インテル退団のジョアン・マリオ、古巣のライバル・ベンフィカに加入!

2021.07.13 18:14 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは13日、元ポルトガル代表MFジョアン・マリオ(28)の加入を発表した。詳しい契約内容は明らかにされていない。

ジョアン・マリオはスポルティング・リスボンでプロデビュー後、2016年夏にインテルへ移籍。移籍金最大4500万ユーロのビッグディールだったが主力に定着できず、ウェストハムやロコモティフ・モスクワ、昨季は古巣のスポルティングにレンタル移籍した。

今夏にインテルに帰還したジョアン・マリオだが、新体制の構想には入っておらず、12日に2022年までの契約を解消。既報通り、フリーでのベンフィカ加入が決定した。

ただ、ベンフィカと古巣のスポルティングは同じリスボンを拠点とするライバル同士で、両クラブの対戦はオ・デルビー・デ・リジュボア(リスボン・ダービー)と称され、ポルトガル国内では屈指の盛り上がりを見せる。

ジョアン・マリオはスポルティングで公式戦127試合に出場した主力でもあったため、サポーターの反感を買わなければいいが…。

関連ニュース
thumb

イエロー1枚でまさかの退場宣告…CLの一戦で名物主審が恥ずかしいミス

チャンピオンズリーグ(CL)の一戦で珍事が起きていた。 14日に開幕した2021-22シーズンのCL。事件が起こったのは、グループE第1節のディナモ・キエフvsベンフィカの一戦だった。 その事件は0-0で迎えた82分、高々と蹴り上げられたボールに対し競り合いに行くと、ディナモ・キエフのデニス・ガルマシュが倒される。 ルーズボールに対してジョアン・マリオが拾いに行くと、ガルマシュがハイキック。接触しファウルを取られた。 これに対し、主審を務めたアンソニー・テイラー氏はガルマシュに対してイエローカードを提示。そして、ポケットからレッドカードを取り出し、退場処分とした。 この判定に対し、ガルマシュは自分を指差して、「俺が?」と言わんばかりの反応。しかし、アンソニー・テイラー主審は「あそこでもイエローをもらっていただろう」というジェスチャーを見せていた。 ディナモ・キエフのミルチェア・ルチェスク監督も不服そうに見ていると、ディナモ・キエフの選手たちも猛抗議。それもそのはず。ガルマシュはこの試合初めてのイエローカード。アンソニー・テイラー主審は、警告1枚で退場させるというミスをおかしていた。 自身の判定を信じて疑わないアンソニー・テイラー氏は、抗議をする選手たちを制していたが、ポケットからメモを取り出すと態度が一変。自身のメモに名前がないことに気がつき、レッドカードを取り消し。イエローカードだとしていた。 アンソニー・テイラー氏は、ユーロ2020でデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが卒倒したフィンランド代表戦でも主審を担当していたことで知られる。 一方で、今シーズンはプレミアリーグのリバプールvsチェルシーの一戦で笛を吹くと、チェルシーのリース・ジェームズを一発退場に。ボックス内で、足に当たったボールが腕に当たっていたが、VAR介入後にオン・フィールド・レビューをするも、ほとんど確認せずに退場処分を下し、審判の能力を疑われるなど、批判を集めていた。 注目を集める主審だが、自身の凡ミスで醜態を晒してしまい、イングランドのファンからは再び嘲笑されることとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】イエローカード1枚でまさかの退場!? 名物主審の恥ずかしいミス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Well done to our good friend Anthony Taylor, who gave Dynamo Kyiv midfielder Denys Garmash his second yellow card and sent him off vs.Benfica <br><br>Although he hadn’t been booked yet! <a href="https://twitter.com/hashtag/ucl?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ucl</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/dkvben?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#dkvben</a> <a href="https://t.co/qtTXkl2Zth">pic.twitter.com/qtTXkl2Zth</a></p>&mdash; From The Shed End (@FromTheShedEnd) <a href="https://twitter.com/FromTheShedEnd/status/1437900291102359552?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがFWカルロス・ヴィニシウスを獲得! 昨季はスパーズで10ゴールを記録

PSVは8月31日、ベンフィカからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)を買い取りオプション付きの2年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 一昨シーズンのベンフィカで公式戦24ゴール13アシストの活躍をみせたヴィニシウスは、昨夏の移籍市場で4500万ユーロ(約58億5000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトッテナムへのステップアップを果たした。 トッテナムではイングランド代表FWハリー・ケインのバックアップとしてカップ戦を中心に、公式戦22試合10ゴール3アシストの数字を残した。ただ、フィジカル自慢の守備者が揃うプレミアリーグでは思うような存在感を示すことができず、トッテナムは今夏の買い取りを見送っていた。 それでも、190cmの恵まれたサイズに加え、スピードや左足のシュート感覚に優れるブラジル人ストライカーは、新天地PSVで飛躍が期待されるところだ。 2021.09.01 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがベンフィカMFフロレンティーノ・ルイスをレンタル

ヘタフェは31日、ベンフィカからU-21ポルトガル代表MFフロレンティーノ・ルイス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リスボン生まれのフロレンティーノは、2010年に地元ベンフィカの下部組織に入団。アンダー世代のポルトガル代表の常連はアンカーとして高い身体能力を生かしたボール奪取能力、カバーリング能力に加えて、的確なポジショニングと判断力が評価されている大器だ。 昨シーズンはモナコにレンタル移籍したものの、コンディションの問題などもあり、公式戦11試合の出場に留まっていた。 2021.08.31 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルのオーストリア代表MFラザロがベンフィカにレンタル移籍

ベンフィカは31日、インテルのオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2022年6月までの1年間で、買い取りオプションなどは付いていない。 ラザロは、ザルツブルクのアカデミー出身。2012年7月にファーストチームへと昇格すると、ヘルタ・ベルリンへのレンタル移籍を経て、2018年7月に完全移籍。2019年7月にインテルへと完全移籍した。 2020年1月にはニューカッスルへとレンタル移籍すると、2020-21シーズンはボルシアMGへとレンタル移籍を経験していた。 右サイドハーフを主戦場に、左サイドハーフや両ウイング、両サイドバックがこなせるユーティリティ性を持っているラザロ。2020-21シーズンはボルシアMGで公式戦28試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 インテルでは公式戦11試合の出場に終わっているが、ベンフィカは貴重なサイドアタッカーを手にした。 <span class="paragraph-title">【動画】まさにパーフェクト! ラザロが決めた、衝撃の“スコーピオン”ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNOU1wSkY1bCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.31 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安不出場のPSV、10人ベンフィカの前に本戦出場ならず《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)の予選プレーオフ2ndレグの3試合が24日に行われた。MF堂安律の所属するPSVはベンフィカをホームに迎え、0-0で終了。この結果、2戦合計スコア1-2でベンフィカが本戦出場を決めている。なお、堂安はベンチ入りも出場機会はなかった。 先週、敵地で行われた1stレグを1-2と落としていたPSV。堂安がベンチスタートとなった中、押し込む展開とすると、32分に数的優位となる。相手DFヴェリッシモが競り合いでヒジを使い、2枚目のイエローカードで退場となった。 すると42分には決定機。ドリブルでボックス右に侵入したマドゥエケがGK強襲のシュートを放った。 ゴールレスで迎えた後半、ヴェルトンゲンを投入してきたベンフィカに対し、PSVは62分にビッグチャンス。しかし、右クロスにフリーで合わせたザハビのシュートはバーに直撃してしまう。 終盤の85分に訪れた絶好機も相手GKにセーブされたPSVは無得点のままドロー。2戦合計スコアで敗れ、PSVはヨーロッパリーグに回ることになった。 その他の2試合ではヤング・ボーイズとマルメが本戦出場を決めている。 ◆CLプレーオフ2ndレグ ▽8/24(火) PSV 0-0(AGG:1-2) <span style="color:#cc3300"><b>ベンフィカ</b></span> ルドゴレツ 2-1(AGG:2-3) <span style="color:#cc3300"><b>マルメ</b></span> フェレンツヴァーロシュ 2-3(AGG:4-6) <span style="color:#cc3300"><b>ヤング・ボーイズ</b></span> ▽8/25(水) シャフタール vs モナコ ディナモ・ザグレブ vs シェリフ ブレンビー vs ザルツブルク 2021.08.25 06:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly