スパーズがホーム最終戦でビラに逆転負け…レギロン背信で自力でのEL出場消滅の可能性…《プレミアリーグ》

2021.05.20 04:03 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第37節、トッテナムvsアストン・ビラが19日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で逆転勝利した。前節、ウォルバーハンプトンに2-0で快勝も、前日に行われた試合でのチェルシーの勝利によって逆転でのトップ4フィニッシュの可能性が潰えた6位のトッテナム(勝ち点59)。

ヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に向けて連勝を狙う今季ホーム最終戦では11位のアストン・ビラ(勝ち点49)と対戦した。前節からは先発2人を変更。ロ・チェルソ、ベイルに代えてウィンクス、ベルフワインを起用した。

約5カ月ぶりにホームサポーターを迎え入れた本拠地で勢いを持って試合に入ったトッテナムは開始早々にゴールをこじ開ける。8分、レギロンのクリアボールに対してナカンバがボールコントロールを誤ると、死角から身体をぶつけてボールを奪ったベルフワインがそのままゴール前に持ち込んで強烈な右足のシュートを突き刺し、待望の今季リーグ戦初ゴールとした。

幸先よく先制に成功したトッテナムは畳みかける攻めで2点目を奪いたいところだが、ここから相手の反撃に晒される。幾度か良い形でフィニッシュまで持ち込まれると、20分には左サイドからナカンバが入れた何でもないクロスをDFレギロンが利き足とは逆の右足でクリア。これが、信じがたいキックミスとなってゴール右隅に決まった。

このミス絡みの失点によって完全に流れを失ったトッテナムは攻守両面で相手に圧倒される。攻撃ではケインやソン・フンミンにボールが収まらず、時折カウンターチャンスを得ても連携が合わず、決定機はおろかフィニッシュまで持ち込むことができない。

また、相手の強度の高いプレーに対して球際で劣勢を強いられると、自陣でのボールロストを繰り返して相手の鋭いショートカウンターに晒される。

最後のところで粘って何とか2失点目を回避していたが、39分には自陣深くでレギロンがトラオレに縦パスを引っかけられてこぼれたボールをボックス内のワトキンスに回収されて右足のシュートを流し込まれた。その後、前半ラストプレーのピンチは守護神ロリスの好守で凌ぐも、前半終了時のホイッスルが鳴った際にはホームサポーターから激しいブーイングが飛んだ。

このブーイングとハーフタイムの青年指揮官からの激しい檄が影響してか、後半は見違えるようにアグレッシブなプレーを見せるトッテナム。立ち上がりの48分には波状攻撃からボックス右でルーズボールに反応したベルフワイン、直後の51分にはカウンターからケインのスルーパスに抜け出したベルフワインに2度のビッグチャンスも、ここはGKマルティネスの好守に阻まれる。

以降も去就問題に揺れるケインが良い形でボレーシュートを放つなど、前半に比べて攻撃の改善が見られたホームチームだが、徐々に相手にうまく守られて攻撃が手詰まりとなる。

これを受けて、メイソン監督は70分過ぎにベルフワインとウィンクスを下げて切り札のベイルとエンドンベレを続けてピッチに送り出す。75分にはそのベイルのラストパスをボックス右で受けたケインがニアを狙って強烈なシュートを放つが、これもGKマルティネスに阻止される。

その後、負傷したタンガンガに代えてケガ明けで久々の出場となるドハーティを最後のカードとしてピッチに送り込んだトッテナムは、同点、逆転を目指して攻勢を仕掛けていく。

しかし、なかなか攻め切れず、前がかりなところを相手に引っくり返されると、94分には相手の17歳MFチュクエメカに左ポスト直撃の決定機を許すなど、最後のところでパワーを出せなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホーム最終戦で痛恨の逆転負けを喫したトッテナムは、この後に試合を行う同勝ち点のウェストハムの結果次第で、自力でのEL出場権獲得の可能性を失うことになった。
関連ニュース
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズの逸材FWパロット、今度は英3部MKドンズへ武者修行

MKドンズ(イングランド3部)は29日、トッテナムからアイルランド代表FWトロイ・パロット(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 パロットは2017年夏に母国のベルヴェディアからトッテナムのユースチームに加入した万能型ストライカー。2019年2月のトップチーム昇格後、同年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦で公式戦デビューを飾り、同年11月には17歳でアイルランド代表デビューを果たした。 2020年夏にはミルウォール(イングランド2部)にレンタル移籍で加入するも、半年間で公式戦14試合に出場して1得点という成績から、今年2月にレンタル先をイプスウィッチ(イングランド3部)へと変更。しかし、そこでも公式戦18試合出場、2ゴールという結果に留まった。 絶対的エースであるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の移籍の噂や、昨季にレンタルで加入していたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りが見送られたことで、今季はトッテナムでのプレーも予想されたパロット。しかし、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット(17)の台頭や、クラブがフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)といった新たなFWを獲得に動いていることもあり、再び武者修行へと出るようだ。 移籍が決まったパロットはクラブ公式サイトを通じてコメントを発表。加入の喜びと新シーズンに向けての意気込みを語った。 「ここに来れて本当に嬉しいよ。このチームのプレースタイルは僕に合っているし、プレーしたいと思えるものだ」 「監督のラッセル・マーティンは、以前から僕にここへ来てほしいと思っていたようだけど、なんらかの理由で実現しなかった。彼が僕を必要だと明言してくれていることは、とても嬉しいよ。今はここにいられることが嬉しいし、早くトレーニングを始めたいね」 「もちろん、チームにゴールをもたらしたいと思っているけど、それだけではなく、プレーを連動させたり、できる限りボールに絡むことで、チームに貢献したいと思っている。この前見た試合で、このチームはとても上手くチャンスを作っていたから、ストライカーとしては待ち遠しいかぎりだね」 2021.07.30 11:06 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ヴラホビッチをストライカー補強のトップターゲットに設定!

トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)を今夏のストライカー補強のトップターゲットに定めているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 トッテナムではマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の慰留が今夏における最大のテーマとなっている。 その一方で、ベンフィカからレンタルしていたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りを見送ったことで、純粋なセンターフォワードが不足している。 プレシーズンマッチでは韓国代表FWソン・フンミン、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット、アイルランド代表FWトロイ・パロットが最前線で起用されているが、ケインの去就に関わらず補強が必要なポジションだ。 ここまではサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(29)が有力な獲得候補として挙がっているが、マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は前職のユベントス時代から関心を示していたヴィオラの若きエースをトップターゲットに定めているようだ。 セルビア屈指の名門パルチザン・ベオグラード育ちのヴラホビッチは、18歳となった2018年にフィオレンティーナへ5年契約で加入。加入2年目となった昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、昨シーズンのセリエAでは37試合21ゴールという見事な数字を残し、一躍国内外のビッグクラブの関心を集める存在となった。 利き足は異なるものの、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータを彷彿とさせる天性の点取り屋は、190cmの屈強な体躯とパワフル且つ繊細な左足、傑出した得点感覚を備える大器だ。 その逸材に関してフィオレンティーナは新シーズン開始前に新契約締結を目指しており、現在は7000万ユーロ(約91億3000万円)に設定する契約解除金に関する代理人へのコミッションの金額を話し合うなど、今夏の流出回避に向けた動きを見せている。 ただ、昨シーズンを13位で終えるなどクラブとして低迷が続くフィオレンティーナの現状を考えれば、今夏に新天地を求める可能性は十二分にある。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、ヴラホビッチを獲得するためには4000万ポンド(約61億3000万円)以上のオファーが必要だという。 パラティチ氏はヴラホビッチをケインの後釜ではなく、あくまでサポート役として考えており、ケインとヴラホビッチという強力コンビ実現に向けては財布の紐が堅いダニエル・レヴィ会長を説得できるかが重要となりそうだ。 2021.07.29 22:53 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズがデレ・アリの古巣MKドンズに快勝! 2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並ぶ

トッテナムは28日、フットボールリーグ1(イングランド3部)のMKドンズとプレシーズンマッチを戦い、3-1で快勝した。 先日、フットボールリーグ2(イングランド4部)に属するコルチェスター・ユナイテッド戦で新体制初勝利を収めたトッテナムは、MFデレ・アリの古巣であるMKドンズ相手に連勝を狙った。 MFデレ・アリやFWルーカス・モウラ、FWソン・フンミン、FWステーフェン・ベルフワインに加え、プレシーズン初出場のDFセルヒオ・レギロン、DFマット・ドハーティがスタメンを飾ったトッテナム。 開始5分にはいきなり最終ラインの背後を取られてGKアルフィー・ホワイトマンのファウルでPKを献上。しかし、ここはMFマット・オリリーのPKをホワイトマンが見事なセーブで阻止した。 若手GKの好守で流れを掴んだトッテナムは、個で優位性をもたらす3トップを起点に再三の決定機を作り出すが、決定力を課題とするベルフワインは最後のところだけうまくいかない。 それでも、35分にはルーカスからの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したソン・フンミンが冷静にGKとの一対一を制し、先制に成功した。 1点リードで折り返した後半も試合の主導権を握るトッテナムは、57分に見事な仕掛けで中央を突破したルーカスからのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがGKとDFを引き付けて中央でフリーのデレ・アリにプレゼントパス。これをデレ・アリが古巣のゴールへ難なく流し込んだ。 その後、メンバーを入れ替えながらもMFオリヴァー・スキップ、ルーカス、ベルフワインらが輝きを放つトッテナムは、81分に相手のビルドアップのミスを突いたルーカスが一人ショートカウンターの形からトドメの3点目を奪取した。 その直後にはセットプレーの流れから1失点を喫したものの、2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並んだトッテナムが3-1の快勝を収めた。 同試合後、クラブ公式チャンネルのインタビューに応じたヌーノ・エスピリト・サント監督もチーム全体のパフォーマンスに満足感を示している。 「良い内容だったね。とりわけ、少年たち(アカデミーのプレーヤー)はハードワークを見せてくれた。今日も、彼らはよくやってくれたよ。ボールの動かし方、ラインの速さ、ポゼッションなど、良い動きをしていた」 「ただ、我々はより多くのゴールを奪う必要があった。より多くのゴールを決めることができれば、より良い気分になり、より自信を持つことができるからだ。とにかく、チャンスがあれば、それをモノにしなければならない」 格下相手にきっちり連勝を飾ったトッテナムは来月初めにチェルシー、アーセナルとのプレシーズントーナメントを戦った後、8月16日に昨シーズンの王者であるマンチェスター・シティとのプレミアリーグ開幕戦に臨む。 MKドンズ 1-3 トッテナム 【MKドンズ】 フリーマン(84分) 【トッテナム】 ソン・フンミン(35分) デレ・アリ(57分) ルーカス・モウラ(81分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】トッテナムがMKドンズに快勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRbG10ZkRFcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.29 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

セルティックがスパーズの控えGKハート獲得に動く?

セルティックがトッテナムに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(34)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 一昨シーズンは元イングランド代表GKフレイザー・フォースター(現サウサンプトン)を守護神として起用し、国内2冠を達成したセルティック。しかし、昨シーズンはギリシャ代表GKヴァシリオス・バルカス、元スコットランド代表GKスコット・ベインを併用するなど守護神を固定できず。そのことが直接の原因とは言い難いが、前年に比べて失点数は10点も増えていた。 そういった事情もあり、今夏の移籍市場では新たな守護神候補の獲得に着手しており、ロマーノ氏が報じるところによれば、クラブはハート獲得に向けてトッテナムと交渉を進めているようだ。 2006年から長らくマンチェスター・シティで活躍してきたジョー・ハートだが、2016年にジョゼップ・グアルディオラ監督が就任して以降、そのキャリアに陰りがさし、トリノ、ウェストハム、バーンリーと国内外のクラブをレンタルで渡り歩くも、いずれの移籍先でも思うような活躍を見せられなかった。 その後、昨年夏にはホームグロウンの資格を持つトップチーム登録の選手の不足に加え、経験豊富なセカンドGKの獲得を求めた前指揮官ジョゼ・モウリーニョのリクエストを受け、トッテナムに加入。 昨シーズンはフランス代表GKウーゴ・ロリスのバックアップとしてヨーロッパリーグ8試合を含め、公式戦10試合に出場していた。ただ、クラブは今夏にイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニをアタランタから獲得しており、序列は3番手に落ちる見込みだ。 セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督はGKにもフィールドプレーヤー並みの足元の技術を求めており、ハートはキック力を除きその要求に応えられるかは不明だが、その豊富な経験はチームにとってプラスとなるはずだ。 2021.07.28 23:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly