FCクラスノダールがポーランド代表MFクリホヴィアクを獲得、メディカルチェック後に契約

2021.08.02 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FCクラスノダールは1日、ロコモティフ・モスクワに所属するポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(31)の獲得を発表した。なお、メディカルチェック後に正式にサインするとのことだ。

ボルドーでプロデビューしたクリホヴィアクは、ランスやナントでのプレーを経て、2014年夏にセビージャへ加入。セビージャでは当時指揮を執っていたウナイ・エメリ監督の下、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇などを達成。その後、2016年夏にエメリ監督と共にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。

しかし、選手層の厚いPSGではポジション争いに苦しみ、2017-18シーズンはWBAへ、2018-19シーズンはロコモティフ・モスクワへレンタル移籍で加入すると、2019年の夏にレンタル先のロコモティフ・モスクワへ完全移籍。

ロコモティフ・モスクワでは、在籍3シーズンで公式戦108試合に出場し23ゴール15アシストを記録していた。

また、18歳でデビューしたポーランド代表ではこれまで82キャップを記録。先のユーロ2020にもポーランド代表として参加し2試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

ユーロ2016でポルトガルを優勝に導いたFWエデルがサウジアラビアのアル・ラーイドに加入

サウジアラビアのアル・ラーイドは23日、元ポルトガル代表FWエデル(33)の獲得を発表した。 エデルは、ブラガやスウォンジー、リール、ロコモティフ・モスクワでプレー。しかし、今年7月にロコモティフ・モスクワを退団し、フリーとなっていた。 ロコモティフ・モスクワでは公式戦119試合に出場し14ゴール6アシストを記録。これまでプリメイラ・リーガで142試合に出場し38ゴール16アシスト、リーグ・アンで44試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ポルトガル代表としても35試合に出場し5ゴールを記録。最も記憶に残っているゴールは、ユーロ2016決勝のフランス代表選で延長に決めたもの。ポルトガルを優勝に導いた立役者として記憶にあるはずだ。 アル・ラーイドは今シーズンのプロフェッショナル・リーグで5試合を終えて4位に位置している。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルトガルをユーロ王者に導いたエデルの劇的ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0eWtDcVFjTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome Eder Lopes<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%A7%D9%84%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D8%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#الرائد</a> <a href="https://t.co/WSfVVZJN2p">pic.twitter.com/WSfVVZJN2p</a></p>&mdash; نادي الرائد السعودي (@alraedclub) <a href="https://twitter.com/alraedclub/status/1441035091078168576?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワ、東京五輪出場のU-24仏代表MFベカ・ベカを獲得

ロコモティフ・モスクワは23日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のカーンからU-24フランス代表MFアレクシス・ベカ・ベカ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 カーンの下部組織出身のベカ・ベカは2019年12月にトップチームデビュー。高い身体能力と基礎技術に優れる守備的MFは、昨シーズンのリーグ・ドゥでは25試合に出場していた。 また、今夏に行われた東京オリンピックではU-24フランス代表の一員としてグループステージの3試合に出場していた。 今夏の移籍市場ではニースなど、リーグ・アンのクラブから関心を集めていたが、600万ユーロ(約7億7000万円)と言われる移籍金でロシア行きが決定した。 2021.08.24 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンで構想外のクロアチア代表DFイェドバイがロコモティフ・モスクワへ移籍

ロコモティフ・モスクワは24日、レバークーゼンからクロアチア代表DFティン・イェドバイ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は4年間となる。 2013年に母国の名門ディナモ・ザグレブでプロキャリアをスタートしたイェドバイは、ローマを経て、2014年6月にレバークーゼンへ加入。両サイドバック、センターバックをこなすことができ、そのユーティリティ性を重宝されている。 しかし、厚い選手層を前に主力に定着することはできず、2019-20シーズンはアウグスブルクにレンタル移籍。昨夏に復帰を果たすも2020-21シーズンは公式戦でわずか8試合に出場にとどまっていた。 また、2014年9月にデビューしたクロアチア代表では、これまで26試合に出場しているが、2020年10月を最後に招集されておらず、今夏のユーロ2020もメンバー外だった。 2021.07.25 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

敏腕ディレクターのラングニック氏の新天地はロシアに!

ロコモティフ・モスクワは6日、ラルフ・ラングニック氏(63)をスポーツおよびディベロップメント部門の責任者に任命したことを発表した。 ホッフェンハイムやシャルケの監督だったことでも知られるラングニック氏は、2012年7月にレッドブル・グループが経営するザルツブルクとライプツィヒの統括スポーツ・ディレクターに就任。スポーツ部門の全権を握る形で、戦略的計画やファーストチームの発展および若手の育成の尽力した。 また、その間に二度にわたってライプツィヒを指揮し、2015-16シーズンにはクラブ創設わずか8年目にしてブンデスリーガ1部昇格に導いた。スポーツ・ディレクター兼任で監督を務めた18-19シーズンは、3位でチャンピオンズリーグ出場権を獲得。DFBポカールでも決勝進出の好成績を残した。 その後はレッドブル・グループ全体のサッカー開発部門責任者に就任したが、昨年7月末をもって双方合意の下で同職を辞していた。 フリーとなって以降は監督復帰が取り沙汰されたが、招へいに動いたミランとは破談。そして、この度ロコモティフ・モスクワが新天地として明らかとなった。 同クラブでは、レッドブル・グループ在籍時同様の役割を担うことになるようで、下部組織との橋渡し役やクラブ全体のディレクションなど多岐にわたる課題に取り組んでいくようだ。 なお、ロコモティフ・モスクワはリーグ戦を3度、国内カップ戦を8度優勝しており、ここ3シーズンは連続でチャンピオンズリーグ本戦に参加している。 2021.07.06 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワ退団のファルファンが古巣アリアンサ・リマに17年ぶりの復帰!

ペルーリーグに所属するアリアンサ・リマは23日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファン(36)の復帰を発表した。フリートランスファーでの加入となり、背番号は「10」に決定した。 2001年にアリアンサ・リマでプロデビューしたファルファンは、これまでPSVやシャルケ、アルジャジーラでプレー。 その後、2017年冬にフリートランスファーでロコモティフ・モスクワに加入したファルファンは、3年半で公式戦69試合に出場し25ゴール12アシストを記録。移籍後2シーズンは主力としてプレーしていたものの、その後はケガの影響もあって出場機会が激減。 昨季はシーズン前の2019年6月に行われたコパ・アメリカ2019で左ヒザを負傷すると、シーズンの大半を棒に振り公式戦3試合の出場にとどまった。そして、契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。 なお、2001年から2004年まで過ごしたアリアンサ・リマでは、公式戦93試合に出場し33ゴールを記録していた。 2021.03.24 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly