ペップ、バルサ会長にラポルテを売り込みか…マジョルカで開催されたゴルフ大会で再会

2021.06.14 14:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、スペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(27)の売り込みを図っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。先日までスペインのパルマ・デ・マジョルカで行われていた『レジェンド・トロフィー』というエキシビジョンのゴルフ大会に参加していたグアルディオラ監督。同大会はフットボール界のレジェンドたちが一堂に会して開催されたイベントで、他にはアルゼンチンの名ストライカーであったガブリエル・バティストゥータ氏や、元オランダ代表でリバプールなどで活躍したディルク・カイト氏、バルセロナにレアル・マドリー、さらにはアトレティコ・マドリーでプレーし、西ドイツ代表として1980年のユーロ制覇も成し遂げたベルント・シュスター氏、元フランス代表監督のローラン・ブラン氏など、そうそうたるメンツが顔を揃えた。

また、今年3月に11年ぶりにバルセロナの会長に就任したジョアン・ラポルタ氏も参加しており、グアルディオラ監督と再会。『ムンド・デポルティボ』によると、コース場で行われたのはゴルフだけではなかったという。

ラポルテに関してはバルセロナの関心が以前から伝えられており、DFサミュエル・ユムティティやDFクレマン・ラングレを売却し、その分をスペイン代表DFの獲得に充てる計画を企てていると伝えられている。

2018年冬にクラブ史上最高額となる5700万ポンド(当時約87億円)でアスレティック・ビルバオからシティに加入したラポルテ。昨シーズンはヒザに重傷を負って長期離脱し、今シーズンは新加入のポルトガル代表DFルベン・ディアスとイングランド代表DFジョン・ストーンズがファーストチョイスとなったため、プレミアリーグ18試合の出場にとどまっていた。

仮にバルセロナがラポルタを獲得した場合、FWセルヒオ・アグエロとDFエリック・ガルシアに続く、今夏にシティから獲得する3人目の選手となる。
関連ニュース
thumb

シティのPSMが新型コロナの影響で中止に、フランスからの帰国時に10日間の隔離期間が必須に

マンチェスター・シティは21日、トロワとのプレシーズンマッチを中止にすることを発表した。 シティ・フットボール・グループ(CFG)同士のプレシーズンマッチは、7月31日に開催予定。フランスで実施される予定だった。 しかし、イギリス政府による渡航制限が改定され、フランスからの帰国者は10日間の隔離措置を取らなければいけない状況となったため、今回の親善試合をキャンセすることになったという。 シティは27日にプレストンとのプレシーズンマッチがあるが、2020-21シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、8月7日にFAカップ王者のレスター・シティとのコミュニティ・シールドが控えており、10日間の隔離期間中に試合が行われることとなるためにキャンセルとなった。 なお、プレミアリーグの開幕戦は8月15日にトッテナムと行われる。 シティはここまでプレシーズンマッチを行なっておらず、27日のプレストン線が、シーズン開幕前の最初で最後のプレシーズンマッチとなるようだ。 2021.07.22 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

兄を追い掛けシティからヴォルフスブルクへ、MFフェリックス・エンメチャが完全移籍

ヴォルフスブルクは21日、マンチェスター・シティの元U-19イングランド代表MFフェリックス・エンメチャ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間。背番号は「22」をつける。 エンメチャはハンブルク出身で、ドイツとイングランドにルーツを持ち、2008年にシティの下部組織に加入した。ファーストチームには昇格していないものの、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグでそれぞれ1試合に出場し1ゴールを記録している。 シティのU-23チームでは47試合に出場し15ゴール5アシスト。トップ下やセントラルミッドフィルダーでプレーした。 また、世代別の代表ではU-16、U-18、U-19のイングランド代表と、U-18、U-19のドイツ代表を経験している。 エンメチャは今回の移籍について「ここに来られて嬉しい。ヴォルフスブルクが僕を信頼してくれたことに感謝する。チームのために最善を尽くし、成功する準備ができている」とコメントしている。 なお、今夏ヴォルフスブルクは兄のU-21ドイツ代表FWルーカス・エンメチャ(22)もシティから完全移籍で獲得しており、兄弟揃ってヴォルフスブルクへと活躍の場を移すこととなった。 2021.07.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シティが19歳のポルトガル代表SBヌーノ・メンデスに興味! スポルティングは54億円要求の姿勢か

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンのポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(19)に興味を示しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 スポルティング生え抜きのヌーノ・メンデスは2020年6月のリーグ戦でトップチームデビュー。当時同じポジションでレギュラーだったDFマルコス・アクーニャの負傷離脱で出番が回ってくると、瞬く間に監督の信頼を掴み、その後のリーグ戦全9試合に出場。そのうち8試合は先発だった。 シーズン終了後にアクーニャがセビージャに移籍したことで、昨季は完全に定位置を掴み公式戦35試合に出場。また、今年の3月にはポルトガル代表デビューも果たし、ユーロ2020にもメンバー入り。出場機会はなかったが、今後の成長が期待される大器として注目されている。 そして、いち早く目をつけたのがシティだ。将来的に左サイドバックを担う逸材として先行投資を考えているようだ。しかし、ロマーノ氏によるとスポルティングは5000万ユーロ(約54億5000万円)の値札を貼っているようで、少なくとも3000万ユーロ(約38億7000万円)以下のオファーは受け付けないとのことだ。 2021.07.19 20:59 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、プレミア復帰噂のルカクはキープ? 上層部と会談の代理人が示唆

プレミアリーグ復帰の憶測が浮かぶベルギー代表FWロメル・ルカク(28)だが、新シーズンもインテルでプレーしそうだ。 インテル加入2年目の昨季、セリエAで得点ランキング2位の24ゴールを記録して、チームの11年ぶりとなる優勝に貢献したルカク。今や押しも押されもせぬインテルの絶対的スコアラーだが、マンチェスター・シティのほか、古巣チェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示しているといわれる。 また、インテルは新型コロナウイルス感染拡大で財政難に陥り、経営規模縮小に舵。その結果、スクデット獲得に導いたアントニオ・コンテ氏が去り、数選手の売却も強いられ、加入1年目から存在感を示したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)を先日に放出した。 そうしたチーム事情もあり、移籍の可能性がまことしやか取り沙汰されるルカクだが、今週にインテルの上層部と面会した代理人のフェデリコ・パストレロ氏は『FCInterNews』で「うまくいったよ。様々な状況を把握することができた」と会談を振り返り、残留の方向性を示した。 「インテルのルカクに対する姿勢は落ち着いているか?」と問われると、「そうだね、もちろんだ、そう確信している。ロメルは休暇中で、彼にとって必要だ。何の問題もないよ」と返している。 2021.07.18 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチーニに恨み節炸裂のブリッジ氏、イタリアのユーロ優勝は「最悪だった」

元イングランド代表のウェイン・ブリッジ氏が、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督のユーロ2020優勝にひどく傷ついたことを明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日にイタリア代表の優勝で幕を閉じた今回のユーロ。イタリアはグループステージから白星を並べ、決勝のイングランド代表戦の勝利で無敗記録を34試合、連勝記録を15試合に伸ばし、完全優勝を果たした。 誰もがイタリアに称賛を送る中、歯がゆい思いをしているのがブリッジ氏だ。元スリーライオンズとしてイングランドが敗れた悔しさはもちろんあるだろうが、個人的に許せないのがマンチーニ監督に優勝を許してしまったことだという。 両者は2009-10シーズンにマンチェスター・シティで監督と選手という関係になった。2009年1月に同クラブに加入したブリッジ氏はマーク・ヒューズ監督の下でレギュラーとして活躍していたが、同年12月にマーク・ヒューズ監督の解任に伴い、マンチーニ監督が就任すると、その立場は激変。 イタリア人指揮官の初陣でいきなりベンチ外という扱いを受けると、翌シーズンは完全に戦力外とみなされ、追われるようにウェストハムへレンタル移籍。その後もサンダーランドやブライトンにレンタルに出され、マンチーニ監督の在任中はほとんどシティでプレーできないまま、2013年夏にレディングへ完全移籍した。 その背景もあり、ブリッジ氏のマンチーニ監督に対する恨みは相当なもの。あるインタビューで「嫌い」と断言し、「監督だと思ったことはない」と切り捨てた。 「私はマンチーニが嫌いなので、イタリアの優勝にはひどく傷ついたよ。私が彼を愛していないことは皆知っているだろう」 「これまで会った中で最悪とまでは言わないが、別段戦術に優れているわけではない。(今大会の)彼の戦い方は良かった。言いたくはないがね」 「私の家族はイングランドを応援していただけでなく、マンチーニが負けることを願っていた。だからこそショックは大きかった。私は彼を監督だと思ったことは一度もない」 憎しみが収まらないブリッジ氏はさらにシティ時代の逸話を告白。監督の器量を備えていないと言い切った。 「彼がマンチェスター・シティでリーグを制覇したことは賞賛に値するし、シティのファンは彼を愛しているだろうが、当時の選手やチームを見れば、それこそがリーグを制覇した理由であり、監督の実力ではない」 「我々の練習相手はマネキンだった。そんなものフットボールではない。サイドバックの我々に対して彼は2つの選択肢しか提示しなかった」 「クレイグ・ベラミーが『試合でこういう場合はどうするんだ』と尋ねようとすると、マンチーニは『うるさい、黙れ』と払いのけて、結局家に帰してトレーニングに参加させなかった」 「監督として本当に理解できない人物だ」 2021.07.17 17:24 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly