堂安不在のPSV、ガラタサライを退けて3回戦進出《CL予選》

2021.07.29 05:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
28日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦2ndレグの9試合が行われた。

MF堂安律の所属するPSVは、トルコの強豪ガラタサライとのアウェイ戦に臨み、退場者を出したものの、ファン・ヒンケルのゴールなどで2-1と勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-7としたPSVが3回戦へ進出している。

また、セルティックはミッティランとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末に1-2で敗戦。2戦合計スコア2-3で競り負け、敗退となった。

その他、ツルヴェナ・ズヴェズダ、スパルタ・プラハ、オリンピアコス、ヤング・ボーイズらが順当に勝ち上がっている。2回戦2ndレグの結果は以下の通り。

■CL予選2回戦2ndレグ
▽7/28(水)
ガラタサライ(トルコ) 1-2(AGG:2-7) PSV(オランダ)
ミッティラン(デンマーク) 2-1(AGG:3-2) セルティック(スコットランド)
ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) 0-1(AGG:0-2) オリンピアコス(ギリシャ)
シェリフ(モルドバ) 3-1(AGG:4-1) アラシュケルト(アルメニア)
クルージュ(ルーマニア) 2-0(AGG:4-1) リンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル)
ルドゴレツ(ブルガリア) 3-1(AGG:3-1) NSムラ(スロバキア)
ヤング・ボーイズ(スイス) 3-2(AGG:3-2) スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 5-0(AGG:6-2) カイラト・アルマトイ(カザフスタン)
スパルタ・プラハ(チェコ) 2-0(AGG:3-2) ラピド・ウィーン(オーストリア)

▽7/27(火)
ヘルシンキ(フィンランド) 2-2(AGG:3-4) マルメ(スウェーデン)
フローラ・タリン(エストニア) 0-1(AGG:1-3) レギア・ワルシャワ(ポーランド)
オモニア・ニコシア(キプロス) 0-1(AGG:0-3) ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
ジャルギリス(リトアニア) 1-3(AGG:1-5) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)


関連ニュース
thumb

PSV堂安律が今季初出場で初得点のスーパーな一撃! 開幕4連勝に貢献《エールディビジ》

今季からPSVに戻り、ポジション争いに挑む日本代表MF堂安律がインパクトを残した。 今季の開幕から出番なしが続いた堂安。11日に行われたエールディビジ第4節のAZ戦もベンチからのスタートになったが、55分からピッチに入り、今季初出場を果たすと、終盤に今季初ゴールもマークした。 AZのDF菅原由勢も72分からピッチに立ち、PSVが2点リードの83分、ハーフウェイライン右付近からドリブルを仕掛けた堂安がバイタルエリア右から中に切れ込み、豪快に左足を一閃。ゴール左に突き刺した。 レンタル先のビーレフェルトでブンデスリーガ全34試合に出場して5得点3アシストの数字を収め、PSVに戻った今夏も移籍が取り沙汰された堂安だが、最終的に残留。今回の一撃で定位置奪取のアピールに成功した。 なお、AZとのアウェイ戦も3-0で勝ち切ったチームはこれで開幕から無傷の4連勝。暫定ながら首位に立っている。 AZ 0-3 PSV 【PSV】 ボスカリ(前14) ヴェルテッセン(後24) 堂安律(後38) <span class="paragraph-title">【動画】堂安律のPSV初ゴールは度肝を抜く圧巻のゴラッソ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">0-3! Wat een goal weer! Ritsu Doan<a href="https://t.co/Yv3NHbSDQp">pic.twitter.com/Yv3NHbSDQp</a></p>&mdash; psv op 1 (@psv_op_1) <a href="https://twitter.com/psv_op_1/status/1436792369962266624?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.12 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

オランダで輝き取り戻すゲッツェ、PSVとの契約を2024年まで延長!

PSVは6日、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(29)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2024年までとなる。 若い頃より天才とうたわれながらケガにも悩まされ、低迷期が長く続いたゲッツェだが、2020年10月にPSVと2年契約を結び、思い切ってオランダに活躍の場を移すと、そこで復活の兆し。PSVでも負傷離脱を強いられる時期こそあったものの、初年度から公式戦25試合の出場で6得点7アシストの活躍を披露した。 今季もここまで公式戦10試合の出場で4得点3アシストと昨季以上のペースでゴールに絡む活躍を披露するゲッツェは現行契約の最終年だったが、新たに3年延長でサイン。クラブを通じて、喜びの心境を語り、決意を新たにした。 「PSVは明確な目標を持ち、すごく特別なフットボールクラブだ。僕にとって、優秀な監督とそのスタッフと一緒にする仕事はエキサイティングなこと。PSVの大きな写真の一部でありたいし、ここでキャリアを続けられるのは嬉しい」 「今季のスタートから見せる高いレベルのインテンシティをあと10カ月もキープするのは大きなチャレンジになるが、それは僕が自分に課す究極の目標。僕らはチームとして成長し続けられる。僕はその一部であり続けたいんだ」 2021.09.06 20:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「引いて守ってカウンターということは日本がやりたいことではない」堂安律が強豪相手の戦い方に意見

PSVの日本代表MF堂安律が、メディアのオンライン取材で、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選について語った。 9月からスタートするカタールW杯アジア最終予選。日本代表は、30日から集合しトレーニングキャンプをスタートさせた。 初戦はホームで9月2日に行われるオマーン代表との一戦。2018年のロシアW杯アジア最終予選では、UAE代表相手に初戦で敗戦。初戦で敗れたチームがW杯に行けないという悪いジンクスもある中、その後は勝利してなんとか本大会に出場。ベスト16の成績を残していた。 試合前日の1日にオンラインでのメディア取材に応じた 堂安。自身初の最終予選に向けて意気込みを語った。 「僕にとって初の最終予選で、今までとは緊張感が違うと思いますし、周りの先輩方からは聞いているので、しっかりと覚悟して初戦に臨みたいと思います」 相手のレベルも一段上がる最終予選。「対戦相手のメンタリティは圧倒的に違うと思いますし、勝てばW杯というメンタリティを考えれば、簡単に勝てる試合はないと思います」と警戒。「何か感じるプレッシャーがあると言っていたので、日本は結果を出してW杯に出て当たり前という状況でしっかり勝って結果を残すことは簡単ではないと思います」と、勝って当たり前という状況が難しいと語った。 最終予選に勝利すればW杯本大会になる。そこまでにやらなければいけないことについては「チームを勝たせる数字を出すことだと思いますし、自分がアタッカーとして評価されるところだと思うので、オリンピックで出た課題でもあります。そこを出していければ良いと思いますし、間違いなくオリンピック世代が台頭してA代表のスタメンにどんどん名前を出していかないといけないと思います。そこは責任もありますし、しっかり試合に出られればと思います」と語り、結果を残し、試合にしっかりと出ることが大事だとした。 東京五輪では強豪相手に守備的な戦いを強いられた日本。スペイン、メキシコ戦では守備が奮闘していた。 一方で、列強国に通用するために必要なことも選手たちが口にしていたが「選手同士で多く会話した内容でもありますが、僕としては対戦相手、スペインに負けた試合やメキシコ相手にボールを保持して自分たちの攻撃的なサッカーをしたいということがシンプルな意見です」ともっと主導権を握りたかったとコメント。「粘り強い守備などは世界で通用するところでもあったと思いますし、スペインでもメキシコにも通用しました」と戦い方を評価しながらも、「ただ、やりたいサッカーではないと思いますし、引いて守ってカウンターということは日本がやりたいことではないです。スペインは体が小さくても止める、蹴るということをちゃんとしていたので、それをやりたいと思います」と、より高みを目指して戦っていきたいとした。 また、それはA代表でも求めていきたいと語る堂安。「今僕が話したことはオリンピック後に監督とも意見交換はしていますし、監督も僕たちが90分守ってカウンターをしたいとは思っていないと思うので、意見交換はしています」と語り、「最終予選でもボールはある程度保持できると思うので、最後のフィニッシュの精度を突き詰めないといけないですが、積極的に意見して日本代表が強くなっていくためにやっていきたいと思います」と貪欲にいきたいと語った。 2021.09.02 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍叶わずの堂安律「行きたかったところはありましたが…」と語るも日本代表に集中

日本代表MF堂安律が、今夏の移籍が叶わなかったことについて言及した。 2017年7月にガンバ大阪からフローニンヘンへとレンタル移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた堂安。2018年7月に完全移籍を果たした。 フローニンヘンでチームの中心となり活躍すると、2019年8月にPSVへと完全移籍。しかし、なかなか思うような結果を残せないと、2020年9月にはブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトへとレンタル移籍。ビーレフェルトではブンデスリーガで全34試合に出場し5ゴール3アシストと一定の結果を残し、チームの残留に貢献。しかし、ビーレフェルトが買い取れないことからPSVへと復帰していた。 その堂安は背番号10を背負い、東京オリンピックに出場。そこでのパフォーマンスも評価され、移籍最終日にはホッフェンハイム、マインツ、アウグスブルクのブンデスリーガ3クラブが獲得に動いていると報じられた。 しかし、PSVが要求する条件をそれぞれのクラブが飲めず、交渉は破談に。結果、移籍市場が閉鎖し、堂安のPSV残留が決定した。 1日に行われた日本代表のオンライン取材に応じた堂安は率直な気持ちを語った。 「今の心境というのは、決まったところで自分の力を出すというのが選手として、プロとしてのやらなければならないことです」 「色々自分が行きたかったところはありましたが、今は所属先のことではなく日本代表を考えてプレーするように心がけています」 今シーズンはPSVで戦うこととなった堂安だが、現状はクラブではなくカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表に集中すると語った。 2021.09.01 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがFWカルロス・ヴィニシウスを獲得! 昨季はスパーズで10ゴールを記録

PSVは8月31日、ベンフィカからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)を買い取りオプション付きの2年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 一昨シーズンのベンフィカで公式戦24ゴール13アシストの活躍をみせたヴィニシウスは、昨夏の移籍市場で4500万ユーロ(約58億5000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトッテナムへのステップアップを果たした。 トッテナムではイングランド代表FWハリー・ケインのバックアップとしてカップ戦を中心に、公式戦22試合10ゴール3アシストの数字を残した。ただ、フィジカル自慢の守備者が揃うプレミアリーグでは思うような存在感を示すことができず、トッテナムは今夏の買い取りを見送っていた。 それでも、190cmの恵まれたサイズに加え、スピードや左足のシュート感覚に優れるブラジル人ストライカーは、新天地PSVで飛躍が期待されるところだ。 2021.09.01 05:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly