チェルシー、サポーターと共にビッグイヤーの喜びを! スタンフォード・ブリッジでセレモニー開催

2021.07.26 21:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーが、2020-21シーズンに獲得したビッグイヤーを遂にお披露目することが決まった。クラブが26日に発表した。

5月30日にポルトガルで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝。前半42分にドイツ代表MFカイ・ハヴァーツのゴールでチェルシーが先制すると、最後まで守り抜き、9シーズンぶり2度目のCL優勝。ビッグイヤーを掲げることとなった。

新型コロナウイルス(COV ID-19)の影響で制限がかかり、多くの観客の前で披露できていないビッグイヤー。チェルシーは、8月4日に行われるトッテナムとの親善試合を前に、お披露目のパレードを実施するとのこと。スタンフォード・ブリッジに満員近くの観客を迎えて実施される。
このイベントではピッチ上で選手たちがトロフィーを掲げ、ピッチサイドではCL制覇についての質疑応答コーナーも設けられる。

また、「マインドシリーズ」と称されたチェルシー、トッテナム、アーセナルの3つのロンドンのクラブからなるこのチャリティイベントは、チケット1枚につき5ポンド(約760円)がメンタルヘルスの慈善団体「Mind」及び各クラブの財団に寄付される。

関連ニュース
thumb

「時が経てば…」114億円の男ムドリクがさらなる活躍誓う…ライバルクラブの同胞には感謝「助けてくれた」

チェルシーのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクが、今後のさらなる活躍を誓った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今冬シャフタール・ドネツクから移籍金8800万ポンド(約144億3000万円)でチェルシーへと加入したムドリク。高額な移籍金が話題を呼んだが、それに見合うプレーを披露できたとは言い難い試合が続いた。 それでも、11日に行われたプレミアリーグ第27節のレスター・シティ戦では82分間プレーし、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチの得点をアシスト。3-1の勝利と公式戦3連勝に大きく貢献した。 代表ウィーク明けは加入後初ゴールも期待されるなか、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは、自らのパフォーマンスに批判的な人たちを見返したいと意気込んだ。 「僕はプレッシャーが嫌いじゃない。僕のことを敗者だと言ってる人も、いつか僕を勝者と崇める日が来るだろう。時が経てばわかるはずだ」 また、本職はウィンガーながらも「レスター戦のようにセンターフォワードとしてプレーすることを好むか?」と問われると、ケースバイケースであると答えている。 「ゲームの性質によるだろう。9番(センターフォワード)としてプレーした方が良い場合もあれば、サイドにいる方が良いゲームだってもちろんある」 一方、チェルシー加入からの約2カ月を振り返り、同じロンドンに住むアーセナルの同胞DFオレクサンドル・ジンチェンコの存在が助けになっていると語った。 「助けてくれているのはジンチェンコだ。アーセナルのこと、チェルシーのこと、ロンドンの街の色(ファン分布)について教えてくれたよ。彼は面白くて親切な男さ。彼と一緒にいるといつだってポジティブな雰囲気になるんだ。そんな彼のことが大好きだよ」 2023.03.30 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルのサイドバック補強計画、FFP違反の可能性が出るチェルシーから引き抜きを検討か?

レアル・マドリーが新たなサイドバックを獲得する計画を立てているという。スペイン『アス』が伝えた。 今シーズンは先日のバルセロナとの“エル・クラシコ”で敗れ、勝ち点差が12に広がってしまい、リーグ優勝が遠のいたマドリー。一方で、チャンピオンズリーグ(CL)とコパ・デル・レイには優勝のチャンスが残っており、そちらに力を注ぐことになりそうだ。 今シーズン限りで契約が切れる選手もいる一方で、夏にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムを狙っているとされているものの、多くの噂は出ていない状況だ。 しかし、スペイン代表DFダニエル・カルバハル、MFルーカス・バスケスが務める右サイドバックの選手を入れ替えたいと考えているという。 昨夏もサイドバックの獲得を目指したマドリー。その中で、今夏のターゲットになっているのが、チェルシーのイングランド代表DFリース・ジェームズ(23)だという。 チェルシーのアカデミー出身のリース・ジェームズは、2019年7月にファーストチームに昇格。右サイドバックのレギュラーとしてプレーしているが、今シーズンはヒザのケガなどの影響もあり、公式戦18試合の出場に留まっている。 チェルシーとは2022年9月に契約を延長し、2028年夏までの長期契約を締結。しかし、今冬の大型補強もあり財政面の改善が必要なチェルシーにとっては、貴重な戦力でありながらも財源確保に大きな影響を与えることになる1人として見られている。 プレミアリーグでは過去3シーズンの損失が最大1億500万ポンド(約171億2500万円)までと上限と定めている中、チェルシーはこのまま行くと確実に規則に違反することに。夏に選手を売却しなければいけないことは間違いないが、マドリーの計画が実ることはあるだろうか。 2023.03.30 09:53 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン就任のトゥヘル監督、教え子であるマウント獲得をリクエスト?

バイエルンがチェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウント(24)に関心を示しているようだ。 チェルシーの下部組織出身選手としてファンからの人気も高く、将来のキャプテン候補の1人としてチームを支えることが期待されていたマウント。しかし、2024年6月までとなる契約の延長交渉が金銭面を巡って難航しており、クラブは今夏までに交渉がまとまらなければ売却に向けて舵を切ると報じられている。 マウントの獲得に対してはかねてよりリバプールが真剣な姿勢を示しているが、イギリス『デイリー・メール』によるとバイエルンが本腰を入れる可能性があるとのことだ。 バイエルンは24日にユリアン・ナーゲルスマン前監督を電撃解任すると、後任に昨年9月までチェルシーを指揮していたトーマス・トゥヘル監督を招へい。新指揮官は教え子でもあるマウントを高く評価しており、今夏の獲得をクラブにリクエストしたようだ。 チェルシーはマウントに対して移籍金5000万ポンド(約81億2000万円)の値札をつけているが、バイエルンは値下げの余地があると考えている模様。このままチェルシーとマウントの交渉に進展がなければ、クラブ間で本格的な交渉が始まる可能性がある。 2023.03.29 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫の同僚18歳FWファーガソン、バルセロナやバイエルンらも関心か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのアイルランド代表FWエバン・ファーガソン(18)に欧州各国のビッグクラブが関心を寄せているようだ。 下部組織時代から過ごすブライトンで昨季にプロデビューを果たしたばかりのファーガソン。今季の公式戦16試合で7得点3アシストを記録するなか、日本代表MF三笘薫とともに去就への注目度が沸々と高まり始めている。 ここ最近はマンチェスター・ユナイテッドからの関心が報じられ、今月の代表ウィークではA代表初ゴールをゲットするなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。イギリス『90min』によると、熱い眼差しを向けるクラブは他にもあるという。 そのクラブとは、バルセロナ、バイエルン、ナポリ。バルセロナはファーガソンを「大きな可能性を秘めた選手」とみなし、また、バイエルンは22日に行われた国際親善試合のアイルランド代表vsラトビア代表の一戦にスカウトを送り込んだとのことだ。 もちろんプレミアリーグ勢もファーガソンに注目しており、リバプール、チェルシー、ニューカッスルがスカウトを派遣。リバプールはファーガソンが16歳のときから密かに動向を追っていたとされる。 ファーガソン自身は早急なステップアップに興味がなく、ブライトンも大幅な昇給を伴う新契約を準備しているようだが、今後も去就への注目は続きそうだ。 2023.03.28 16:57 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーが第3GKのベッティネッリと2026年まで契約延長

チェルシーは27日、元イングランド代表GKマーカス・ベッティネッリ(30)との契約を2026年6月30日まで延長した。 契約延長にサインしたベッティネッリは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「チェルシーのような世界でも有数のビッグクラブにいられることは名誉なことであり、数年前にサインしたときはここにいられることへの驚きとともに、サインすることへの喜びを感じた」 「今ここにいて、クラブが大きく変化し、発展していくのを見るのは素晴らしいことで、さらに2、3年ここにいられることに興奮している」 フルアム下部組織出身のベッティネッリは、2014-15シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したフルアムで正GKとしてプレー。ただ、その他のシーズンは控え扱いに留まり、出場機会は限られていた。 ミドルズブラにレンタルされた2020-21シーズン終了後にフリーで加入したチェルシーでは、ケパ・アリサバラガとエドゥアール・メンディの壁に阻まれ、今季も第3GKという立場で、ここまで出場機会は訪れていないが公式戦26試合にベンチ入りしている。 2023.03.28 06:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly