ビジャレアルCBフネス・モリ、サウジへ! アル・ナスル移籍が決定

2021.07.23 14:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビア1部のアル・ナスルは22日、ビジャレアルから元アルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(30)の獲得を発表した。1年延長オプションが付いた2年契約での加入となる。

フネス・モリは母国の名門リーベル・プレート出身で、2015年9月のエバートン移籍を機に欧州進出を果たした左利きのセンターバック。2018年夏にビジャレアル入りして、公式戦通算74試合に出場した。

だが、アルゼンチン代表としても26キャップを誇る経験豊富な守備者は2年目以降、ケガだけでなく、スペイン代表DFパウ・トーレスの台頭で序列が低下。昨季はラ・リーガ10試合の出場にとどまった。

そんなフネス・モリはビジャレアルとの契約を来季まで残す状況だったが、スペイン『アス』によると、スペインの数クラブから関心があるなかで、アル・ナスルが獲得合意に至ったようだ。

なお、今回のアル・ナスル行きで発生した移籍金額は推定で250万ユーロ(約3億2000万円)。ビジャレアル加入時は880万ユーロ(現レートで約11億4000万円)だったという。

関連ニュース
thumb

元ブラジル代表FWタリスカ、中国からサウジへ! アル・ナスルと3年契約

アル・ナスルは17日、広州FCから元ブラジル代表FWアンデルソン・タリスカ(27)の獲得を発表した。 タリスカは長身190cmの大柄ながら卓越したテクニックを誇るレフティー。ブラジル代表にも上り詰めた実績者で、ベンフィカやベシクタシュでのプレーを経て、2018年6月から中国スーパーリーグの広州恒大(現・広州FC)に活躍の場を移した。 欧州ビッグクラブへのステップアップも取り沙汰されながら、広州FC行きを選択したタリスカはその中国で公式戦通算65試合の出場で39得点13アシストをマーク。2019年の中国スーパーリーグ優勝にも貢献した。 かつてブラジル代表監督も務めたマノ・メネゼス監督のアル・ナスルはツイッターで「ブラジルのスターであるアンデルソン・タリスカと正式に契約した。契約期間は3年。我々のスターたちとともに彼の幸運を祈る」と加入を歓迎している。 なお、ブラジル『Globo』によると、タリスカは新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限で4月の中国スーパーリーグ開幕に間に合わず、今季の出場なし。2022年末まで契約があったが、サウジアラビアに活躍の場を移すことになったという。 2021.05.18 19:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly