モチーフは“キュウリ”、柴崎岳が所属するレガネスのアウェイキット発表動画で熱演

2021.07.27 20:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが、2021-22シーズンのアウェイキットを発表した。

レガネスのアウェイキットは特徴的な緑色。クラブのニックネームでもある“キュウリ”の皮の雰囲気をデザインに取り込んだとのことだ。

レガネスは、かつては首都のマドリッドに届けるための野菜や果物を栽培する農業の街として栄えたとのこと。クラブのニックネームも「Los Pepineros(キュウリ栽培者)」というから、キュウリとは切っても切れない縁がある。

また、クラブマスコットも「SUPER PEPINO(スーパー・キュウリ)」というキュウリをモチーフとしたものだ。

今回のアウェイキット発表に関しては、レガネスの選手たちがキュウリを使ってのものとなっており、柴崎も熱演。その姿にも注目してもらいたい。

柴崎はクラブの顔としてラ・リーガ昇格を目指すチームを牽引してもらいたいものだ。



1 2
関連ニュース
thumb

中国が圧をかけてきた後半の立ち振る舞いについて柴崎岳「カウンターの応酬を避けたかった」、10月は「ターニングポイントの1つ」

日本代表のMF柴崎岳(レガネス)が、中国代表戦を振り返った。 7日、日本はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦で中国代表と対戦した。 初戦のオマーン代表戦をホームで0-1と落としている日本。必勝で臨んだ一戦は、序盤から日本が主導権を握り攻め込む展開となる。 [5-3]のブロックを作りなかなか崩させない中国だったが、40分に右サイドを伊東純也が突破。そこからクロスを上げると、FW大迫勇也が合わせてゴール。この1点を守り切り、0-1で勝利を収め、最終予選初白星を飾った。 試合後、メディアのオンライン取材に応じた柴崎は中国戦に臨むメンタリティについてコメント。良い方向に向けたと語った。 「1戦目は自分たちのパフォーマンスの低さで負けを招いてしまい、チーム全体、個人として重く受け止めて、なんとか挽回していこうという雰囲気の中、この中国戦までの準備期間で非常に練習から緊張感だったり、雰囲気がオマーン戦とは違ったものになりました。自分としては良い方向に向いたかなと思います」 「敗戦を受け入れて、中国に対して向かって勝利するというメンタリティは、今日の試合で出せた部分だと思いますし、結果がついてきていますが、個人的には1戦目の自分たちの失態を取り戻す最低限の結果だと思いますし、これを続けていかないと意味がないものになってしまいます」 「今日の試合は個人的にはそこまで嬉しい気持ちになれなかったので、気を引き締めて10月に向けてパフォーマンスをよくしていきたいと思います」 後半は中国がプレスを掛けにきたこともあり、日本のミスが目立つシーンも見られた。その中で、柴崎は右サイドバックの位置を取り、試合全体を落ち着かせてコントロールしていた。 「チームのコントロールができていたかどうかは一概には言い切れないですが、個人的に意識していたのは、テンポが早すぎて起こりうるカウンターの応酬を避けたかったので、自分にボールが入ったところでは落ち着けるところは落ち着いて、展開を戻そうとしていました」 「ボールを保持する時間を少しでも長くできれば攻撃を食らうこともないので、落ち着いてボールを単調に失わないように心がけていることは後半よくありました テンポを変えるという柴崎の特徴でもあるプレーを見せたが、一方で2点目を積極的に奪いに行くということはあまりしなかった。 その点については「あまり2点目を取りに行くことで食らうリスクは考えなかったです」とし、「できるだけ個人的には丁寧に攻めていきたかったです」と、勢いを持ってというよりも、崩しをしっかりしたかったと明かした。 「トランジションの部分で数的不利で攻めようとしても難しいので、横パスを入れてもらってサイドに展開するとか、そういったシーンも少なからずあったと思います」 「2点目が欲しかったのは事実ですが、具体的な声かけというよりは、ボールを持った時のアクションで伝えようとは思っていたので、そういった意味では少しドリブルを織り交ぜたり、自分があまり叩かずにキープして時間を作っていくという部分は少し意識していました」 結果として、試合を通じて高いパフォーマンスを見せた日本。オマーン戦からの変化については「1戦目と2戦目の準備期間の長さも実際ありましたし、自分たちが試合に向けての練習も増えたので、具体的に練習でこうしていこうということを落とし込めたという部分もありますし、選手もふんわりしたのではなくピリッとした雰囲気というのも少し変わったかなと思いました」と語り、やはり空気としてしまった感じがあったという。 必勝で臨んだ中国戦でしっかり勝利を掴んだ日本。10月のサウジアラビア代表、オーストラリア代表との連戦は大きなポイントとなる。 柴崎は気持ちを新たに、チームとしてより高めていくと意気込みを語った。 「その2カ国は10月にアウェイとホームで対戦しますが、予選のターニングポイントの1つになると思います」 「勝つか、負けるか、引き分けるか、結果によって大きく変わってくる要素があると思います」 「チームとしても10月が本当に大事になると話していたので、個人としても受け止めなければいけないと思っています。中国戦の準備をスタンダードにして、よりよくしていかなければいけないです。勝利に浮かれず、自分たちは厳しい位置にいると自覚して、10月に臨めればと思います」 2021.09.08 07:50 Wed
twitterfacebook
thumb

久々代表復帰のMF柴崎岳が最終予選、W杯本大会に向けて求めるもの「チームとしてどういう風に成長していけるか」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、メディアのオンライン取材で、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選について語った。 9月からスタートするカタールW杯アジア最終予選。日本代表は、30日から集合しトレーニングキャンプをスタートさせた。 初戦はホームで9月2日に行われるオマーン代表との一戦。2018年のロシアW杯アジア最終予選では、UAE代表相手に初戦で敗戦。初戦で敗れたチームがW杯に行けないという悪いジンクスもある中、その後は勝利してなんとか本大会に出場。ベスト16の成績を残していた。 試合前日の1日にオンラインでのメディア取材に応じた柴崎。チーム事情などもあり、2020年11月以来の代表活動参加となる。 久々の代表活動については「最終予選が始まるということで、これまでと違った戦いになると思いますし、非常に厳しい戦いになるということを自覚しながら臨んでいきたいです」と語り、「1戦目は大事ですし、出場権を獲得するためにも1試合目からしっかりした戦いを見せていきたいと思います」と初戦から結果を求めていくと意気込んだ。 柴崎はロシアW杯でも主軸としてプレー。最終予選も経験しているが、「僕以上に経験を積んでいる選手がチームにいますし、そういった選手たちがまだ経験が浅い選手たちに対して、特に試合中に見せるべき姿があると思います」と、経験者が若手をピッチ上で引っ張る必要があるとし、「そういった選手たちがリードして試合を優位に進めたり、経験の浅い選手がしっかり自信を持ってプレーしてもらうことが大事だと思います」と、チームとしてのバランスが大事だとした。 また「僕自身は最初にロシアW杯が終わってからずっと、一貫して選手の層というか、ベンチ入りを含めて本大会に臨まなければいけない。最終予選も色々な選手が出てこないと、安定したチームの戦い方ができないと言っていました」と、チーム全体の戦力について言及。「そういった意味では、1年前から僕がいない間に色々な選手が出てきて、僕のポジションだけではないですが、チームの中で競争もそうですが、色々な選手が出ても戦えるというある程度自信のようなものもできているので、それをこの予選で成長させていきたいと思っています」と、チームとしての戦力の底上げも最終予選で同時に行っていきたいと語った。 さらに「個人的には競争という感覚ではなく、チームとしてどういう風に成長していけるかにフォーカスしていますし、自分自身のパフォーマンスをどう出すかに集中しているので、コレクティブに戦っていくことが一番大事かなと思います」と、チームとしてのたたかいが重要だとも語った。 初戦で対戦するオマーンは2019年のアジアカップで対戦している。柴崎は「オマーンとは僕個人的にはアジアカップでやっていますし、非常に今も昔も簡単ではない相手だという風に感じています」と印象を語り、「ホームというアドバンテージはありますが、最終予選の1回目の試合という緊張感もありますし、個人的にはどういった試合になるかというのは見てみないと分からないなというのはあります」と、試合が始まってみなければわからないとした。 また「あまり情報がないので、試合に入ってから見るべきところがたくさんあると思いますし、今までやってきた日本代表の戦いをしっかり目指すことが大事かなと思います」と、ピッチ上で状況を判断してやっていくことが大事だともしている。 最終予選を戦う上で最も大事なことについては「チーム全体で誰が出ても高いパフォーマンスを出せることが大事だと思います」とやはりチーム力が大事だとし、「代表以外にもクラブの戦い、ケガ人など不測の事態も起こると予想できるので、現段階で多く試合に出ている選手だけでなく、色々な選手が出て戦えるチーム作りが大事だと思います」と、勝利を目指しながらも色々な選手に経験を積ませることも大事だと語った。 柴崎がプレーするボランチはこの1年間で競争が激化。その中でも、軸となったMF遠藤航(シュツットガルト)は柴崎との再会を楽しみにしていた。 遠藤については「航とはずっと一緒にやってきているので、お互いあまり意識せずともいる場所や、立ち位置は自分たちの中でこうだというのがある程度あると思います。より良い関係を最終予選で作り上げていきたいと思います」とコメント。「試合に出場したくないという意味ではなく、23人のメンバーで誰が出てもと森保さんもおっしゃっているので、選手層、チーム作りも含めて、11人だけでなく、より大きい幅でコミュニケーションをとって底上げすることが大事だと思います」と、やはり全体としての力をつけていくことをやりたいと語っている。 その柴崎の特徴は試合を読む力。そしてその判断でプレーを変えてチームを変化させることだ。 最終予選となれば相手の戦い方も様々になるがその点については「国によって自分たちのパフォーマンスと相手を比べて、僕らも強豪国とか自分たちと同じぐらいのレベルのチームと戦うときにタクティクスを考えてやるので、彼らも色々なことを考えてくると思います」とコメント。「事前情報があってもピッチの中で何をやってくるかわからないので、ピッチの中で判断するしかないと思いますし、引いた相手には焦らずにしっかりと相手を見ながら崩していくことが大事だと思います」と、状況判断が大事だと語った。 また「ボックスの中で10人、11人が止められたら崩すのは容易ではないので、そこを崩しに行かないといけないと思います」とし、「それができるだけの選手とコミュニケーションを発揮できればと思います」と、チーム全体でしっかりと崩す戦いをしたいと語った。 2021.09.01 14:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.85】ロシアW杯の貴重な経験値を武器に大激戦のボランチ陣をリードできるのか?/柴崎岳(レガネス/MF)

「今年の3・6月にも彼のことは招集しようと考えていました。所属チームで結果を出してもらって1部昇格をすることが本人のため、我々のためにもなりますし、クラブのためにもなると考えていました。6月は直前にケガしてしまって呼べませんでしたが、今は新しいシーズンを戦っており、(柴崎)岳もレギュラーとしてチームの中心として戦っているのを確認しています。コンディション的にも非常にいいということで招集しました」 2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選の重要な最初シリーズとなる9月2日のオマーン戦(大阪・吹田)と7日の中国戦(ドーハ)に向け、森保一監督は満を持して柴崎岳の招集に踏み切った。 長谷部誠(フランクフルト)とボランチを組んでベスト16進出の原動力になった2018年ロシアワールドカップ(W杯)から3年。その経験値を遺憾なく発揮する時が来たのだ。 ご存じの通り、彼は2018年9月の森保ジャパン発足時から「チームの大黒柱の1人」と位置づけられてきた。2019年アジアカップ(UAE)は3戦目のウズベキスタン戦を除いて5試合に先発。同年6月のコパ・アメリカ(ブラジル)もA代表の主力としてU-22世代の中山雄太(ズウォレ)や板倉滉(フローニンヘン)らをけん引した。同大会期間中には森保監督が彼に話しかけ、20~30分にわたってマンツーマンで意思疎通を図る姿が連日見られ、2人の確固たる信頼関係が色濃く伺えた。 直後にスタートしたカタールW杯2次予選もボランチ陣をリードする存在に君臨していたが、同年夏にスペイン1部のヘタフェから2部のデポルティボ・ラ・コルーニャへ移籍したあたりから柴崎の歯車が狂い始める。チームは2部下位に低迷し、2020年春にはコロナが感染拡大。代表も活動停止に追い込まれた。 そんな苦境にめげることなく、彼は昨夏に同じ2部のレガネスへ移籍。再起を図った。新天地でコンスタントな働きを見せるようになったのは朗報だったが、森保監督は柴崎のスペイン1部昇格を強く願い、「クラブ専念」という特別な配慮をした。 しかしながら、結果的にレガネスの1部昇格が叶わなかったうえ、彼は2021年の代表活動から長期間離れるという形になった。10カ月の空白期間には、遠藤航(シュツットガルト)がドイツ・ブンデスリーガ1部でデュエル王に輝き、ポルトガル1部挑戦に踏み切った守田英正(サンタ・クララ)も急成長。橋本拳人(ロストフ)や川辺駿(グラスホッパー)も存在感を増した。さらに今夏の東京五輪で22歳の田中碧(デュッセルドルフ)が遠藤航とのコンビで好連携を披露。一気にA代表候補に浮上してきた。代表実績トップクラスの柴崎といえども、地位安泰という状況ではなくなったのだ。 それでも、指揮官がこのタイミングで柴崎を必要だと考えたのは、最終予選一発目の難しさを痛感しているからだろう。前回のロシアW杯最終予選を振り返っても、2016年9月の初戦・UAE戦(埼玉)を1-2で落とし、まさかの黒星発進を強いられているのだ。 そこからの紆余曲折は記憶に新しいが、6大会連続出場を決めた2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)では長谷部がケガを押して強行出場し、チーム全体をまとめあげ、切符を手にしている。柴崎はそのピッチには立っていないものの、ベンチから前キャプテンの鬼気迫るプレーを目の当たりにしたはず。そういった経験値を重圧のかかる今回のシリーズで還元してほしいからこそ、森保監督は彼を呼びものしたに違いない。 新シーズンは8月14日に開幕し、ここまでの3試合はコンスタントにボランチでスタメンを飾っている。スペインに赴いてからは2列目やサイドアタッカーとして使われることもあった柴崎だが、ボランチでいい感触をつかんだ状態で代表に合流できるのはポジティブな点。直近のイビサ戦が28日にホームで行われたため、8月30日の練習初日からフル稼働できるのもコンディション面を考えるとアドバンテージがある。五輪6試合に出ずっぱりでドイツに戻ってすぐにキャプテンとしてチームをけん引している遠藤航の疲労度を考えると、柴崎が少しでも負担を軽減し、中盤を統率していくべき。それだけの自負が本人にはあるはずだ。 彼にとって直近ラストの代表戦だった2020年11月のメキシコ戦の後、「自分たちの実力はこんなものというのはしっかり捉えていい。まだまだ力不足だと思いますし、チームとしての成熟度は高められる。選手個々人の能力もさらに上げていかなければいけない」と課題を口にしていたが、その危機感を吉田麻也(サンプドリア)、川島永嗣(ストラスブール)らロシア経験者とともに若手に伝えていくことも柴崎に課せられた命題だ。そうやってつねに高い意識を持ち、ピッチで違いを示していくことができれば、日本が最終予選で苦しむことはなくなるはず。 今回はコンディション的に非常に難しい2連戦。しかも対戦相手は長期間の事前合宿に取り組んでいる。不利な条件が少なくないだけに、柴崎ら代表経験豊富な面々の存在が重要になってくる。10カ月ぶりの日の丸を背負った日本のレジスタがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに期待したい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.31 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

パナシナイコス、レガネスを退団したスペイン人MFルベン・ペレスを2年契約で獲得!

ギリシャのパナシナイコスは14日、レガネスとの契約を解除したスペイン人MFルベン・ペレス(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 アトレティコ・マドリーの下部組織出身であるディフェンシブMFのルベン・ペレスは、これまでデポルティボやベティス、エルチェ、グラナダといったクラブでプレー。2016年8月からレガネスにレンタル移籍すると、2018年の夏に完全移籍。 レガネスでは在籍5シーズンで公式戦165試合に出場。セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)に降格した昨季は、リーグ戦35試合に出場し昇格プレーオフ出場権獲得に貢献。しかし、昇格プレーオフでは準決勝のラージョ・バジェカーノ戦で連敗を喫し、1年でのラ・リーガ復帰は叶わなかった。 レガネスとは契約が1年残っていたが、13日に双方合意の上で契約解除に至ったことが発表されていた。 2021.07.15 01:45 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のレガネスが敵地で3発敗戦…1年での1部復帰に黄色信号が灯る《ラ・リーガ昇格プレーオフ》

柴崎岳の所属するレガネスは3日、ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグでラージョ・バジェカーノと対戦し、0-3で敗戦した。柴崎はケガの影響でベンチ外となった。 ラ・リーガ2部で3位となったレガネスが、6位ラージョのホームに乗り込んだ一戦。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半だった。73分、右サイドでパスを受けたイシがバイタルエリアまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したアルバロ・ガルシアが左足ボレーで流し込み、ラージョが先制した。 さらにラージョは、76分にも中盤でバレンティンがパスカットすると、こぼれ球を拾ったべべがペナルティーアーク内まで持ち上がりシュート。やや甘いコースに飛んだシュートだったが、GKリエスゴが処理しきれずそのままゴールネットを揺らした。 2ndレグに望みをつなぐために1点でも返しておきたいレガネスだったが、後半アディショナルにベベに直接FKを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-0でラージョが完勝した。 なお、プレーオフ決勝進出を懸けたレガネスホームの2ndレグは6日に行われる。 ラージョ・バジェカーノ 3-0 レガネス 【ラージョ】 A・ガルシア(後28) ベベ(後31) ベベ(後49) 2021.06.04 06:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly