オサスナ、逸材モンカジョラと新たに異例の10年契約! 2031年までの“超”長期に

2021.06.08 20:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オサスナは8日、U-21スペイン代表MFホン・モンカジョラ(23)との契約延長を発表した。新たな契約は異例の10年。2031年までの“超”長期契約なる。

モンカジョラはセントラルMFがメインポジションのオサスナアカデミー出身で、2019年からトップチームでプレーし始めると、すぐさま主力に定着。トップチーム2年目の今季は前季(31試合)を上回る公式戦37試合に出場して2得点と活躍した。

そんなオサスナの超新星は先日、ドイツ代表の優勝で幕を閉じたU-21欧州選手権のスペイン代表でもプレー。ノックアウトステージこそ新型コロナウイルスの陽性判定で欠場したが、予選からグループステージまでの計7試合に出場していた。

なお、新たなリリース条項額も詳細に公表され、今後の2シーズンは2200万ユーロ(約29億3000万円)で、それ以降になると2000万ユーロ(約26億6000万円)。ラ・リーガ2部に降格時は800万ユーロ(約10億6000万円)になるという。

関連ニュース
thumb

エルチェのレジェンドFWニノが40歳で現役引退…オサスナやレバンテでもプレー

エルチェは7日、スペイン人FWニノ(40)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 愛するエルチェのプリメーラ昇格、残留を見届けてキャリアに終止符を打つことになったニノは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断について以下のように語っている。 「僕の人生の忘れられないステージを終えるときが来た。プロフットボーラーとしてのキャリアを終えることをお知らせする。フットボーラーとして生まれてきたすべてのプレーヤーの郷愁とともにこの競技を離れることになるが、自分の職業を楽しんだことを誇りに思う」 「エルチェの一員となり、キャプテンの腕章を身に着け、エルチェの歴史を作るという目標に貢献できたことを光栄に思う」 「20年以上前に遡るけど、僕は子供の頃に夢見たことを実現し、想像もしなかった目標を達成できたと感じているんだ。エルチェ史上最多の試合数とゴール数を誇るプレーヤーとなったのは、エルチェのエンブレムに全てを捧げたことの賜物だと思っているよ。僕の決めてきたゴールはエルチェに遺産として残り、ファンが自分の名前を呼ぶその声は僕のフランジヴェルデの心に残っている」 「同時にエルチェ以前に在籍したクラブ・デポルティボ・ベラとレアル マドリー、レバンテ、テネリフェ、オサスナのクラブでお世話になった人たち、フットボールを通して出会ったすべてのプロフェッショナルに感謝しているよ」 ニノの愛称で知られるフアン・フランシスコ・マルティネス・モデストは、レアル・マドリーのカンテラを経て1998年にエルチェでプロキャリアをスタート。長らくセグンダA(スペイン2部)でのプレーが続いた中、個人としては2006年に移籍したレバンテでプリメーラデビュー。その後、テネリフェを経て2011年から2016年まではオサスナでも活躍。 そして、2016年に復帰したエルチェでは復帰2年目にセグンダB降格を味わうも、主砲として翌年からの2年連続の昇格に貢献。自身久々のプリメーラでの戦いとなった今シーズンは、ラ・リーガ16試合に出場していた。 170cmの小兵も得点感覚に優れたストラーカーは、エルチェではいずれもクラブ歴代最多となる公式戦475試合に出場し135ゴールを挙げていた。 2021.06.08 23:18 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナ、今季12ゴールのクロアチア代表FWと4年契約! 10億円で買い取り

オサスナは7日、クロアチア代表FWアンテ・ブディミル(29)の完全移籍移行を発表した。新たな契約は2025年までの4年となる。 センターFWがメインポジションのブディミルは母国でプロキャリアをスタート後、オーストリアやドイツ、イタリアでのプレーを経て、2019年1月にマジョルカ入り。日本代表MF久保建英も在籍した2019-20シーズンのラ・リーガで35試合出場で13得点と活躍した。 そうした活躍を受け、昨夏に行使額800万ユーロ(約10億6000万円)の買い取りオプションが付随したレンタルでオサスナに加入すると、リーガでチーム最多11ゴールをマーク。公式戦33試合の出場で12得点と得点源として稼働した。 なお、ブディミルは開幕が迫るユーロ2020に向けたクロアチア代表にも招集。クロアチアはイングランド代表、スコットランド代表、チェコ代表と同じグループDに入っている。 2021.06.08 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナ、エイバルの主砲FWキケ・ガルシアを獲得! 今季キャリアハイの12ゴール

オサスナは25日、エイバルからスペイン人FWキケ・ガルシア(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。また、契約解除金は1500万ユーロ(約20億円)に設定されている。 ムルシアでプロキャリアをスタートし、ミドルズブラを経て2016年にエイバルに加入したキケ・ガルシア。加入初年度から主力ストライカーとしてポジションを掴むと、ここまで公式戦160試合に出場し37ゴールを記録していた。 今シーズンはチームが残留争いに巻き込まれて最終的に最下位でセグンダ降格を強いられた中、個人としてはいずれもキャリアハイとなるリーグ戦37試合12ゴールという見事な数字を残していた。 そして、エイバルとの現行契約満了に伴い、オサスナを新天地に選択した。 2021.05.25 22:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ロージ&スアレス弾のアトレティコが劇的逆転勝利! 7年ぶりの優勝に向け首位で最終節へ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、アトレティコ・マドリーvsオサスナが16日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-1で逆転勝利した。 前節、7年ぶりの優勝に向けて最大の障壁となると思われたレアル・ソシエダとの上位対決をカラスコ、コレアの2ゴール、守護神オブラクの圧巻のパフォーマンスによって2-1で競り勝った首位のアトレティコ(勝ち点80)。この重要な勝ち点3奪取によって2位のレアル・マドリー(勝ち点78)と2ポイント差を維持した。 今節、勝利且つレアル・マドリーが勝利を逃した場合、最終節を残して優勝が決定する一戦では、すでに残留が決定している13位のオサスナ(勝ち点44)と対戦。シメオネ監督はこの重要なホームゲームに向けて全く同じ11人で臨んだ。 守備的な[5-4-1]の布陣を採用したオサスナに対して、コレア、スアレス、カラスコを3トップに配した可変式の[4-3-3]の布陣で臨んだアトレティコ。 立ち上がりからエンジン全開で相手を押し込んでいく中、10分にはボックス左に抜け出したスアレスに最初の決定機が訪れるが、ここは相手GKの好守に遭う。さらに、畳みかける攻めを見せるホームチームは15分にもスアレス、コレアと際どいシュートを浴びせかけるが、GKエレーラが立ちはだかる。 それでも、良い形の攻撃を続けるアトレティコは22分、この試合最大のゴールチャンスを迎える。22分、ハイラインの背後を突いたコレアがボックス右から丁寧に折り返すと、ファーでフリーのスアレスが右足を振り抜くが、このシュートは左ポストを叩いた。 エースのらしくない決定機逸でやや嫌な空気が漂うも、引き続き相手陣内でのハーフコートゲームを展開するホームチーム。コレアを起点に再三シュートを浴びせかける中、前半終了間際の43分にはボックス手前でコケのパスを受けたサウールが渾身の左足シュートを放つが、スアレスに続きこのシュートも右ポストに阻まれた。 オサスナを圧倒するもゴールを奪えないまま試合を折り返したアトレティコは後半も引き続き相手を押し込んでいく。引き続きボックス付近でシュートを浴びせかけると、59分にはFKの場面でサウールが競り勝ったボールをサビッチが押し込んでゴールネットを揺らす。だが、VARのレビューの結果、サビッチがわずかにオフサイドラインを越えておりゴールは取り消しに。 その後、66分にサウールとエルモソを下げて切り札のフェリックス、ロージを同時投入したアトレティコは66分にコレアのスルーパスに抜け出したカラスコが再びネットを揺らすが、これもオフサイドでゴールは認められない。 すると、バランスを崩して猛攻に打って出た中、相手のワンチャンスに沈む。75分、左サイドでルベン・ガルシアが上げたアーリークロスをファーサイドのブディミルにドンピシャのヘッドで合わせられると、GKオブラクが驚異的な反応でボールをかき出すも、VARのレビューの結果、ボールがすでにゴールラインを割っていたとの判定で痛恨の先制点献上となった。 これで逆転優勝に向けて窮地に追い込まれたアトレティコは、80分にコレアとマルコス・ジョレンテを下げてエレーラ、デンベレを同時投入。すると、直後に伏兵がチームを救う。82分、フェリックスの浮き球スルーパスに反応したロージがボックス左に抜け出して豪快に左足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まった。 ロージの今季初ゴールで試合を振り出しに戻したアトレティコは、ここからさらに前がかって逆転を目指すと、土壇場でエースが値千金の仕事を果たす。88分、ボックス右でDF2枚と対峙したカラスコが鋭いマイナスのクロスを入れると、これをスアレスが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に突き刺した。 そして、伏兵とエースのゴールで土壇場での逆転に成功したアトレティコは、殊勲のエースを下げてコンドグビアの投入で逃げ切り態勢に入る。試合最終盤はオサスナの攻勢に晒されるも、守護神オブラクを中心に何とか守り切った。 オサスナ相手に大苦戦を強いられる見事なリバウンドメンタリティで逆転勝利を飾ったアトレティコは、レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオを破ったことで今節での優勝は逃すも、バジャドリーとの最終節を首位で迎えることになった。 2021.05.17 03:41 Mon
twitterfacebook
thumb

伏兵ミリトンのリーグ初弾で競り勝ったマドリーが公式戦3戦ぶりの白星! CLチェルシー戦に弾み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節、レアル・マドリーvsオサスナが1日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。 2位のマドリー(勝ち点71)は前節、ベティスとの上位対決を0-0のドローで終え、厳しい勝ち点逸に。また、先月27日に行われたチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグではホームで1-1のドローと、微妙な結果に終わった。 来週にロンドンでの決勝進出を懸けた2ndレグ、週末にセビージャとの上位対決という重要な連戦を控える中、11位のオサスナ(勝ち点40)をホームで迎え撃った一戦では先発4人を変更。負傷のカルバハルに加え、ナチョ、クロース、モドリッチをベンチスタートとし、オドリオソラ、ブランコ、アセンシオと共にアザールを先発に復帰させた。並びも[3-5-2]から[4-2-3-1]に変更した。 チェルシー戦に向けて早いうちに勝負を付けたいマドリーはアグレッシブな入りを見せる。その口火を切ったのは、3カ月ぶりのスタート起用となった背番号7。開始3分、トップ下に入ったアザールは中央で鋭いドリブル突破を見せてペナルティアーク付近から右足を振り抜くが、これは枠を大きく外れた。 以降も相手を押し込むホームチームはアザールやヴィニシウスの仕掛け、セットプレーから幾度も決定機を創出していく。とりわけ、変化を付けたセットプレーが効果的に機能し、26分にはマルセロの絶妙な浮き球パスからアザールが右足ボレー、その直後にはアセンシオ、ブランコの正確なクロスから制空権を握ったミリトンが続けてドンピシャのヘディングシュートを放つが、いずれも相手GKエレーラのビッグセーブに遭う。 前半終了間際には幾度か鋭いカウンターアタックを繰り出していたオサスナが左サイドのマヌ・サンチェスからのアーリークロスをチミ・アビラが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これはわずかながらオフサイドラインを越えておりゴールは認められず。 迎えた後半、マドリーは左足の違和感を訴えたヴァランを下げてナチョをハーフタイム明けに投入。引き続き相手を押し込む展開の中で56分にはアセンシオのFKをミリトンがアクロバティックなボレーで合わすが、これは枠を捉え切れない。 やや膠着状態が続く中でジダン監督は64分にマルセロ、ヴィニシウスを下げてロドリゴとミゲル・グティエレスを同じポジションに投入。すると、そのロドリゴは投入直後の67分にボックス手前から枠のわずか左に外れる際どいシュートで早速見せ場を作る。 その後、アザールに代えてイスコをピッチに送り出したマドリーはこの交代が待望の先制ゴールに繋がる。76分、左CKの場面でキッカーのイスコが滞空時間の長いボールを入れると、試合を通して制空権を握っていたミリトンが見事なヘディングシュートをゴール右隅の完璧なコースに流し込んだ。 伏兵ミリトンのラ・リーガ初ゴールによってようやくリードを手にしたマドリーは、意外な形から追加点まで奪ってみせる。80分、中央を持ち上がったベンゼマがボックス手前でゴール前に走り込むカゼミロへ絶妙なスルーパスを通すと、カゼミロの大きくなったトラップが意表を突くシュートの形となってゴール左隅に決まった。 この2点目で勝利を確信したジダン監督はアセンシオを下げてアリーバスを投入し、5枚のカードをすべて使い切りモドリッチ、クロースに完全休養を与えた。 その後、イスコが見事な個人技で3点目に迫るなど、危なげない試合運びで逃げ切りに成功したマドリーが公式戦3戦ぶりの白星で優勝争いに踏みとどまると共に、CLチェルシー戦に弾みを付けた。 2021.05.02 05:53 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly