プレミア、新シーズン開幕は8月14日! 王者シティはいきなりアウェイでトッテナムと対戦

2021.06.16 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは16日、2021-22シーズンの日程を発表した。

2020-21シーズンはマンチェスター・シティの優勝で幕を閉じたプレミアリーグ。新シーズンに向けては、ノリッジ・シティ、ワトフォード、そしてプレーオフを勝ち抜いたブレントフォードがチャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格して参戦する。

1946-47シーズン以来74年ぶりの1部昇格、そしてプレミアリーグになってからは初めて参戦するブレントフォードは、開幕戦で復権を期するアーセナルとホームで対戦する。

また、チャンピオンシップで優勝したノリッジは、ホームに一昨年王者のリバプールを迎えて開幕。ワトフォードもアストン・ビラをホームに迎える。

その他、王者のマンチェスター・シティはアウェイでトッテナムとの開幕戦となり、いきなりのビッグ6の対戦に。ビッグ6ではチェルシーがホームでクリスタル・パレスと、マンチェスター・ユナイテッドはホームでリーズ・ユナイテッドと対戦する。

開幕は8月14日(土)、最終節は5月22日(日)となる。以下、2021-22シーズンの全380試合の対戦カードは以下の通り。


関連ニュース
thumb

「あれ以上の見送りはない」 ウェストハムMFノーブルが現役最後のホーム戦を振り返る

ウェストハムのイングランド人MFマーク・ノーブル(35)がホームでのラストダンス後にコメントした。 ノーブルはウェストハムのアカデミー育ち。2度のローン移籍を除けば、キャリアのすべてをウェストハムに捧げ、公式戦出場数も540試合以上を誇るシンボルプレーヤーだが、今季いっぱいで現役生活に終止符を打つ。 そして、マンチェスター・シティを相手にした15日のプレミアリーグ第37節が今季のホーム最終戦となるなか、ノーブルは77分からプレー。2-0から追いつかれる悔しい展開だったが、首位から1ポイントをもぎ取った。 試合後にセレモニーも執り行われ、チームメイトやスタッフ、そしてファンから拍手が送られ、涙ぐんだ主将のノーブルは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でエモーショナルな見送りに感謝した。 「ファンのみんなからの見送りはとても素晴らしかった。昨季に(引退の意向を)発表して以来、この試合に至るまで長い道のりだったけど、今季は何というシーズンだっただろう」 「あれ以上の見送りはないだろうね。このレベルのフットボールでは自分の去り際なんてなかなか作れない。幸運にもそれをさせてもらったんだ。これからは家族と時間を過ごしたい」 「ウェストハムとはずっと付き合っていくつもり。役員、オーナー、ボスの彼らは残ってほしいとはっきり言ってくれた。でも、まずは休んでから、これからのことを見守りたい」 また、シティ戦を迎えるにあたり、「僕らは交代に関してセンチメンタルじゃなく、ウェストハムのためになるものしかやらないという取り決めをした」と明かすと、PKストップの同僚にも礼の言葉を送った。 「ハーフタイムに(コーチの)ケビン・ノーランから、監督が70分ぐらいに求めるという話をもらった。最後にPKをセーブしてくれたルカシュ(・ファビアンスキ)に感謝するよ。そのおかげでちょっと特別な日になったんだ」 2022.05.16 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ、2‐0からドローも「素晴らしい結果」 7位以上確定で来季も欧州大会挑戦へ

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で感想を述べた。 15日に行われたプレミアリーグ第37節で首位のマンチェスター・シティをホームに迎え撃った7位のウェストハムは序盤から押し込まれる展開が続くなか、前半のうちに2つのカウンターからFWジャロッド・ボーウェンの2ゴールで2-0とリード。だが、後半に攻め崩され、2-2の引き分けに終わった。 2点リードからのドローだが、優勝争いを演じる相手から1ポイントを掴み取って今季の7位フィニッシュ以上を確定させ、最低でもヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場が決まったモイーズ監督は結果に満足した。 「信じられなかったよ。前半を通じたマンチェスター・シティの戦いぶり、我々のプレーぶり、そして2-0でリードという状況は。彼らは非常に良いチームで、ボールをかなり握った」 「我々があまりボールを持てないのは覚悟の上で、苦しむのも想定内だったが、良い形で2ゴールを奪って、逃げ切るチャンスがあったんだ。我々からしたら、素晴らしい結果だよ」 また、今季の歩みを振り返り、「4位か、5位に入りたかったし、その順位ではないのは残念だ」と本音を吐露したが、「我々には素晴らしいグループと挽回力がある。今日もそれを示せたよ」とチームに手応えを語った。 2022.05.16 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「覚醒間近」1億ポンドの男・グリーリッシュの技巧派ボレーに期待の声「150億円の片鱗見せてきた」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが才能の片鱗を見せた。 シティは15日、プレミアリーグ第37節でウェストハムとアウェイで対戦。2位リバプールと3ポイントの勝ち点差に加え得失点差が+7と状況でロンドン・スタジアムに乗り込んだ。 試合はシティがボールを支配しながらも、前半に2点を先行される苦しい展開に。それでもハーフタイムを経て迎えた後半にグリーリッシュが反撃の狼煙を上げる。 49分、右CKの二次攻撃からDFオレクサンドル・ジンチェンコが浮き球で入れたクロスをボックス内のMFロドリがマイナスに頭で落とすと、これに反応したグリーリッシュが抑えの利いた右足ボレーシュート。相手DFの股間を抜けた後、大きくバウンドした跳ね上がったボールがゴールネットに突き刺さった。 グリーリッシュにとって、リーグ戦では約5カ月ぶりとなる一発。また、この試合ではゴールだけでなく左サイドからのドリブル突破で幾度か相手の脅威となるなど、存在感を発揮した。 試合はその後同点に追い付いたシティが苦しみながらも勝ち点1を獲得し、リバプールとの暫定勝ち点を4ポイントに広げている。 昨夏、1億ポンド(当時のレートで約152億円)の移籍金でアストン・ビラからシティに加入したグリーリッシュ。今シーズンはここまでプレミアリーグで26試合に出場し3ゴール3アシストと本領発揮とはいっていない。 それでも、ウェストハム戦の活躍には「覚醒間近だ」、「150億円の片鱗見せてきた、「来シーズンは本当に期待してる」、「1億ポンド砲」と期待や喜びの声が寄せられている。 シティは最終節でアストン・ビラとホームで対戦。まずはグリーリッシュにとっての移籍1年目をいい形で締めくくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】1億ポンドの男・グリーリッシュの技巧派ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vLGML9ZRhl8";var video_start = 175;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「思い出に残る時間を過ごさせてもらった」 ハーランドがドルトでのラストダンス後にメッセージ

マンチェスター・シティに移籍するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがドルトムントのサポーターに別れのメッセージを送った。 2020年1月にドルトムント入りしてからも類い稀な得点感覚を光らせ続け、今夏も人気銘柄と化すハーランド。挙がる新天地候補も欧州のビッグクラブばかりだったが、シティが10日に来季加入内定を正式にアナウンスした。 そんな21歳の怪物FWは14日に本拠地で行われたブンデスリーガ最終節のヘルタ・ベルリン戦でも2-1の逆転劇を呼び込む同点弾を決めて自ら有終の美。ドルトムントでのラストダンス後、自身のインスタグラムを更新した。 「このシャツを着るのは喜びと誇り以外の何ものでもない。ドルトムントでは思い出に残る時間を過ごさせてもらった。かけがえのない人たちや素晴らしいチームメイトにも出会った」 「それと、ピッチ上で常に僕らのプラスアルファの存在でいてくれるファンのみんなも。“The Yellow Wall”は本当に素晴らしくて、人生で一度は目すべきものだ」 「僕はどれもこれも絶対に忘れない! ありがとう!」 <span class="paragraph-title">【SNS】怪物FWがドルトムントサポーターに惜別の言葉</span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cdi2JbPgyQ4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cdi2JbPgyQ4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cdi2JbPgyQ4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Erling Braut Haaland(@erling.haaland)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 11:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly