フィリッポ・インザーギが47歳で父親に! パートナーの妊娠を発表

2021.07.05 14:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンからブレシアの指揮官を務めるフィリッポ・インザーギ監督がパートナーの妊娠を発表した。

インザーギ監督は現役時代にユベントスやミランなどでストライカーとしてプレー。イタリア代表としても活躍すると、引退後は指導者の道へ進み、ミランやベネツィア、ボローニャ、ベネヴェントの監督を経て、6月9日にセリエBのブレシアの指揮官に就任していた。

そんなインザーギ監督は自身のインスタグラム(@pippoinzaghi)でモデルであり、パートナーのアンジェラ・ロブスティさんの妊娠を公表。アンジェラさんとの2ショット写真を添えて、喜びの心情を綴った。

「私たちはもうすぐ3人になる。喜びを込め、そう世界に向けて叫ぶことができる。私たちの心の中の小さな男の子、君を待っている。私たち2人はすでに君に夢中だ」

シーズン開幕を前に、おめでたい報告となった47歳のインザーギ監督。新たな家族のためにも、ブレシアを3年ぶりとなるセリエAの舞台に導くことはできるだろうか。



1 2
関連ニュース
thumb

ボローニャ退団のパラシオがブレシアに加入! イタリアで初のセリエB挑戦

セリエBのブレシアは18日、昨シーズン限りでボローニャを退団した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(39)の加入を発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2009年にボカ・ジュニアーズからジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタートしたパラシオは、ジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。 2017年夏にインテルから加入したボローニャでも長らく前線の主力を担い、昨シーズンのセリエAでは36試合の出場で5ゴール6アシストを記録。今年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。 イタリアでは12シーズンに渡ってセリエAを舞台にプレーしてきたが、ブレシアではキャリア初のセリエBの舞台でプレーすることになる。 2021.08.19 01:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アイスランド代表MFビャルナソンがバロテッリ加入のアダナ・デミルスポルと2年契約

トルコのアダナ・デミルスポルは12日、ブレシアに所属するアイスランド代表MFビルキル・ビャルナソン(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。なお、契約期間は2年間となる。 ビャルナソンは、ノルウェーのバイキングでキャリアをスタート。その後、ボデ/グリムト、スタンダール・リエージュ、ペスカーラ、サンプドリア、バーゼルなどでプレー。2017年1月からアストン・ビラでプレーするも、8月に退団。10月からアル・アラビでプレーしていた。 2020年1月には1年半契約でブレシアに加入。1年半の在籍で公式戦40試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 また、アイスランド代表としても98試合に出場し14ゴールを記録していた。 アダナ・デミルスポルは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得で大きな話題となったクラブ。スュペル・リグに今シーズンから昇格し、アーセナルを退団した元ブラジル代表DFダビド・ルイスの獲得にも動いているとされている。 2021.08.13 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがイタリア代表MFトナーリを完全移籍で獲得!2026年までの5年契約を結ぶ

ミランは8日、ブレシアのイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までで、昨季同様に背番号は「8」を着用する。 ブレシアの下部組織出身で17歳でプロデビューを飾ったトナーリは、2018-19シーズンにクラブのセリエA昇格に貢献。そして2019-20シーズンは初舞台となったセリエAで35試合1ゴール7アシストと好パフォーマンスを披露すると、インテルとの争奪戦の末、昨夏にミランへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 レンタルで加入した2020-21シーズンは、セリエAで2位と躍進したミランで準主力として公式戦37試合に出場し、7年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。 2021.07.09 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

フィリッポ・インザーギ氏がセリエBブレシアの監督に就任

セリエBのブレシアは9日、新指揮官にフィリッポ・インザーギ氏(47)を招へいしたことを発表した。 インザーギ監督は、現役時代はユベントスやミランなどでプレー。イタリア代表としても活躍すると、引退後は指導者の道へ進む。 ミランのユースやファーストチームで監督を務めると、ベネツィア、ボローニャを指揮し、2019年6月からはベネヴェントの監督に就任。チームをセリエBで優勝させ、セリエA昇格を果たした。 今シーズンは開幕から苦しむと、最終的には18位で終了し1年で降格。シーズン限りで退任することとなった。 インザーギ氏はクラブを通じてコメントしている。 「私にとって新たな冒険が始まり、ブレシアに加わることができて嬉しく、誇りに思う。この機会を与えてくれた、マッシモ・チェッリーノ会長と社長が、最初から大きな関心と信頼を寄せてくれたことに感謝します」 ブレシアは今シーズンのセリエBで7位に終わっており、昇格プレーオフ前のプレーオフで敗れ、昇格を逃していた。 2021.06.09 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ブレシアからFWトレグロッサをレンタルで獲得!昨季セリエAで7ゴールを記録

サンプドリアは11日、ブレシアからイタリア人FWエメスト・トレグロッサ(28)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の移籍を認めた。 2010年にヴェローナでプロデビューしたトレグロッサは、イタリア国内の下部クラブを渡り歩き、2016年の夏にブレシアへレンタル移籍で加入。その後、2018年の冬にブレシアへ完全移籍を果たすと、2018-19シーズンにはセリエBで29試合に出場し12ゴール11アシストをマークし、22年ぶりとなるセリエB優勝に大きく貢献した。 しかし、昨シーズンは太もものケガの影響で出遅れたが、初挑戦となったセリエAで25試合に出場し7ゴール3アシストを記録。セリエBに降格した今シーズンは、ここまでリーグ戦12試合で5ゴール3アシストをマークしていた。 サンプドリアでは、これまでFWファビオ・クアリアレッラのバックアッパーを務めていた元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが鼠径部のヘルニアにより長期離脱を強いられており、クラウディオ・ラニエリ監督は今冬での新たなストライカーの獲得を熱望していた。 2021.01.12 02:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly