ポルトMFファビオ・ヴィエイラがU-21ユーロの最優秀選手に!「攻守の繋ぎ役として多大な貢献」

2021.06.07 13:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6日、U-21欧州選手権2021決勝、U-21ドイツ代表vsU-21ポルトガル代表が行われ、1-0で勝利したドイツが2大会ぶり3度目の優勝を果たした。

試合は前半から再三の決定機を作ったドイツが先制する。後半立ち上がりの49分に、味方のキラーパスを受けたFWルーカス・エンメチャが、飛び出してきた相手GKをかわしてゴール。その後もドイツが追加点のチャンスを迎えるも、アンデルレヒトFWのゴールが決勝点となり、若きマンシャフトが優勝を決めた。

そんな23回目の開催となった大会でMVPに選ばれたのは、ドイツではなくポルトガルのファビオ・ヴィエイラだった。ポルトの下部組織出身の攻撃的MFは、決勝ゴールを挙げた初戦のクロアチア戦を除いて先発出場を果たし、準決勝では前回王者のスペイン相手にアシストで勝利に貢献。決勝でも相手GK強襲のロングシュートを放つなど存在感を放った。
ファビオ・ヴィエイラをMVPに選んだ大会評議会は「今大会において、彼はポルトガルのキープレイヤーだった。プレーメイカーとして数多くのチャンスを創出し、中盤で見事な攻守の繋ぎ役を担った」と評価。チーム力の総合的な底上げに尽力したパフォーマンスが受賞に繋がったようだ。

同選手は試合後、優勝を逃したことは残念だったとしながらも、攻撃的な姿勢を貫いたチームを称賛した。

「どの時点においても僕たちはブレることなく攻撃的な姿勢を見せた。相手を崩して多くのチャンスを作ろうとしていた。それが僕たちのスタイルなんだ。これまでの試合では幸運にも得点できていたけど、今日は上手くいかなかった。悲しいことだけど前を向かないとね」

なお、ファビオ・ヴィエイラは昨冬の移籍市場でアーセナルが関心を示しており、2700万ポンド(約42億円)での獲得が噂されていた。ポルトとの現行契約が2022年までであることから、今夏のウインドウを賑わす存在になるかもしれない。

関連ニュース
thumb

ケパやメンディでも満足できず? チェルシー、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ獲得を画策か

チェルシーが、ポルトのポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 現在、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディという2人の名GKが所属するチェルシー。後者は2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に大貢献し、同年のFIFA男子最優秀GKという確かな地位を築いたが、ここ数年その後塵を拝していたケパも、今季は中断前まで再び台頭していた。 トップクラスのGK2人が鎬を削る贅沢な環境だが、チェルシー上層部は新たにポルトガル代表GKの獲得を目論んでいる模様。ポルトの下部組織出身のジオゴ・コスタは、カタール・ワールドカップでも守護神として活躍中。2戦目のウルグアイ戦ではクリーンシートで勝利に貢献した。 ケパやメンディに負けず劣らずの優れたGKだが、ポルトとは11月に2027年まで契約を延長したばかり。その際に契約解除金が7500万ユーロに設定されたが、チェルシーは推定7000万ユーロの移籍金を用意しているとのこと。すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏と接触しているという。 イギリス『サン』によれば、チェルシーとしては週給15万ポンドと言われるケパの維持コストを高額と見ているようで、2025年までの契約となっている28歳は、すでに退団が既定路線になっていると推測されている。 2022.11.30 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルト、イラン代表FWとの契約延長望むも… 今夏はアーセナルやチェルシーが関心

ポルトがイラン代表FWメフディ・タレミ(30)との契約延長を目指しているようだ。 タレミは母国の強豪ペルセポリスやカタールのアル・ガラファなどを経て、2019年夏にリオ・アヴェへ加入。欧州初挑戦ながら1年目に公式戦37試合21得点を記録し、早くも翌夏に名門ポルト行きのチャンスを掴んだ。 ポルトでも加入当初からゴールを量産し、通算114試合で62得点42アシストを記録するなどエースとして君臨。今季はチャンピオンズリーグ(CL)でここまで5得点を挙げ、グループステージの首位通過に大きく貢献している。 現行契約は2024年6月まで。ポルトガル『A BOLA』によると、すでにクラブから延長オファーを受けているものの、カタール・ワールドカップ(W杯)が終わるまでは話し合いに応じない姿勢だという。 今夏にはアーセナルやチェルシーなどからの関心も取り沙汰されていただけに、W杯での活躍次第では30歳にしてビッグクラブ行きを見据えているのかもしれない。 2022.11.08 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトとの対戦決定にサネッティ副会長「どの相手でも最大限の敬意を払わなければならない」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の相手がポルトに決まったことを受けてコメントした。イタリア『Sport Mediaset』が伝えている。 グループリーグでは、バイエルンやバルセロナが同居し“死の組”と称されたグループCを3勝1分け2敗の2位で通過したインテル。 7日に行われた抽選会で、ラウンド16の相手はアトレティコ・マドリーやレバークーゼンと同居したグループBを首位で通過したポルトに決定。 サネッティ副会長は、元チームメイトが率いるチームとの対戦について、複雑な試合になると話した。 「ポルトのことはよく知っているし、元チームメイトの(セルジオ・)コンセイソンは素晴らしい仕事をしている。2月頃の調子にも大きく左右されるだろう。相手は我々と同じくチャンピオンズリーグを勝ち上がってきたクラブだし、どの相手でも最大限の敬意を払わなければならない」 また、来夏に契約満了を迎えるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの延長交渉の状況について問われると、「我々は話し合っているし、一緒に進むためのすべての条件が揃っている」と短くコメントした。 2022.11.07 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】本命アトレティコがまさかの敗退、ブルージュがサプライズ

グループBでは本命と見られたアトレティコ・マドリーがまさかの敗退。最弱と思われたクラブ・ブルージュが早々に決勝トーナメント進出を決めるサプライズを起こした。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ポルト[12/4/0/2/5] 2.クラブ・ブルージュ[11/3/2/1/3] 3.レバークーゼン[5/1/2/3/-4] 4.アトレティコ・マドリー[5/1/2/3/-4] ◆戦術浸透で5季ぶり突破~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2017年から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の戦術が浸透しきっているポルトはやはり大崩れはしなかった。2連敗スタートと厳しい入りとなったが、レバークーゼンとの連戦を連勝し、そこから怒涛の4連勝。終わってみれば首位での通過を決めた。堅守速攻スタイルからFWタレミが攻撃陣を牽引して5ゴールをマーク。5季ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。 ◆クラブ史上初の突破~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 4季連続グループステージ敗退とラウンド16への高い壁を越えられずにいたブルージュがついに乗り越えた。至宝MFデ・ケテラエルを失ったブルージュだったが、ホームではアグレッシブに戦い、アウェイでは守護神ミニョレを軸に耐え忍ぶ老獪な戦い分けを見せ、チームとしての成熟さを示した。4試合を終えた段階で3勝1分けとし早々にグループステージ突破を決めるサプライズを起こした。 ◆シャビ・アロンソ就任も巻き返しならず~レバークーゼン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セオアネ体制で4季ぶりのCL出場となったレバークーゼンだったが、思わぬ不振に陥った。主力の流出はなかったものの、若き至宝MFヴィルツの負傷が痛く低迷した。第3節でポルトに敗戦後、セオアネ前監督が解任に。しかし監督初挑戦のシャビ・アロンソが指揮官に就任後も低迷が続き、1勝を挙げるに留まった。攻撃スタイルで挑んだが、FWシックは不発に終わってノーゴール。まだまだ経験不足が否めないチームだった。 ◆まさかの最下位で敗退~アトレティコ・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この組み合わせでアトレティコが敗退に追い込まれると予想できた人は少なかったのではないか。ノックアウトラウンド常連の成熟しきったチームが意外な躓きを見せた。序盤は新戦力のMFヴィツェルを3バックの中央に据える新スタイルで臨み、初戦のポルト戦を勝利。しかし続くレバークーゼン戦で躓くと、ブルージュとの連戦で1分け1敗と負け越してしまった。主体的に相手を崩す術をさほど持ち合わせていないことを露呈し、5季ぶりのグループステージ敗退となった。 2022.11.04 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルト、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタと契約延長! ユナイテッドのリスト入りが噂も

FCポルトは3日、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)との契約を2027年まで延長した旨を発表した。 ポルトのアカデミー出身で、2019年9月にトップチーム初出場のジオゴ・コスタ。公式戦43試合に出場した昨季から本格的に正守護神の座を射止め、今季も国内リーグ戦、チャンピオンズリーグのいずれも全試合でプレーしている。 ポルトガル代表でも2021年10月のデビューからここまで7キャップ。今年3月以降は8試合のうち、6試合でプレーとローマのGKルイ・パトリシオから取って代わった状況にあり、カタール・ワールドカップ(W杯)行きも確実視される。 そんなジオゴ・コスタを巡っては最近、マンチェスター・ユナイテッドが契約最終年のGKダビド・デ・ヘアに代わる新守護神候補の1人としてリストアップとの噂が浮上。まだ関心止まりの噂話だったが、その矢先の契約延長となった。 なお、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によると、ポルトとの新契約にはリリース条項も付随。その額は7500万ユーロ(約108億4000万円)前後だという。 2022.11.04 16:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly