ドウグラス・ヴィエイラが再離脱へ…左太もも肉離れで全治3〜4週間

2021.07.18 17:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は18日、FWドウグラス・ヴィエイラの負傷について報告した。

伝えられるところによると、ドウグラス・ヴィエイラは11日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の横浜FC戦で負傷。左太ももの肉離れと診断され、全治には3週間から4週間を要する見込みだ。

今季の同選手は度重なるケガに悩まされており、ここまでリーグ戦の出場は11試合のみ。得点は3月の横浜F・マリノス戦の1ゴールにとどまっている。


関連ニュース
thumb

広島指揮官スキッベが4月度の月間優秀監督賞に! 「この賞の大半はチームの活躍があってこそ」

Jリーグは17日、4月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは4月の5試合を3勝2分で乗り切ったサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督。13試合を消化した現時点で4勝6分け3敗の6位につけている。 初受賞のドイツ人指揮官は「このたび、明治安田生命J1リーグ4月度月間優秀監督賞に選出いただき、ありがとうございます」と喜び、今後に意気込みを語った。 「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞であり、この賞の大半はチームの活躍があってこそだと思っています。支えてくれている選手、チームスタッフ、ファン・サポーターに感謝したいです。ただし、戦いはまだまだこれからです。今後もチーム一丸となって戦い、順位を一つでも上げられるように頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは4月に5勝を積み上げたベガルタ仙台の原崎政人監督が選ばれ、J3リーグからは3勝1分けの成績を収めた松本山雅FCの名波浩監督が選出。両監督とも初の受賞となる。 2022.05.17 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

大雨の浦和vs広島はゴールレスドローの痛み分け…浦和は5試合連続ドロー【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、浦和レッズvsサンフレッチェ広島が13日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-0の引き分けに終わった。 無事にAFCチャンピオンズリーグのグループステージを突破したものの、国内リーグでは苦戦が続いている浦和。およそ1カ月ぶりのリーグ戦となった前節は、柏レイソルとゴールレスドローに終わり、4試合連続ドローとなった。一方の広島は前節以前の3試合は勝ち星のない状況が続いたが、前節は首位の鹿島アントラーズ相手に3発快勝。今季一の会心の内容を披露した。 チーム状況は対照的だが、互いに前節と同じスタメンを採用。浦和は前回が初先発だったシャルク、広島は塩谷が右センターバックで引き続き起用されている。 最初のシュートシーンは3分の浦和。シャルクがボックス左から右足で狙うも、大きく枠を超えた。対する広島は、好調の満田が積極的にミドルシュートを狙っていく。8分にボックス手前左から放ったシュートは岩波の顔面に。そのこぼれ球を再びダイレクトで叩いたが、ここは当たり損なった。 そんな中14分、浦和が敵陣左サイドでFKを獲得。古巣戦の馬渡が右足でクロスを入れると、これが誰にも触れられずゴールイン。浦和の先制かに思われたが、VARで確認した結果、ボールに反応していた岩波がオフサイドの判定となり、ゴールは取り消しとなった。 肝を冷やした広島だが、直後にジュニオール・サントスとベン・カリファが立て続けにゴールに迫る。さらに野津田のブレ球ミドルが炸裂するが、GK西川が反応。27分には満田の左足のシュートが左ポストを直撃するなど、アウェイチームがチャンスシーンを増やしていく。 その後は互いにゴール前まで侵入するものの、浦和はフィニッシュの精度、広島はGK西川が壁となり、互いにゴールは割れず、ゴールレスで試合を折り返すことに。 広島は後半からベン・カリファを下げて松本を投入。その立ち上がりにジュニオール・サントスが2本のシュートを放つも、どちらも枠を捉えられない。 次第に1点を巡る堅い試合の様相を呈する中、浦和は55分に速攻からビッグチャンス到来。敵陣中央でのFKを素早く再開させ、ボックス右のモーベルグにボールが渡る。モーベルグはキレのあるシザースフェイントからカットインし、左足でシュート。ゴール右を捉えていたが、GK大迫のファインセーブに遭った。 浦和は60分に関根とシャルクを下げて江坂とユンカーを投入し変化を加える。しかし、この交代からセカンドボールがなかなか拾えなくなり、広島の攻撃に晒される時間が続いてしまう。その隙に広島は69分、攻撃参加を試みた松本が味方とのワンツーでボックス手前まで侵攻し、右足を強振。だが、ここもGK西川の好セーブに遭いゴールならず。 一方、守勢の浦和もワンプレーで流れを引き戻す。72分、自陣左サイドでボールを奪い、速攻を展開。敵陣中央でパスを受けたユンカーがワンタッチで捌いて江坂に渡ると、ユンカーが受け直してボックス右へ。そのまま右足を振り抜いたが、広島もGK大迫が好セーブを連発する。 次第にオープンな内容となる中、広島は藤井のクロスから逆サイドでフリーとなっていた柏が合わせにいくが、上手くミートせずシュートは枠の外へ。直後に浦和もCKのこぼれ球に松尾が反応するも、ボックス手前からのシュートはGK大迫に止められた。 終盤にかけては広島が押し込んだが、最後までゴールは生まれず0-0で試合終了。浦和は5試合連続ドローとなった。 浦和レッズ 0-0 サンフレッチェ広島 2022.05.13 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:浦和vs広島】首位撃破の勢い乗る広島、浦和は跳ね除けてゴールを

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月13日(金) 19:30キックオフ 浦和レッズ(14位/11pt) vs サンフレッチェ広島(7位/17pt) [埼玉スタジアム2002] ◆寂しい攻撃陣、爆発を【浦和レッズ】 前節は柏レイソルとの対戦となったが、0-0のゴールレスドロー。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の前から続く引き分けの流れは「4」に伸びた。 今シーズンは得点力がなかなか上がらず、リーグ戦では複数得点は3試合のみ。2試合連続でゴールレスドローという状況だ。 ただ、チャンスの数がないというわけではなく、フィニッシュの精度が問題。ゴールに迫りながらどうゴールを決めるのかが注目となる。 相手は5バックになるが、その中でしっかりとゴールに迫っていくことができるのか。浦和の攻撃陣のパフォーマンスに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:鈴木彩艷 DF:馬渡和彰、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、松尾佑介 FW:アレックス・シャルク 監督:リカルド・ロドリゲス ◆首位撃破の勢いを継続なるか【サンフレッチェ広島】 前節は鹿島アントラーズと対戦。首位との試合だったが、3-0で完勝を収めた。 アグレッシブに首位チームに向かうと、出色の出来。圧倒的なパフォーマンスで見事な勝利を記録した。 今節の相手も簡単ではない浦和。現時点では低迷しているが、リカルド・ロドリゲス監督の策はたくさんある。しっかりと、その策に負けないプランをミヒャエル・スキッベ監督が用意できているか注目が集まる。 2トップにはジュニオール・サントスとナッシム・ベン・カリファが並ぶことになるだろう。チームにフィットしている感もあり、体の強さはすでに示している。一気に押し込むスタイルで、連勝と行きたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ 2022.05.13 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「めっちゃいい選手!」鹿島相手に圧巻ドリブル弾の広島ルーキー・満田に高まる期待感「ヤングスターの成長楽しみ」

サンフレッチェ広島のFW満田誠に覚醒の予感が漂っている。 広島は7日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節で、首位の鹿島アントラーズをホームに迎えた。中3日での連戦が続くタイトな日程の中で、満田は9試合連続となるスタメン出場。ドリブル突破から貴重な追加点を挙げた。 柏好文のゴールでリードして迎えた63分、佐々木翔の鋭い縦パスをハーフウェイライン付近でジュニオール・サントスがキープすると、全速力で追い越す満田がスイッチ。敵陣中央を持ち上がり、左のベン・カリファをおとりに使いながら右寄りに前進してボックス手前から右足を振り抜く。強烈なシュートは対峙した安西幸輝の股を抜け、GKクォン・スンテの手も弾いてゴールに突き刺さった。 ミヒャエル・スキッベ監督のスタイルを体現するような推進力を見せたルーキーには、今後への期待を込めた声などが多数寄せられている。「満田のゴールもだけど、ゴールパフォーマンスが胸熱」、「満田凄すぎ」、「キレキレ」、「めっちゃいい選手ですね!」「藤井と満田のヤングスターの成長はかなり楽しみ」といったコメントが集まった。 広島の育成組織出身の満田は流通経済大学を経て今季から正式加入。昨年は特別指定選手としても登録されていた。 3月2日のYBCルヴァンカップ第2節名古屋グランパス戦で、負傷の東俊希に代わって投入されると、期待に応えてプロ初ゴールをマーク。3月6日のJ1第3節ヴィッセル神戸戦でJ1デビューも果たした。 翌節以降はスタメンに定着。第6節の湘南ベルマーレ戦で挙げたリーグ戦初ゴールでチームを今季初勝利へ導き、4月はリーグ戦を3勝2分けの無敗で終えた。 「スキッペ広島、まだ未完成だけどめちゃくちゃ良い」との声もあるように、チームも満田もまだまだ発展途上。今後の大ブレイクに期待は高まる。 <span class="paragraph-title">【動画】広島のルーキー満田が長いドリブルから豪快な一撃を突き刺す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j3Wng3KrL5E";var video_start = 186;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.08 22:19 Sun
twitterfacebook
thumb

広島が首位鹿島に3発快勝! 柏の2ゴールなどで4試合ぶり白星、J1通算400勝目の節目に【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが7日にエディオンスタジアムで行われ、3-0で広島が勝利した。 互いに前節から中3日での一戦となる今節。広島はスキッベ新監督の下で4月は無敗を維持したが、ここ3試合は2分け1敗。前節はホームで柏レイソルに逆転負けを喫し、6試合ぶり黒星となった。対する鹿島は、現在2連勝で首位に立つ。ここ2試合はともに3得点と攻撃陣も好調だ。 タイトな日程だが、広島の前節からのスタメン変更は1人、鹿島は同じイレブンを起用し、疲労より勢いを重視する采配に。その中で広島は新加入のベン・カリファが初先発。右センターバックには野上ではなく塩谷が入っている。 まずは6分、立ち上がりからボールを保持する広島は、満田が相手の最終ラインの裏をとって左サイドから折り返し。ボックス中央で受けたジュニオール・サントスが反転からシュートを打ったが、対峙するDFに阻まれた。 一方の鹿島も、8分に三竿のロングフィードを鈴木が頭で落として松村がシュート。シンプルな攻撃でうまくフィニッシュまで運んだが、ボックス右からのシュートは外側のサイドネットを叩いた。 直後に藤井のクロスから佐々木の強烈なヘディングシュートで広島がゴールに迫れば、鹿島も松村がスピードを生かしてゴール前に侵入。GKもかわしたが、最後はDFに対応されてしまった。 以降は18分の荒木のヘディングシュートや、34分の満田のロングシュートなど、ホームの広島が攻勢を維持。すると38分、速攻でジュニオール・サントスがボックス手前右まで運ぶと、ボールは満田を経由してボックス左に展開。最後は柏が左足を振り抜き、先制点を奪った。 このままハーフタイムに入ると、広島はイエローカードを受けていた野津田を下げて松本を投入。鹿島も常本と松村の右サイド2人を広瀬とピトゥカに代えた。 後半のポゼッションはイーブンに。鹿島は前半より平均ポジションの位置を上げてボールを繋いでいく。一方の広島は、その分速攻に重きを置くようになり、よりダイレクトなプレーでゴールに迫っていく。56分にその速攻から柏が左サイドの高い位置でボールを持ち、右足でクロスを供給。ベン・カリファが頭で合わせたが、わずかに右に外れた。 その後も速攻が続く広島は63分、佐々木の鋭い縦パスをハーフウェイライン付近でジュニオール・サントスがキープし、全速力で追い越す満田とスイッチ。敵陣中央を持ち上がった満田は左のベン・カリファをおとりに使いながら右寄りに前進し、ボックス手前から右足を振り抜く。すると対峙した安西の股を抜けた強烈なシュートが、GKクォン・スンテの手を弾いてゴールに突き刺さった。 これで一歩安全圏に進んだ広島。守備でも崩されることなく、リーグ最多タイのゴール数を誇る鹿島の攻撃に冷静に対応していく。74分には、鹿島のカウンターを松本がハーフウェイライン付近で刈り取り自ら前進。最後はボックス左でパスを受けたジュニオール・サントスが相手をかわして左足のシュートに持ち込んだが、惜しくも右に外れた。 ここで決定的な3点目とはならなかった広島だが、78分に試合を決める。藤井が自陣右サイドから自慢の快足で安西を振り切り一気に敵陣へ潜入。ボックス右まで持ち込み、横パスをジュニオール・サントスがシュート。これはGKに止められるが、逆サイドから走り込んでいた柏が豪快に押し込んだ。 意地を見せたい鹿島は最後に途中出場の染野がシュートを放ったが、GKの正面に飛んだところで試合終了。4試合ぶりの黒星となった。一方の広島は4試合ぶりの白星に。また、J1通算400勝目の節目となった。 サンフレッチェ広島 3-0 鹿島アントラーズ 【広島】 柏好文(前38) 満田誠(後18) 柏好文(後34) 2022.05.07 15:59 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly