デュッセルドルフが千葉の下部組織出身のDF内野貴志を獲得「希望した選手の1人」

2021.06.10 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デュッセルドルフは9日、レギオナルリーガ(ドイツ4部)のアレマニア・アーヘンに所属する日本人DF内野貴志(20)の獲得を発表した。内野はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、2018年7月にFCデューレン(ドイツ5部)のU-19チームに入団。その後、ファーストチームへと昇格していた。

右サイドバックを主戦場にボランチや左サイドバックでもプレー。今シーズンはドイツ4部で35試合に出場していた。

デュッセルドルフのフランク・シェーファーディレクターは、内野の獲得に大きな期待を寄せている。

「内野貴志は最初から我々が希望していた選手の1人だ。今回の移籍を実現できたことを、とても嬉しく思っている」

「昨シーズン“タカ”はとても若い選手でありながら、アレマニア・アーヘンの絶対的なレギュラーとして活躍し、多くの地域リーグでの経験を積むことができた」

「とても積極的でアグレッシブなサッカーを展開し、その俊敏性で座へ向かうプレーに重要なインパクトを与えることができる。とてもポジティブな性格で、我々のチームにとてもよくフィットするだろう」

なお、内野は当面はU-23チームに所属。そこからファーストチームへと昇格できるのか注目だ。
関連ニュース
thumb

田中碧加入のデュッセルドルフがMFアペルカンプ真大と2026年まで契約延長「故郷のような存在」

デュッセルドルフは22日、U-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大(20)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月30日までとなる。 ドイツ人の父と、日本人の母の間に生まれたアペルカンプ真大は、三菱養和SCのジュニアユース出身。その後、デュッセルドルフのユースに入団すると、2019年9月にプロ契約を結んだ。 2020-21シーズンはブンデスリーガ2で21試合に出場し6ゴール1アシストを記録。右ウイングを主戦場とするアペルカンプ真大は、国内での評価を高めると、U-21ドイツ代表候補として5月にトレーニングキャンプに招集。その後、U-21欧州選手権のメンバーに招集されたが、出番はなかった。 アペルカンプ真大は今回の長期契約締結についてコメントしている。 「フォルトゥナはドイツの僕のクラブであり、私にとって大きな意味があります。フォルトゥナは家族であり、僕にとっては故郷のような存在です」 「2026年まで契約を提示されたことは、強力なサインです。この信頼に応えたいと思います。僕たちは良い議論ができ、責任者は僕に明確な計画を与えてくれました。僕たち共通の目標があり、それに向かって努力します」 デュッセルドルフには、川崎フロンターレからU-24日本代表MF田中碧が今シーズンから加入。2人の共演も楽しみだ。 2021.07.22 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.77】ドイツ2部→1部での成功という「遠藤航コース」を歩めるか?まずは東京五輪で活躍を/田中碧(デュッセルドルフ/MF)

7月22日の東京五輪初戦・南アフリカ戦まで3週間あまり。7月5日のU-24日本代表再始動に向け、すでに堂安律(ビーレフェルト)ら欧州組が自主トレに入っているが、7月1日から新たに欧州組の仲間入りを果たす田中碧(デュッセルドルフ)も間もなく帰国。大舞台に向けて本格的に動き出す。 目下、ウズベキスタンでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦中の川崎フロンターレから「遠征に帯同しない」と発表された時点で、海外移籍決定秒読み段階に入っていた田中碧。6月26日(日本時間27日未明)にドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの正式契約が明らかにされた。当初は買い取りオプション付きのレンタル移籍だが、本人はいずれ欧州で大きく羽ばたくという野心を抱いている。 「あえてドイツ2部に行く必要はない」「もう少し待っていれば1部からのオファーが来る」といった意見もSNSなどで散見されたが、デュッセルドルフはかつて原口元気(ウニオン・ベルリン、18年1月~6月)と宇佐美貴史(G大阪、17年夏~19年夏)もプレーした名門。彼らは2部からスタートして1部昇格を経験したが、田中碧も同じ道を歩む可能性も少なくないだろう。 ドイツ屈指の日本人街として知られるデュッセルドルフは初めての欧州移籍選手にとっては恵まれた環境。スタジアムや練習環境も1部と比べてもそん色はない。加えて言うと、三菱養和出身のアペルカンプ真大が在籍。日本語の話せる仲間がいることで、新天地適応はよりスムーズに進むだろう。 昨季終盤のデュッセルドルフの布陣を見ても、アペルカンプは35歳のアンカー、アダム・ボジェクや27歳のマルセル・ゾボトカらとともに中盤を形成していた。ボジェクは経験値は高いものの、年齢的なことを考えるとフルシーズンは厳しい。そこに田中碧が入り込むチャンスは大いにある。そういった要素を複合的に検証し、欧州でのファーストステップを考えるうえで適切なクラブだと判断したからこそ、彼はドイツ2部からの出発を決めたのだ。 決断に当たっては、6月のU-24日本代表活動で初めてボランチコンビを組んだ遠藤航(シュツットガルト)の存在も大きかったと見られる。 「遠藤航選手は日本で一番のボランチ。隣でプレーさせてもらっているすごく幸せですし、学ぶものは多い。守備の強度の部分、球際の部分、前に出ていく部分、予測の質と回数の多さ…、そういうところは今まで一緒にやってきた選手の中では段違い」と田中碧自身も絶賛していたが、その遠藤航もまたベルギーからドイツ2部を経由してドイツ1部・デュエル王に飛躍した選手である。 おそらく代表活動期間中に移籍に関する相談もしただろうが、遠藤航は背中を力強く押してくれたはず。中盤の選手が海外で成功しようと思うなら、屈強で大柄な相手との駆け引きやボール奪取のタイミング、パス出しの感覚を体得し、持てる力をピッチで最大限表現できる状況を作らなければいけない。フィジカル色の強いドイツ2部はある意味、理想的な環境とも言える。ここでコンスタントに出場機会を得て、自信と経験を蓄えていけば、近い将来のステップアップやA代表定着も見えてくる。日本屈指の逸材である田中碧はそういう軌跡を辿らなければいけないのだ。 21-22シーズンのドイツ2部開幕は7月23日。それを視野に入れると、本来は今からキャンプに合流し、戦術理解を深める方が成功の早道だ。が、彼には直近の東京五輪という大舞台が待っている。そこで決勝まで勝ち上がるとすれば、デュッセルドルフ合流は8月中旬になってしまうため、直後からの活躍というのは難しいかもしれない。それでも、五輪メダルを引っ提げて新天地に赴けば、周囲からの見方も違ってくる。ブンデス1部デュエル王の遠藤航と揃って大活躍すれば、ひと際インパクトも大きくなるだろう。そうやって見る者を驚かせた状態でドイツでの新たなキャリアを踏み出せれば、まさに理想的。そのためにも、1次リーグ3戦にまずは全力を注ぐことが肝要だ。 南ア、メキシコ、フランスという相手はどこも難敵。フランスは2010年南アフリカ・ワールドカップやユーロ2016に参戦経験のあるFWアンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス)らオーバーエージ枠3人を含むメンバーを発表。現在ユーロ2020を戦っているキリアン・ムバッペ(PSG)らは選外になったものの、タレント揃いなのは間違いない。 初戦から着実に勝ち点を積み重ねていかなければ、メダルという大目標には手が届かない。それは王者・川崎で帝王学を学んできた田中碧にはよく分かっていること。1つ1つのプレーの精度をより高め、攻守両面で効果的な仕事をしていくことが強く求められている。 「フロンターレはほとんどの試合で勝っているし、リードしてゲームをコントロールする時間が長いと思うけど、負けている時にどういうプレーが効果的かボールを奪いに行けるかどうかはもっと見たい」と吉田麻也(サンプドリア)も注文をつけていた。果たしてその要求に応えられるのか。日本のダイナモとして眩い光を放つことができるのか。 東京五輪開幕が今から楽しみでならない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.06.28 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「フロンターレで学んだことすべてを生かして頑張りたい」川崎FもMF田中碧のデュッセルドルフ移籍を発表

川崎フロンターレは28日、U-24日本代表MF田中碧(21)がドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付き移籍することを発表した。 川崎Fのアカデミーで育った田中は2017年にトップチーム昇格を果たすと、2019年にJリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞。昨季はベストイレブンにも輝き、今季も川崎Fの中盤で主軸を務めるなかで、22日に発表された東京オリンピックのメンバーにも入った。 ここまでJ1通算で79試合に出場し8得点を記録している田中。今シーズンはさらに存在感を増し、ここまで20試合に出場し1得点を記録していた。 すでにデュッセルドルフ側は田中の加入を発表。買い取りオプション付きの期限付き移籍となり、2022年6月30日までの契約をとなる。 田中は川崎Fを通じてもコメントしている。 「この度、フォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付き移籍することになりました。僕は小学生の時に川崎フロンターレのアカデミ―に入り、そこからプロサッカー選手になることができました」 「フロンターレではたくさんのことを経験させてもらい、人間としてもサッカー選手としても成長させてもらいました。素晴らしいスタッフ、素晴らしいサポーター、そして偉大な先輩方とサッカーができたこと心から感謝してます」 「僕はフロンターレしか知りません。このフロンターレで学んだことすべてを生かして頑張りたいと思います。また今、アカデミーに所属している選手たちやフロンターレを目指している子どもたちにフロンターレでプレーすれば代表や世界の選手達と対等に戦えるんだぞという姿を見せてきたいと思います。フロンターレのこれからの躍進を心から願ってます。今までありがとうございました」 2021.06.28 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF田中碧、ドイツ2部デュッセルドルフ移籍が正式決定! 1年間のレンタル移籍で買取OP付き

フォルトゥナ・デュッセルドルフは26日、U-24日本代表MF田中碧(22)の獲得を発表した。1年間のレンタル移籍での加入となり、買い取りオプションもついている。 川崎Fのアカデミーで育った田中は2017年にトップチーム昇格を果たすと、2019年にJリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞。昨季はベストイレブンにも輝き、今季も川崎Fの中盤で主軸を務めるなかで、22日に発表された東京オリンピックのメンバーにも入った。 ここまでJ1通算で79試合に出場し8得点を記録している田中。今シーズンはさらに存在感を増し、ここまで20試合に出場し1得点を記録していた。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むチームから移籍のために離脱した田中は、無事にチームと契約。さらに、選出されている東京オリンピックにも無事に出場が可能となる。 田中はクラブを通じて移籍についてコメントしている。 「個人としてこの大きな一歩を楽しみにしています。ユースから在籍したクラブを離れるのは簡単ではありませんでしたが、フォルトゥナでの自分の役割に興奮しています。チームメイトたちに会えるのが待ちきれません」 デュッセルドルフは、過去にも日本人が在籍しており、FW大前元紀(現ザスパクサツ群馬)やMF金城ジャスティン俊樹(現ザスパクサツ群馬)、FW宇佐美貴史(現ガンバ大阪)、MF原口元気(現ウニオン・ベルリン)らがプレー。現在は日本人とドイツ人のハーフであるU-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大が所属している。 今シーズンのデュッセルドルフは終盤まで昇格争いをしていた中、5位でフィニッシュ。来季も2部を戦うことになる。これまでもドイツ2部を経由して飛躍した選手は多くおり、田中が加入となれば、ハノーファーのDF室屋成らとの対戦も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【動画】デュッセルドルフのスタジアム訪問やメディカルチェックを受ける田中碧</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Herzlich Willkommen, Ao Tanaka <a href="https://twitter.com/hashtag/f95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#f95</a> | | <a href="https://twitter.com/hashtag/Tanaka?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Tanaka</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フォルトゥナ</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#デュッセルドルフ</a> <a href="https://t.co/6Jrarm5chJ">pic.twitter.com/6Jrarm5chJ</a></p>&mdash; Fortuna Düsseldorf (@f95) <a href="https://twitter.com/f95/status/1408737276696350720?ref_src=twsrc%5Etfw">June 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.26 20:05 Sat
twitterfacebook
thumb

田中碧が移籍濃厚のデュッセルドルフにまつわる思い出/六川亨の日本サッカーの歩み

川崎Fの田中碧がブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへ移籍することが濃厚となっている。契約は1年間の期限付き移籍とのことだ。チームは6月26日から始まるACL1次リーグの集中開催地ウズベキスタンへ移動したが、田中碧は帯同せず、チームから離脱したと川崎Fは発表した。 遅かれ早かれというか、田中碧と三笘は東京五輪後に移籍すると思っていた。しかし五輪を目前に移籍を決めたのは意外だった。スポーツ紙などの報道によると、近日中にドイツへ渡るらしい。恐らくメディカルチェックなどの検査のためだろう。 そこで問題になるのは、田中碧は東京五輪に出るのかどうかだ。ブンデスリーガ2部は7月23日に開幕する。キャンプやプレシーズンマッチに参加するには、渡独してそのまま居残ることになるだろう。そうなれば、7月22日の五輪開幕戦、南アフリカ戦は欠場となる。 ただし、期限付き移籍で合意しても、「東京五輪のメンバーに選ばれたら五輪を優先する」という契約になっていれば問題はない。18名のメンバー発表は明日の14時なので、その時点で田中碧の今後が判明するだろう。 その田中碧が移籍するデュッセルドルフは、過去にも原口や宇佐美がプレーしたが、日本企業が多数進出し、日本人学校もあるヨーロッパでも有数の“日本人街”だ。 過去に2度ほど取材のベースキャンプとして滞在したことがある。最初は1988年のEUROを取材した際に滞在し、ここをベースにケルンやフランクフルト、ミュンヘン、ハンブルグなどへ足を伸ばした。 当時のEUROは8チームの大会だったため、かなりのんびりと取材できた思い出がある。とはいえ試合はいつも“緊張感”を伴っていた。なぜかというと「フーリガニズム」が全盛時代だったからだ。 グループA(西ドイツ、イタリア、スペイン、デンマーク)の初戦で地元西ドイツはイタリアと1-1で引き分けたが、試合会場のデュッセルドルフと駅周辺は平穏そのもの。ところがグループB(イングランド、オランダ、ソ連、アイルランド)の初戦でイングランドはアイルランドに、オランダはソ連にいずれも0-1で敗れた。 当日はケルンでのオランダ対ソ連戦を取材したが、試合後に少し遅れてケルン駅に向かうと、駅のガラスは粉々に砕け、路上にはいたるところに血痕がある。オランダのフーリガンが暴れた結果だとすぐにわかった。 そこで西ドイツはイングランドとオランダの試合になると、ハーフタイムにはビートルズの「愛こそはすべて」や「イエローサブマリン」など牧歌的なメドレーを流し、試合後は両チームのサポーターは会場に止め、先に対戦相手や地元のファン・サポーターを退場させる。スタンドが空席になってから、一角にまとめられたイングランドとオランダのファン・サポーターは駅への帰路につくが、その際も両脇を騎馬警官が囲んで商店を壊されないよう、寄り道をしないよう目を光らせていた。 イングランドのファン・サポーターからしてみれば、2年前のメキシコW杯ではガリー・リネカーが得点王になったし、ベスト8でアルゼンチンに敗れたものの1点はマラドーナの“神の手ゴール”による不正な得点だった。このため88年のEUROでは優勝を期待していた。しかし結果は3連敗の最下位で西ドイツを後にしなければならなかった。 ちなみに優勝したのはフリット、ファン・バステン、ライカールトを擁するオランダ。ソ連との決勝では後方からのロングボールをそのままボレーでGKダサエフを破ったファン・バステンの2点目は、いまなお20世紀最高のビューティフルゴールとして語り草になっている。 そして2度目の滞在は05年のコンフェデレーションズカップだった。なぜデュッセルドルフに滞在したかというと、隣国オランダでワールドユースが開催されていて(大熊監督で、GK西川周作、本田圭祐、家長昭博、平山相太らがいた)、日本の試合会場であるケルクラーデはデュッセルドルフとは目と鼻の先だった。このためレンタカーで両都市間を行き来した。 現在もあるかどうか不明だが、デュッセルドルフの繁華街には三越デュッセルドルフがあり、そこの1階にある昔ながらの床屋で髪の毛を切った記憶がある。日本人駐在員の主婦が談笑しながら街を歩き、日本の食材専門のスーパーマーケットもあった。鉄板焼きや寿司屋、定食屋に加え、当時は「なにわ」というラーメン屋がオープンしたばかりで、人気になっていると聞いて並んだものだ。 日本人にとって過ごしやすい都市がデュッセルドルフでもある。ただし、だからといってドイツ語や英語など語学を学んで監督やチームメイトと意思の疎通を図らないと、ヨーロッパで長くプレーすることはできないことをGK川島やDF吉田が証明している。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.06.21 21:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly