レバークーゼン、アラリオと2024年まで契約延長

2021.08.02 23:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは2日、元アルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(28)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。

2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはこれまで公式戦131試合に出場し、51ゴール16アシストを記録。コンスタントに結果を残し続け、昨シーズンのブンデスリーガでは自身初の二桁得点となる11ゴールをマークした。

レバークーゼンは今夏、ゼニトのイラン代表FWサルダル・アズムン(26)の獲得を目指していたが、移籍金が3000万ユーロ(約39億円)と高額なことから獲得を見送り、アラリオとの契約延長へ舵を切ったと見られている。

関連ニュース
thumb

3連勝で4位浮上にドルトムント指揮官は歓喜 「自信に満ちたパフォーマンスを示せた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは29日に行われたブンデスリーガ第18節でレバークーゼンと対戦した。リーグ再開後2連勝と好調のチームは立ち上がりから守勢に回りながらも33分にFWカリム・アデイェミのブンデスリーガ初ゴールで先制。53分にはオウンゴールで追加点を挙げると、その後は集中した守備で最後までリードを守り抜き、2-0で勝利した。 リーグ戦3連勝を飾り4位に浮上したテルジッチ監督は試合後にチームのパフォーマンスを称賛し、この調子を続けていきたいと述べている。 「結果だけでなく、パフォーマンスにも非常に満足だ。序盤は非常にオープンな展開となり、予想通りの激しいゲームとなった。そこで我々は成熟し、自信に満ちたパフォーマンスを示せたと思う。勝利に値する形で、ピッチを去ることができたね。今日はとても満足しているが、まだまだ先は長い」 「レバークーゼンがどのように試合を始めるかは、メンバー表を見た時点ではよくわからなかった。我々としてはテンポ良くやろうと決めて、小柄で速い選手を多くピッチに立たせたよ。その後、システムを相手に適応させ、15分以降に主導権を握り、当然のようにリードを奪えた」 「勝利の後に順位表を見るのは、いつだって楽しい。リーグ戦での状況は改善されたと思う。我々にとって重要な場所との差は縮まり、レバークーゼンとの差は広がった。あとは、次のステップに進む準備ができているかだ」 また、テルジッチ監督は記念すべきリーグ戦初ゴールのアデイェミに言及。ゴール以外のプレーにも称賛の言葉を送っている。 「今日、彼はブンデスリーガ初ゴールを決めた。第1節のレバークーゼン戦でも、惜しいシーンはあったのだ。レバークーゼンは我々にとっての左サイドを経由してカウンターを仕掛けるのが得意だとわかっていた。だから、我々はカリムのスピードで対抗したかったのだ。今日の彼のプレーには、とても満足している」 2023.01.30 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アデイェミがブンデス初弾、ドルトムントがレバークーゼン下して再開後3連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは29日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節マインツ戦をレイナの後半追加タイム弾で劇的勝利とした5位ドルトムント(勝ち点31)は、アラーが先発。アデイェミ、ブラントと共に3トップを形成した。 ドルトムント同様、再開後連勝スタートの8位レバークーゼン(勝ち点24)に対し、守勢の入りとなったドルトムントは16分にピンチ。 ヴィルツのスルーパスでボックス右に侵入したディアビに枠内シュートを打たれたが、GKコベルが好守で凌いだ。 その後も守勢のドルトムントだったが、33分に先制する。ヴォルフのインターセプトを起点に、ブラントとベリンガムの連係で右サイドを突破。ブラントのクロスをアラーがスルーし、最後はアデイェミが蹴り込んだ。 アデイェミのブンデス初ゴールで先手を取ったドルトムントは、ハーフタイムにかけてはボールを動かしながら時間を進め、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分のディアビの枠内シュートをGKコベルが防いだドルトムントは53分に追加点。ベリンガムが右サイドへ展開したプレーから、ヴォルフがクロスを入れるとタプソバのオウンゴールを誘った。 2点をリードしたドルトムントはアラーをお役御免としモデストを投入。自陣に引きながらレバークーゼンの攻撃を受け止めにかかった。 そして76分のピンチではディアビのシュートをGKコベルが好守で凌ぐと、終盤にかけてもレバークーゼンの攻勢を受け止めてシャットアウト勝利。ドルトムントが再開後3連勝としている。 2023.01.30 03:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬3人目の補強目指す! インカピエ獲得へオファー掲示か?

トッテナムが、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(21)獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今冬の移籍市場でオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを確保し、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得にも迫るトッテナム。 今月31日の市場閉幕が間近に迫る中、アントニオ・コンテ率いるチームは、さらにクオリティ不足が顕著なセンターバックの補強に動く構えだ。 『ビルト』によると、トッテナムは予てより関心を示すエクアドル代表DF獲得に向け、レバークーゼンに対して2500万ユーロ(約35億3000万円)の口頭オファーを掲示したという。 すでに5年半契約での個人間合意も伝えられるものの、レバークーゼンと2026年まで契約を残すインカピエに関しては、レバークーゼンが早い時期の売却を望んでおらず、要求額にも大きな開きがあるため、前述のオファーが受け入れられる可能性は限りなく低いという。 そのため、トッテナムは残り2日間で大幅に改善したオファーを再掲示し、且つレバークーゼンが後釜を確保する必要があり、このタイミングでの交渉成立は非常に困難なオペレーションとなるはずだ。 母国のインデペンディエンテ・デル・バジェの下部組織出身のインカピエは17歳でトップチームデビュー。アルゼンチンのタジェレスを経て、昨夏にレバークーゼンへ加入。 エクアドルのフル代表ですでに24キャップを刻む21歳は、昨季のレバークーゼンで公式戦33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。左サイドバックとセンターバックの2つのポジションで攻守に安定したパフォーマンスを披露。 184cmと上背はないが、そのサイズを補って余りあるパワーとスピード、若さを感じさせない冷静な守備対応が光る。また、サイドバックとしてはクロス精度に課題があるものの、センターバックとして求められる持ち運びや配球力も備えるモダンなプレースタイルだ。 2023.01.29 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、伊東純也の同僚GKペンツを獲得! フラデツキーのバックアップに

レバークーゼンは27日、スタッド・ランスからオーストリア代表GKパトリック・ペンツ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 レバークーゼンへの移籍が決まったペンツは、公式サイト以下のようにコメントしている。 「オーストリア人として、ブンデスリーガはもちろん魅力的ですし、多くの同胞がここでプレーしている。レバークーゼンでは世界トップレベルの環境で僕の能力を試すことができるんだ。これまでやってきたことを継続し、今シーズンの目標を達成できるよう、自分の役割を果たすとともに、努力し続けるつもりだ」 2013年にザルツブルクの下部組織からオーストリア・ウィーンの下部組織へ移籍したペンツは、2016年5月にプロデビュー。オーストリア・ウィーンでは3年目の2017-18シーズンから守護神に定着し、公式戦154試合に出場。 ここでの活躍が認められ、昨夏に3年契約でスタッド・ランスへ移籍。今季は開幕からスタメンで起用されたが、第7節までに14失点を喫すると、第8節以降はフランス人GKイェフヴァン・ディウフにポジションを奪われていた。 また、各年代のオーストリア代表に選出されてきたペンツは、2022年3月にフル代表デビュー。これまで4試合に出場している。 レバークーゼンでは、守護神ルーカス・フラデツキーの控えを務めるロシア代表GKアンドレイ・ルニョフが背中のケガで長期離脱となっており、新たな控えGKの確保に動いていた。 2023.01.28 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉フル出場のボルシアMGが終盤に猛追もレバークーゼンに惜敗…《ブンデスリーガ》

板倉滉の所属するボルシアMGは22日、ブンデスリーガ第16節でレバークーゼンと対戦し2-3で敗戦した。板倉はフル出場している。 ドイツは20日からリーグ戦が再開。8位で中断期間を迎えたボルシアMGは、再開初戦で12位に沈むレバークーゼンをホームに迎えた。カタール・ワールドカップで日本代表として活躍したボルシアMGの板倉はセンターバックで先発出場した。 序盤からハイプレスをかけるボルシアMGは、立ち上がりからボールを握ってゲームをコントロールするが、相手の守備を崩しきれずシュートに持ち込めない状況を強いられる。 膠着状態が続く中、ボルシアMGは21分に先制を許す。パラシオスのパスから右サイドを突破したフリンポンがボックス右に切り込みシュート。これはDFがブロックしたが、こぼれ球を繋がれるとフロジェクが放ったシュートが右ポストに当たり、こぼれ球をバッカーに流し込まれた。 反撃に出たいボルシアMGだったが、再びネットを揺らしたのはアウェイチームだった。42分、アドリのパスでボックス左に抜け出したディアビのクロスをフリンポンが流し込んだが、これはオフサイドに判定で取り消された。 追加点を凌いだボルシアMGだが、直後にロングカウンターから失点する。43分、自陣でボールを受けたタプソバのクリアを中盤のフロジェクがダイレクトで前線に送ると、DFの裏に流れたボールに反応したアドリがDFエルベディのマークを振り切り、GKとの一対一を制した。 迎えた後半も立ち上がりからボルシアMGがボールを握る展開となるが、なかなか決定機まで至らない状況が続くと、56分にエングム、クラマー、ライマーを下げてヴォルフ、シュティンドル、スカリーを投入する3枚替えを敢行。 しかし、後半も先にスコアを動かしたのはレバークーゼンだった。67分、ボックス左から侵入したバッカーのバックパスを受けた途中出場のアミリがアドリとのワンツーで中に切り込みゴール左隅にへシュートを流し込んだ。 3点を追う展開となったボルシアMGは、82分にバイタルエリア左への縦パスをプレアがヒールパスで落とすと、これを受けたヴォルフがボックス左から折り返し、最後はシュティンドルがゴール右隅に流し込んだ。 さらにボルシアMGは、試合終了間際の93分にもシュティンドルの強烈ミドルでゴールネットを揺らしたが、反撃はここまで。ボルシアMGは再開初戦を白星で飾れず、リーグ戦4連勝のレバークーゼンは10位まで順位を上げている。 2023.01.23 03:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly