チェルシー、サポーターと共にビッグイヤーの喜びを! スタンフォード・ブリッジでセレモニー開催

2021.07.26 21:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーが、2020-21シーズンに獲得したビッグイヤーを遂にお披露目することが決まった。クラブが26日に発表した。5月30日にポルトガルで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝。前半42分にドイツ代表MFカイ・ハヴァーツのゴールでチェルシーが先制すると、最後まで守り抜き、9シーズンぶり2度目のCL優勝。ビッグイヤーを掲げることとなった。

新型コロナウイルス(COV ID-19)の影響で制限がかかり、多くの観客の前で披露できていないビッグイヤー。チェルシーは、8月4日に行われるトッテナムとの親善試合を前に、お披露目のパレードを実施するとのこと。スタンフォード・ブリッジに満員近くの観客を迎えて実施される。

このイベントではピッチ上で選手たちがトロフィーを掲げ、ピッチサイドではCL制覇についての質疑応答コーナーも設けられる。

また、「マインドシリーズ」と称されたチェルシー、トッテナム、アーセナルの3つのロンドンのクラブからなるこのチャリティイベントは、チケット1枚につき5ポンド(約760円)がメンタルヘルスの慈善団体「Mind」及び各クラブの財団に寄付される。

関連ニュース
thumb

ペップ、チェルシー破ってより独走も「この1月に誰もチャンピオンになれない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグ覇権争いにコメントした。 連覇にまい進するシティは15日に第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。序盤から出場権を握るなか、チェルシーの守りをこじ開けられない展開が続いたが、70分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの右足ミドルを突き刺して、2位との頂上決戦を制した。 これで12連勝となり、チェルシーとの勝ち点差も「13」に広げて、さらなる首位固めに成功したシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、覇権奪回を期すチェルシーを叩き、独走ムードをより一層強めるグアルディオラ監督だが、冷静さを保った。 「大きな勝利だ。有力な対抗馬との対戦だったわけだからね。自分たちが3ポイントを掴めば、相手は3ポイントを取れないわけだが、この1月に誰もチャンピオンになれない」 「チェルシーのことも考えることができるし、リバプールも(今節含む2)試合を残している。彼ら(リバプール)が勝てば、8ポイント差。1月時点での8ポイント差は何の意味もない」 「我々は勝利に値するなら勝ちたいし、今日はそれにふさわしかった。私はフットボールでフェアでありたい。アーセナル戦で勝てたのは嬉しいが、我々はそれに値しなかった」 「勝つに値する試合に勝つと、より良い気分になる」 2022.01.16 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ戦敗北のトゥヘル「デ・ブライネが違いに」…ルカク含む攻撃陣に喝

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が敗戦の弁を述べた。 2位のチェルシーは15日にプレミアリーグ第22節で首位を走るマンチェスター・シティのホームに乗り込み、0-1の敗北。タイトな守りで踏ん張ったが、70分の失点で力尽きた。 これで首位シティとは13ポイント差に。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、優勝がより厳しくなったトゥヘル監督は試合後、攻撃陣の出来に不満を露わにした。 「姿勢や献身性、そして守備面に関しては満足している。ビッグチャンスもあまりを許さず、最小限に抑え込んでくれた」 「しかし、攻撃陣はもっとアピールが必要だ。一貫性も必要。もっとタイミングよく、もっと正確にプレーすれば、もっと多くのチャンスがあったはずだ」 「チャンスを逸したことに関してはノープロブレムだが、もっと多くのチャンスがあったはず。それこそ私が批判する点だ」 「ボールロストが早すぎるし、判断も悪すぎた。求められるレベルじゃなかった」 「ケビン・デ・ブライネという個人のクオリティが今日の試合で違いを生んだ」 「だが、我々は相手を傷つけたり、先制点を奪って相手に疑念を抱かせるクオリティを示すのに苦労した」 また、ベルギー代表FWロメル・ルカクの働きぶりを問われると、「彼も時々、役立つ働きが必要だ」と厳しい言葉を飛ばした。 「彼はプレッシャーがなく、見込みがありそうな場面で何度もボールを失って、大きなチャンスもあった」 「彼もチームの一員なのだ。前線のパフォーマンスはもっと良くなれるし、もっと良くしていく必要がある」 2022.01.16 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝ミドルのデ・ブライネ「ナイスゴール、ナイスチームパフォーマンス」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決勝ゴールを喜んだ。 プレミアリーグ連覇に邁進するシティは15日のプレミアリーグ第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。チェルシーも粘ったが、70分にデ・ブライネがバイタルエリア中央に持ち上がっての右足ミドルをゴール右に突き刺して、シティが頂上決戦を制した。 シティはこれでチェルシーを13ポイント差にまで突き放して、より首位の座を確固たるものに。クラブ公式サイトによると、大一番で3ポイントをもたらしたデ・ブライネも試合後、喜びの心境を口にした。 「ゴールは重要なことなんだけど、最終的に(勝利したという)結果が明らかに僕を良い気分にしてくれる。勝たないと、(ゴールは)意味がない。僕らはすごく我慢強く戦った」 「相手は守備が堅く、あまりチャンスを作れないのは想定内だったし、1ゴールで十分だった。ナイスなゴール、ナイスなチームパフォーマンスさ。これを続けていこう!」 2022.01.16 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFベイカーがストークに完全移籍! アカデミー時代から17年過ごしたブルーズに別れ

チェルシーは15日、イングランド人MFルイス・ベイカー(26)のストーク・シティへの完全移籍を発表した。ベイカーはストークと2024年6月30日までの2年半契約にサインしている。 9歳でルートン・タウンからチェルシーのアカデミーに加入したベイカーは、2014年1月にトップチームデビュー。だが、以降はトップチームでは出場機会を得られず、リーズ・ユナイテッドやミドルズブラなどの国内クラブ、フィテッセやデュッセルドルフ、トラブゾンスポルといった国外へのレンタル移籍を繰り返していた。 トラブゾンスポルからレンタルバックした今シーズンはリザーブチームを主戦場としてきたが、今月8日に行われたFAカップ3回戦のチェスターフィールド戦では途中出場で8年ぶり通算2試合目となるトップチームでのプレー機会を得ていた。 だが、その久々のトップチームでの出場からわずか1週間後に17年を過ごしたブルーズを離れ、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストークへ完全移籍することになった。 2022.01.16 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.5 前半守備機会がなかった中で後半入りのルカクの決定機を圧巻のセーブで阻止。前半は相手のカウンターへの対応や味方が嵌められそうになった際のパスの逃げ道と予防的なプレーを心がけ、後半は際どいクロスに対して冷静に対応   DF 2 ウォーカー 6.5 前半は極力味方にサイドのスペースで勝負させるため後方支援に徹し、後半は効果的な背後への飛び出しも見せた。ルカクやプリシッチらのカウンターに備えてリスク管理を怠らず   5 ストーンズ 6.5 約1カ月ぶりの先発出場となったが、ルベン・ディアスに代わって最終ラインをまとめる。ルカクとの肉弾戦で互角以上に戦い、後方からの配球もそつなし   14 ラポルテ 6.5 前半立ち上がりにルカクに突破を許す場面はあったが、以降はヴェルナーのシュートをブロックするなど集中した守備を披露。要所でチャレンジの縦パスも出していた   27 カンセロ 7.0 決勝点をお膳立て。正確な繋ぎや局面を打開するプレーに、守備では安定した対応と抜群の存在感を放った   MF 20 ベルナルド・シウバ 6.5 スターリングと共に右サイドで攻撃の起点となり、守備でも再三の好守を披露。トランジションの局面ではコバチッチと見ごたえのある攻防を繰り広げた   16 ロドリ 7.0 ビルドアップの経由点として機能。切り替えの場面でも奪い切る守備で相手の起点をきっちり潰した   17 デ・ブライネ 7.0 圧巻のミドルシュートで決勝点を記録。前線で起点づくりに絡みつつ後半には決定的なクロスを幾度も供給。球際の勝負でも互角以上に戦っていた   (→ギュンドアン -)   FW 7 スターリング 7.0 マルコス・アロンソ、サールのコンビに対して個的優位性をもたらす鋭い仕掛けを見せた。決定的な仕事を果たすまでに至らなかったが、間違いなく攻撃をけん引していた   47 フォーデン 6.5 最前線起用も中盤の低い位置やサイドに流れながら局面で数的優位を作り、フィニッシュの局面では利他的なプレーでシュートチャンスを供給   (→ガブリエウ・ジェズス -)   10 グリーリッシュ 6.5 前半終盤の決定機は決め切りたかった。得意のドリブル突破は前半リュディガーらにうまく封じられたが、後半に入って盛り返した。それ以外の場面でも攻守に多くの仕事をこなした   監督 グアルディオラ 6.5 欲を言えば、前半の内にゴールを奪って複数得点で勝ちたかったが、相手にほとんど決定機を作らせない完勝と言える   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 6.0 失点場面は相手を褒めるべき。グリーリッシュの決定機を阻むなど、個人としては素晴らしいゴールキーピングだった。マイボール時の判断や精度は課題か   DF 2 リュディガー 6.0 チーム事情で3バックの右でのプレーとなったが、安定した対人、クロス対応でシティ攻撃陣の前に立ちはだかった   6 チアゴ・シウバ 6.0 攻守両面で高い戦術眼を生かした安定したプレーを見せた。的確なコーチングで味方を動かしながら要所を締めた   31 サール 6.0 マイボール時はややバタついたが、守備では粘り強い一対一の対応や的確なカバーリングをみせ、ビッグマッチで見事な奮闘ぶりを見せた   MF 28 アスピリクエタ 5.5 前半はリュディガーと共に良い形で守っていたが、連戦の影響もあり後半は後手の対応が目立った   7 カンテ 5.5 失点場面ではデ・ブライネに振り切られたが、試合を通してセントラルMFの負荷が大きかった中で奮闘した   8 コバチッチ 6.0 前半に自身のロストからピンチを招いたが、ルカクの決定機演出で帳消しに。チームとして結果を残すことはできなかったが、攻守両面における仕事量の多さは際立っていた   3 マルコス・アロンソ 5.0 前半序盤にカードをもらったことでスターリングとのマッチアップで常に劣勢を強いられた。周囲のサポートで大崩れはしなかったが、相手の明確な攻めどころになっていた   (→マウント 5.0) 期待された攻撃を活性化する仕事は見せられず   FW 10 プリシッチ 5.0 前半は守備に奔走されて攻撃面でほとんど良さを見せられなかった。球際の勝負でも劣勢に   (→ヴェルナー 5.0) 失点直後に決定機が訪れたが、相手のブロックに阻まれる。全体的に覇気のないプレーに終始   9 ルカク 5.0 前線で完全に孤立し、相手守備陣にうまく封じ込まれた。チーム唯一の決定機は決め切りたかった。   22 ツィエク 5.0 前半は幾度か良い形でボールを引き出して起点になる場面もあったが、攻守両面で物足りない出来だった   (→ハドソン=オドイ 5.0) 左サイドで仕掛ける意識は高かったが、精度が伴わず   監督 トゥヘル 5.0 両ウイングバックの不在などエクスキューズはあったが、逆転優勝遠のく痛恨の敗戦に   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) カンセロ、ロドリ、スターリングのパフォーマンスレベルも高水準だったが、試合を決める見事なゴールを挙げた元チェルシーMFをMOMに選出。まだまだベストコンディションとは言えないが、間違いなくパフォーマンスレベルは戻ってきている。   マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー 【マンチェスター・シティ】 デ・ブライネ(後25) 2022.01.16 00:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly