55年前のW杯優勝を知るエリザベス女王がイングランド代表を後押し「歴史に残ることを願います」

2021.07.11 22:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
初のユーロ制覇を目指すイングランド代表に、強力な後押しがあった。

11日、ユーロ2020の決勝がロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催。イタリア代表とイングランド代表が決勝で相見える。

イングランドにとってはホームでの開催となり、勝てば史上初のユーロ優勝に。また、メジャートーナメントの決勝も55年前に行われた1966年のイングランド・ワールドカップで優勝した時以来の進出となる。

勢いのある若手を起用し、決勝までさせたガレス・サウスゲイト監督に対し、イギリスの女王であるエリザベス2世から激励の手紙が送られていた。

「55年前、私は幸運にもボビー・ムーア氏にワールドカップを贈呈することができました。そして、選手、経営陣、サポートスタッフにとって、主要な国際サッカー大会の決勝に進出し、勝利することがどのような意味を持つのかを目の当たりにしました」

「皆さんが欧州選手権の決勝に到達されたことに、私と家族のからお祝いの言葉を贈りたいと思います。また、皆さんの成功だけでなく、皆さんが行われてきた精神、献身、誇りが、歴史に残ることを願い、明日へのエールを送ります」

エリザベス2世は、1952年に女王の座につき、40歳の時にイングランド代表が自国開催のワールドカップで優勝するのを目撃している状況だ。

また、イングランドサッカー協会(FA)の会長でもあるウィリアム王子もメッセージを送った。

「ガレス(・サウスゲイト)、ハリー(・ケイン)、そしてピッチ内外のイングランド代表のすべてのメンバーの幸運を祈る」

「これまでのチームパフォーマンス、全てのメンバーがそれぞれの役割を果たしており、全てのバックルームのチームも欠かせなかった」

「このことが起こっているのは本当に信じられない。とてもエキサイティングだ。幸運を祈る」

「最高のイングランドを引き出し、みんなが後ろについている。国全体が、後ろにいる。だから、それ(トロフィー)を家に持ち帰ってほしい」

一部のツイッターユーザーは女王の言葉の中に、イングランド代表の公式応援歌である「Three Lions」の有名な歌詞である「It’s coming home(=それ(サッカー)が母国に帰ってくる)」を見つけたと騒げば、多くのファンがそれを拡散。優勝への機運は高まっている。

今回も、W杯で優勝した時と同じ決勝の地はウェンブリー・スタジアム。エリザベス女王の前で、イングランドが再びカップを掲げる日は来るのか注目だ。




1 2

関連ニュース
thumb

会心の打球を放ったのは!? イングランドのレジェンドたちのクリケット勝負が再脚光! 空振りや顔面にボールがヒットも…

イングランドフットボール界のレジェンドたちの腕前はいかがなものだっただろうか。 『BT Sport』の公式インスタグラムがとある動画を公開。これが大きな話題を呼んでいる。 その動画は、『BT Sport』のスタジオで解説を務める元イングランド代表のレジェンドたちがクリケットに興じるというものだった。 参加していたのは、ギャリー・リネカー、フランク・ランパード、リオ・ファーディナンド、ポール・スコールズ、スティーブン・ジェラードの5名。いずれもイングランドサッカー界を代表するレジェンドたち。4年前の映像だが、最近、再び投稿された。 彼らは『BT Sport』のサッカー中継で解説などを務めているが、そのスタジオでサッカーと同様にイングランドでも人気のスポーツであるクリケットに挑戦しているのだ。 クリケットとはなかなか日本では馴染みがないが、世界ではサッカーに次いで2番目に競技人口が多いスポーツと言われており、イギリスやオーストラリアの他、インド、パキスタン、スリランカといった南アジア諸国で大人気のスポーツだ。 プロのトッププレーヤーともなれば30億円とも言われる年俸をもらうほど。4年に1度ワールドカップも開催され、テレビ視聴者数もサッカーに次いで多いと言われている競技だ。 大まかなルールは野球と似ており、ボウラー(投手)がボールを投げ、バッツマン(打者)がそれを打ち、フィールダーと呼ばれる守備の選手が打球を取るというもの。その他、クリケットならではのルールは存在する。 そのクリケットに興じた5人だが、ファーディナンド以外の4人が投手と打者を体験。元アスリートだけに、遊び半分でやりながらも徐々に真剣さが増していく。 それぞれがしっかりとボールを打つことができているが、ランパードはワンバウンドさせて投げるボールに思いっきり空振り。キャッチャーの位置にいたファーディナンドも驚いてしまうほど。一方で、ジェラードは完璧な打球を打つなど、サッカー以外の競技でも運動神経の良さを見せた。 5人それぞれが楽しそうにクリケットを楽しむ姿は微笑ましいもの。特にリネカー以外の4名はイングランド代表の同僚であり、プレミアリーグで鎬を削った仲だけに、久々に集まった同級生同士の遊びのようにすら見えてくる。レジェンドたちの楽しみながらも真剣に勝負する姿は一見の価値ありだ。 <span class="paragraph-title">【動画】イングランドのレジェンドたちがクリケットで真剣勝負! 一番上手いのは!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XO_-QnzI6sc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯予選で無慈悲すぎる20ゴール…イングランド女子代表が歴史に残る大勝、岩渕真奈のチームメイトら4人がハット!

イングランド女子代表がワールドカップ(W杯)予選で記録的な大勝を収めた。 イングランドは11月30日、オーストラリア&ニュージーランド女子W杯欧州予選グループD第6節でラトビア女子代表とホームで対戦した。 7月にフィリップ・ネビル前監督からバトンを受け取ったサリーナ・ヴィーフマン新監督が指揮を執るイングランド。ここまで5戦5勝と、順調な仕上がりを見せるライオネセス(イングランド女子代表の愛称)は、開始早々の3分にベス・ミード(アーセナル)が試合を動かす。この先制点を皮切りに立て続けにネットを揺らすと、前半だけで8ゴールを奪って試合を折り返した。 後半も攻撃の手を緩めず、終わってみれば20-0という記録的なスコアに。イギリス『BBC』によると、これまでの最多得点試合は2005年のハンガリー女子戦で記録した13-0とのこと。大幅に記録を塗り替えたことになる。 個人としても、ハットトリックを達成したFWエレン・ホワイト(マンチェスター・シティ)が代表通算得点数を「48」まで伸ばし、ケリー・スミスの「46」ゴールを抜き、イングランド女子代表のトップスコアラーとなった。 新鋭のアタッカー、ローレン・ヘンプ(マンチェスター・シティ)も代表初ゴール含む4ゴールを挙げるなど、得点者10人、ハットトリック4人という記録ずくめの一日となった。 これで成績を6戦6勝53得点0失点としたイングランド。オランダ遠征の2試合を無得点で終えたなでしこジャパンにも、この決定力を少しでも分けてもらいたいところだ。 イングランド女子代表 20-0 ラトビア女子代表 【イングランド】 ベス・ミード(前3、前12、前23) エレン・ホワイト(前6、前9、後4) ローレン・ヘンプ(前18、前44、後31、後43) エラ・トゥーン(前42) ジョージア・スタンウェイ(後7[PK]) ジェス・カーター(後11) ベス・イングランド(後16、後39) ジル・スコット(後22) アレッシア・ルッソ(後26、後36、後37) ジョーダン・ノブス(後35) <span class="paragraph-title">【動画】ハイライトだけでも8分! イングランド女子が20ゴールを奪う記録的大勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0yTs7lw34yU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.01 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

変態トラップからパーフェクトフィニッシュ! 元シティのコソボ代表FWが絶妙ループを沈める「今季最優秀ゴール」

EFLリーグ(イングランド3部)で見事ななループシュートが誕生した。 28日に行われたEFLリーグ1第20節、イプスウィッチvsクルー・アレクサンドラの一戦は、開始早々にホームのイプスウィッチが相手のオウンゴールでリードを奪った。その後も多くの決定機を迎えたものの追加点が遠く、ようやく生まれた2点目は想像以上に難易度の高いゴールだった。 コソボ代表MFベルサント・セリナは最終ラインからのロングボールを裏へ抜け出しながら足元へピタリと収めると、ボックス右手前からチップキック。ボールは背走から飛び上がるGKの頭上を越え、美しいアーチを描いて左隅に吸い込まれた。 トラップからシュートまでの一連の流れは完璧と言っても過言ではない。フィニッシュの奇跡も含め「今季最優秀ゴール」というファンの感想にも頷ける。 この日のイプスウィッチはチャンスを作り続けたが、至近距離でのシュートやGKとの一対一など、簡単そうなシュートがことごとく点に結び付かず。その後1点を返されただけに、セリナの技ありゴールは大きな価値のあるものとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】トラップからシュートまで完璧な流れの芸術ループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MI1fHQnVLpk";var video_start = 58;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴージャスな写真」ヴィンテージ風の愛車にまたがるベッカムにファン歓喜「世界の王様」

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムが休日を満喫したようだ。 26日に自身のインスタグラムを更新したベッカム氏。オートバイ好きの側面を持つFKの名手は、ハーレー・ダビッドソン「スーパー・ヴィンテージ」のカスタムモデルにまたがる姿を投稿した。 写真には「仲間とバイクに乗って過ごす一日に勝るものはないね」とのキャプションを添えられている。 カーキ色のジャケットにジーンズというワイルドな装いも、ヴィンテージ風のバイクとマッチしている。ファンからも「ゴージャスな写真」、「とても美しい」、「世界の王様」、「神の存在」などのコメントが寄せられた。 シンガー・ソング・ライターのアレハンドロ・サンス氏も"バンザイ"の絵文字で反応するなど、魅力的なショットとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ハーレーにまたがるワイルドなベッカム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWvKp8DIcjH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWvKp8DIcjH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWvKp8DIcjH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.27 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェイと同期入団のチャナティップ、チームを去る盟友に惜別のメッセージ「幸運を祈っています。愛する兄さん」

北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップ・ソングラシンが元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドに惜別のメッセージを送った。 190cmのパワーファイター・ジェイと158cmのテクニシャン・チャナティップは、ともに2017年の夏に札幌へと加入した。 タイプの異なる2人のアタッカーは赤黒の攻撃をけん引し、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任した2018年にはクラブ史上J1最高成績となる4位フィニッシュに貢献。翌年には初のルヴァンカップ決勝進出をもたらすなど、札幌のJ1史を積み上げてきた。 25日にジェイの契約満了が発表され、最良のコンビは今季限りで見納めに。本当の兄弟のようにジェイを慕っていたチャナティップは、自身のインスタグラムにジェイとの思い出の写真を投稿するととともに、惜別のメッセージを綴った。 「初めて会った時から親切にしてくれて本当にありがとう。何年もあなたと仕事をしていろんなことを学びました。幸運を祈っています。またね、愛する兄さん」 この投稿に対してジェイも「愛しているよ弟、いつだってね」と返答するなど、仲の良さをうかがわせている。現在は12位でACL出場権や残留争いとも絡みのない札幌だが、2人の想いは残り2試合における勝利に対する大きなモチベーションとなるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】身長差30cm以上、ジェイとチャナティップのツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chanathip Songkrasin(@jaychanathip)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 14:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly