通算215試合出場のスウェーデン女子代表MFセゲルが欧州の代表キャップ数新記録を樹立、東京五輪にも期待

2021.06.16 16:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020の裏でサッカー界にまた1つ新たな記録が生まれた。15日、国際親善試合のスウェーデン女子代表vsオーストラリア女子代表が行われた。

ゲームはゴールレスドローに終わったが、この試合で先発に名を連ねたスウェーデンのMFキャロライン・セゲル(36)の代表キャップ数が「215」に到達。元同国代表MFのテレス・スジョグラン、元ドイツ代表FWのビルギット・プリンツの記録を塗り替え、ヨーロッパの選手として代表最多出場数を樹立した。

セゲルは2005年に行われたアルガルベカップのドイツ女子代表戦でスウェーデン代表デビュー。以降は、2005年、2009年、2013年、2017年と4度の女子ユーロ、2007年、2011年、2015年、2019年と4度の女子ワールドカップ(W杯)、2008年、2012年、2016年と3度のオリンピックを経験。2011年と2019年のW杯では3位に入り、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックでは銀メダルを獲得していた。

また、キャプテンとしてもスウェーデンの中盤を支え、現在は国内のFCローゼンゴードでプレーするセゲルは、スウェーデンサッカー協会(SvFF)を通じて、新記録樹立に際しての喜びを露わにした。

「この時を楽しみしていました。ホームでこのような素晴らしい仲間と記録を更新できて、より特別な思いです」

「記録を更新できてとてもうれしく思います。もちろんとても良い気持ちです。テレスは、「記録は破られるべき」と言っており、遅かれ早かれ誰かが記録を超えるものだとわかっていたようでした。そして、彼女は私以外の選手が記録を作ることを望んでいないと言ってくれました。偉大なサッカー選手からの大きな言葉です」

「サッカーを始めたときの最大の夢は代表チームでプレーすることでした。デビューできたときは誇りに思いましたし、215回の国際試合で代表のユニフォームを着ることができて本当に光栄です」

東京オリンピックにも出場が決まっているスウェーデン。メンバーはこれからの発表となるが、セゲルが日本でプレーし、記録をさらに伸ばす可能性は大いにある。ベテランMFの記録更新に注目だ。

なお、女子の世界記録は元アメリカ女子代表FWクリスティンリリーが持つ「354」となっている。

関連ニュース
thumb

「普段泣くような人ではないけど…」インタビュー中に感極まり…決勝進出スウェーデン女子代表FWが涙

東京オリンピックの女子サッカーで決勝進出を決めたスウェーデン女子代表FWのコソヴァレ・アスラニがインタビュー中に感極まって涙を流した。 グループステージを全勝で勝ち上がったスウェーデンは、準々決勝でなでしこジャパンに3-1で勝利し、2日に行われた準決勝でオーストラリア女子代表と対戦すると、1-0で接戦を制し2大会連続の決勝進出を決めた。 後半45分までプレーしたアスラニは試合後、スウェーデン『SPORT BLADET』のインタビューに応じた。 「素晴らしいと感じています。上手く言葉では言い表せません。最初からこのチームはメダルを勝ち取れるチームだと感じていましたし、最初からそれが目標です。上手く説明できないですが、私たちは金メダルを取るためのすべてを持っていると感じました。私たちは決勝進出に値します。毎日そのために努力してきました」 すると、ここで感情的になったアスラニは目に涙を浮かべた。それでもすぐに感情をコントロールし、こう続けている。 「夢が叶えられそうだなんて待ちきれません。そのために毎日努力し、試合をしてきました。金メダルを獲るために私たちはここに来ています。私は普段泣くような人ではないですが、全試合に集中し、このチームに対し真剣に取り組んでいます。私たちは金メダルに値します」 また、アメリカ女子代表を破ったカナダ女子代表と相対する決勝戦への抱負も語っている。 「アメリカを倒した世界でベストなチームの1つです。フィジカルのバトルになるでしょう。私たちにとって2大会連続の決勝戦です。金メダルを取るためにできる限りのことを行いあと少し努力し続けます。トーナメントの試合ではこれを見せられました。このチームは特別で、私たちの目の前の試合には大きな意味があり、おそらくそれが涙の理由です」 前回のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックでは決勝となったドイツ女子代表戦に出場しながらも目の前で金メダルを逃しただけに、今大会への思いは人一倍強いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】インタビュー中に思わず目に涙を浮かべるスウェーデン女子FW</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSE8BU0o9v0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSE8BU0o9v0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSE8BU0o9v0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Aftonbladet(@aftonbladet)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.04 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

スウェーデンがカナダと初の王者懸けた決勝へ! オーストラリアはアメリカとの3決へ《東京オリンピック》

東京オリンピックの女子サッカー準決勝、オーストラリア女子代表vsスウェーデン女子代表が2日に横浜国際総合競技場で行われ、0-1で勝利したスウェーデンが決勝進出を決めた。 グループGをスウェーデン、アメリカに次ぐ3位で通過したオーストラリアは、準々決勝でグループE首位通過のイギリスと対戦。延長戦までもつれ込んだ壮絶な打ち合いを4-3で制し、史上初のベスト4進出を果たした。 一方、対戦相手のオーストラリアを4-2で破るなど、今大会唯一全勝を継続するスウェーデンは、準々決勝でなでしこジャパンを3-1で撃破。2大会連続での4強入りを果たした。 試合は立ち上がりから緊迫感のある攻防が続く。ボールの主導権を握ったのはオーストラリアだったが、スウェーデンの堅い守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 一方、カウンターを起点に縦に速い攻めを意識するスウェーデンは開始4分にアスラニが最初の枠内シュートを放つと、以降も散発ながらもよりゴールに迫るシーンを創出。23分にはペナルティアーク付近でロルフォが強烈な左足のミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないオーストラリアは、サイドを起点としたシンプルなクロスから攻め手を見出し始めると、前半終了間際の40分にはこの試合最大の決定機。ボックス手前の好位置で得たFKの場面でキッカーのケネディが鋭い右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれた。 共に1度ずつ明確な決定機を作り合った両者は0-0のスコアで後半に突入。後半も拮抗した展開が予想された中、いきなりゴールが生まれる。46分、ボックス手前でアンイエルダールが放ったシュートがDFにディフレクトしゴール前で大きく弾むと、GKマイカが何とか触ってクロスバーを叩く。このこぼれ球を繋いで最後はロルフォが右足のシュートを右隅へ流し込んだ。 緩い入りから先制を許したオーストラリアはすぐさま反撃を開始。右サイドのサイモンやラソが積極的に背後のスペースを狙い、決定機を作り出す。そして、後半半ば過ぎの74分にはボックス左に侵攻したキャトリーが角度のないところからニア上にシュートを飛ばすが、これはGKリンダールに阻まれた。 その後、互いに交代カードを切って行く中、オーストラリアが押し込む時間帯が続くが、スウェーデンも安定した守備対応で決定機を与えない。そして、試合終了間際にはロングカウンターから途中出場のフルティグが最終ラインのカーペンターと完璧に入れ替わって後方からのファウルを誘い、決定機阻止によるレッドカードを誘発し、勝負あり。オーストラリアとの接戦をモノにしたスウェーデンが2大会連続の決勝進出を決めた。 なお、スウェーデンは6日に新国立競技場で開催される決勝戦でカナダ女子代表と共に初の金メダルを懸けて激突する。 また、敗れたオーストラリアは5日に茨城カシマスタジアムで行われる3位決定戦で世界ランク1位のアメリカ女子代表と銅メダルを懸けて対戦する。 オーストラリア女子代表 0-1 スウェーデン女子代表 【スウェーデン】 ロルフォ(46分) 2021.08.02 22:08 Mon
twitterfacebook
thumb

スウェーデン守護神がなでしこジャパン&日本へ感謝のメッセージ「試合とおもてなしありがとう」

スウェーデン女子代表のGKヘドヴィグ・リンダールが、なでしこジャパンとの一戦を終えてメッセージを綴った。 スウェーデン女子代表は30日、東京オリンピックの準々決勝でなでしこジャパンと対戦。試合は効果的に得点を重ねたスウェーデンが3-1で勝利。ベスト4に駒を進めた。 優勝候補にも挙げられているスウェーデン。その守護神が、日本への感謝を綴り、日本の戦いを称えている。 「日本のみなさん、試合とおもてなしありがとうございました」 「日本チームはとても良い試合をしてくれました」 「準決勝に進出できたことはとても嬉しいですが、日本の選手や人々に対して、悲しい気持ちにもなりました」 「今後のご活躍をお祈りしています」 アップした写真は日本の守護神であるGK山下杏也加と握手しているものをアップ。この投稿には「金メダル取ってください!応援してます!」「そのまま優勝することを願っています」と日本に勝利したスウェーデンの優勝を願う声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】守護神同士の握手をアップし日本へ感謝のメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR9ABjbBoIY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR9ABjbBoIY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR9ABjbBoIY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hedvig Lindahl(@hedviglindahl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.31 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこメダルならず…強豪スウェーデンに力の差見せつけられベスト8で敗退《東京オリンピック》

なでしこジャパンは30日、東京オリンピック・準々決勝でスウェーデン女子代表と対戦し、3-1で敗れた。 グループEを1勝1敗1分けで終え、全グループの3位のうち上位2チームに入ったため、なんとか決勝トーナメント進出を果たしたなでしこジャパン。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドを相手にグループGで3戦全勝のスウェーデン女子代表が相手となったが、2大会ぶりの決勝進出を目指した。 強豪相手の試合に臨むなでしこジャパンは、直近のチリ戦からスタメンを5人変更し、フォーメーションは岩渕と田中が2トップに並ぶ[4-4-2]を採用。2列目は左から杉田、三浦、中島、長谷川が起用され、最終ラインには宮川、南、熊谷、清水が並んだ。GKは3戦連続先発の山下を起用した。 一方のスウェーデンはこれまでと同じく[4-2-3-1]の布陣。グループステージで3得点を挙げたブラックステニウスを3トップの中央に配置した。 なでしこは開始2分でいきなりピンチを迎える。敵陣からのロングボールにヤコブソンがフリーで抜け出しそのままシュート。しかし、ゴール左に外れ、何とか失点は免れた。 しかし、その5分後に先制点を許してしまう。CKの流れから左サイドを突破したロルフォにクロスを上げられると、エリクソンにボックス内で競り負けヘディングシュートを叩き込まれた。 その後は日本がボールを支配して繋いでいくも、後ろ向きで縦パスを受けるときに体を当てられてシュートまで持って行けない。完全にフィジカル面で優位に立たれ、奪われた後もスピードを活かしたスウェーデンのカウンターに手を焼いていた。 だが、マークが厳しい中央からゴールに向かうのではなく、相手の守備ブロックの外側にビルドアップの出口を作って攻め込んでいくと、23分に同点に追いつくことに成功。右サイドを駆け上がった長谷川がGKとDFの間にクロスを上げると、タイミングよく走り込んだ田中が合わせて試合を振り出しに戻した。 勢いがついたなでしこは、サイドハーフを内側に絞らせた[4-2-2-2]の陣形でボール保持をすることに。相手の2列目に対して数的優位を作り、マークを絞らせないポゼッションでゴールに迫るシーンを増やしていった。 31分には岩渕のパスに反応した田中がボックス内で倒されPKをゲット。しかし、VARが介入すると、主審のオン・フィールド・レビューが行われ、ノーファウルとなりPKは取り消された。 後半も日本が押し込もうとするが始まって間もない53分、またしても先に得点したのはスウェーデンだった。スルーパスに抜け出したブラックステニウスが、ボックス左からニアサイドをぶち抜いてゴール。エースの今大会4点目で再度リードすることに成功した。 スコアが動いてからもピンチが続いたなでしこは、ボックス内でシュートをブロックした三浦に対してVAR後のオン・フィールド・レビューで今度はハンドの判定。そのPKをアスラニに冷静に決められ、スコアは3-1に。 リードが2点に広がったことにより、ボール保持の権利を与えられたなでしこ。ボランチ、サイドハーフ、そして2トップが流動的にポジションチェンジをしてスウェーデンの選手を動かし、テンポよくボールを動かしていく。 守備に奔走し疲労が溜まった相手に対して効果的に前進したものの、ラスト30mでの精度を欠いてシュートに持ち込めない時間が続いた。 その後も途中投入の遠藤、北村、林が中央でボールを受けて相手守備ブロックを揺さぶるが、スウェーデンも集中力を切らさずに怒涛の攻撃を跳ね返し続ける。なでしこがおよそ20分間攻め続けたがゴールネットを揺らすことはなく、3-1でタイムアップ。日本は2大会ぶりとなるオリンピックだったが、準々決勝で敗退となった。 なお、スウェーデン8月2日に行われる準決勝で、イギリスとの対決を制したオーストラリア女子代表と対戦する。 スウェーデン女子代表 3-1 なでしこジャパン 【スウェーデン女子代表】 マグダレーナ・エリクソン(前7) スティーナ・ブラックステニウス(後8) コソヴァレ・アスラニ(後23) 【なでしこJAPAN】 田中美南(前23) 2021.07.30 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【なでしこプレビュー|準々決勝】金メダルへの一歩、優勝候補スウェーデンに立ち向かう/vsスウェーデン女子代表【東京五輪】

30日、東京オリンピックの女子サッカーの準々決勝が行われる。 グループステージでは想像以上に苦しんだなでしこジャパン。懸念されていた通り、格上との戦いでは相当な劣勢を強いられた。 21日の初戦カナダ女子代表戦は、先制されながらも終了間際に追い付いて1-1。24日のイギリス女子代表戦は0-1で惜敗し、最終節のチリ女子代表戦では1-0の勝利を収めて決勝トーナメント進出を決めた。 準々決勝の相手はFIFAランキング5位のスウェーデン女子代表。過去の対戦成績は5勝3分け5敗と五分だが、近年の両チームの成績を踏まえると、これまで以上にタフな試合が予想される。 <span class="paragraph-title">◆最少得点、最少失点</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> なでしこジャパンのグループステージでの成績は1勝1分け1敗。ここまで2失点は決勝トーナメント進出を決めた国の中で最少タイだ。 一発勝負のトーナメントは堅い試合になりがち。その意味では、ここまで大崩れしていない守備陣の粘りが、勝利を手繰り寄せるカギになるだろう。 スウェーデンはサイド攻撃を特徴とし、高さと強さを兼ね備えたFWも多数存在する。大前提としてクロスを上げさせない守備ができるかどうか。そして、両センターバックを中心に失点ゼロの時間をどれだけ続けられるかだろう。 一方で、2得点も8カ国中最少。攻撃面では親善試合のようにボールを支配して崩し切る場面を作り出せておらず、決定的なフィニッシュシーンまでに至っていない。 チャンスは増やしたいが、トーナメントであることを考えれば大きなリスクを避けたいのも事実。消極的かもしれないが、実力差を考えれば、機を窺いながらいかに少ないチャンスをモノにできるかだ。 2018年の女子アジアカップはまさにそのような展開で優勝を手にした。ジョーカーとなり得るカードも持っているだけに、我慢比べに挑むことが勝利への近道だろう。 <span class="paragraph-title">◆優勝候補の筆頭に!</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するスウェーデンは、初戦で優勝候補のアメリカ女子代表に3-0と快勝。女王に45試合ぶりの土を付け、一躍優勝候補の筆頭に躍り出た。 続く第2戦のオーストラリア女子代表戦を4-2で勝利して決勝トーナメント進出を決め、第3戦のニュージーランド女子代表戦はターンオーバーを決行しながら2-0で白星を収めている。 システムは2ボランチ型の[4-3-3]をメインに採用し、前線からのプレッシングとサイド攻撃、クロスを中心とする強敵だ。 両ウイングのFWソフィア・ヤコブソン、FWフリドリーナ・ロルフォを軸にサイドを崩し、中央ではチームの得点王FWスティーナ・ブラックステニウスが待ち構え、トップ下のFWコソヴァレ・アスラニが、3トップを自在に操る。 5年前の前回大会は銀メダル、2019年の女子ワールドカップ(W杯)は3位と結果を残しているが、世界大会でのタイトルは獲れていない。上記の2大会を経験したメンバーも多数存在し、悲願の初優勝に向けて機運は高い。 <span class="paragraph-title">◆スタメン予想[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nade20210730_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:山下杏也加 DF:清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、宮川麻都 MF:林穂之香、中島依美 MF:木下桃香、長谷川唯、杉田妃和 FW:菅澤優衣香 監督:高倉麻子 最終節まで予断を許されない戦いが続いていたため、DF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)、DF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を休ませることはできなかった。岩渕真奈(アーセナル/イングランド)のコンディション面も不安視されており、改めて中2日での連戦の難しさを感じさせる。 GKは山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)と予想する。これまでは押し込まれつつもGKのセーブ機会の少ない展開であったが、準々決勝は枠内に飛んでくるシュートが増えるだろう。ならば、ショットストップに優れる山下が優勢だろう。 最終ラインに関しては、前述の熊谷、清水を外す選択肢がないだろう。センターバックの相方はDF南萌華(三菱重工浦和レッズレディース)、左サイドバックは守備力を考慮してDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)だと予想する。特に南は空中戦に強く、増加が見込まれるクロス対応で力を発揮するはずだ。南、宮川ともにチリ戦では休養を与えられており、疲労度も問題ないと思われる。 ボランチのチョイスはMF中島依美(INAC神戸レオネッサ)とMF林穂之香(AIKフットボール/スウェーデン)と予想。中島は高倉監督が就任してから起用され続けているため、この大一番で外すとは考えにくい。相方はイギリス戦、チリ戦で好パフォーマンスを披露し、スウェーデンで揉まれている林と予想する。 2列目が3枚の場合、トップ下は長谷川唯(ミラン/イタリア)が濃厚だ。懸念は疲労度。第1戦、第2戦をほぼフル出場、チリ戦では点が欲しいはずの同点時の66分に途中交代していた。崩しのアイデアを持つ貴重なピースだけに、欠かすことはできないだろう。 サイドハーフは左にMF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)、右にはMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を大胆に予想した。杉田は前線からの守備もプレスバックも効いていた。攻撃にも推進力をもたらし、左サイドに活力を持たしている。右サイドはここまでMF塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース)が2試合に先発出場しているが、チリ戦で木下が見せたアグレッシブさは周囲に可能性を感じさせた。ニューヒロインの誕生という期待も込めてスタメンと予想する。 岩渕が万全ならば2トップを採用するだろうが、コンディションを考慮してベンチスタートと予想。トーナメントに入り延長戦の可能性もあるため、ジョーカー起用も決して悪い策ではないだろう。 そのため、1トップにはFW菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)を予想する。純粋なポストプレーになれるのは彼女だけだろう。前半をフィジカルで推す菅澤で引っ張り、後半から駆け引きを得意とするFW田中美南(レバークーゼン/ドイツ)という、第1戦や第3戦のような交代策が有力か。 ここまでは強豪国相手に苦戦を強いられているなでしこジャパン。だが、トーナメントではなにが起こるかわからないと、過去に実証したのもなでしこだ。スウェーデン代表戦は、19時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2021.07.30 16:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly