マインツ、守備の要ベルと2023年まで契約延長

2021.06.08 23:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは8日、ドイツ人DFシュテファン・ベル(29)と2023年まで契約を延長したことを発表した。

マインツの下部組織出身で、2010年にトップチームデビューを飾ったセンターバックのベルは、これまでマインツで公式戦212試合に出場して11ゴール11アシストを記録。

今季は前半戦こそベンチ外が続いていたものの、ボ・スベンション監督が就任した年明けの後半戦以降、レギュラーに復帰。リーグ戦16試合に出場し、降格圏の17位に沈んでいたチームを12位まで浮上させ、守備の要として残留に貢献していた。

ロシアのFCクラスノダールから関心を持たれていたようだが、自身が育ったマインツへの忠誠を誓っている。


関連ニュース
thumb

マインツ、期待の若手FWブルクハルトと2024年まで契約延長

マインツは10日、U-21ドイツ代表FWジョナタン・ブルクハルト(20)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたブルクハルトは、公式サイトで喜びと来季に向けた意気込み語った。 「自分の成長のためには、マインツに残ることがベストだと思った。なぜなら、ここで終わりには程遠いし、まだまだ成長できると思っているからね。何よりも、次のシーズンではさらに一歩進んで、より多くのゴールを決めたいと思っているよ」 「再びサポーターの前でプレーし、自分に何ができるかを示せることが本当に嬉しい。マインツは僕にとってホームのようなものだ。とても居心地がいいよ。だからこそ、契約をさらに2年間延長できたことにとても満足しているよ」 2014年にダルムシュタットの下部組織からマインツの下部組織に入団したブルクハルトは、U-17チーム、U-19チームと順調に昇格を果たし、2018年の夏に17歳でトップチームに昇格。2018-19シーズンのブンデスリーガ第3節アウグスブルク戦でトップチームデビューを果たすと、今季はブンデスリーガ29試合に出場し2ゴール2アシストをマークしていた。 また、各年代のドイツ代表に選出されているブルクハルトは、先日まで行われていたU-21欧州選手権にもドイツ代表として参加。全試合に出場するなど2大会ぶり3度目の優勝に貢献していた。 2021.06.11 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

PSV、今季マインツの主力DFムウェネがフリー加入

PSVは1日、マインツからオーストリア人DFフィリップ・ムウェネ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 母国のオーストリア・ウィーンの下部組織出身のムウェネは、シュツットガルト、カイザースラウテルンを経て、2018年にマインツへ完全移籍で加入。 在籍3年間では度重なる負傷に悩まされた中、左右のサイドバックとサイドハーフを主戦場にここまで公式戦31試合に出場。今シーズンは左ウイングバックでリーグ戦20試合に出場し、1ゴール2アシストの数字を残していた。 慣れ親しんだドイツを離れ、オランダ屈指の名門での新たなチャレンジを選択した27歳は、「PSVはトロフィーを獲得したいと考えているビッグクラブであり、タイトルレースで最後まで戦うことができる。そして、それこそ僕が求めていた新たな挑戦なんだ」と、意気込みを語っている。 2021.06.02 23:26 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、フランクフルトMFコールの1年レンタル延長を発表

マインツは29日、フランクフルトのドイツ人MFドミニク・コール(27)とのレンタル期間を1年延長したことを発表した。 レバークーゼンでプロデビューを飾ったコールは、レンタル先のアウグスブルクで頭角を現し、2017年夏にレバークーゼンに復帰。そして2019年夏にフランクフルトに完全移籍し準主力としてプレーしていたが、今季前半戦はベンチを温める機会が多く、出場機会を求めて1月にマインツへレンタル移籍していた。 そのマインツではレギュラーとしてプレー。リーグ戦14試合に出場し、降格圏に沈んでいたチームを残留に導く活躍を見せていた。 2021.05.29 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツがバレイロと2024年まで契約延長

マインツは27日、ルクセンブルク代表MFレアンドロ・バレイロ(21)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 現行の契約から2年延長した新契約にサインしたバレイロは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「2016年からマインツにいるが、とても居心地がいいんだ。僕とクラブは同じ価値観を100%共有出来ているし、ここでのプレーや生活は僕に会っている」 「マインツで初めてプロとしての経験を積むことができたし、特に昨シーズンの後半は個人的にも非常にうまくいったので満足しているよ。また、チームや監督、クラブ全体からの信頼も感じている。ここで自分の道を続けることは、僕にとって理にかなったステップだね」 2016年にマインツの下部組織に入団したバレイロは、2018年11月にトップチームに昇格。その後はセカンドチームでのプレーが続いたが、2019年2月に行われたブンデスリーガ第21節のレバークーゼン戦でトップチームデビュー。 2019-20シーズンからトップチームに定着すると、2019年11月に就任したアヒム・バイエルロルツァー監督の信頼を勝ち取り、シーズン後半からはレギュラーとしてプレー。2度の監督交代が行われた今シーズンもポジションを奪われず、主力としてブンデスリーガ29試合に出場していた。 2021.05.27 23:25 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツ、ブンデス4部からMF水多海斗を獲得! 今季はブンデス4部で5得点

マインツは20日、レギオナルリーガ(ブンデス4部相当)のSV19シュトラーレンから日本人MF水多海斗(21)を獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までで、当面はレギオナルリーガに所属するマインツのセカンドチームに所属することとなる。 水多は東京都出身で、FC東京ジュニアユースから前橋育英高校に入学すると、前年王者として臨んだ2018年の第97回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校卒業後の2019年に渡独し、当時オーバーリーガ(ブンデス5部相当)に所属していたシュトラーレンに入団。 攻撃的ポジションであれば複数でプレー可能なユーティリティ性に加え、スピードとテクニックを兼ね備える水多は、昨季11ゴールをマークし、昇格に貢献。今季もリーグ戦36試合で5ゴール8アシストを記録していた。 ステップアップを果たした水多は、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「マインツでの次のキャリアのステップをとても楽しみにしている。他クラブからもたくさんのお話をいただくことができ、その中でマインツを選択した理由は、フォルカー・ケルスティング氏、ヤン・シーヴァルト氏、バルトシュ・ゴール氏との話し合いの中で、対人関係が非常に良かったことと、プロへの道が非常に開けていると感じられたからです」 「僕の目標は明確で、いつかマインツのアレーナのピッチでプレーすることです。そのために日々努力を続けていきます」 <span class="paragraph-title">【写真】ステップアップした水多海斗がSNSで移籍を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">来シーズンからFSV Mainz 05でプレーすることになりました。まずは自分に携わって頂いた全ての方々に感謝しています。この移籍に満足せず1日でも早くこのピッチに立ちプレーできるように日々成長していきます!<br>Hallo Mainz!!<br>Ich freue mich sehr auf neue Herausforderungen mit diesem Mannschaft! <a href="https://t.co/aT6lhlkPIt">pic.twitter.com/aT6lhlkPIt</a></p>&mdash; 水多海斗/Kaito Mizuta (@Kaitom0408) <a href="https://twitter.com/Kaitom0408/status/1395316494431555587?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.21 01:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly