「待ってました!!」FC東京モデルの限定スニーカーをニューバランスが発売、他クラブサポも羨む

2021.05.23 13:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京とニューバランスがコラボレーションしたスニーカーを販売することが決定した。

FC東京は22日、オフィシャルサプライヤーであるニューバランスとのコラボレーションモデル「ML574」の発売を決定。5月28日(金)より数量限定で販売されることを発表した。

「574」は世界中で一番愛されてきたニューバランスのスニーカーで、今回のデザインはFC東京をイメージした配色となっている。

東京の都会的なイメージを落とし込んだライトグレーをベースに、FC東京の青赤をポイントにデザイン。シューズの外側と内側でNロゴのカラーを変えたこだわりのデザインとなっている。

また、1stユニフォームを彷彿とさせるタンの青赤デザインのタグにも注目。ニューバランスとFC東京のダブルネームのキーチャームも付属している。

さらに、サンダル「SMF200FT」も同時に発売。3rdユニフォームに合わせたブラックのベースに、同じくブラックでデザインされたFC東京のエンブレムが立体的にデザインされている。

また、サイドには「F.C.TOKYO」ロゴが片足ずつ青と赤でデザインされている。

このコラボスニーカーとサンダルの発表には、FC東京ファンが称賛。「待ってました!!」、「シューズめちゃめちゃ可愛い!」、「これは買いですね!」と、欲しがる声が多数。他クラブのサポーターも羨ましがる一品となっている。

なお、価格はスニーカーが1万3200円(税込)で、23cm〜28cm、29cmで展開。サンダルは3,850円(税込)で23cm〜29cmで展開される。



1 2
関連ニュース
thumb

長友が復帰後初出場のFC東京、D・オリヴェイラ&レアンドロの2得点で横浜FCに4発完勝【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、FC東京vs横浜FCが18日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が4-0で勝利を収めた。 前節の柏レイソル戦でミスから失点し、0-1で惜敗を喫したFC東京。今節は11年ぶりの電撃復帰が発表された長友佑都がスターティングメンバーに入って注目が高まっているだけに、何としてでもホームでの連敗は避けたいところだ。 対する横浜FCはリーグ戦2連敗中。残留圏との勝ち点差は「8」にまで広がっており、降格の可能性はさらに高まってしまった。残留を目指すために、リーグ戦残り10試合で着実にポイントを積み重ねていきたい。 大雨の中で始まった一戦で、先に決定機を迎えたのはFC東京。10分に右CKを獲得すると、レアンドロのキックにファーの森重が合わせる。しかし、森重のヒザに当たったシュートは、惜しくもゴール左に外れた。 19分にもFC東京にチャンス。小川がボックス内にパスを供給すると、受けたディエゴ・オリヴェイラが反転しながら左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、FC東京がホームで先手を取った。 ホームチームの勢いは止まらない。21分、前線でのプレスからレアンドロがボールを奪取すると、そのままボックス内へと侵入。ワンフェイクで相手DFをかわしてシュートを放ち、追加点を挙げた。 27分には横浜FCも反撃。マギーニョがボックス手前右から中央にいたジャーメインに渡すと、強引な形でコースを作って左足を振り抜く。しかし、相手GKの好セーブに遭い、得点には至らない。 43分にはFC東京にまたも追加点。東のボックス右からのクロスをディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせる。これが相手GKの指をかすめながらもゴール左へ決まり、ホームチームが前半終了間際にリードを3点に広げた。 後半に入ると、アウェイチームがペースを握る。何度もセカンドボールを拾い、分厚い攻撃を展開していく。54分にはボックス内でパスを受けたサウロ・ミネイロがシュート。しかし、これは相手GK正面に飛び、キャッチされてしまう。 57分にはFC東京にも決定機が訪れる。ディエゴ・オリヴェイラがレアンドロとのパス交換でボックス内に侵入し、ボックス左にいたアダイウトンにラストパス。受けたアダイウトンがゴール右隅を狙ったシュートを放つも、相手GKの足でのセーブに遭い、惜しくもチャンスを逃した。 その後も相手に攻め込まれるシーンこそあれど、決定的な場面を作らせなかったFC東京。86分にはとどめの一撃を決める。レアンドロのパスを受け、相手キーパーとの1対1となった渡邊がシュートを放つも、これは相手GKのファインセーブに遭う。しかし、こぼれ球を拾った渡邊がボックス中央にマイナスのパスを送ると受けたレアンドロが、ゴール中央に冷静に流し込み、横浜FCを大きく突き放した。 試合は4-0のまま終了し、FC東京が前節の敗戦を払拭するような完勝。長友の11年ぶりとなるJリーグ復帰戦を白星で飾った。一方の横浜FCはこれで3連敗となった。 FC東京 4-0 横浜FC 【FC東京】 ディエゴ・オリヴェイラ(前19、前43) レアンドロ(前21、後41) 2021.09.18 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

「諒也のピンキーが1番」推しメンは誰?Jリーグが公式インスタグラムにて『奇抜な髪色選手権』を開催「桜木花道=阿部航斗」

プレーに限らず、髪型や色にこだわりを見せる選手は多い。 17日、Jリーグは公式インスタグラムに『奇抜な髪色選手権』と題し、選手の写真を掲載した。ノミネートされたのは以下の5名だ。 ・小川諒也(FC東京) ・小泉佳穂(浦和レッズ) ・阿部航斗(アルビレックス新潟) ・矢島慎也(ガンバ大阪) ・樺山諒乃介(モンテディオ山形) 1枚目に登場する小川の髪は一際目を惹くピンク色。日本代表活動の際にはMF伊東純也にもいじられていた過去がある。 テクニシャンタイプの小泉、矢島はシルバー、アッシュ系統。先日U-20日本代表候補トレーニングキャンプに参加したドリブラーの樺山も同色系だ。 一方で、阿部のインパクトが絶大だ。赤い短髪の守護神は今季リーグ戦19試合に出場し、8つのクリーンシートを記録している。 コメント欄には早速、「諒也のピンキーが1番」、「勿論、浦和レッズの小泉佳穂選手さ」、「桜木花道=阿部航斗」、「推しメン矢島慎也選手です」、「樺山選手久しぶりに見たら…カッコイイ‼️」など、各選手を推す声が届いている。 <span class="paragraph-title">【写真】J公式による『奇抜な髪色選手権』</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.18 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京のユニフォーム姿で平祐奈さんが姉・愛梨さんと2ショット! 長友佑都の復帰喜ぶ

11年間にわたりイタリア、トルコ、フランスとヨーロッパの一線でプレーを続けてきた日本代表DF長友佑都。35歳の誕生日であった12日に、古巣のFC東京への復帰が発表された。 ヨーロッパでのプレーを希望しながらも、古巣への復帰を決めた長友。FC東京ファンの多くが喜んだが、長友の復帰を大きく喜んだのは親族も一緒だったようだ。 それは、長友の義理の妹に当たる女優の平祐奈さん。妻の平愛梨さんの妹だが、自身のインスタグラムではFC東京のユニフォームを着用し、姉の愛梨さんとの2ショットを掲載。長友の復帰に合わせて日本へと戻ってきた姉との再会を喜ぶと共に、長友の誕生日へのメッセージ、そしてサポートすることを誓った。 「ひゃっほーーーーい おかえりーーーーー!!もういつでも会えるやん。あぁ嬉しすぎる。待ってました」 「そしてゆっにーぃのお誕生日おめでとう」 「これからは傍で私もいつだってサポート出来ちゃいます」 「やっぱ愛ちゃんは近くに居てくれないとね」 この投稿には姉の愛梨さんも「祐ちゃんありがとう。離れ離れになるあの時を思い出す。もう近くだね 。たっだいまー」と返信していた。 <span class="paragraph-title">【写真】長友の日本復帰を喜びFC東京ユニで平祐奈さんが姉と2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平 祐奈(@yunataira_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.13 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

細谷の先制点を守り抜いた柏が3連勝、FC東京は味スタ凱旋で勝利できず【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、FC東京vs柏レイソルが12日に味の素スタジアムで行われ、1-0でアウェイの柏が勝利を収めた。 ルヴァンカップでは北海道コンサドーレ札幌を破り、準決勝進出を決めたFC東京。日本代表DF長友佑都の加入決定というホットな話題を提供するホームチームは、6月27日以来となる味スタでの勝利を目指す。 対する柏は前々節は徳島ヴォルティス、前節は横浜FCと、残留を争うライバルから確実に勝ち点を奪い、2連勝と好調をキープ。前節と同じ11人を先発に並べた。 様子を見合うような入りを見せた両チームだったが、1つのミスで試合は動く。8分、柏はハーフウェイ付近からクリスティアーノが浮き球を送ると、渡辺と波多野の間に落ちたボールを競り合いながらも細谷が先に触り、最後は右足で流し込んで先制に成功した。 追い掛ける展開となったFC東京のビッグチャンスは22分、ゴール正面でFKを得ると、やや距離はあるもののレアンドロが直接狙う。ブレ球がゴールを強襲するも、GKキム・スンギュが冷静にパンチング。その後のフィニッシュも防がれてしまった。 互いに裏を狙う長いボールが増え始めた前半の終盤は、ラインの駆け引きとタイトな守備の応酬に。ボックス内への決定的なパスが許されないなか、前半の終了間際にはボックス手前からクリスティアーノがミドル。これはGK波多野がセーブする。 後半の頭からメンバー交代を行ったのは、ビハインドで折り返したFC東京。永井と青木を送り込むと、58分にはその永井の左クロスが流れてディエゴ・オリヴェイラの下へ。ボックス右手前から左足で巻いたシュートを狙ったが、これは左のポストを叩く。 73分にFC東京がカウンターを仕掛け、抜け出した田川がボックス左まで持ち込んで左足で狙う。しかし、この絶好機を枠の右に外すと、直後のヘディングシュートも枠の左へ。87分にも永井が裏を取り、高萩からのパスを引き出したが、わずかにオフサイドの判定を取られた。 終盤はシンプルなプレーに徹した柏は交代カードも駆使して時計の針を進めると、戸嶋のクリアがブロックされ、タッチラインを割ったところでタイムアップ。序盤の1点を守り切った柏が3連勝を達成した。 FC東京 0-1 柏レイソル 【柏】 細谷真大(前9) 2021.09.12 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs柏】共に目指すは3連勝、東京は味スタ帰還&長友復帰に華を添えられるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月12日(日) 19:00キックオフ FC東京(9位/42pt) vs 柏レイソル(14位/30pt) [味の素スタジアム] ◆久々の味スタ、3連勝へ【FC東京】 中断期間中はYBCルヴァンカップの準々決勝で北海道コンサドーレ札幌と対戦し、2戦合計3-2で勝利。ベスト4に駒を進めた。 東京オリンピックの影響で本拠地の味の素スタジアムが使えなくなって早2カ月半。7試合連続のアウェイゲームを3勝2分け2敗で戦いぬいた。 久々のホームゲームはここから4連戦。チームとして一気に3位争いに加わりたいところだ。 この試合の目玉は久々のホームゲームにあるが、1人の男の帰還により特別なものに。海外を渡り歩いた日本代表DF長友佑都が11年ぶりに復帰。35歳の誕生日に復帰という粋な演出だが、ホームサポーターへもお披露目されることだろう。長友を歓迎する意味でも3連勝を納めたい。 チームとしての底上げがされることは間違いなく、サイドバックの選手にとっては強烈すぎるライバルが出現した。ここでしっかりアピールしておきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:鈴木準弥、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆残留争いから抜け出すための3連勝を【柏レイソル】 前節は最下位の横浜FCとの大事な一戦で2-1と勝利。前々節は残留争い中の徳島ヴォルティスに0-1と連勝を納めた。 降格圏との勝ち点差は「7」まで開き、少し抜け出した感はある。ただ、気を抜けないのは当然のこと。このまま安全なところまで浮上していきたい。 この2試合は負けられない一戦だったこともあり、リアリストになって戦えていた部分があるだろう。守備はセーフティファースト、攻撃はカウンターから素早くしっかりと仕留めるというハッキリした戦い方を見せていた。その結果が2連勝へとつながった。 今季の柏は守備陣の出来が結果に繋がっていると言っても過言ではない。失点するときは大半がミスが絡んでいる状況。悪い取られ方をした結果、整う前にゴールを許してしまうという展開だ。 しかし、勇気を持って前に出ること、そしてカウンターを完結させることで、失点のリスクは減らせる。跳ね返す守備をし、中盤以前はしっかりとゴールへと向かう戦い方をすれば、自ずと結果はついてくる。 今回のポイントはFC東京のブラジル人トリオをどう抑えるか。想像を超えるパフォーマンスを見せることもあり、集中力が求められるだろう。ずるずると下がって失点せず、しっかりとカウンターで押し戻せるか。その点にも注目したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽 MF:川口尚紀、ヒシャルジソン、三丸拡 MF:クリスティアーノ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、瀬川祐輔 監督:ネルシーニョ 2021.09.12 16:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly