アンジェとボルドーが2部に暫定降格…財政問題理由にDNCGが通告

2021.07.03 15:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アンに所属するアンジェとボルドーの2クラブが、リーグ・ドゥ(フランス2部)に暫定降格となった。フランス『レキップ』が報じている。

フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)は、財政問題を理由にアンジェとボルドーの2クラブに対して、暫定ながらリーグ・ドゥへの降格措置を取った。

昨シーズンのリーグ・アンを13位で終えたアンジェに関しては財務上の不正が確認されており、その不正を理由に降格措置が取られている。ただ、同クラブのオーナーを務めるサイード・シャバヌ氏は、『レキップ』の取材に対して、今回指摘されている不正は単なる書類上の不備によるもので、決定を覆せることを確信していると主張している。

そして、アンジェはすでに控訴を行っており、7月12日に行われるDNCGの監査によって前述の降格措置が撤回されることを期待している。

一方、昨シーズンのリーグ・アンを12位で終えたボルドーは、深刻な財政難を理由にオーナーグループのキング・ストリートがクラブを商事裁判所の保護下に置くことを決定したため、DNCGは暫定的に降格措置を取ることに。

ただ、前リールのオーナーであるルクセンブルク実業家のジェラール・ロペス氏がクラブ買収に迫っており、同氏はクラブに対して控訴を行うように指示しており、今回のクラブ買収が完了した場合は、暫定措置が解かれる可能性が高い模様だ。

その他のクラブではマルセイユとナントに対して、サラリーと移籍金の支出を監督する通知が行われており、両クラブは今夏の移籍市場において過度な支出を行わないように指導されている。

関連ニュース
thumb

キックオフからたった9秒で退場の珍事…ニースDFが欧州5大リーグ最速記録に

キックオフからたったの9秒で退場する事件が起こった。 17日には、今季からアンタルヤスポルへと完全移籍したMF中島翔哉が途中出場から15秒で一発退場になるということが話題に。これは世界でも大きく取り扱われることとなったが、それをすぐに更新する珍事が起きたのだ。 それは18日に行われたリーグ・アン第8節のニースvsアンジェの一戦。2021年夏にバルセロナから完全移籍で加入したDFジャン=クレール・トディボだった。 ニースの主軸CBとしてプレーするトディボは、アンジェ戦にも先発出場する。 するとキックオフからアンジェがパスを繋いで縦に。するとパスに抜け出そうとしたアブダラー・シマに対して、トディボがチャージ。このプレーに主審がすぐさまレッドカードを提示したのだ。 ファウルが起きたのはキックオフからおよそ5秒後。カードが出されたのは9秒となった。 これはヨーロッパの5大リーグでは最速の退場記録となったとのこと。衝撃の珍プレーとなってしまった。 ちなみに、Jリーグでは現在はヴィッセル神戸のアシスタントコーチを務める菅原智氏が東京ヴェルディ時代の2009年4月15日、サガン鳥栖戦で試合9秒で退場。大黒将志がキックオフから戻したボールを菅原はCBが受けると思いスルー。しかし、パスは両CBの間に転がったため慌てて対応し、池田圭を掴んで倒していた。 <span class="paragraph-title">【動画】何が起きた!? キックオフからたった9秒で一発レッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>A clear annihilation of a goal-scoring opportunity on Sima, who was running at goal.<br><br>Record: He becomes the fastest player in the history of the 5 major leagues to get sent off so quickly. <a href="https://t.co/FCNZQW5x9R">pic.twitter.com/FCNZQW5x9R</a></p>&mdash; Fnews. (@Fnews81010283) <a href="https://twitter.com/Fnews81010283/status/1571605658218430465?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.19 21:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、アンジェのカメルーン代表DFエボセを獲得

ウディネーゼは29日、アンジェのカメルーン代表DFエンツォ・エボセ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年契約で移籍金は300万ユーロ(約4億円)とのことだ。 RCランスでプロデビューを飾った左サイドバックを本職にセンターバックでもプレー可能なエボセは、ル・マンを経て2020年夏よりアンジェでプレー。昨季はリーグ・アン27試合に出場していた。 フランス出身だが、ルーツのカメルーン代表に2021年12月、初選出していた。 2022.07.30 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、大型WGシマをアンジェへレンタル!

ブライトンは12日、セネガル代表FWアブダラー・シマ(21)がアンジェへ1年間のレンタル移籍で加わることを発表した。 スラビア・プラハで台頭したシマは右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカー。2020-21シーズンに39試合20ゴール8アシストの数字を残したことで、昨夏にブライトンへ4年契約で加入した。 圧倒的な身体能力を生かした打開力、得点感覚を備えた逸材は、昨夏の獲得時にチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティへ即レンタルで加入。だが、その新天地では度重なる負傷によって、シーズンをほぼ棒に振り、公式戦4試合の出場に留まっていた。 そういった事情もあり、ブライトンはさらなる成長を期待してリーグ・アンのアンジェへ武者修行に出すことを決断した。 なお、シマはユース年代でフランスのトノン・エビアンでプレーしており、約2年ぶりのフランス帰還となる。 2022.07.13 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、仏リーグ屈指の攻撃的MFフルジーニを獲得!

マインツは12日、アンジェからフランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格したフルジーニは、フランスの世代別代表チームに選出されてきた攻撃的MF。2017年にアンジェに完全移籍すると、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残してきた。 トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、個人での打開力や正確な右足のキックを生かしたチャンスメークを特長とする。さらに、国内ではプレースキックの名手としても知られている。 ここ最近ではボルシアMGやレンジャーズからの関心も伝えられたが、ヴァランシエンヌ時代からの親友で、今夏までマインツに在籍していたフランス人DFムサ・ニアカテ(現ノッティンガム・フォレスト)のアドバイスもあり、マインツ行きを決断した。 2022.07.13 14:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、逸材FWモハメド=アリ・チョを獲得! 公式発表は伝説のプロボクサーをオマージュした形に

レアル・ソシエダは15日、アンジェからU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、フランクフルト、マルセイユ、レッドブル・ザルツブルクといったクラブがここまで関心を示していた。 だが、フランス『レキップ』によると、ソシエダは1200万ユーロ(約16億7000万円)という金額でアンジェと合意。さらに、選手本人とも5年契約で合意に至った。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、32試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 なお、ソシエダは、同選手の名前にちなんで伝説のプロボクサーであるモハメド・アリのオマージュを用いた公式SNSの投稿も行っている。 <span class="paragraph-title">【画像】伝説のプロボクサーのオマージュを用いた獲得発表に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Eh !<br><br> ¡Deja tu mensaje de bienvenida al txuri urdin!<a href="https://twitter.com/hashtag/ChoTxuriUrdin?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChoTxuriUrdin</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/EZkwuFvU2X">pic.twitter.com/EZkwuFvU2X</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1537140381200039936?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.16 06:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly