スパーズがホーム最終戦でビラに逆転負け…レギロン背信で自力でのEL出場消滅の可能性…《プレミアリーグ》

2021.05.20 04:03 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第37節、トッテナムvsアストン・ビラが19日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で逆転勝利した。

前節、ウォルバーハンプトンに2-0で快勝も、前日に行われた試合でのチェルシーの勝利によって逆転でのトップ4フィニッシュの可能性が潰えた6位のトッテナム(勝ち点59)。

ヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に向けて連勝を狙う今季ホーム最終戦では11位のアストン・ビラ(勝ち点49)と対戦した。前節からは先発2人を変更。ロ・チェルソ、ベイルに代えてウィンクス、ベルフワインを起用した。

約5カ月ぶりにホームサポーターを迎え入れた本拠地で勢いを持って試合に入ったトッテナムは開始早々にゴールをこじ開ける。8分、レギロンのクリアボールに対してナカンバがボールコントロールを誤ると、死角から身体をぶつけてボールを奪ったベルフワインがそのままゴール前に持ち込んで強烈な右足のシュートを突き刺し、待望の今季リーグ戦初ゴールとした。

幸先よく先制に成功したトッテナムは畳みかける攻めで2点目を奪いたいところだが、ここから相手の反撃に晒される。幾度か良い形でフィニッシュまで持ち込まれると、20分には左サイドからナカンバが入れた何でもないクロスをDFレギロンが利き足とは逆の右足でクリア。これが、信じがたいキックミスとなってゴール右隅に決まった。

このミス絡みの失点によって完全に流れを失ったトッテナムは攻守両面で相手に圧倒される。攻撃ではケインやソン・フンミンにボールが収まらず、時折カウンターチャンスを得ても連携が合わず、決定機はおろかフィニッシュまで持ち込むことができない。

また、相手の強度の高いプレーに対して球際で劣勢を強いられると、自陣でのボールロストを繰り返して相手の鋭いショートカウンターに晒される。

最後のところで粘って何とか2失点目を回避していたが、39分には自陣深くでレギロンがトラオレに縦パスを引っかけられてこぼれたボールをボックス内のワトキンスに回収されて右足のシュートを流し込まれた。その後、前半ラストプレーのピンチは守護神ロリスの好守で凌ぐも、前半終了時のホイッスルが鳴った際にはホームサポーターから激しいブーイングが飛んだ。

このブーイングとハーフタイムの青年指揮官からの激しい檄が影響してか、後半は見違えるようにアグレッシブなプレーを見せるトッテナム。立ち上がりの48分には波状攻撃からボックス右でルーズボールに反応したベルフワイン、直後の51分にはカウンターからケインのスルーパスに抜け出したベルフワインに2度のビッグチャンスも、ここはGKマルティネスの好守に阻まれる。

以降も去就問題に揺れるケインが良い形でボレーシュートを放つなど、前半に比べて攻撃の改善が見られたホームチームだが、徐々に相手にうまく守られて攻撃が手詰まりとなる。

これを受けて、メイソン監督は70分過ぎにベルフワインとウィンクスを下げて切り札のベイルとエンドンベレを続けてピッチに送り出す。75分にはそのベイルのラストパスをボックス右で受けたケインがニアを狙って強烈なシュートを放つが、これもGKマルティネスに阻止される。

その後、負傷したタンガンガに代えてケガ明けで久々の出場となるドハーティを最後のカードとしてピッチに送り込んだトッテナムは、同点、逆転を目指して攻勢を仕掛けていく。

しかし、なかなか攻め切れず、前がかりなところを相手に引っくり返されると、94分には相手の17歳MFチュクエメカに左ポスト直撃の決定機を許すなど、最後のところでパワーを出せなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホーム最終戦で痛恨の逆転負けを喫したトッテナムは、この後に試合を行う同勝ち点のウェストハムの結果次第で、自力でのEL出場権獲得の可能性を失うことになった。

関連ニュース
thumb

【プレミア注目プレビュー】満身創痍スパーズvs盤石ブルーズ! 史上初“ネットゼロ”にも注目のダービー

プレミアリーグ第5節、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が、日本時間19日24:30にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。離脱者の多さで早くも失速の気配漂うスパーズと、盤石のブルーズが対峙する今季最初のダービーだ。 ヌーノ新監督の下、開幕3試合連続クリーンシートで3連勝という最高のスタートを切ったトッテナム。しかし、崩しのアイデア、ボールの循環、ゲームコントロールと明確な課題が見え始めていた中、前節のクリスタル・パレス戦では多くの離脱者、後半序盤のDFタンガンガの退場というエクスキューズはあったものの、低調な内容で0-3の完敗を喫した。 数人の主力を起用してバウンスバックを図ったヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のスタッド・レンヌ戦では追いついての2-2のドローと、連敗を回避してのドローという結果自体は悪くなかったが、前述の課題解決の糸口を掴むことができなかった。新チームとしての真価が試される今回のダービーでは、マンチェスター・シティとの開幕戦のように敗色濃厚という下馬評を覆すことができるか…。 一方、プレミアリーグ開幕から公式戦4勝1分けの無敗を継続するチェルシーは、リバプール戦でのPKによる1失点を除き、流れの中ではここまで無失点と、昨季同様に守備の安定感が際立つ。さらに、新エースストライカー候補のFWルカクはここまで4戦4ゴールを記録。リーグ前節のアストン・ビラ戦(3-0)、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のゼニト戦(1-0)はいずれも難しい試合展開だったものの、苦しい時間帯にゴールを奪う、まさにエースの仕事ぶりを果たしている。 EFLカップのビラ戦を挟んでシティとの今季初対決を控える中、手負いのトッテナムを敵地できっちりと叩いて昨季リーグ王者との大一番に弾みを付けたいところだ。 なお、昨シーズンの3度の公式戦での対戦は1勝1敗1分けの全くの五分。今夏に行われたプレシーズンマッチでも2-2のドローに終わっている。また、トッテナムの新指揮官として初めてダービーに臨むヌーノ監督は、ウォルバーハンプトン時代にチェルシーと6度対戦し、2勝2敗2分けとこちらも五分の成績を収めている。 ちなみに、今回のダービーはトッテナムとイギリス『スカイ』の協力の下、トップレベルのフットボールで史上初となる“カーボン・ニュートラル(ネットゼロ)”を掲げたゲームとなる。 地球温暖化の観点から脱炭素化の取り組みが進む中、今回の試合では「二酸化炭素の排出を全体としてゼロにする」という目標の下、試合開催時の動力、スタジアムを訪れる両クラブとファンの当日の移動を、公共交通機関や自転車、バイオ燃料を用いた自動車などに変更するほか、スタジアムで提供する食事を持続可能な方法で調達された、植物性のものに限定する。また、試合中やウォームアップ時などの給水の際にはペットボトルではなく、トッテナムが特別に用意した容器を使用することになる。さらに、廃棄物の埋め立てをゼロとすべく、ゴミの分別の徹底を観客に啓発していく。 ただ、この試みで二酸化炭素の排出をゼロにすることはできないため、後日測定された排出量分を東アフリカの植林プロジェクトを支援することで、最終的にゼロにするとのことだ。 ◆トッテナム◆ 【4-3-3】 ▽トッテナム予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210918_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:エメルソン、D・サンチェス、ロドン、レギロン MF:ホイビュルク、スキップ、エンドンベレ FW:デレ・アリ、ケイン、ブライアン・ヒル 負傷者:DFダイアー、MFセセニョン、FWベルフワイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラ 出場停止者:DFタンガンガ(1/1) パレス戦で退場したタンガンガが出場停止となる。負傷者に関してはベルフワイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラのアタッカー3人に加え、パレス戦で負傷退場のダイアーに欠場の可能性がある。 また、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選参戦によってクロアチアでの隔離措置を取っていたDFロメロとMFロ・チェルソのアルゼンチン代表コンビ、コロンビア代表DFダビンソン・サンチェスに関しては、18日にイギリスに入国したばかりで、コンディション面に大きな不安を残す。 スタメンに関しては負傷者、合流間もない3選手のマッチフィットネス含め予想は困難だが、前述の11人の起用を予想する。ホームとはいえ、現時点での完成度で大きく劣ることもあり、より守備的な[3-4-3(3-5-2)]の採用も見込まれる。対ルカクという部分ではアタランタ時代に対戦経験がある、昨季セリエA最終優秀DFのロメロを3バックの中央でぶつけるプランもありか。 ◆チェルシー◆ 【3-4-2-1】 ▽チェルシー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210918_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー MF:リース・ジェームズ、ジョルジーニョ、コバチッチ、マルコス・アロンソ MF:ハヴァーツ、マウント FW:ルカク 負傷者:MFプリシッチ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。逆に、リバプール戦の退場でビラ戦を欠場していたリース・ジェームズが復帰する。負傷者に関してはカンテが復帰できる見込みとなっており、足首に問題を抱えるプリシッチを除き全選手が起用可能だ。 各ポジションで質の高いターンオーバーを可能な中、前述の11人をスタメンに予想する。ただ、チアゴ・シウバやカンテ、プレシーズンの前回対戦で2ゴールを挙げたツィエクといった選手たちに出番が巡ってくる可能性も十二分にある。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWハリー・ケイン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210918_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トッテナムの注目プレーヤーは今季プレミアリーグ初ゴールが期待されるエースストライカー。昨季のプレミアリーグでいずれもリーグトップとなる23ゴール14アシストを記録したスパーズが誇る絶対的エース。しかし、クラブレベルでのトロフィー獲得を目指す28歳は、今夏にマンチェスター・シティへの移籍希望を公言。しかし、クラブ側の徹底抗戦に遭い、最終的に残留を決断した。 残留宣言後はECLプレーオフのパソス・デ・フェレイラ戦で2ゴールを挙げる見事な活躍を見せたが、以降の公式戦3試合ではノーゴールと苦戦。ただ、イングランド代表として臨んだ直近の代表戦では3試合連続でゴールを挙げており、コンディション自体に問題はなさそうだ。 ここ数試合のパフォーマンスの問題はチーム全体の攻撃のクオリティの問題だが、熾烈なリーグ戦ではチームの熟成を待っている時間はない。そのため、相棒ソン・フンミンや複数のアタッカー不在の中で臨む今回のダービーではエースの個の力が求められるところ。ダービーを得意とするケインだが、2018年11月の対戦を最後にチェルシー戦では5試合(2試合は負傷欠場)ゴールから遠ざかっている。今回の一戦で約3年ぶりのゴールを奪えるか。 ◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210918_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーの注目プレーヤーは開幕から好調を維持するダイナモ。昨季、ジョルジーニョ、カンテと共にチェルシーの中盤を攻守両面で支えたクロアチア代表は、今季からディナモ・ザグレブ時代に背負った8番に背番号を変更。イングランドでは前指揮官のランパードら攻撃的MFの代名詞とされる新たな番号を背負うことになったコバチッチは、前節のビラ戦で約2年ぶりのゴールを挙げるなど、ここまでのリーグ戦4試合で1ゴール2アシストを記録。早くもチェルシー加入後のキャリアハイ更新が期待される。 昨季はジョルジーニョらと共に中盤のバランサー、ビルドアップ時に3バックからボールを引き出す仕事がメインだったが、チーム全体のビルドアップの質の向上に加え、前線にルカクという屈強なターゲットマンが加入したことで、クサビのパスを差し込んでから前線に飛び出していくプレーが増え始めている。 フィニッシュの精度に大いに伸びしろを残すが、アーセナル戦、ビラ戦で早くも良い関係を築くルカクとの連携を生かしてゴール、アシストという決定的な仕事を果たし、これまでの黒子役からダービーの主役を担いたい。 2021.09.19 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、代表参加敢行の南米勢が18日に帰国へ

先のインターナショナルマッチウィークにおいて、原則禁止されていた南米渡航を敢行したプレミアリーグの選手たちの復帰目処が立ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 コロナ禍による入国時の規制を避けるため、9月上旬のインターナショナルマッチウィークでは南米を中心に所属選手の代表派遣を拒否する姿勢をとっていたプレミアリーグ。ところが、一部の選手がクラブに無断で代表に参加していた上、滞在歴に関して虚偽の申告をしたとして問題に挙げられていた。 その結果、5日に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選のブラジル代表vsアルゼンチン代表が、開催地ブラジルの国家衛生監督庁の介入により、開始6分で中断する事態に陥っていた。 当該選手は、共にトッテナム所属のMFジオバニ・ロ・チェルソとDFクリスティアン・ロメロ、およびGKエミリアーノ・マルティネスとMFエミリアーノ・ブエンディアのアストン・ビラ所属2名を含む、アルゼンチン代表4名だ。 この4選手はブラジル戦が中止となった後、イギリス入国の際の隔離義務を避けるため、同国でグリーンリスト国に指定されているクロアチアを経由することに。ブラジルから直接イギリスに入国した場合、10日間のホテル隔離が必要となるが、クロアチアではイギリスほど強い規制を敷いていないため、バブル方式であればトレーニングも認められていた。 そして、『スカイ・スポーツ』によると、彼らは10日間のクロアチア滞在を終え、18日にイギリスへ戻る予定のようだ。上述のように、クロアチアはイギリスから見てグリーンリスト国のため、隔離措置を取ることなく直ちにチームに合流可能。週末のリーグ戦から出場できる見込みだ。 なお、代表参加を許可していたアストン・ビラと違い、トッテナムではコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスも含めた3名は無断での参加だったため、クラブから何らかの制裁が科せられる模様。D・サンチェスもまた、上記4名と共にクロアチアで10日間の隔離措置を受けている。 2021.09.17 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

少年時代のソン・フンミン、ユナイテッドを応援…「パク・チソンがいたからね」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがかつての自身について、マンチェスター・ユナイテッドを贔屓にする少年だったと明かした。 2015年夏にレバークーゼンから加入後、今や押しも押されもせぬトッテナムのスター選手として知られるソン・フンミン。その活躍ぶりはアジア史上最高の選手とも評されるほどのものだ。 イングランド代表FWハリー・ケインともホットラインも築く絶対的主力だが、自身の幼き頃は韓国代表のレジェンドであるパク・チソン氏の存在もあり、ユナイテッドが好きだったという。 『Pro:Direct Soccer』で小さい頃に応援したチームを尋ねられると、トッテナムに忠誠心を示しつつ、「マンチェスター・ユナイテッドだね。チソンがプレーしていたからさ」と返答した。 「彼は国民的なヒーロー。韓国では『彼には2つの心臓がある』とも言われているんだ。僕からしても、彼は国民的な英雄さ。良き友人でもある」 「彼は韓国の選手たちにプレーの仕方を提示し、希望や機会を授けた。それは簡単じゃない。プレミアリーグでプレーした最初の選手でもある」 「そういうわけで、僕はユナイテッドを応援していた。でも、今はできない!」 パク・チソン氏はかつて京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でもプレーしたことで知られ、2005〜2012年までユナイテッドに所属。無尽蔵のスタミナと戦術理解度を武器に活躍した。 2021.09.17 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ECL初戦ドローのトッテナム、指揮官は負傷者続出を嘆く 「解決策を見つけようと努力し続けている」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が相次ぐ負傷者の発生を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは16日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループG第1節でスタッド・レンヌと対戦した。先週末のプレミアリーグでクリスタル・パレス相手に0-3の完敗を喫したチームは悪い流れを断ち切りたいところだったが、この日もオウンゴールで先制しながら後半に逆転を許す苦しい展開に。76分にMFピエール=エミール・ホイビュルクのゴールで同点に追いついたものの、その後は得点が生まれず、2-2のドローに終わった。 公式戦2試合未勝利となっただけでなく、試合中にFWステーフェン・ベルフワインとFWルーカス・モウラが負傷。すでにFWソン・フンミンやDFエリック・ダイアー、MFライアン・セセニョンが負傷しているチームにとって、大きな痛手となっている。 試合後のインタビューに応じたヌーノ監督も「今回も多くの障害が生じた」とケガ人の発生を嘆き、解決策を探したいとコメント。そのうえで、ピッチでプレーする選手たちはできることをしていると称えた。 「状況は良くないね。当然、心配している。それを皆と共有するべきではないかもしれないが、正直に言いたいと思う。選手たちはよくやってくれたよ。こういうことが起こると大変だが、今は解決策を見つけようと努力し続けている」 「皆がよくやってくれたと思う。今日はタフな試合だった。スタートはとても良く優れたプレーもできたと思うが、セカンドボールの回収については改善する必要があるだろう。改善すべきことはたくさんあるが、チームの態度については正しかった」 「我々はさまざまなポジションの選手を起用して、試合の最後までゲームをコントロールした。とても大変だったし、試合終了の瞬間は我々にとって大きな意味があった」 「(自分たちに不利なことが起きているかは)言わないでおこう。自分たちのやるべきことに集中したい。とはいえ、今の状況は難しい」 2021.09.17 10:54 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムが3rdユニフォームを発表!地元の若手クリエイターがデザインした大胆な総柄に

トッテナムは16日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。 紫と白が基調のユニフォームは、トッテナム地区のストリートにインスパイアされた大胆なプリントが前面に施されており、袖口と襟は黒色、胸元のクラブエンブレムや、サプライヤーであるナイキのロゴなどは白で配置されている。 このデザインは、地元のワークショップでデザインを学んだ若いクリエイターたちが表現しており、襟の内側には「N17(トッテナム地区の地域コード)」が刻まれている。 ショーツは紫が基調で、黒のラインがサイドに施されている。ソックスも紫が基調で、アクセントとして白が用いられている。 トッテナムはすでにホームとアウェイのユニフォームを発表済み。白が基調のシンプルなデザインのホームユニフォームと、大胆な総柄が施されているアウェイユニフォームとともに、この3種類のユニフォームで今シーズンを戦うこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】トッテナムの2021-22シーズン3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tottenham have released their third kit for the coming season! <br><br>Are you a fan? <a href="https://t.co/ROJ6681Q7I">pic.twitter.com/ROJ6681Q7I</a></p>&mdash; Bet9ja (@Bet9jaOfficial) <a href="https://twitter.com/Bet9jaOfficial/status/1438435003684245504?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Inspired by Tottenham. <br> <br>This is LDN17. <a href="https://t.co/WYWWD7HT3Y">pic.twitter.com/WYWWD7HT3Y</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1438398244522848258?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 06:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly