カジェホンとサッリ監督がラツィオで再会か

2021.07.23 15:34 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンマウリツィオ・サッリ監督が再会する可能性があるようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。

カジェホンは昨夏にナポリからフィオレンティーナに加入。公式戦349試合で82ゴール78アシストというナポリでの成績から主力としての活躍が期待されたが、シーズンが終わってみればセリエA出場は20試合にとどまり、そのうち先発出場は6試合のみだった。

チームは不調に陥り、二度の監督交代を敢行するなど落ち着かなシーズンだった中、カジェホンが不遇をかこったのも事実。システム上ウインガーが使いづらかったというのもあるが、本人にとっては期待外れの1年だった。

そうした中、34歳の獲得の噂があがっているのが、昨夏にも獲得に動いたラツィオだ。同クラブでは先月、シモーネ・インザーギ監督がインテルに引き抜かれ、後任としてサッリ監督が着任。カジェホンはナポリでそのサッリ監督の寵愛を受けた一人だった。

どのチームにおいても自身の信念を貫いたサッカーを展開するサッリ監督にとって、そのスタイルを知るカジェホンの存在は重要になってくるかもしれない。なお、ラツィオではすでに、ナポリからアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイをフリーで獲得している。ヒサイもまたサッリ監督の手解きを受けた一人だ。

関連ニュース
thumb

試合中露わになったインモービレの逞しい“筋肉”に海外注目「馬の足かと思った」

16日に開幕した2021-22シーズンのヨーロッパ・リーグ(EL)。グループEのラツィオはガラタサライ相手にアウェイで敗れたが、この試合にキャプテンマークを巻いて先発出場したイタリア代表FWチーロ・インモービレの逞しい筋肉が注目を浴びている。 『Bleacher Report』の公式ツイッターが注目したのは、インモービレの太ももともも裏の筋肉だ。試合中に審判へとアピールするインモービレのショーツの裾が上がり、お尻の方まで筋肉が露わになっている。 特にお尻の大殿筋、大腿四頭筋の外側に当たる外側広筋、そしてもも裏のハムストリングスの筋肉が見事で、そのサイズはさながらサラブレッドの脚のようだ。 筋肉をつけるためには、腕、胸、肩など日ごとに鍛える部位を変えることが多いが、『Bleacher Report』が「インモービレは“脚の日”を決してスキップしない」と間接的にその凄さを伝えると、ファンからも「太い!」「馬の足かと思った」「さすがサッカー選手」「男の憧れだ」といった声が上がった。 裏への抜け出しやそのシュートと決定力を武器にゴールを量産し続けてきたインモービレだが、日々の筋トレもそれに一役買っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】正面からじゃわからない!インモービレの太すぎるお尻と太もも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ciro.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.17 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

痛恨の失点で敗戦のラツィオ、サッリ監督はミスよりも攻撃面の改善を説く「偶然の結果に左右されてはならない」

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、ガラタサライ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループE第1節でトルコのガラタサライとアウェイ戦に臨んだラツィオ。試合は均衡状態が続いていたものの、66分に相手のクロスをDFマヌエル・ラッツァーリがクリアしようとしたところ、ボールは真上に高く上がって中途半端な形に。これをGKトーマス・ストラコシャがファンブルしオウンゴールとなり、痛恨の失点で0-1の敗戦を喫した。 サッリ監督はミスは起こりうるものと擁護し、内容も悪くないものだったとする一方で、攻撃面に関しては改善が必要であると振り返った。 「まさかこんな結果になるとは思わなかった。だが、私の考えでは一歩前進したつもりだ。このチームとここで対戦すると、いつも難しい試合になる。あまりリスクを冒さずに試合を読み、コントロールできていると思っていたよ。サッカーで起こりうるミスの代償を払ったまでだ」 「カウンターで失点することはなかったし、中盤でボールを失うことも少なかった。最少失点だったが、もっと積極的に前へ行かなければならないし、ゴール前の質をもっと改善しなくてはならない。ミスによる偶然の結果に左右されてはならないのだ」 「我々は前線に何かが足りておらず、スペースを上手く活用できていない。ワイドにとる選手がいれば、ボールを持たずとも動きを加えることができ、相手により危険な状況を強いることができる」 「ただ、今は休むべきだ。それ以外にない。このスケジュールでは仕事の話はあまりできない。このようなサッカーでは、私はだんだん好きではなくなっているよ」 2021.09.17 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

弾かずにキャッチしようと…今季初出場のストラコシャが痛恨のオウンゴール「致命的だ」

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。グループEのガラタサライvsラツィオの一戦は思わぬ結末を迎える。 0-0のゴールレスで迎えた66分、ガラタサライのMFオリンピウ・モルタンが右サイドから仕掛け、左足のアウトでクロス。しかしボックス内に味方は少なく、ラツィオのDFマヌエル・ラッツァーリがクリアする。 ただ、ラッツァーリのクリアはボールを上手く捉えられず、ボールは自陣ゴールの方へ高々と飛んでしまう。ラツィオのGKトーマス・ストラコシャは、ゴールライン付近でジャンプしてこれをキャッチしようとする。 しかし、キャッチミスしたボールはポストに直撃すると、跳ね返りがストラコシャに当たり、そのままオウンゴールになってしまった。 ストラコシャとしてはマイボールにするために弾くのではなくキャッチしようとしたのだが、それが仇となってしまった格好だ。もしくは、ラッツァーリのクリアの段階で前に出て自身がキャッチするべきだったかもしれない。 このオウンゴールは海外のファンからも「致命的だ」「信じられない」「悲惨」「コミカル」といった声が上がっている。 結局、このゴールが決勝点となり1-0でガラタサライが勝利。今シーズン初出場となったストラコシャにとっては厳しすぎる展開となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】ストラコシャのキャッチミスがポストに跳ね返りそのまま…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OWN GOAL OF THE WEEK?! <a href="https://t.co/TVssBbS7h5">pic.twitter.com/TVssBbS7h5</a></p>&mdash; CBS Sports Golazo (@CBSSportsGolazo) <a href="https://twitter.com/CBSSportsGolazo/status/1438566588865605634?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:ミラン 2-0 ラツィオ《セリエA》

セリエA第3節、ミランvsラツィオが12日に行われ、2-0でミランが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210913_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メニャン 6.0 枠内シュートを冷静にセーブ DF 2 カラブリア 6.0 攻守にバランス良くプレー 23 トモリ 6.0 ロマニョーリと堅実な守備を続けた 13 ロマニョーリ 6.0 代表戦帰りのケアーに代わって先発。移籍が噂される中、集中したプレーを見せた 19 テオ・エルナンデス 6.0 大胆な攻撃参加は控え、本職の守備で貢献 MF 25 フロレンツィ 5.5 カラブリアと右サイドで攻守のバランスを取った (→サーレマーケルズ 5.5) シンプルなプレーでチームにリズムを与える 8 トナーリ 6.0 前方へのパス出しが多く、チームを活性化させた 10 ブラヒム・ディアス 6.0 パスワークの潤滑油となる (→バロ=トゥーレ -) 79 ケシエ 5.5 PK失敗も先制点の起点になるなど、流れの中では効いていた (→バカヨコ -) (→ベナセル -) 17 レオン 6.5 先制点の場面では持ち味が存分に生きた。個人での打開で違いを生んだ (→イブラヒモビッチ 6.5) さすがの千両役者。復帰後早速のゴールでチームを勝利に導く FW 12 レビッチ 6.5 2アシスト。お膳立て役に回り、ジルー不在の穴を埋めた 監督 ピオリ 6.5 ラツィオを圧倒。ジルーとイブラを先発で使えない状況の中、レビッチ1トップの代替案で結果を残す ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210913_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 5.5 失点に責任はない DF 77 マルシッチ 5.0 攻撃面での持ち味がほぼ出ず、対面のレオンにやられていた (→ラッツァーリ 5.0) 縦へのスピードを出すシーンは見られず 3 ルイス・フェリペ 5.5 自身のできる役割は果たした 33 アチェルビ 5.0 2失点目の場面ではイブラヒモビッチを見失ってしまった 23 ヒサイ 5.5 左サイドバックでも器用にこなしていた MF 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 前半に惜しいヘディングシュート1本 (→バシッチ -) 6 ルーカス・レイバ 5.0 失点場面ではレオンに対して軽い対応だった 10 L・アルベルト 5.0 アクセントを付けるようなプレーはなかった FW 9 ペドロ 5.0 ほとんど印象に残るプレーはなかった (→モロ -) 17 インモービレ 4.5 PK献上。枠内シュート1本と散々な出来 (→ムリキ -) 7 フェリペ・アンデルソン 5.0 ペドロやL・アルベルト同様、攻撃を作れず (→ザッカーニ 5.0) 試合の流れを変えることはできなかった 監督 サッリ 5.0 開幕から2試合の攻撃力はミランの前では発揮されず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レオン(ミラン) 復帰後即ゴールを決めたイブラヒモビッチも相応しいが、単騎で違いを再三生んでいたレオンを選出。 ミラン 2-0 ラツィオ 【ミラン】 レオン(前45) イブラヒモビッチ(後22) 2021.09.13 03:05 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰イブラがゴール、ミランが快勝でラツィオとの連勝スタート対決を制す《セリエA》

セリエA第3節、ミランvsラツィオが12日に行われ、2-0でミランが快勝した。 ミランは前節カリアリ戦、新戦力ジルーのドッピエッタを含む4発快勝とした。ただ、そのジルーがコロナ感染により欠場。2連勝スタートとした中、ジルーの代役はレビッチが務め、長期離脱していたイブラヒモビッチがベンチに入った。 一方、前節スペツィア戦でインモービレがハットトリックを達成するなど6発圧勝としてミラン同様に2連勝スタートとしたラツィオ。そのラツィオは[4-3-3]で臨み、3トップにインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンが構えた。 ミランがアグレッシブな入りを見せた中、最初にゴールに迫ったのはラツィオ。17分、ミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKメニャンの守備範囲だった。 引き続き攻め込むミランは24分、レビッチのパスを受けたボックス右のカラブリアがフィニッシュに持ち込むも枠を捉えきれない。直後にはレオンが決定的なヘディングシュートを浴びせたが、やはり枠外へ。 ハーフタイムにかけてもミランが押し込んだ中、45分に均衡を破る。中央を持ち上がったレオンがレビッチのリターンパスをボックス中央で受け、シュートを蹴り込んだ。 先制したミランは前半終了間際の追加タイム3分にPKを獲得する。ボックス右でケシエがインモービレに倒され、VARの末にPKとなった。しかし、キッカーのケシエはシュートをバーに当て、ミランは1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、ラツィオがポゼッションを高めていた中、ミランは60分にイブラヒモビッチを投入、すると67分、ロングカウンターに転じた流れからレビッチがボックス左に進入。クロスをイブラヒモビッチが押し込んでミランがリードを広げた。 失点したラツィオはザッカーニやラッツァーリを投入していたものの、攻め手を作れず時間が経過していく。82分にようやくインモービレが枠内シュートを放ったが、GKメニャンの守備範囲。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだミランが快勝で3連勝スタートとした。 2021.09.13 03:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly