山形がクラブ記録の6連勝で磐田の無敗ストップ! 新潟とドローの京都が首位で中断期間へ【明治安田J2第23節】

2021.07.17 21:07 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が17日に各地で行われた。

前節、レノファ山口FCと引き分け連勝が「8」でストップした首位のジュビロ磐田(勝ち点48)は、東京オリンピック開催に伴う中断前最後の一戦でピーター・クラモフスキー体制移行後9戦無敗(8勝1分け)で6位に付けるモンテディオ山形(勝ち点39)との上位対決に臨んだ。

試合はキックオフ早々にいきなり動く。開始30秒、ハーフウェイライン付近の右から半田の縦パスに抜け出した中原がボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返すと、中央に走り込んだ林が右足のダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。

電光石火のゴールで勢いづくアウェイチームは以降もファジーなポジショニング、相手の布陣とのミスマッチを生かしながらボールの主導権を握る。これに対して磐田は徐々に落ち着きを取り戻すと、11分にはボックス付近で松本と短いパス交換を行った山本康がグラウンダーの左足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。

以降は磐田がボールを握り返して押し返していくが、ルキアンらをうまく抑え込まれてなかなか決定機まで持ち込めない。すると、37分には右サイドの半田からの斜めのパスをボックス手前の林が絶妙なワンタッチで落とすと、最後は中原が完璧な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、起点となった半田を含め林と中原のコンビで2点を奪って試合を折り返した。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きビハインドの磐田がボールを保持して相手を押し込む。立ち上がりこそ山形の鋭いカウンターに晒されたが、53分にはボックス右で大津が放ったシュートのこぼれ球をルキアンが押し込み、得点ランキング単独トップとなる12ゴール目を挙げた。

早い時間帯に1点を返して勢いづく磐田は相手陣内でハーフコートゲームを展開。防戦一方の山形に対して、ボックス内で幾度も際どいシュートシーンを作り出すが、GKビクトルや相手守備陣の再三の攻守に阻まれる。

その後、小川航や大森、ファビアン・ゴンザレスと攻撃的なカードを切った磐田は力業で相手ゴールをこじ開けにかかるが、山形の粘りが勝って試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、前回対戦に続き磐田を破った山形が2008年以来となるクラブ記録となる6連勝を達成した。一方、磐田は13戦ぶりの黒星を喫している。

また、サンガスタジアム by KYOCERAで行われた2位の京都サンガF.C.(勝ち点47)と、3位のアルビレックス新潟(勝ち点44)の上位対決は、1-1のドローに終わった。

共に前半戦最終戦を落とすも、後半戦を白星スタートで飾った両雄による注目の直接対決は、前回対戦同様に球際のバトルが強調される白熱の展開に。ホームの京都がアグレッシブな前からの守備で主導権を掴むと、15分には古巣対戦の荻原の鋭い左クロスからゴール前に攻め残っていたヨルディ・バイスに続けて決定機が訪れる。だが、ここはGK小島のビッグセーブなどに阻まれ、早い時間帯の先制点とはならず。

それでも、攻勢を続ける京都は30分過ぎにゴールをこじ開ける。34分、武田からの短い縦パスを収めたピーター・ウタカが左サイドのスペースに走り込む荻原に丁寧なパスを通すと、荻原がボックス左で得意の左足を振り抜き古巣のゴール右隅へ突き刺した。

荻原のJ2初ゴールで先手を奪ったホームチームは以降もウタカ、福岡のシュートで2点目に迫るが、新潟も攻撃こそ停滞したものの粘りの守備で追加点は許さずに前半を終えた。

迎えた後半は選手交代とハーフタイムの修正によってビルドアップを改善した新潟が相手を押し込んでいく。京都は前半のようになかなか良い形でボールを奪えなくなるが、粘りの守備で決定機を許さず。

その後は互いに交代カードを積極的に切って行く中、藤原がボックス内で倒される際どい場面があったもののPKは与えられず。そして、微妙なレフェリングが続いたこともあり、試合はカードが飛び交う荒れ模様の展開に。

そういった中、75分には左サイドを打開した途中出場の本間からの折り返しに反応した高木がペナルティアーク付近から右足を振ると、コース自体は甘かったものの、ボールをキャッチにいったGK若原が痛恨のファンブル。そのままゴールネットに吸い込まれた。

1-1の振り出しに戻った試合は終盤にかけても一進一退の攻防が続く。互いに幾度か相手ゴールに迫るが、身体を張った粘りの守備を崩し切れず。後半アディショナルタイムには新潟がボックス手前左の好位置でFKを獲得したが、本間が右足で直接狙ったシュートは壁に阻まれた。

この結果、新潟との上位対決をドローで終えた京都が勝ち点で並んだ磐田を得失点差で抜き、首位で中断期間を迎えることになった。

その他の試合では8位のV・ファーレン長崎(勝ち点37)と、18位のギラヴァンツ北九州(勝ち点19)の“九州ダービー”は、ウェリントン・ハットのJ初ゴールを含む2ゴールの活躍により、長崎が3-2で競り勝っている。。また、3連勝で5位に付けるヴァンフォーレ甲府(勝ち点40)と、7戦未勝利で降格圏手前の17位に位置する栃木SC(勝ち点21)の一戦は、鳥海の前半序盤のゴールを守り切った甲府が豊田陽平スタメンデビューの栃木を破り、4連勝を達成した。

◆第23節
▽7/17(土)
栃木SC 0-1 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-1 ツエーゲン金沢
松本山雅FC 0-1 水戸ホーリーホック
京都サンガF.C. 1-1 アルビレックス新潟
ジュビロ磐田 1-2 モンテディオ山形
レノファ山口FC 1-0 ブラウブリッツ秋田
V・ファーレン長崎 3-2 ギラヴァンツ北九州

▽7/18(日)
《18:00》
ファジアーノ岡山 vs ザスパクサツ群馬
《19:00》
大宮アルディージャ vs FC琉球
FC町田ゼルビア vs SC相模原
愛媛FC vs 東京ヴェルディ

関連ニュース
thumb

磐田躓き京都が首位浮上! 町田と長崎の上位対決は合計6ゴールの打ち合いに【明治安田J2第30節】

明治安田生命J2リーグ第30節の7試合が、18日に各地で行われた。 2位の京都(勝ち点61)はアウェイで山形(勝ち点49)と対戦。序盤のピンチをヨルディ・バイスの決死の守備で乗り切ると、44分に山形のカウンターをはね返し逆カウンターを発動。自陣右サイドから一気に最前線へボールが送られると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したウタカが飛び出してきたGKをかわしてシュート。これはゴール目前でDF山崎にブロックされてしまうものの、セカンドボールを宮吉が押し込んだ。 リードした状態で後半を迎えた京都は荒木を下げて武田を投入。53分には福岡に代わって三沢がピッチに立つと、60分に敵陣右サイドのライン際での華麗なパス回しから三沢がボックス手前右でフリーに。三沢はここから迷わず左足を振り抜くと、これがネットを揺らして追加点を挙げた。 結局、このまま京都が点差をキープしたまま逃げ切り、岡山と引き分けた磐田を抜いて首位に浮上した。 大雨の影響で劣悪なピッチと化した町田GIONスタジアムで行われた、町田(勝ち点52)と長崎(勝ち点49)の上位対決は激しい点の取り合いとなった。 まずはキックオフ早々に長崎のカイオ・セザールが前線にグラウンダーのロングボールを放り込むと、濡れたピッチの影響でボックス手前でボールが急ストップ。町田DFは慌ててクリアを試みたものの、それが十分なクリアにならず、ボールは再び長崎の下へ。 そのクリアボールを拾った植中が短くエジガル・ジュニオに繋げると、ペナルティアークの手前から右足一閃。これがネットに突き刺さり、開始10秒でアウェの長崎が先制に成功した。 だが、その後は後半までスコアは動かず。それでも再び試合が動いたのも後半開始直後だった。54分、長崎の右CKの場面で山崎のアウトスイングのクロスをE・ジュニオが頭で合わせて追加点。 しかしその4分後、今度は町田の左CKの場面で、セカンドボールを拾った吉尾がボックス中央からシュートを放つと、ゴール前の佐野がコースを変えてゴールイン。試合はここからさらに激しさを増していく。 それからさらに4分後の62分、長崎は再びカイオ・セザールが攻撃の起点となり、ボックス右の毎熊に鋭い縦パスを供給。その折り返しをE・ジュニオが合わせてハットトリックを達成。アウェイチームが大きく勝利に近づく。 町田はその後、一挙に3選手を入れ替えて勝負に出る。すると76分、GK福井のロングフィードを、この交代で入った太田が相手ゴール前で収めてそのままゴールを決めて見せた。 これで再び1点差とした町田の勢いは俄然強くなり、迎えた86分、左サイドから吉尾が上げたクロスをボックス右で岡田が収めてバックパス。これをまたも太田がゴールに突き刺し、ついに同点に追いついた。 こうなると長崎は一転して負の連鎖にはまり、カイオ・セザールが2枚目のイエローカードで退場に。そして町田は最後までゴールに迫り続けたが、試合は3-3で終了。壮絶な打ち合いは痛み分けに終わった。 その他、上位返り咲きを目指す琉球(勝ち点51)は、ホームで16位の群馬(勝ち点29)に敗戦。これで3連敗となり、順位も7位に落としている。 また、大宮を1-0で下した甲府は3連勝で3位に浮上している。 ◆第30節 ▽9/18(土) 栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> FC町田ゼルビア 3-3 V・ファーレン長崎 ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ▽9/19(日) ブラウブリッツ秋田 vs ギラヴァンツ北九州 相模原SC vs レノファ山口 東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC 2021.09.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

「諒也のピンキーが1番」推しメンは誰?Jリーグが公式インスタグラムにて『奇抜な髪色選手権』を開催「桜木花道=阿部航斗」

プレーに限らず、髪型や色にこだわりを見せる選手は多い。 17日、Jリーグは公式インスタグラムに『奇抜な髪色選手権』と題し、選手の写真を掲載した。ノミネートされたのは以下の5名だ。 ・小川諒也(FC東京) ・小泉佳穂(浦和レッズ) ・阿部航斗(アルビレックス新潟) ・矢島慎也(ガンバ大阪) ・樺山諒乃介(モンテディオ山形) 1枚目に登場する小川の髪は一際目を惹くピンク色。日本代表活動の際にはMF伊東純也にもいじられていた過去がある。 テクニシャンタイプの小泉、矢島はシルバー、アッシュ系統。先日U-20日本代表候補トレーニングキャンプに参加したドリブラーの樺山も同色系だ。 一方で、阿部のインパクトが絶大だ。赤い短髪の守護神は今季リーグ戦19試合に出場し、8つのクリーンシートを記録している。 コメント欄には早速、「諒也のピンキーが1番」、「勿論、浦和レッズの小泉佳穂選手さ」、「桜木花道=阿部航斗」、「推しメン矢島慎也選手です」、「樺山選手久しぶりに見たら…カッコイイ‼️」など、各選手を推す声が届いている。 <span class="paragraph-title">【写真】J公式による『奇抜な髪色選手権』</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.18 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮のトップチームスタッフが新型コロナ陽性判定、チーム内に濃厚接触者はなし

大宮アルディージャは17日、トップチームスタッフが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、このスタッフは11日に濃厚接触者に認定されていたとのこと。その際からチーム活動には参加していなかったという。 また、Jリーグが定める新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づき、チーム内の濃厚接触者はいないとのことだ。 大宮は18日にアウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦するが、キックオフ3時間前にオンサイト検査を実施し、陰性判定を得た選手・スタッフのみが試合にエントリーされる。 クラブは「毎日の検温や体調チェック、手洗いやうがいの徹底、不要不急の外出自粛などの感染予防対策を継続し、クラブ運営に努めてまいります」としている。 2021.09.17 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、日本大学GK山内康太の加入内定&特別指定選手認定を発表「甲府から日本を代表する選手になれるように」

ヴァンフォーレ甲府は17日、日本大学に所属するGK山内康太(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「36」を着用する。 山梨県出身の山内は、山梨県内のサッカークラブを経てヴァンフォーレ甲府U-18に加入。2017年にはトップチームに2種登録選手として参加していたものの、公式戦への出場は無し。日本大学での4年間を経て、この度2度目の甲府入りが内定した。 その山内は、クラブを通じてコメントをしている。 「2022年シーズンよりヴァンフォーレ甲府に加入することになりました、日本大学の山内康太です。小さい頃から応援していた地元クラブの一員として闘えることを大変嬉しく思います。私はヴァンフォーレ甲府から、たくさんの勇気や感動を与えていただきました。今度はクラブを応援してくださる皆様に対し、地元出身のプロサッカー選手として、勇気や感動を届けられるように頑張っていきたいです」 「そして甲府から日本を代表する選手になれるように誰よりも努力し、全力で闘います。ヴァンフォーレ甲府を支える皆様と共に闘い、山梨を盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いします」 2021.09.17 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、明大DF加藤蓮の加入内定&特別指定認定を発表

東京ヴェルディは17日、明治大学からDF加藤蓮(21)の来季加入内定を発表した。 加藤は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌のアカデミー育ち。来季からの加入となるが、今季のJFA・Jリーグ特別指定選手にも登録され、背番号「38」の着用が決定した。東京V入りを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「来季から東京ヴェルディに加入することになりました、明治大学の加藤蓮です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを東京ヴェルディという歴史と伝統ある素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。これまでサッカーを通して沢山の勇気や感動、希望や夢をもらってきました。これからは一人でも多くの方々に自分が届ける番です」 「家族をはじめ、これまで支えて下さった方々への感謝の気持ちを忘れずに、自分のプレーを通し恩返しをしていきたいと思います。日々全力で貪欲にこれからもチャレンジし続け、1日でも早くチームの勝利に貢献し、ファン・サポーターの方々と喜びを分かち合えるように日々精進します。応援よろしくお願いいたします」 2021.09.17 12:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly