入したが、違いはあった。相手の試合を止めようと前半は良かったが、フィジカル面の差もあった。(ジョルディ・)アルバのように悪い夜を過ごした選手もいたし、他の選手では初めての試合の選手もいた。コウチーニョは初出場だった。色々な事情がある」 「攻撃面で人数が足りないことはわかっており、もっとチャンスを増やし、前線のスピードを上げるためには何週間もかけなければいけない。言い訳や不足していることを探したくはないが、誰が起用できたかは誰もが知っている」 「バイエルンのようなチームと対戦するには、前線にスピードがなければ難しい。今あるものを受け入れて、取り組んでいかなければいけない」 苦しいスタートとなったCLだが、現実を見て戦わなければいけない状況。数週間で良くなるだろうと、クーマン監督は選手が復帰すれば問題ないと強調した。 「相手チームを考えなければいけない。バイエルンのような相手を苦しめるには、よほどのことがなければならない。相手チームの方が優れていることを認識しなければならない。3、4週間もすれば、選手も増え、出場時間の長い選手も出てきて、チームは変化するだろう」 2021.09.15 10:56 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンが敵地でバルセロナを粉砕! ミュラー先制弾にレヴィがダメ押しの2ゴール《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第1節、バルセロナvsバイエルンが14日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのバイエルンが0-3で勝利した。 2019-20シーズンの準々決勝で対戦し、バイエルンの8-2の歴史的な大勝に終わった因縁の両者の対戦。 カンプ・ノウで一昨季のリベンジを狙うバルセロナは、今シーズンここまでのリーグ戦を2勝1分けの無敗と上々のスタート。カタールW杯南米予選の影響で先週末に開催予定だったセビージャ戦が延期となっており、コンディション面での優位性を持って臨んだこの試合では直近のヘタフェ戦から先発4人を変更。出場停止明けのエリック・ガルシア、負傷明けのピケ、休暇明けのペドリが復帰。さらに、移籍市場最終日に加入したルーク・デ・ヨングがデビューを飾った。 一方、ナーゲルスマン新体制のバイエルンは目下公式戦5連勝中と絶好調。先週末のリーグ戦では指揮官の古巣RBライプツィヒを4-1で粉砕し、CL初戦に大きな弾みを付けた。そのライプツィヒ戦からは先発2人を変更し、リュカとニャブリに替わってジューレ、ミュージアラが起用された。 前線のコマ不足や対バイエルンを意識したバルセロナが、[3-5-2]の布陣を採用した中、試合は立ち上がりから拮抗した展開が続く。 時間の経過と共にボールの主導権を握ったアウェイチームは、レヴァンドフスキのポストワークや右サイドに入るミュージアラのドリブル突破を起点にチャンスを窺う。19分にはボックス左でパヴァールからのクロスを受けたサネが左足のシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKテア・シュテーゲンのワンハンドセーブに遭う。 以降はバルセロナが幾度かカウンターを仕掛ける場面を作るが、攻守の切り替えで勝るバイエルンがより優位に試合を進める。27分には相手陣内中央で一瞬浮いたミュラーがボックス付近まで運んで、右を並走するミュージアラにラストパス。だが、ミュージアラのシュートはDFピケが決死のブロック。さらに、こぼれ球の競り合いではブスケッツが好対応をみせて凌いだ。 しかし、攻勢を続けるバイエルンは34分、左サイドを崩してボックス手前左のサネがマイナスに落としたボールをフリーで受けたミュラーが右足を一閃。ゴール前でDFエリック・ガルシアの腰付近に当たって大きくコースが変わると、これがGKテア・シュテーゲンの逆を突く形でゴール左隅に決まった。 ミュラーの対バルセロナ3試合連続となる通算7点目のゴールで先手を奪ったバイエルンは、相手の守備が間延びし始めた中で果敢に追加点を狙う。 一方、バイエルンの攻勢を凌ぐだけで精一杯のバルセロナは、デパイとフレンキー・デ・ヨングを起点に幾度かカウンターチャンスを創出したが、ジョルディ・アルバからのクロスがなかなか味方に合わず、決定機を作るまでには至らず。 迎えた後半、早いうちに追いつきたいバルセロナは立ち上がりの48分にブスケッツの左足のミドルシュートで決定機を作るが、以降は再びバイエルンに押し込まれる。 後半も素早い切り替えで相手に自由を与えず、分厚い攻めを続けるバイエルンは、52分のサネの決定機はGKテア・シュテーゲンの好守に阻まれるが、この直後にゴールをこじ開ける。 56分、アルフォンソ・デイビスのシュートのこぼれ球に反応したペナルティアーク付近のミュージアラが強烈な右足のシュート。これは惜しくも右ポストを叩いたが、こぼれ球にいち早く反応したレヴァンドフスキが左足で無人のゴールへ押し込んだ。 この2失点目で厳しくなったバルセロナは、59分にブスケッツとセルジ・ロベルトを下げてデミルとガビの10代コンビを投入。さらに、66分にはエリック・ガルシアとルーク・デ・ヨングを下げてミンゲサと古巣対戦のコウチーニョを、74分には足を痛めたアルバに替えてアレックス・バルデを投入。一連の交代で並びを[4-3-3]に変更した。 一方、逃げ切り態勢に入るバイエルンはパヴァールとミュージアラを下げてリュカとニャブリを続けてピッチに送り込んだ。 その後、試合はバイエルンの運動量の低下によって、ようやくバルセロナが相手陣内でのプレータイムを増やしていき、ガビやバルデ、コウチーニョら途中出場の選手たちがアグレッシブなプレーで相手陣内深い位置までボールを運び、惜しい場面を創出していく。 それでも、バルセロナに決定機まで持ち込ませず2点リードを維持するバイエルンは82分に殊勲のミュラーらを下げて3枚替えを敢行。すると、この交代で再び強度を上げたアウェイチームは85分、ボックス右で途中出場のコマンから斜めのパスを受けたニャブリがシュート。これは右ポストを叩くもボックス中央でこぼれ球を拾ったレヴァンドフスキが冷静にDFを外してシュートを放つと、DFにディフレクトしたシュートがゴールネットを揺らした。 これで勝利を決定づけたバイエルンはバルセロナの攻撃を枠内シュート0に抑え込み、1年前の対戦同様に3-0の完勝を収めた。 また、同日行われたもう1試合、ディナモ・キエフvsベンフィカは、0-0のドローに終わった。 終始、一進一退の攻防を見せた激戦は後半アディショナルタイムにホームのディナモ・キエフがシャパレンコのゴールで先制かに思われたが、VARのレビューの結果、オフサイドの判定となり、互いに勝ち点1ずつを分け合う結果となった。 2021.09.15 06:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly