琉球が下位の大宮とドローで首位追走ならず…東京Vは後半AT被弾で勝ち点逸【明治安田J2第23節】

2021.07.18 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第23節の4試合が18日に各地で行われた。

琉球(勝ち点43)は敵地NACK5スタジアムで大宮(勝ち点17)と対戦した。前節は最下位の相模原に足元をすくわれて連勝が「2」でストップした琉球だったが、この日は2分から中川がGKのビッグセーブを強いるミドルシュートでゴールに迫ると8分に先制。ボックス右でパスを受けた阿部のクロスを、ファーサイドの上原慎也が右足ダイレクトボレーで合わせてスーパーゴールを決めて見せた。

一方、山口戦で16試合ぶり白星を挙げたものの、以降2試合は1分け1敗と勢いに乗り切れない大宮は、13分にカウンターから絶好のチャンスを迎える。しかし、ボックス右まで侵攻した松田がシュートを外してしまい、試合は1点ビハインドで折り返すことになった。

後半からその松田を下げて柴山を投入したホームチームはこの交代が功を奏す。49分、ドリブルでボックス左に侵入した柴山は、相手を抜きにかかったところで鳥養に倒されPKを獲得。これをイバが沈めて振り出しに戻した。

その後、62分にカウンターから黒川が、71分には馬渡がゴールに迫るが、GKのファインセーブと左ポストに阻まれ逆転には至らない。対して、後半は守勢を強いられる琉球だったが78分、茂木の右CKを赤嶺が頭で合わせて再び勝ち越しに成功。数少ないチャンスをモノにした。

ところがその1分後、ハスキッチが敵陣右サイドでボールを奪った大宮は、そのハスキッチの折り返しを黒川がワントラップから押し込んで一瞬で同点に。そのまま試合は進み、後半アディショナルタイムには大宮がチャンスを作ったが、GKにセーブされ試合終了。2-2の引き分けに終わった。

その他、ニンジニアスタジアムでは愛媛と東京Vが対戦。試合は3連敗中の愛媛が5分に近藤のミドルシュートで先制する立ち上がりに。しかし、3試合ぶりの勝利を目指す東京Vも15分に小池がゴールに迫ると、迎えた21分に左CKからンドカ・ボニフェイスが頭で決めて同点に。ンドカはこれが加入後初ゴールとなった。

さらに38分には速攻からゴールに迫り、最後は山下のシュートがGK岡本に弾かれたところを小池が詰めると、混戦の中でオウンゴールを誘発し逆転。リードした状態で試合を折り返した。

東京Vは後半も小池、端戸のシュートでゴールに迫るが3点目は奪えない。それでも1点リードのまま終盤を迎え、勝利を目前に。しかし後半アディショナルタイム、大宮は途中出場の榎本が左サイドからカットインし、ペナルティアーク付近からシュートを放つと、GKマウテスの手を弾いてゴールイン。土壇場で同点に追いつき、試合終了となった。

◆第23節
▽7/18(日)
ファジアーノ岡山 0-1 ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ 2-2 FC琉球
FC町田ゼルビア 1-0 SC相模原
愛媛FC 2-2 東京ヴェルディ

▽7/17(土)
栃木SC 0-1 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-1 ツエーゲン金沢
松本山雅FC 0-1 水戸ホーリーホック
京都サンガF.C. 1-1 アルビレックス新潟
ジュビロ磐田 1-2 モンテディオ山形
レノファ山口FC 1-0 ブラウブリッツ秋田
V・ファーレン長崎 3-2 ギラヴァンツ北九州



関連ニュース
thumb

愛媛在籍8年の西田剛、今季契約満了で退団 「この街に来れて良かったです!」

愛媛FCは29日、FW西田剛(35)の今季契約満了による退団を発表した。 西田は鹿児島城西高校、阪南大学、横浜FC、アビスパ福岡を経て、2014年に愛媛入り。それ以来、8シーズンを愛媛で過ごし、キャプテンも務めたが、今季はここまで明治安田生命J2リーグ4試合、天皇杯1試合の5試合出場と加入後最も少ない出番にとどまっている。 チームのJ3降格が決定した翌日に今季を最後に愛媛を去ることが発表された西田。クラブを通じて、「2021シーズンをもちまして契約満了となり、愛媛FCを離れる事になりました」と退団を報告し、別れの挨拶をした。 「このクラブに8年間在籍させて頂きました。その中でキャプテンを5年、副キャプテンを2年、キャリア初の二桁得点、クラブ初のプレーオフ進出、残留争い、クラブ初の降格と、それぞれのシーズンで様々な経験をし、そこで感じたそれぞれの経験が今後の僕の人生において大きな意味のあるものだと思っております。これだけ長くいて離れる事はとても寂しい気持ちもあります。しかしこれは僕の力不足でしかない事なので、ここまで長い間必要としてくれたクラブには感謝の気持ちで一杯です」 「僕は愛媛FCが大好きです。今後も自分らしく前向きに進んでいきます! 長い間生活してきた中で、沢山の方と出会い家族一同大変お世話になった方も多くいらっしゃいます。本当に本当にお世話になりました。僕は来シーズンこのクラブのエンブレムを胸にプレーする事は出来ませんが、愛媛FCらしさを取り戻して、一体感のあるクラブに成長していく事を心から願っています。愛媛FCに、そしてこの街に来れて良かったです! 8年間という長い間本当にありがとうございました」 2021.11.29 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「不快な思いをされた方々もおられたと思います」豊田陽平のツイートが話題…誠実な対応「心からお礼申し上げます」

栃木SCの元日本代表FW豊田陽平のツイートが話題となっている。 長年過ごしたサガン鳥栖から今年7月に完全移籍で栃木へと加入した豊田。明治安田生命J2リーグでは16試合に出場し3得点を記録していた。 その栃木は、28日に明治安田J2第41節でギラヴァンツ北九州と対戦。豊田はベンチ入りも出番はなかったが、1-2と栃木が勝利しJ2残留が決定していた。 この試合は北九州で開催されたこともあり、かつて在籍した鳥栖のサポーターが駆けつけていた。 豊田は残留を決めたことを喜ぶとともに、北九州、そして13日に行われたV・ファーレン長崎戦に訪れていた鳥栖サポーターに感謝した。 「栃木サポーターの皆さん、おめでとうございます!そしてありがとうございました」 「長崎、北九州と応援に駆けつけてくれた鳥栖サポーター皆さん、ありがとうございました。遠路駆けつけてくれる皆さんには1人1人にご挨拶したかったです。元気な姿をお見せ出来るように励みます」 一方で、試合とは関係ない鳥栖のサポーターが鳥栖のユニフォームを掲げていたりすることが一部で問題視されていた中、その件についても言及。中には嫌がる方もいる中で、しっかりと受け入れてくれた栃木サポーターへ感謝した上で、相手の長崎、北九州のサポーターへも感謝の気持ちを示した。 「また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました」 「長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います」 「目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます」 豊田の人間性が非常に表れているツイートには多くの反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【SNS】豊田陽平が寛容なサポーターへ感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました。<br>長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います。<br>目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます。</p>&mdash; 豊田陽平 (@yohei_toyoda_) <a href="https://twitter.com/yohei_toyoda_/status/1464866358579974148?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

来季からJリーグでは100%の観客動員が決定! 一方で、声出し応援は引き続きなし

Jリーグは29日、第12回実行委員会を開催し、来シーズンの観客動員に関して100%の観客動員を行うことを決定した。 日本政府が11月19日付で発表した、内閣官房コロナ室事務連絡「基本的対処方針(以下、対処方針)に基づくイベントの開催制限、 施設の使用制限等に係る留意事項等について」に基づき、Jリーグは2022シーズン(プレシーズンマッチ含む)より入場可能数100%が認められる条件となる「安全計画」等の手続きを適用することを決定した。 適用の手続きとしては、原則として試合会場が所在する各都道府県が申請窓口となるものの「手続きの詳細に未確定要素を多く含む」ため、Jリーグならびに各クラブが政府や自治体に対し情報収集や協議のうえ、2021年12月中を目途にJリーグより別途クラブ向けのガイダンスを実施することとなる。 今シーズンは、一部試合でリモートマッチ(無観客試合)があったものの、シーズンを通してほとんどの試合が有観客に。ただし、緊急事態宣言が長く続いたため、収容人数50%または1万人の少ない方となっており、宣言解除後の現在は収容人数の50%という上限が設定されていた。 さらに、「ワクチン・検査パッケージ」を導入し、上記規定以上の人数を入れることも実施してきたが、ついに満員にすることが来季からは可能となる。 また、ビジター席もこれまでは設置しないことや、都道府県を跨いでの移動を自粛してきたために制限してきたものの、2022シーズン以降の新たなイベント開催方針の適用時には、「ワクチン・検査パッケージ制度の活用等を条件に、全ての公式試合における原則3%以上のビジター席の設置を求めるものとする」と決定した。 なお、注目を集める応援スタイルの緩和については、2022シーズンも引き続き容認しないことを決定。まずは100%収容を優先し、その後に緩和を検討していくことになるという。 2021.11.29 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】各カテゴリー最終節の今週末、9選手欠場…J1からは4名

Jリーグは29日、最新の出場停止選手情報を発表した。 各カテゴリーともに今週末が最終節となるJリーグ。その今回は9選手が出場停止対象となり、J1リーグからは鹿島アントラーズのMFレオ・シルバ、柏レイソルのDF上島拓巳、名古屋グランパスのMF長澤和輝、ヴィッセル神戸のMFセルジ・サンペールがそれぞれ警告の累積による1試合停止で最終節欠場が確定した。 J2リーグからはジェフユナイテッド千葉のDF小田逸稀、ジュビロ磐田のMF鈴木雄斗、FC琉球のDF李栄直。J3リーグからはカターレ富山のMF末木裕也、藤枝MYFCのDF川島將が次節を欠場する。 【明治安田生命J1リーグ】 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 第38節 vsベガルタ仙台(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF上島拓巳(柏レイソル) 第38節 vs大分トリニータ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長澤和輝(名古屋グランパス) 第38節 vs浦和レッズ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFセルジ・サンペール(ヴィッセル神戸) 第38節 vsサガン鳥栖(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF小田逸稀(ジェフユナイテッド千葉) 第42節 vsファジアーノ岡山(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF鈴木雄斗(ジュビロ磐田) 第42節 vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF李栄直(FC琉球) 第42節 vs栃木SC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF末木裕也(カターレ富山) 第30節 vs鹿児島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF川島將(藤枝MYFC) 第30節 vsY.S.C.C.横浜(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.11.29 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球DFフェリペ・タヴァレスが今季退団 「この2年間を忘れる事はありません」

FC琉球は29日、DFフェリペ・タヴァレス(27)の今季退団を発表した。 昨年から琉球でプレーするフェリペ・タヴァレス。明治安田生命J2リーグ4試合の出場に終わった初年度を上回る活躍を目指したが、最終節を残すのみの今季はここまで出番がなかった。 今季限りでの契約満了に伴い、退団が決まったフェリペ・タヴァレスはクラブを通じて、2年間にわたるサポートに感謝した。 「2年間FC琉球に所属して、サッカー選手としても人としても成長ができました。今季でFC琉球を離れる事になりましたが、この2年間を忘れる事はありません。このクラブに所属できたことは誇りです」 「Jリーグという素晴らしい舞台でプレーするチャンスを与えて下さったクラブ、スタッフ、スポンサー、サポーターの皆様に感謝申し上げます。僕もこれからはFC琉球を応援し続けます。今までありがとうございました」 2021.11.29 16:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly