プレミア、新シーズン開幕は8月14日! 王者シティはいきなりアウェイでトッテナムと対戦

2021.06.16 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは16日、2021-22シーズンの日程を発表した。

2020-21シーズンはマンチェスター・シティの優勝で幕を閉じたプレミアリーグ。新シーズンに向けては、ノリッジ・シティ、ワトフォード、そしてプレーオフを勝ち抜いたブレントフォードがチャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格して参戦する。

1946-47シーズン以来74年ぶりの1部昇格、そしてプレミアリーグになってからは初めて参戦するブレントフォードは、開幕戦で復権を期するアーセナルとホームで対戦する。

また、チャンピオンシップで優勝したノリッジは、ホームに一昨年王者のリバプールを迎えて開幕。ワトフォードもアストン・ビラをホームに迎える。

その他、王者のマンチェスター・シティはアウェイでトッテナムとの開幕戦となり、いきなりのビッグ6の対戦に。ビッグ6ではチェルシーがホームでクリスタル・パレスと、マンチェスター・ユナイテッドはホームでリーズ・ユナイテッドと対戦する。

開幕は8月14日(土)、最終節は5月22日(日)となる。以下、2021-22シーズンの全380試合の対戦カードは以下の通り。




関連ニュース
thumb

問題未解決のバルサ、それでもベルナルド・シウバ獲得目指す…移籍金は70〜80億円程度

財政難に苦しみ、サラリーキャップに抵触して今夏獲得した選手を登録できていない状態のバルセロナだが、さらに選手を補強するつもりのようだ。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 そんなバルセロナは、獲得した5選手に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも選手登録できておらず、さまざまな手を尽くして資金繰りに奔走している。 株式の売却や選手へのサラリーカットの要請を出したりしている一方で、選手の売却はしたくないスタンスのバルセロナ。その状況でありながら、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を実現させようとしているようだ。 スペイン『Fichajes』によれば、マルコス・アロンソの獲得についても迫っている中、ベルナルド・シウバ獲得に対して5000〜6000万ユーロ(約69億〜82億7000万円)を支払う予定でいるという。 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルナルド・シウバに対しての愛情を公言しており、チームに残って欲しいという希望を語っているものの、選手がチームを去りたいと考えるなら止められないともコメント。移籍を止めることはしないというスタンスだ。 ただ、前述の通り、バルセロナには資金がない状況。何も解決していない中で、新たな選手の確保は難しいとされており、少なくともオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは売却しなければいけないという見方が強い。 クラブは禁断の「第4の手」を発動させ、さらに1億ユーロ(約138億円)を手にする予定のようだが、それでもサラリーキャップを遵守できることになるかは不明。まだまだこの問題は解決しなそうだ。 2022.08.10 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ハーランドがアグエロ以来のPLデビュー戦2ゴール! 後継者にふさわしい船出に

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが元アルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロ氏の後継者にふさわしい形でプレミアリーグデビューを果たした。 260ゴールのシティ歴代最多得点記録を持つアグエロ氏が退団して以来、純粋なストライカーが長らく不在だったシティ。それでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で偽9番を駆使して強者の道をさらに突き進むなか、今夏に新たな得点源として獲得したのがハーランドだ。 ドルトムント時代も公式戦89試合で86得点の好スタッツを残した22歳のストライカーは7日に敵地で行われた開幕節のウェストハム戦に先発すると、36分に自ら獲得したPKから公式戦初得点。続く65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスから再びネットを揺らした。 リバプールとのコミュニティ・シールドでは不発に終わったハーランドだが、プレミアリーグデビュー戦では圧巻の2ゴール。データ集計会社『Opta』によると、シティの選手がプレミアリーグデビュー戦で2ゴールを記録するのは2011年8月のアグエロ氏に次ぐ2人目だという。 プレミアリーグ3連覇を目指すシティでのリーグデビュー戦から評判通りの活躍を披露し、アグエロ氏の後継者にふさわしい存在であるのを示したハーランド。アグエロ氏と同じ形で船出を切ったわけだが、ここからどこまで数字を伸ばせるか。 2022.08.08 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「言葉遣いに気を付けてね」放送禁止用語連発のハーランドが記者に怒られる

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがインタビューに苦戦している。 今夏にドルトムントから鳴り物入りで加入したハーランドは7日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦に先発。リーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出し、相手GKとの一対一を冷静に仕留めて2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、チームの開幕戦での白星に大きく貢献している。 試合後、『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じていたハーランドだが、記者から「ハットトリック出来なかったことについて失望しているか」と問われた際に、思わず放送禁止用語を口走ってしまった。 「交代するまでにハットトリックできたはずだった。ちょっと“クソ”だけど、そういうものなんだ。毎日の積み重ねが大事なんだ。もっとうまくいけばまたいつかチャンスは来るよ」 直後に記者から「言葉遣いに気を付けてね」と注意されたハーランドは、「ああすみません“クソッ”ああごめんなさい(笑)」と思わずもう一度。ハーランドは反省しつつ、「この国の言葉はあまり得意じゃないんだ」と弁明していたが、次戦までにインタビューの練習も必要かもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】思わず放送禁止用語を連発してしまうハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Erling Haaland will get the hang of post-match interviews eventually <a href="https://t.co/JUBU6I2nOG">pic.twitter.com/JUBU6I2nOG</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1556336778017181699?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕節完勝のシティ、グアルディオラはPLデビュー戦で2得点のハーランドを絶賛 「自信に満ち溢れている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのメンタリティを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ3連覇を目指すシティは7日に行われた開幕節でウェストハムとアウェイで対戦。今夏にドルトムントから加入したFWアーリング・ハーランドが先発でリーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランドが2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、王者が開幕戦を白星で飾った。 グアルディオラ監督は試合後、1-3で敗れたコミュニティシールドでのパフォーマンスから批判を浴びながらも、プレミアリーグデビュー戦でゴールへの意欲を存分に示したハーランドを称賛。バルセロナで師弟関係を築いたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと同じく、トップスコアラー特有の貪欲さがあると語った。 「彼が今週、多くの批判にどう対処したか知っている。彼はとても落ち着いており、トレーニングにもしっかり取り組んでいた。PKの前にボールを手にしたときには思わず『良いね』と言ってしまった」 「もし誰かがそのボールを取ったら、彼は仲間であろうと相手の顔を殴っていただろうね。そして、それはとても良い兆候だ。彼は自信に満ち溢れていて、私はとても気に入っている」 「メッシは2点取ったら3点、3点取ったら4点を取りたいと欲していた。監督として彼と一緒にいれたのは私にとって幸運だった」 「トップスコアラーは決して満足することなく、常にハングリーで貪欲だ。彼らはより多くの得点が欲しいと考えている」 2022.08.08 11:54 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアデビューのハーランド、父の前で決めた2ゴールに喜び 「僕にとって大きな出来事」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがプレミアリーグデビュー戦での活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏にドルトムントから加入したハーランドは7日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦に先発。リーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出し、相手GKとの一対一を冷静に仕留めて2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、チームの開幕戦での白星に大きく貢献している。 ハーランドは試合後、チームが1-3で敗れたコミュニティ・シールドのリバプール戦から改善し、開幕戦で勝利を手にしたことに満足感を示した。 「良いスタートだった。それ以外に言うことはないよ。2-0で良いスタートを切れた。足が動いていた時間帯は良かった。だけど、まだシーズンは始まったばかりだし、これからも続けていかなければならないね」 「この結果は予想通りだよ。チームはプレシーズンのバイエルン戦ですでにポテンシャルを示していた。リバプール戦では少しパフォーマンスを落としていたが、パスは回っていたし、今日ももっとできるはずだった。良いスタートになったね」 また、「良いセレブレーションになったと思うし、満足だよ。父が2つのゴールを見てくれたのは嬉しいし、プレミアリーグでのデビュー戦は僕にとって大きな出来事だった。これからもこういった活躍を続けていかなければならないね」ともコメント。クラブのOBでもあるアルフ=インゲ・ハーランド氏が観戦に訪れた中で決めた活躍を喜んだ。 2022.08.08 11:09 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly