清水FW栗原イブラヒムジュニアが鈴鹿ポイントゲッターズに育成型レンタル 「必ず成長して、またこのクラブに」

2021.07.29 14:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは29日、FW栗原イブラヒムジュニア(19)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに育成型期限付き移籍で加わると発表した。移籍期間は2021年12月31日までとなる。

栗原は三菱養和SCユースから2020年に清水入りした後、同年8月にアスルクラロ沼津に育成型レンタル。今季から清水に復帰したが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下で出場機会に恵まれなかった。

昨季に続くシーズン途中の武者修行を受け、清水の公式サイトを通じて、レベルアップしての復帰を誓った。

「これまで試合に出場することができず、もの凄く悔しい思いもしましたが、この半年間は自分にとって確実にプラスになるものだと確信しています。エスパルスのユニホームを着て試合に出るためにも、必ず成長して、またこのクラブに戻ってきたいと思っています」

関連ニュース
thumb

元新潟のブルーノ・コルテースに清水が興味と現地報道、サウジのクラブと争奪戦か

かつてアルビレックス新潟でもプレーしていた元ブラジル代表DFブルーノ・コルテース(34)に関して、清水エスパルスが興味を持っているようだ。ブラジル『Torcedores.com』が報じた。 コルテースは、ボタフォゴやサンパウロ、クリシューマなどブラジル国内クラブでプレーした他、ベンフィカにも半年間在籍した経験がある。2015年、2016年は新潟にレンタル移籍で在籍。その後、サンパウロへと復帰し、2017年1月からグレミオでプレーしている。 左サイドバックとしてプレーしたコルテースは、新潟では公式戦66試合に出場し1ゴール4アシストを記録。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、ここまで190試合に出場し3ゴール6アシストを残している。 今シーズンはセリエAで12試合とあまり出場機会のないコルテースだが、グレミオとの契約は今シーズン終了まで。そんな中、海外クラブからの興味が寄せられているという。 そのクラブの1つが清水であり、その他にもサウジアラビアのアル・ナスルも興味。公式のオファーには発展していないものの、連絡は取り合っているようだ。 グレミオ自体も今シーズンは残留争いをしているなど低迷。コルテースとリアシーズンの契約を結ぶクラブはブラジル国内には今のところないようだ。なお、ヴァグネル・マンチーニ監督は、今後コルテースを試合で起用するつもりはないとも言われている。果たして、6シーズンぶりに日本へ復帰することはあるだろうか。 2021.10.27 13:01 Wed
twitterfacebook
thumb

3週間ぶりリーグ戦の川崎F、苦しみながらも清水に勝利し優勝へ前進!【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、川崎フロンターレvs清水エスパルスが24日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 条件次第では最短で次節にも優勝が決まる川崎F(勝ち点81)と、できるだけ降格圏から離れたい15位清水(勝ち点32)の対決。6連勝中の川崎Fは、ACLとの兼ね合いで第32節を前倒しで消化しているため、直近の第31節のFC東京戦から22日ぶりの試合となる。スタメン変更は、その試合から1人のみとなっている。 対する清水は、ここ5試合は2勝3敗と白星と黒星を交互に並べている。前節は柏レイソルとの下位対決で手痛い敗戦を喫した。こちらのスタメン変更は2人。布陣は川崎Fの[4-3-3]に対し、[4-4-2]で挑む。 序盤にチャンスを迎えたのはホームの川崎F。13分に自陣でボールを奪い、旗手が素早く前線にロングボールを展開。正確無比なパスに抜け出したマルシーニョがボックス左へ侵入し、ヴァウドとの競り合いで倒れるが、笛は鳴らずヴァウドに軍配が上がった。 飲水タイム明けの25分には清水にチャンス。敵陣中央でパスを受けたカルリーニョス・ジュニオがドリブルで持ち運び、ボックス手前からシュート。GKチョン・ソンリョンも横っ飛びを余儀なくされた。 川崎Fは立ち上がりからボールを握って攻撃に出ているものの、清水の激しい守備を前に遅攻ではほとんどシュートシーンを作ることができない。そんな中40分に、バイタルエリアの空いたスペースでパスを受けた脇坂がボックス手前からシュートへ。しっかりコースを狙ったものの、やや右に逸れてしまった。 前半はリズムに乗り切れなかった川崎Fだが、後半に入ってすぐにそんな心配を払拭する。47分、ボックス右手前の脇坂からボックス左へ展開。マルシーニョがダイレクトで折り返すと、最後はレアンドロ・ダミアンがバックヒールで流し込み、先制に成功した。 だが、その後は前半と似た展開に。ボールを保持するホームチームに対し、徹底して守る清水もこれ以上の失点を許さない。70分にかけては、清水は藤本を下げて西澤、川崎Fはレアンドロ・ダミアンと旗手を下げて小林と大島を投入。大島は7月の清水戦以来、今季2試合目の出場となる。 小林は投入直後にシュートシーンを迎えるが、ここはオフサイド。80分のボックス手前からのシュートは、相手に当たって枠の外へ飛ぶ。さらに川崎Fは、登里とマルシーニョを車屋と宮城に代えて左サイドをテコ入れ。それでもなかなかゴールに近づけない。 ただ、守備でもほとんど隙を見せなかった川崎F。後半アディショナルタイムの被カウンターもしっかり対応し、最少得点での勝利を収めた。 川崎フロンターレ 1-0 清水エスパルス 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(後2) 2021.10.24 18:56 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:川崎Fvs清水】連覇へのカウントダウンなるか、謎ループ通りなら清水は勝ち点ゲット

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 17:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/81pt) vs 清水エスパルス(15位/32pt) [等々力陸上競技場] ◆連覇へのカウントダウンなるか【川崎フロンターレ】 前節は中断前の2日、FC東京との“多摩川クラシコ”で1-0と勝利を収め、リーグ戦の連勝を6に伸ばした。 2位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は9。直接対決を最終節に残しているが、連覇へのカウントダウンがスタートしていると言って良いだろう。 連覇を確実なものにしたい川崎Fだが、ここまではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとカップ戦で敗退。4冠を目指した中で、すでに2つのタイトルを失ったことは満足できないだろう。 しかし天皇杯は残っている。こちらも連覇が懸かるだけに、リーグとの2冠は手中に収めたいところ。来週ミッドウィークに天皇杯があるが、そこに良い形で入りたいはずだ。 そしてこの試合に勝利すれば勝ち点は「84」に。昨シーズンの「83」を上回ることが確定し、最強と呼び声の高かった昨季を超越できる。敵は自分たちにあると言える中、連勝を伸ばして連覇へとまた一歩近づきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、橘田健人、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 ◆謎のループにハマれば今節は勝ち点獲得か【清水エスパルス】 前節は残留を争うライバルの柏レイソルにホームで0-1と敗戦。手痛い敗戦を喫することとなってしまった。 また、1試合おきにくる黒星の流れから脱せず。後半戦の不思議なループに入った結果、降格圏のチームが猛然と追い上げを見せており、気がつけばどっぷりと残留争いに浸かる可能性が出てきてしまった。 降格圏の徳島ヴォルティスとは勝ち点差「2」。最下位とも勝ち点差「7」となり、この辺りでやはり勝ち点3が欲しいところ。追い上げに負けじと、逃げることができるかが重要になる。 とはいえ今節の相手は首位の川崎F。今季は2度対戦して連敗を喫している相手。さらに、2015年以来リーグ戦では勝利がない。天皇杯では先制されながらも追いつくことはできた。その戦いをリーグ戦でも見せ、今節はループに乗って勝利か引き分けで勝ち点を得たいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、井林章、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、ホナウド、カルリーニョス・ジュニオ FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2021.10.24 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スピードが武器の静岡学園MF川谷凪が清水に加入内定「すぐにこのチームにいきたいと決めた」

清水エスパルスは23日、静岡学園高校のMF川谷凪(18)が来シーズンより加入することが内定したと発表した。 大阪府出身の川谷は、178cm、69kgの中盤の選手。50mを5秒台で走るスピード持ち主だ。 同期のMF玄理吾は徳島ヴォルティス、MF古川陽介はジュビロ磐田に加入が内定しており、同校で3人目のJリーグ内定者となった。 2年次からAチームのメンバーに入ると、今年は静岡県高等学校新人大会優勝、全国高等学校総合体育大会静岡県予選優勝、全国高等学校総合体育大会3位という結果を残している。 川谷はクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに声をかけてもらったことをすごく嬉しく思います。夏に練習参加したとき、緊張していた自分に皆さんから話しかけてくれて雰囲気が明るく、馴染みやすかったし、練習もやりやすかったです」 「すぐにこのチームにいきたいと自分の中では決めていました。自分の武器であるスピードと突破力がプロでも通用できるように努力して、1日でも早く試合にからんで貢献したいです」 「サポーターの方々にも、“こいつなら活躍できるな“と思ってもらえるような選手になりたいと思いますので、これからよろしくお願いいたします」 2021.10.23 16:19 Sat
twitterfacebook
thumb

三丸のJ初ゴールで柏が4試合ぶり勝利! 清水は降格圏から遠ざかれず【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、清水エスパルスvs柏レイソルが10月16日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-1で柏が勝利を収めた。 15位の清水は前節のアビスパ福岡戦で勝利し、ここ3試合で6ポイントを上乗せ。降格圏との勝ち点差を「5」に広げた。一方の柏は、前節はベガルタ仙台とドロー。これでリーグ戦3試合未勝利となり、第26節からの3連勝で得た貯金が徐々に無くなってきている状況だ。 試合では、ホームの清水は陣形を全体的に右サイドに寄せてビルドアップ。右サイドハーフの西澤にロングボールを起点に、セカンドボールを拾う藤本や原から2次攻撃を仕掛けて攻勢に出る。 しかし16分、カウンターから柏が決定機を迎える。自陣中央でマテウス・サヴィオがボールを奪って最前線のクリスティアーノに縦パス。クリスティアーノがドリブルでボックス中央まで運ぶと、その背後を追い抜いたマテウス・サヴィオに再びボールが渡り、ボックス左からシュートを放つ。しかし、これはGK権田に防がれてゴールならず。 それでも、試合は再び清水のペースに。守備の局面では2トップが相手ボランチへのパスコースを消してロングパスへ誘導。狙い通りの組み立てを許さず試合を進めていく。攻撃時は積極的に相手DFの背後へを突きながらラインを押し下げ、継続的な攻撃を展開。こうしてホームチームが優位に立ち続けたが、先制点を決めるには至らなかった。 前半は苦しんでいたアウェイチームだったが、後半立ち上がりの53分に先制に成功する。ボックス手前で受けた武藤から左サイドを駆け上がる三丸にパスが出ると、ボックス左からワンタッチでシュート。これがゴール右下に突き刺さり、三丸のJリーグ初得点でリードを奪った。 これで勢いに乗った柏はゴールに迫る回数を増やしていく。その中心となったのが神谷。65分には相手の守備ブロック内部でボールを受けて前を向き、裏に抜けるクリスティアーノにピンポイントのロブパスを送るなど、幾度もチャンスを創出する。 一方のホームチームは73分にビッグチャンスを迎える。チアゴ・サンタナが左サイドからクロスを上げて、ボックス中央でヴァウドが頭で合わせるとクロスバーに直撃。そのこぼれ球にコロリが反応するも、これはGKキム・スンギュに弾かれて同点弾とはならなかった。 残り時間が少なくなってくると、清水は前線のチアゴ・サンタナとカルリーニョスをターゲットにロングボールを送り続け、パワープレーを敢行。それでも最後まで得点を決めることはできずに試合終了となった。柏が4試合ぶりの勝利を収め、降格圏から遠ざかることに成功している。 清水エスパルス 0-1 柏レイソル 【柏】 三丸拡(後8) 2021.10.16 17:29 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly