鳥栖FW石井快征、愛媛に武者修行 「大きくなって帰ってきます」

2021.06.15 12:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは15日、サガン鳥栖からFW石井快征(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「40」を着用する。

鳥栖下部組織出身の石井は世代別代表歴も持つ有望株で、2018年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。昨季は明治安田生命J1リーグ18試合出場で3得点を記録したが、今季はここまで5試合の出番にとどまり、無得点だった。

武者修行先でさらなる成長を目指す石井は愛媛を通じて「こんにちは。初めまして石井快征です。愛媛に関わる全ての方々に感謝をして頑張りますのでよろしくお願いします」と活躍を誓った。

一方、鳥栖を通じては「小さな頃から所属しているクラブを離れるのは寂しい気持ちもありますが、愛媛に行って大きくなって帰ってきます」とコメント。力をつけての復帰を約束した。

関連ニュース
thumb

愛媛がGK秋元陽太の負傷&手術を報告…全治まで4週間の見込み

愛媛FCは14日、GK秋元陽太の戦線離脱を報告した。 秋元は左ヒザ骨軟骨損傷および関節内遊離体の診断結果が下され、本日14日に手術。全治は手術日より4週間の見込みだ。 湘南ベルマーレから今季期限付き加入の秋元は明治安田生命J2リーグ開幕から20試合すべてで先発が続いたものの、7月4日に行われた第21節のブラウブリッツ秋田戦から欠場が続いていた。 2021.09.14 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

特徴は「キャプテンシーと攻撃的なプレースタイル」、愛媛が大阪体育大のDF小川大空の来季加入内定を発表

愛媛FCは13日、大阪体育大学のDF小川大空(21)の来季加入内定を発表した。 小川は大阪府出身で、阪南大学高校から大阪体育大学へ進学。2021年には関西選抜としてデンソーカップチャレンジサッカーに参加した。 また、今シーズンの関西大学サッカーリーグ1部ではここまで、8試合に出場し1アシストを記録していた。 小川はクラブを通じてコメントしている。 「この度、愛媛FCからオファーをいただき、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としての一歩を踏み出すことを決めました。ここまで自分を育ててくれた家族に感謝し、ともに切磋琢磨しあった仲間たちへ恩返しできるように、誇りと自信を胸にプロキャリアをスタートしたく思います」 「まずは、大阪体育大学で磨いた人間性をピッチの内外で発揮し、試合に絡むことはもちろん、自分の特徴であるキャプテンシーと攻撃的なプレースタイルで、チームの中心選手となれるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2021.09.13 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府が3ポイントを積み上げ勝ち点51で4チームが並ぶ 残留争いの一戦は打ち合いの末にドロー【明治安田J2第29節】

12日、明治安田生命J2リーグ第29節の2試合が各地で行われた。 正田醤油スタジアム群馬ではヴァンフォーレ甲府とザスパクサツ群馬が対戦。ここ数試合は足踏みが続いていた甲府だが、前節は京都サンガF.C.を叩いて5試合ぶりの勝利を手にした。かたや、前節はブラウブリッツ秋田に惜敗した群馬は、混戦が続く残留争いから抜け出したいところ。 開始早々の6分に甲府は右CKを得ると、野津田のインスイングのクロスに対し、高い打点から浦上がニアでヘディング。これがゴール左に吸い込まれ、J初ゴールで甲府に先制点をもたらした。39分には群馬の波状攻撃を受けるが、北川のシュートは須貝が体を張ってブロックする。 1点のリードで折り返した甲府は、後半の立ち上がりにも追加点。須貝が左のハイサイドからクロスを送ると、流れたボールを中央でウィリアン・リラが受けて右へはたく。荒木が左足で豪快に蹴り込んでネット揺らした。 勢いの止まらない甲府は66分、長谷川がペナルティエリア右へスルーパスを送ると、荒木が抜け出して折り返す。中央でディフレクションのあったボールをファーでウィリアン・リラが詰めて3点差に。大きくリードを広げた甲府が2連勝を飾っている。 11日の結果を受けて再び最下位に転落した愛媛と、降格圏に再び足を踏み入れた大宮アルディージャの一戦はニンジニアスタジアムで行われた。 馬渡のクロスに奥貫が頭で合わせて先制した大宮だったが、愛媛も38分に小暮のクロスから藤本がヘディングでネットを揺らして同点に。さらには、42分に右CKから川村のキックを西岡大志がニアで合わせ、愛媛が逆転して折り返した。 後半も互いがゴールへの執念を見せる。大宮は58分にワンツーで右サイドへ抜け出した奥抜がクロス。菊地に当たったボールが小暮のオウンゴールを誘発し同点に追いつくと、愛媛もその4分後に石井のゴールで三度勝ち越し。 しかし、その4分後にまたも大宮が食らいつく。右CKに河田が頭で合わせて振り出しに。終始積極的な姿勢を貫いた両チームだが、壮絶打ち合いはこのまま試合終了。勝ち点1を分け合っている。 ▽9/12(日) ザスパクサツ群馬 0-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府</span> 愛媛FC 3-3 大宮アルディージャ ▽9/11(土) ジェフユナイテッド千葉 1-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ</span> 2-0 松本山雅FC アルビレックス新潟 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形</span> 水戸ホーリーホック 0-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C.</span> 2-1 FC琉球 レノファ山口FC 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア</span> V・ファーレン長崎 0-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州</span> 1-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC</span> 2021.09.12 22:06 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛と北九州のボトム対決は2-2の痛み分けに【明治安田J2第25節】

明治安田生命J2リーグ第25節の愛媛FCvsギラヴァンツ北九州が15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 21位の愛媛(勝ち点20)と最下位の北九州(勝ち点19)による一戦。先手を取ったのはホームの愛媛。22分、最終ラインの内田から前線の藤本にボールが渡ると、マークを振り解きボックスへ侵入。最初のシュートはGKに止められてしまうものの、セカンドボールを自ら押し込んで先制点を挙げた。 しかし北九州も37分、攻め込む中でボックス左でボールを持った福森のマイナスの折り返しを新垣がペナルティアークからダイレクトで蹴り込んで振り出しに戻す。 さらに、後半立ち上がりの53分には、敵陣でボールを奪った西村が前進し、ボックス左の髙橋へラストパス。髙橋は左足でゴールに突き刺し、逆転に成功した。 このままいけば最下位脱出となる北九州だったが、愛媛は75分、左CKを藤本が足裏で押し込んで再び同点に。試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。 ◆第25節 ▽8/15(日) 愛媛FC 2-2 ギラヴァンツ北九州 ▽8/14(土) ジェフユナイテッド千葉 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原</span> 2-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック</span> 大宮アルディージャ 1-1 ブラウブリッツ秋田 FC町田ゼルビア 1-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 2-1 東京ヴェルディ 栃木SC vs ザスパクサツ群馬※新型コロナウイルスの影響により中止 レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢※悪天候のため中止 松本山雅FC vs 京都サンガF.C. ※悪天候のため中止 V・ファーレン長崎 vs モンテディオ山形※悪天候のため中止 2021.08.15 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛が2人目のDF補強! 松本DF高木利弥を期限付き移籍で獲得「チームの目標に貢献できるよう精進します」

愛媛FCは22日、松本山雅FCのDF高木利弥(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は、2022年1月31日まで。松本との公式戦には出場できない。背番号は「27」をつける。 高木は元日本代表FWでSC相模原で指揮を執る高木琢也監督の息子。FC東京U-15深川から帝京高校、神奈川大学を経て、2015年にモンテディオ山形へと入団する。 山形では3シーズンを過ごすと J1で20試合、J2で69試合1得点を記録。2018年にジェフユナイテッド千葉へと移籍すると、14試合2得点を記録し、シーズン途中に柏レイソルへと完全移籍する。 柏ではJ1で17試合に出場するもチームは降格。J1では出番が与えられないと、2019年途中に松本へと加入した。 松本では2シーズン半でJ1で1試合、J2で16試合に出場も、今シーズンはリーグ戦の出場はなし。天皇杯で1試合に出場したのみだった。 高木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「このたび、松本山雅FCから加入することになりました、高木利弥です。チームの目標に貢献できるよう精進します。よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「このたび、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。応援してくれているファン、サポーターの皆さんに頑張ってる姿をこれからも見せていきたいと思います。ありがとうございました」 2021.07.22 12:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly