水戸DF細川淳矢がトレーニングマッチで負傷、右肩関節亜脱臼と診断

2021.06.02 19:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは2日、DF細川淳矢の負傷を発表した。クラブの発表によると、細川は5月17日に行われたトレーニングマッチの福島ユナイテッドFC戦にて負傷したとのことだ。

水戸市内の病院で検査を受けた結果、右肩関節亜脱臼と診断されたとのこと。全治などは明かされていない。

細川は今シーズンの明治安田生命J2リーグで1試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

水戸DF岸田翔平に第二子誕生「大変な中一人で産んでくれた妻には本当に感謝」

水戸ホーリーホックは30日、DF岸田翔平に第二子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、15日に誕生した岸田の第二子は男の子で長男とのこと。 岸田は、クラブを通じてコメントをしている。 「7月15日に第二子となる男の子が産まれました。コロナ禍で立ち会うことが出来ず、大変な中一人で産んでくれた妻には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもサッカーと子育ての両方を頑張っていきたいと思います」 岸田は今季ここまで公式戦3試合に出場。8月9日に行われる明治安田生命J2リーグ第24節の東京ヴェルディ戦が控えており、8試合ぶりの公式戦出場が期待される。 2021.07.30 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の大卒ルーキー今掛航貴が水戸に育成型期限付き移籍

水戸ホーリーホックは29日、サガン鳥栖からDF今掛航貴(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」を着用する。 今掛は興國高校、中央大学を経て、今季から鳥栖でプロキャリアをスタート。JリーグYBルヴァンカップでこそ3試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで出番に恵まれずにいた。 出場機会を求め、シーズン途中の移籍を決断した今掛は水戸を通じて「1日でも早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように頑張ります! よろしくお願いします!」とコメントした。 一歩、鳥栖を通じては「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓っている。 「サガン鳥栖という素晴らしいクラブで沢山のことを学び、経験できて本当によかったです。成長した姿を見せれるように頑張ってきます!」 2021.07.29 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜が水戸FW深堀隼平を育成型期限付き移籍で獲得「良い補強をしたなと思って頂けるように」

FC岐阜は26日、水戸ホーリーホックのFW深堀隼平(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 深堀は名古屋グランパスの下部組織出身で、2017年にトップチーム昇格。2019年にはポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスへと期限付き移籍の経験がある。 2020年から水戸でプレー。水戸では明治安田生命J2リーグで32試合に出場し6得点を記録していた。 深堀は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC岐阜 「FC岐阜のファンサポーターの皆様。初めまして、水戸ホーリーホックから来ました深堀隼平です」 「サッカーを楽しむ心を忘れず、自分の特徴を出して、良い補強をしたなと思って頂けるように精一杯プレーしたいと思います!」 「選手、スタッフ、ファンサポーター、FC岐阜に関わる全員の力で必ずJ2昇格しましょう。応援よろしくお願いします!」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックのファミリーの皆様。この度、育成型期限付き移籍でFC岐阜に移籍することになりました」 「今シーズンここまで、自分が思い描いていたようなシーズンに出来ず、途中でチームを抜けることになってしまい、自分に対する不甲斐なさと悔しさ、期待して下さっていた方への申し訳なさでいっぱいです」 「自分はもっとやれる!こんなもんじゃない!と思っているので、それをこれから岐阜で証明して来ようと思います。試合結果だけでもチェックしてもらえたら深堀喜びます」 「岐阜の夏はとっても暑いと聞くので熱中症には気を付けて夏を乗り越え残りシーズン戦ってきます」 「中断までで11位。水戸ホーリーホックはもっと上の順位に行けると信じています。ファンサポーターの皆様、これからもスタジアムでの選手への後押し、よろしくお願いします。行ってきます!」 2021.07.26 11:08 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪が人材難のサイドを補強! 水戸からSB柳澤亘を獲得

ガンバ大阪は25日、水戸ホーリーホックからDF柳澤亘(25)の完全移籍加入を発表した。背番号は「26」を着用する。 柳澤は右がメインだが、左もこなせるサイドバック。柏レイソルや鹿島アントラーズの下部組織在籍歴を持ち、八千代松蔭高校、順天堂大学を経て、2019年にFC岐阜でプロキャリアをスタートした。今季から水戸に完全移籍加入。ここまで負傷もありながら明治安田生命J2リーグ12試合に出場して、1アシストをマークした。 G大阪は今季、DF高尾瑠やDF藤春廣輝のほか、ユーティリティ性にも富むMF福田湧矢といったサイドバック、あるいはウィングバックの担い手に故障者が続出。過密日程下で不振が続くなか、MF小野瀬康介やDF黒川圭介がフル稼働を強いられ、守備的MFが本職のMF奥野耕平をサイドに回すなど、苦しい台所事情が顕著だった。 自身にとっても初のJ1挑戦となる柳澤はG大阪の公式サイトを通じて「この度、水戸ホーリーホックから移籍加入する事になりました柳澤亘です。早くチームや大阪の街に馴染み、チームに貢献して、サポーターの皆様に名前や顔を覚えて頂ける様に頑張ります。宜しくお願いします」とコメントした。 一方、半年間を過ごした水戸を通じては「水戸ホーリーホックに関わる全ての皆様へ」と書き始め、新天地での活躍を誓った。 「突然ではありますが、この度ガンバ大阪へ移籍する事になりました。J1へのチャレンジの機会を頂き、このチャンスを最大限に活かして成長する事が皆様への恩返しになると信じています」 「そして、加入して半年、出場数も少なくまだ貢献できていない中で、今回の僕のチャレンジを快く送り出してくれたチームにはとても感謝しています」 「水戸ファミリーであるファン・サポーターの皆様には直接ご挨拶出来ず心苦しいのですが、これからも温かく見守って頂けたら嬉しいです。ありがとうございました」 2021.07.25 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸から新たに選手1名が新型コロナ陽性、前日にも2人の感染者

水戸ホーリーホックは24日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、24日にトップチーム選手1名が発熱したことを受けて検査を実施した結果、当該選手の陽性が判明。濃厚接触者に関しては保健所の特定を待っている状況だ。 水戸では23日にも感染者が2名確認されているが、この3名を除くすべてのトップチーム関係者は陰性判定を受けているとのこと。 クラブは、当面の間は毎朝抗原定性検査を実施し、陰性が確認された者のみ、チーム活動に参加できる方針を取ることを報告。今後は感染対策の強化に努めていくと伝えている。 2021.07.24 22:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly