J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。

期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。

髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。

群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。

今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。

髙澤は両クラブを通じてコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」

◆大分トリニータ
「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」

「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

アルベルト監督退任の新潟、今季コーチを務めた松橋力蔵氏が新指揮官に就任

アルビレックス新潟は6日、松橋力蔵氏(53)が新監督に就任したことを発表した。 同クラブでは、2020年就任のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督が今季限りで退任。今シーズン当初は首位を走っていたが徐々に失速し、リーグ戦5試合を残した時点でJ1昇格の可能性が潰えていた。 そしてこの度、後任に就いたのが松橋氏だ。選手時代は横浜マリノスや京都パープルサンガ、ジヤトコサッカー部などで活躍し、2002年に現役を引退。同年からジヤトコサッカー部で指導者としてのキャリアをスタートさせると、2004年からは横浜F・マリノスの下部組織とトップチームでコーチ・監督を歴任し、今季から新潟のコーチに就任していた。 来季から指揮を執ることになった松橋氏は、クラブを通じて感謝のコメント。加えて「目標達成に向けて、全力で取り組んでまいります」とJ1昇格に向けて意気込みを語った。 「このたび、アルビレックス新潟の監督に着任いたしました、松橋力蔵です。2021シーズンをコーチという立場で仕事をさせていただいた中で、来季の監督を任せてくださったクラブに感謝を申し上げると共に、とても光栄に思います」 「就任のオファーをいただいた時点で、すぐにでもお受けしたい気持ちになりましたが、それは新潟で過ごした経験を通じて、この街には厳しくも温かい、ファミリーのような雰囲気を感じたからです」 「トップチームの監督という重責をまっとうするために、新潟全体が期待しているJ1リーグ昇格に向けて、自分の力を精一杯に発揮するのはもちろん、チーム一体となって立ち向かっていきたいと考えています。何事も一人で成し遂げるのは難しいことですが、チームとして同じ方向を向き、惜しみない努力を続けながら進んでいく決意です」 「来シーズンを戦ううえで、積み上げたスタイルに、勝利に固執する姿勢を加えていきたいと考えています。一緒に戦う選手たちもさまざまな経験を持っているので、選手たちの個の力も引き出しながら、負けは断固として受け入れられない意思で戦っていきます」 「この一年を通じて、クラブは本当に多くの方々の支えのもとで成り立っていることを強く感じ、心から感謝をしています。皆様の熱い応援にお応えするためにも、クラブの目標達成に向けて、全力で取り組んでまいります」 「引き続き、アルビレックス新潟へのご支援とご声援を、何卒、よろしくお願いいたします」 2021.12.06 15:52 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田主砲ルキアンが22ゴールでJ2得点王! 京都FWピーター・ウタカを1得点差に抑えてトップスコアラーに

明治安田生命J2リーグの今季日程が5日の最終節をもって終了。ジュビロ磐田のFWルキアンがJ2得点王争いを制した。 出場停止の第36節こそ欠場したルキアンだが、それ以外の全試合に出場して、J2優勝でJ1昇格を決めたチームの主砲として稼働。第3節で初ゴールをマークすると、第5節から9節にかけて5戦連発の6得点した。第28節から第33節にかけても6戦連発の7ゴールを記録。計22ゴールを挙げ、初のJ2得点王に輝いた。 また、2位は優勝の磐田に次ぐ2位で12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.で、今季も得点源として抜群の存在感を発揮したFWピーター・ウタカ。昨年に続く得点王が期待された37歳のフィニッシャーだが、昨季の10ゴールから大幅に得点数を伸ばしたルキアンにわずか1得点及ばずの21得点に終わった。 そのほか、3位は17ゴールをマークした東京ヴェルディのMF小池純輝。V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが15得点でその小池に続き、最終節で4ゴールと大暴れしたモンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が14得点で5位タイにランクインした。 ◆J2得点ランキング 【22】 ルキアン(ジュビロ磐田) 【21】 ピーター・ウタカ(京都サンガF.C.) 【17】 小池純輝(東京ヴェルディ) 【15】 エジガル・ジュニオ(V・ファーレン長崎) 【14】 ヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形) 見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 【13】 佐藤凌我(東京ヴェルディ) 谷口海斗(アルビレックス新潟) 上門知樹(ファジアーノ岡山) 【12】 中山仁斗(水戸ホーリーホック) 2021.12.05 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟、大分から期限付き移籍中のFW髙澤優也の満了を発表

アルビレックス新潟は4日、大分トリニータから加入していたFW髙澤優也(24)の期限付き移籍期間の満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学し、2019年に当時明治安田生命J3リーグに所属していたザスパクサツ群馬に入団した髙澤。ルーキーながらリーグ戦27試合に出場し17得点を記録し、翌年に大分へと完全移籍した。 大分では1年半でリーグ戦39試合に出場して6ゴールを挙げ、今年の8月に新潟へ期限付き移籍で加入。公式戦12試合に出場し1得点を記録した。 新潟を退団することが決まった髙澤はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アルビレックス新潟を離れることになりました」 「とても強い志と気持ちを持って新潟に来ましたが、目標を達成できず、監督、スタッフ、チームメイト、そしてアルビレックス新潟を応援してくださるすべての方々に、申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「なかなか結果が出せていない中でも、諦めずに応援してくれたサポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「来年はアルビレックス新潟のサッカーを思い切り表現して、クラブの目標を達成してくれることを心から祈っています!」 「半年間という短い間でしたが、アルビレックス新潟というチームでプレーできたことを心から誇りに思います。そして、新潟が大好きです! アイシテルニイガタ!!」 2021.12.04 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

「夢のような素晴らしい時間」…新潟、元日本代表FW田中達也が現役引退 「自分は本当に幸せ者」

アルビレックス新潟は4日、元日本代表FW田中達也(39)の現役引退を発表した。 山口県生まれの田中は帝京高校を卒業後の2001年に浦和レッズでプロ入りすると、プロ3年目の2003年にJ1リーグ11得点を挙げてブレイク。同年に優勝したJリーグカップでMVP&ニューヒーロー賞をダブルで獲得するなど、5つのチームタイトル獲得にも貢献した。 2005年から日本代表にも呼ばれるようになり、16試合3得点のキャップ数を記録したが、2013年に新潟移籍を決断。近年は出番が減り、今季も出場機会がない状況だが、J1リーグ333試合66得点、J2リーグ55試合3得点の通算成績を収めている。 21年間の選手生活にピリオドを打つ田中はクラブを通じて、これまでを「夢のような素晴らしい時間」だったと振り返りながら、別れの挨拶をした。 「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました」 「浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました」 「時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました」 「そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています」 「多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています! 皆さん、本当にありがとうございました」 2021.12.04 12:24 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟MFゴンサロ・ゴンザレスが今季退団へ 「ウルグアイから家族みんなでクラブもサポーターも応援」

アルビレックス新潟は3日、MFゴンサロ・ゴンザレス(28)の今季契約満了を発表した。 ウルグアイ出身のゴンサロ・ゴンザレスは母国やアルゼンチン、ギリシャ でのプレーを経て、2020年に新潟入り。初年度こそ明治安田生命J2リーグ12試合に出場したが、今季はここまで7試合と出番を減らしている。 今週末の最終節を前に今季限りでの退団が決定したゴンサロ・ゴンザレスはクラブを通じて、2年間にわたるサポートに感謝しつつ、別れの挨拶をした。 「アルビレックス新潟を支えてくださる皆さん、今シーズンにチームが掲げた目標を達成できなかったことをお詫びいたします。そして、いつも温かくサポートしてくださったことに、本当に感謝しています」 「皆さんは、最初にお会いしたときから、私に安心感を与え、困難なときはいつも励ましの言葉をかけてくれたので、とても助けられていました。また、選手やチームスタッフをはじめ、フロントスタッフの皆さんが、常に最適な方法で私を支えてくれたことにも、感謝しています」 このたび、私はアルビレックス新潟を離れることになりますが、クラブをサポートしてくださる皆さんは、J1にふさわしい方々だと誇らしく思っています。これから私は皆さんと新潟を応援しますし、選手たちと共に目標達成する皆さんを見て、幸せを感じるだろうと思っています」 「ウルグアイから、家族みんなでクラブもサポーターも応援しています。Vamos Albirex」 2021.12.03 15:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly