広島、C大阪に期限付き移籍のMF松本泰志が半年で復帰!

2021.07.26 16:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は26日、セレッソ大阪に期限付き移籍していたMF松本泰志(22)の復帰を発表した。

松本は昌平高校から2017年に広島へ加入。なかなか出場機会に恵まれない中で、2019年はリーグ戦15試合に出場したものの、2020年は再び出番を失い、8月にアビスパ福岡に期限付き移籍。その福岡ではすぐさまレギュラーを掴み、J1昇格に大きく貢献していた。

そして、今シーズンは再び期限付き移籍という形でC大阪に加入した中、AFCチャンピオンズリーグのグループJ第5節の広州FC戦では2ゴールを挙げる活躍で勝利に貢献したものの、明治安田生命J1リーグではわずか2試合の出場に留まっていた。

また、日本代表MF川辺駿のグラスホッパー移籍によって中盤の選手層に不安を抱える広島のチーム事情などもあり、2022年1月末までとなっていた期限付き移籍期間を満了することなく、移籍から半年のタイミングでの帰還となった。

広島での再挑戦を決断した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

◆サンフレッチェ広島
「1年ぶりに復帰することになりました。約1年間、いろんな状況の中で移籍させていただいたクラブには深く感謝しています」

「うまくいく時期もあれば、悔しい時期もあり、いろんな面でこの1年間成長できました」

「ここからは広島のために自分の持っている力を100%表現して、周りにプラスの何かを引き出させるようなプレーをしたいと思います」

「一緒に戦いましょう。最後に、「ただいま」」

◆セレッソ大阪
「サンフレッチェ広島に移籍することになりました。半年間という短い期間でしたがセレッソ大阪の一員としてプレーできたことを誇りに思います」

「ピッチの上でなかなか貢献できなかったのは悔しいですが、個々のスキルが高いチームで過ごせたことは自分の成長に繋がったと思います。このチームでなにも残せていないまま移籍してもいいのかと悩みましたが、自分を信じてまた広島で挑戦することに決めました」

「セレッソ大阪の関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、短い間でしたが本当にありがとうございました。これからもセレッソ大阪を応援しています!」

関連ニュース
thumb

ルヴァン杯決勝は5年ぶり優勝目指すC大阪vs初優勝目指す広島に決定

25日、YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の2試合が行われ、決勝カードが決定した。 21日に第1戦が行われ、セレッソ大阪vs浦和レッズは1-1のドロー、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島は2-3で広島が勝利していた。 迎えた第2戦。アウェイゴールというアドバンテージを持つ浦和はホームにC大阪を迎えた中、23分にオウンゴールでC大阪が先制すると、30分にも奥埜博亮が追加点を奪う。 昨季も準決勝で敗れていた浦和だが、このビハインドを盛り返せず。51分に加藤陸次樹に3点目を決められると、80分にはジェアン・パトリッキにダメ押しゴールを決められ勝負あり。成す術なく敗れ、2年連続準決勝敗退。C大阪は2年連続3度目の決勝に駒を進めた。 もう1試合の広島vs福岡は、勝たなければいけない福岡が積極的にゴールに迫るプレーを見せる。 広島は攻め込む時間もあった中、ほとんどの時間を福岡が攻撃に使ったが、その攻撃を凌いで0-0のゴールレスドロー。見どころは作れなかったが、8年ぶりの決勝に駒を進めた。 広島とC大阪による決勝は10月22日(土)に国立競技場で13時5分キックオフで開催される。 広島は初優勝、C大阪は2017年以来2度目の優勝を目指して戦う。 2022.09.25 21:26 Sun
twitterfacebook
thumb

広島がアドバンテージ活かした丁寧な試合運びで8年ぶり決勝進出!《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ準決勝第2戦、サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡が25日にエディオンスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、広島が決勝進出を決めている。 21日に行われた第1戦では、アウェイの広島が3点先行する一方的な展開となったものの、福岡も終盤に意地を見せ、フアンマの2ゴールで逆転に望みを繋げた。 このリターンマッチで今度はホームに構える広島は、前回と同じ11人を先発起用。一方、最低でも2得点が必要となる福岡は大幅に8人変更。フアンマは切り札としてベンチに置かれることになった。 立ち上がりはアウェイの福岡が攻勢。細かいパスワークで左右に揺さぶりながら、クルークスがミドルシュートを放っていく。10分手前にはドリブルを仕掛けた金森がFKを獲得し、中村が直接狙うが、ここは大きく枠の上に外れた。 対して、なかなか攻撃の起点が作れない広島は何度かロングボールでトライ。14分の一本では、満田が相手の守備ラインの裏へ抜け出そうとしたところを三國に倒され、三國にはイエローカード。これにより、累積で決勝戦には出場できなくなった。 徐々に盤面を裏返していく広島は20分に決定機を迎える。森島が左サイドの深い位置で起点となり、中へパスを供給。これは相手に当たって上手く味方に届かなかったが、こぼれ球を拾った川村がするするとゴール前に侵入し、左足でフィニッシュ。しかし、左ポストに嫌われ先制とはならなかった。 ヒヤリとした福岡も26分、右サイドバックの前嶋が前線へ送った浮き球のパスからルキアンがボックス右に侵入。しかし、DFに寄せられながら流し込みにかかったシュートはGK大迫の正面に飛び、こちらも決定機だったがネットは揺らせなかった。 その後は後半の半ばにかけてこう着状態に。広島は後半立ち上がりに満田のミドルシュートで、福岡は山岸の技巧派プレーからチャンスを作るが、スコアは0-0のまま。 60分を迎え、福岡はフアンマをピッチへ。70分手前にはジョン・マリを投入する。一方の広島はまだメンバーを入れ替えず、ロングボールを適度に散らしながらノーリスクノーリターンな内容で優位な状況を進めていく。 そんな広島が動いたのは87分のこと。ドウグラス・ヴィエイラや森島、野上らを下げて、松本やベン・カリファ、住吉を投入する。 そして、最後まで危なげない試合運びを見せた広島が、第1戦のアドバンテージを活かして逃げ切りに成功。2戦合計3-2で、8年ぶりの決勝進出を決めた。10月22日に国立競技場で行われる決勝の相手はセレッソ大阪だ。 2022.09.25 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

広島が川村の2Gなどでアウェイ3得点! 福岡もフアンマ2Gで望みつなぐ《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ準決勝、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島の第1戦がベスト電器スタジアムで行われ、2-3で広島が勝利した。 準々決勝での福岡は新型コロナに見舞われ、ベンチはGK2人を含む3人~4人しか揃えられないという緊急事態の中、ヴィッセル神戸に連勝し、史上初のベスト4進出を果たした。 一方の広島は、リーグ戦で首位に立つ横浜F・マリノス相手に連勝を収め、2戦合計5-2で準決勝へ。こちらは8年ぶりの舞台となる。 立ち上がりは互いにボールが落ち着かない展開が続く中、7分に広島のドウグラス・ヴィエイラが両チームを通じて初シュート。福岡は11分のFKでクルークスが強烈なシュートを放つが、壁に当たって枠の外に外れる。 だが、激しいプレッシングで徐々に広島が主導権を握ると迎えた22分、FKの流れから右サイドの満田がクロスを供給。前線に残っていた荒木が頭で折り返したところをドウグラス・グローリがクリアミスすると、見逃さなかった川村が頭で押し込んでネットを揺らした。 川村のルヴァンカップ初ゴールで先制した広島。その後もボックス左右のポケットを突いた攻撃や野津田のFKなどでゴールに迫りながら、相手にはシュートを打たせない牢固な守備で攻勢を維持していく。 結局、前半の被シュートをゼロに抑えた広島は後半立ち上がりのセットプレーで福岡を突き放す。49分、敵陣右サイドの位置から野津田が左足でクロスを上げると、ニアで合わせた塩谷のヘディングシュートがゴール右下に決まって追加点。広島はこれで2つ目のアウェイゴールを手にした。 それでもホームチームはさらに畳みかける。55分、相手がカウンターに出ようとしたところを左サイドで素早く奪い返し、前線を走る柏へ縦に展開。その横パスをボックス左で満田がさらに中央へ流し、最後は川村が左足一閃。見事にコントロールされたシュートがゴール右下に決まった。 大きく離された福岡はハーフタイムの交代を含めて70分までにすべての交代枠を使い切る。70分にはジョン・マリに代わって古巣対決の渡がピッチへ。 すると72分、途中出場のルキアンが右サイドからボールを運び、ゴール前にスルーパス。タイミングよく抜け出したフアンマがゴール前で受け、最後は華麗なループシュートでGKとの一対一を制した。 ここから息を吹き返したか、80分にかけてはルキアンが立て続けにシュートを放ち、広島ゴールを脅かす。対して、逃げ切りを図る広島は殊勲の川村や森島、ドウグラス・ヴィエイラを下げて、柴崎やベン・カリファ、そして古巣対決の松本らを送り込んだ。 後半の追加時間は6分。これが福岡にもう1点もたらす。自陣のFKでGK村上がロングボールを放り込むと、三國が頭で繋いでボールはボックス右のルキアンの下へ。さらにここから田邉がスイッチしてグラウンダーでクロスを供給。最後はフアンマが押し込んで1点差とした。 しかし、福岡の反撃はここまで。結果としてアウェイで3ゴールを持ち帰ることになった広島がホームでの第2戦に向けてアドバンテージを得ている。 福岡 2-3 広島 【福岡】 フアンマ・デルガド(後27) フアンマ・デルガド(後49) 【広島】 川村拓夢(前22) 塩谷司(後4) 川村拓夢(後10) 2022.09.21 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

30周年セレモニー中のブーイング…広島が名古屋戦の行為を謝罪「相手チームへのリスペクトを改めて強くお願いいたします」

サンフレッチェ広島は20日、サポーターの振る舞いについての謝罪声明を発表した。 広島は「お客様へのお願い」として声明を発表。17日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節の名古屋グランパスとのアウェイゲームでの応援席の行動を謝罪した。 クラブの発表によると、この試合は名古屋の30周年記念試合に位置付けられており、試合前には30周年セレモニーが行われていた。 しかし、広島の応援席からセレモニー中にブーイングが。「オリジナル10」としてJリーグ発足時からの仲間への侮辱行為が起きてしまった。 代表取締役社長の仙田信吾氏はクラブ公式サイトを通じて謝罪した。 「台風の影響が今朝も残っていますが、皆様の周りで被害はなかったでしょうか」 「さて、9月17日(土)の名古屋グランパス戦は、勝利をお届けすることができませんでした。アウェイの豊田スタジアムに駆け付けていただいた皆様をはじめ応援いただく皆様、申し訳ありませんでした」 「一つ残念だったのは、名古屋さんの試合前に行われた30周年セレモニーの最中、サンフレッチェ応援席からブーイングが起こったことでした。私たち同様にオリジナル10の名古屋さんにとって、大切な時間だっただけに残念でなりません」 「サンフレッチェ広島のプレイスタイルは、「フェアですがすがしく」「ひたむきで」「常にゴールに向かう姿勢」です。同時に、チームの「行動規範」には、最善の努力やルールの尊重と共に、「相手の尊重」を謳っています。初代総監督だった今西和男さんは、一人前の社会人たれと強く指導し、それがあって、他チームでも日本サッカー界全般でも、広島出身の指導者が数多く活躍し続けています」 「私たちはサンフレッチェ広島を応援していただく皆様に、相手チームへのリスペクトを改めて強くお願いいたします」 「被爆の2年後、今の高校サッカー選手権にあたる全国大会で広島高等師範付属中学校が優勝したという奇跡の記録があります。それ以来、広島の高校生たちは「広島が死んじゃあおらんいうのを、見せるんじゃ」と強い気持ちで臨み、全国制覇を続けました。その負けん気がサッカーを強くしました」 「いっぽう、当時は、どの町も敗戦から立ち直るのに精いっぱいでしたが、広島には海外を含め全国から支援が寄せられました。そのシンボルが平和大通りの整備に全国から贈られた「供木」です。今の100m通りに約150種類ともいう2千本もの樹木が育ち、珍しい樹木も交じって今夏も熱い日差しから守ってくれたのは、広島に寄せられた全国からの励ましだったのです」 「今日は19:00からレジーナのカップ戦、明日は19:00キックオフでルヴァン・アウェイ福岡戦、そして25日はエディオンスタジアムで福岡戦です。広島らしい応援スタイルを宜しくお願い申し上げます」 ミヒャエル・スキッベ監督を迎えた広島は、現在3位。上位争いの真っ只中なだけに、水を差す行為は避けてもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】30周年記念マッチで盛り上がる名古屋ゴール裏サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">素晴らしい雰囲気の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#豊田スタジアム</a> で勝利を共に目指しましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/4TJtAwaGCz">pic.twitter.com/4TJtAwaGCz</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1571072984013754368?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.20 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋、広島守護神の牙城を崩せずホームでドロー…創立30周年を白星で飾れず【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1第30節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が17日に豊田スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 この一戦が創設30周年の記念試合となる名古屋。ゴールレスドローに終わった先週松の神戸戦から14日に延期されていた川崎F戦も1-1で、現在は2戦連続で引き分けとなっている。 一方、8月以降公式戦8連勝中だった広島は前節、川崎相手に4-0の大敗を喫した。リーグ戦でも十数年ぶりの6連勝を阻まれ、逆転優勝はさらに厳しくなった。 それでもACL出場圏内となる3位より上の順位を目指す広島は、ルヴァンカップを含めて今季3連勝している名古屋に対し、立ち上がりから攻勢で試合を進めていく。ただ、パスの回転率は普段通り相手を上回るものの、肝心のシュートシーンがなかなか作れず。森島がミドルシュートを放つ場面があったが、相手に当たって決定機にはならなかった。 対する名古屋はボールを奪っては少ない手数で広島のゴールを脅かす。35分には永井、41分には森下、さらに43分には相馬と、立て続けにチャンスを迎えるが、ゴールには結びつかなかった。また、初スタメンの永木もシュートシーンを迎えたが、ボックス手前から放ったシュートは枠を捉えられなかった。 後半から広島は松本を下げて川村を投入。前半のシュート数が相手を下回っていた広島は、立ち上がりに佐々木のミドルシュートでリズムを作っていく。 しかし、後半は名古屋の流れに。まずは51分、敵陣左サイドでボールを奪い、相馬がドリブル突破からグラウンダーのクロスを供給。逆サイドから永木が飛び込んだが、ここは絶妙なタイミングで距離を詰めたGK大迫に軍配が上がる。 続く52分には、カウンターからロングボールを落ち着かせ、左サイドの仙頭がカットインから右足でミドルシュート。だが、これは枠に飛ばせなかった。 まだまだ攻勢が続く名古屋は64分に最大の決定機を迎える。永井が塩谷からボールを奪ってシュートへ。ここはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾った森下にビッグチャンス。ボックス中央から冷静に流し込みにかかったが、驚異のリアクションを見せたGK大迫が再びのファインセーブ。広島守護神がこれでもかと立ちはだかる。 その後は互いに選手交代を行う中で、名古屋はレオ・シルバが65分の登場から11分後に宮原と交代。ケガをした様子もなく、戦術的な理由のようだ。 広島はドウグラス・ヴィエイラを下げてピエロスを投入。89分のカウンターで森島のクロスに飛び込み決定機を迎えたが、シュートは上手く合わせられず枠の外へ。 終盤にかけては広島に流れが傾きかけたが、両者共に最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。 名古屋 0-0 広島 2022.09.17 20:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly