ルディ・ガルシア監督がリヨン退団を明言「最悪のシナリオだが…」

2021.05.24 14:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンのルディ・ガルシア監督(57)が、今季限りでクラブを退団することを明かした。

これまでにディジョンやリール、ローマ、マルセイユなどを歴任してきたルディ・ガルシア監督。5カ月で解任された前任のシウヴィーニョ氏の後を継ぎ、2019年10月にリヨンの指揮官に就いた。

新型コロナウイルスの影響で第28節終了時点で中止となった昨季のリーグ・アンでは、前任者の成績を挽回するまでには至らず7位フィニッシュとなったが、チャンピオンズリーグ、クープ・ドゥ・フランス、そして昨季が最後の開催となったクープ・ドゥ・ラ・リーグの3つのコンペティションでいずれも準決勝まで進むなど、上々の成績を残した。
そして、今季はリーグ・アンで開幕戦こそ落としたものの、第2節から第19節まで無敗をキープするなど、終盤まで優勝戦線に絡む健闘を見せた。23日に行われた最終節のニース戦に敗れ、4位フィニッシュが確定した試合後、ルディ・ガルシア監督はチャンピオンズリーグ出場権逸に言及すると共に、今季限りで退任することを明かした。『フットメルカート』がコメントを伝えている。

「大きな失望だ。チャンピオンズリーグ出場権をクラブに残して去りたかった。このシナリオは予想していなかったよ。最悪だね」

「最後の試合が終わった。これまで常に最終日以降に話し合うと言ってきたね。私はここを去る。このような状況では最高の結果を残せないと、ずっと前から(退任を)決めていたんだ」

「(ジャン=ミシェル・オラス)会長が私へのオファーを検討していなければ良いが、もしオファーされると、私は丁重に断らなければならない。私は私の後継者候補に参加しない」

関連ニュース
thumb

レスターがシャフタールFWテテをレンタルで獲得…今季はリヨンでプレーしリーグ戦17試合6ゴール

レスター・シティは29日、シャフタール・ドネツクのU-23ブラジル代表FWテテ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までとなる。背番号は「37」に決まった。 テテはグレミオの下部組織出身で、2018年1月にファーストチームに昇格。2019年2月にシャフタールへ完全移籍した。 2022年3月からはリヨンへとレンタル移籍。レスターで新たな挑戦をスタートする。 シャフタールでは公式戦108試合で31ゴール15アシストを記録。リヨンでは公式戦30試合で8ゴール10アシスト。今シーズンのリーグ・アンでは17試合で6ゴール3アシストを記録していた。 右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー可能。世代別のブラジル代表を経験しており、U-23ブラジル代表でもプレーした。 テテはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来られて本当に幸せだ。ピッチとスタジアムを見て、それは美しく、多くのファンがどのような感じかを想像できる」 「たくさんのゴールとアシストを記録したい。みんなが僕のプレーを見て喜んでくれることを願っている。フォックスでよかった」 <span class="paragraph-title">【動画】レスターがテテ獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Welcome to Leicêster, Tetê! <a href="https://t.co/aZVJK7wlun">pic.twitter.com/aZVJK7wlun</a></p>&mdash; Leicêster City (@LCFC) <a href="https://twitter.com/LCFC/status/1619651577630818304?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが19歳の逸材右SBマロ・グスト獲得を発表! 今季はリヨンに残留

チェルシーは29日、リヨンからU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2030年6月まで。今季はレンタルの形でリヨンにとどまり、加入は2023年夏となる。 同選手は2016年からリヨンのアカデミーで育ち、2021年1月にトップチームデビュー。過去にはパリ・サンジェルマンやマンチェスターの両雄、バルセロナ、トッテナムが関心を示したと言われる逸材だ。 キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバートされ、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 リヨン側の発表によると、移籍金は3000万ユーロの固定額に500万ユーロのボーナス付き。リーグ戦で現在9位と苦戦するリヨンは当初、シーズン途中での戦力ダウンを嫌い、チェルシーのオファーを断っていたが、上述のように今季中はチームにとどめることを条件にクラブ間合意に達した。 そして、チェルシーにとっては今冬7人目の補強に。これまでは前線の補強がメインだったが、今回はリース・ジェームズのバックアッパーとして期待できる人材の確保に成功した。 2023.01.29 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

今季躍進のロリアンがマルセイユ&リヨンから若手実力者を補強!

今シーズンのリーグ・アンで6位と躍進を見せるロリアンが、国内の強豪2クラブからの補強に成功した。 ロリアンは28日、マルセイユのセネガル代表FWバンバ・ディエン(22)、リヨンのフランス人MFロマン・フェーヴル(24)の獲得を発表した。 マルセイユのリザーブチームを経て、昨シーズンのリーグ・アンで25試合7ゴールの数字を残し、ブレイクを果たしたディエン。しかし、今シーズンは前線のポジション争いで苦戦を強いられ、リーグ戦では1試合の先発出場を含む10試合1ゴール1アシストの数字にとどまった。さらに、FFP規則違反で登録人数を削られたチャンピオンズリーグでは登録外となる憂き目も味わった。 そういった中、新天地を求めるアスリート型のストライカーは、総額1000万ユーロ(約14億1000万円)の移籍金でロリアンへ完全移籍することになった。 一方、モナコでプロキャリアをスタートし、スタッド・ブレストで台頭したフェーヴル。ミランの強い関心を集めた中、昨年1月にリヨンへ完全移籍すると、ここまで公式戦28試合3ゴール1アシストの数字を残した。 セントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションでプレー可能なレフティは、今季ここまでリーグ戦10試合に出場しているが、ローラン・ブラン新監督の下ではプレータイムを減らしており、今シーズン終了までのレンタルでロリアンに加入することになった。 現在、ロリアンではリーグ戦2位タイの12ゴールを挙げるナイジェリア代表FWタレム・モフィに退団の可能性が伝えられるが、ディエンとフェーヴルの2選手の加入によってクラブ悲願のUEFAコンペティションへの出場も期待されるところだ。 2023.01.29 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが逸材SBグスト獲得へ! オファー改善に加入時期譲歩でリヨン説得に成功

チェルシーが、リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)の獲得に成功したようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 手薄な右サイドバックの補強としてグストを獲得候補に定めたチェルシーは、先日に2000万ユーロ(約28億2000万円)のオファーを掲示。だが、これはリヨンサイドに拒否されていた。 その後、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長、ローラン・ブラン監督が少なくとも今シーズン終了までの残留を明言したため、交渉は破談に終わったかに思われた。 しかし、あくまでグスト獲得にこだわるチェルシーは、新たに3000万~4000万ユーロ(約42億3000万~56億5000万円)と言われる2度目のオファーを掲示。さらに、今冬の即時加入を断念し、今季終了までのレンタルでリヨンに残留させるという譲歩を見せたことで、このタイミングでのクラブ間合意となったという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 2023.01.28 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンDFランプティが移籍か?リヨン、スポルティングが問い合わせ…ガーナ代表の右SB

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)に関心が寄せられているようだ。イギリス『90min』が伝えた。 チェルシーの下部組織で育ったランプティは、ファーストチームに昇格せずに2020年1月にブライトンへと完全移籍した。 加入後すぐにポジションを掴むと、これまで公式戦71試合で2ゴール6アシストを記録。今シーズンも右サイドバックや右サイドハーフでプレーし公式戦20試合で1ゴールを記録。ただ、途中出場がメインとなっている。 世代別のイングランド代表を経験したランプティは、カタール・ワールドカップ(W杯)にガーナ代表として出場。ただ、チームではポジションを掴みきれていない状況となっている。 そのランプティには、リヨンやスポルティングCPが関心を持っており、ブライトンに移籍が可能かどうかを問い合わせている状況とのこと。ランプティは定期的な試合出場を求めており、移籍を検討しているという。 リヨンはU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)がチェルシー、スポルティングはスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)がトッテナムへ移籍すると見られていた中、グストに関してはリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が否定していた。 いずれにしても問い合わせはしているが、ポジションを掴みきれていないランプティはどうするのか注目だ。 2023.01.27 15:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly