「背中を蹴り、裸でへの外に放り出す」女性暴行容疑のギグス監督に新たな疑惑

2021.07.24 18:23 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
女性への暴行容疑で起訴されているウェールズ代表のライアン・ギグス監督だが、新たな罪が発覚した。

ギグス監督は、2020年11月ににマンチェスターのウォースリーにある自宅で、ガールフレンドのケイト・グレヴィルさんと、20代の女性に対する暴行の疑いで、地元警察に逮捕されていた。

2017年8月から2020年11月まで、グレヴィルさんの行動を強制的に制御していたと言われている。

そのギグス監督は、今年4月に法廷に出廷。そこでは無罪を主張。24日にもマンチェスター刑事法院に出廷し、来年1月の裁判に向け、改めて「親密な関係または家族関係における支配的および高圧的な行動」、「実際に身体に危害を加える暴行」、「殴打による暴行」に対し、無罪を主張した。

ギグス監督は、グレヴィルさんが他の女性との関係を尋ねてきた際にメッセージを送り続け、交際を取りやめようとした際には何度も電話やメールを送ったとされている。

告発状によると、ギグス監督はロンドンの高級ホテルである「スタッフォード・ホテル」に滞在中、グレヴィルさんに浮気を咎められたとのこと。その際に「グレヴィルさんの背中を蹴り、裸の状態でホテルの部屋から放り出し、その後バッグを投げつけた」とされている。

さらに、2人の性的な関係の詳細をグレヴィルさんの雇用主に暴露すると脅した他、グレヴィルさんが別れた際には「彼女の自宅、職場、ジムに予告なしに現れた」とされている。

2020年11月に両者の関係は終わっているものの、その際に酔っていたギグス監督がグレヴィルさんに頭突きを見舞ったとされており、さらにグレヴィルさんの妹のエマにも暴行を加えたとされている。

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドの一員として多くのタイトル獲得に貢献。公式戦932試合に出場し163ゴール250アシストを記録したレジェンドだ。

またウェールズ代表としても64試合に出場し12ゴールを記録。現在はウェールズ代表監督となっているが、今回の件で指揮官の座を降りてはいないものの、チームを指揮せず。ユーロ2020もロバート・ページ氏が指揮を執っていた。


関連ニュース
thumb

メッシをディズニーキャラに例えるなら?診断結果にファンは「確かに王子様だ」

サッカー選手たちをディズニーのキャラクターに例えたら誰になるのか。今回はパリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが挑戦した。SNS専門メディアの『433』が伝えている。 『433』が投稿したのは、家族とともに過ごすメッシの姿。次男のマテオくんと寄り添い、とてもリラックスした様子だ。 スマホの画面を覗くメッシは、インスタグラムのストーリーズで利用できる「which disney are you」のエフェクトを使用。このエフェクトは、AR(拡張現実)カメラの技術を使用しており、顔の特徴から似ているディズニーキャラクターを診断してくれるというものだ。 気になるメッシの診断結果は、『ターザン』に登場する王子。結果が出ると、子供たちは笑みをこぼし、「王子だ」と反応していた。 この映像自体は1年以上前のものだが、『433』の投稿には、「カバーニの方が似てるな」、「確かに王子様だ」、「いい家族」、「マテオ可愛い」とファンから様々な反応が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】似ている?メッシが診断された『ターザン』の王子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CYjuKFYB-JF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.15 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが元カノと復縁、学生時代から8年交際も去年破局

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(24)が、以前交際していたルシア・ロイさん(24)と復縁したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 2人は学生時代に知り合い、15歳の頃から交際。ラッシュフォードがコロナ禍において貧困問題の改善のために自身の寄付を含めて尽力し、大英帝国勲章を授与された際にはルシアさんもPR担当として携わるなど公私ともにパートナーであったが、2021年5月に同棲を解消していた。 『サン』によると、2人は2021年のクリスマス前に復縁。ロイさんのインスタグラムでもラッシュフォードの存在を示すような投稿がされているという。 昨シーズンは公式戦57試合に出場して21ゴール15アシストを記録するなど主軸の一人として活躍したラッシュフォード。しかし、今シーズンは肩の負傷により出遅れると、ここまで公式戦15試合の出場で3ゴール1アシストと調子が上がり切っていない状況だ。 伴侶の支えを得ることで再びの活躍となるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】学生時代からの付き合い!ラッシュフォードと復縁したルシア・ロイさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marcus Rashford&#39;s girlfriend Lucia Loi supports beau in Three Lions shirt <a href="https://twitter.com/hashtag/CROENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CROENG</a> <a href="https://t.co/AxdSwmyEfo">https://t.co/AxdSwmyEfo</a> <a href="https://t.co/kKMJEQ8p34">pic.twitter.com/kKMJEQ8p34</a></p>&mdash; Daily Express (@Daily_Express) <a href="https://twitter.com/Daily_Express/status/1017139967338909696?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

前回対戦時は冨安を巡ってバトル!クロップ&アルテタの“気まずそう”な抱擁シーンをファンは見逃さず「やらされてる感すごい」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となったこの試合、アーセナルのMFグラニト・ジャカが24分に一発退場となり、リバプール優位と思われながらも、90分には南野が決定機を逃してしまう場面もあり、0-0のドローに終わっている。 そんな中、大きな注目を集めているのが、両指揮官による抱擁のシーンだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督とアーセナルのミケル・アルテタ監督の2人は、前回対戦時の2021年11月、冨安とFWサディオ・マネが接触した際にバトル。激しくやり合い、どちらにもイエローカードが提示されていた。 そんないざこざがあっただけに、今も2人の間には気まずさが残っているのかもしれない。『Bleacher Report』の公式ツイッターが投稿した抱擁シーンの写真では、2人は互いに抱き合いながらも、目を合わせることはなく、全くの無表情だ。 『Bleacher Report』が「とても気まずそう」というコメントとともに投稿した1枚にはファンも笑いを隠せなかった模様。「やらされてる感すごい」、「喧嘩後の兄弟みたい」、「アルテタもクロップも死んだ魚の目」、「これ好き」と思い思いの反応をしている。 アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催されるが、そこでも2人の挨拶シーンに注目したい。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督とアルテタ監督の気まずすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So awkward <a href="https://t.co/CGL8MOaOTw">pic.twitter.com/CGL8MOaOTw</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1481762786346741760?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「悪い顔してる」決定機逸の南野の目の前で“満面の笑み”浮かべる冨安の相方にファン注目「最高だな」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールの日本代表FW南野拓実は、アフリカ・ネーションズカップ参戦組に代わり先発で起用されたものの、アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となり、日本人対決はお預けとなった。 試合はアーセナルのMFグラニト・ジャカが24分で退場し、リバプールが試合の主導権を握るも中々ゴールを奪えず。試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく展開となった。 そして90分、リバプールに最大のチャンス。右サイドからのクロスに対し、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野のもとへこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、無念の決定機逸となってしまった。 このシーンでは、リバプールの面々も思わず頭を抱え、南野も肩を落としたが、満面の笑みを浮かべる人物が南野の目の前にいた。 それはアーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイト。普段は右サイドバックの冨安の隣でチームの守備を支える男は、この日も奮闘。1人少ないなかで無失点に抑え続けていた。 このピンチの場面でも、南野のシュートを体を張って防ごうとゴール前でただ1人準備。シュートが枠外に飛んでいくと、感情が高ぶったのか南野の方を向きながら満面の笑みを浮かべていた。 この瞬間を切り取った写真がSNS上で拡散されると、アーセナルファンを中心に反響。「最高だな」、「複雑」、「ホワイトさん笑」、「悪い顔してる」と様々な反応が寄せられている。 試合はそのまま0-0で終了。アーセナルとしてはリバプール相手に前半に退場者を出しながら引き分けるという満足いく結果になっただけに、ホワイトの喜びも相当に大きかったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】リバプールファンは見ない方がいい?南野拓実の目の前で満面の笑みを浮かべるベン・ホワイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Night Gooners! <a href="https://t.co/bDquW30Zfr">pic.twitter.com/bDquW30Zfr</a></p>&mdash; Evan Cooper (@Lacazest) <a href="https://twitter.com/Lacazest/status/1481778853710286849?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「最高の復讐だ」ハットトリックのFWが放出した監督に向かって猛ダッシュ!「気持ちよさそう」

EFLリーグ1(イングランド3部)のリンカーン・シティに所属するイングランド人FWクリス・マグワイアが、自身を放出した監督に存在価値を示した。 2018年から3シーズンにわたってサンダーランドでプレーしたマグワイアだが、2021年夏に契約が満了。リンカーン・シティにフリーで移籍していた。 11日に行われたリーグ1第17節で古巣のサンダーランドと対戦したマグワイアは、先発出場を果たす。 そのマグワイアは31分に先制ゴールを決めると、一度は古巣のサポーターに謝罪のジェスチャーをした。しかし次の瞬間、駈け寄るチームメイトたちを振り払いながら、タッチライン際を疾走。サンダーランドのリー・ジョンソン監督の目の前まで猛ダッシュした。 ジョンソン監督はマグワイアを放出した指揮官。マグワイアは「どうだ?」と言わんばかりにジョンソン監督に顔を近づけ、ゴールを喜んだ。 これに対し、ジョンソン監督は無表情を貫いたものの、マグワイアはこれで気を良くしたのか、ハットトリックの大活躍。放出した古巣相手に、自身の価値をピッチで存分に示した。 一連の流れには、SNS上のファンも反応。「最高の復讐」、「やったな」、「ハットトリック、セレブレーション、完璧だ」、「気持ちよさそう」と反響が相次いでいた。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを決めたマグワイアが謝罪後に元監督に向かって猛ダッシュ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Chris Maguire didn&#39;t celebrate for the fans, but then wanted to remind the manager who let him go! <a href="https://t.co/oIeeG2Lt5J">pic.twitter.com/oIeeG2Lt5J</a></p>&mdash; BETDAQ (@BETDAQ) <a href="https://twitter.com/BETDAQ/status/1481294649759129601?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 20:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly