ベンゼマが約6年ぶりの電撃復帰! フランス代表が発表《ユーロ2020》

2021.05.19 03:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランスサッカー連盟(FFF)は18日、ユーロ2020に向けたフランス代表メンバー26名を発表した。

ディディエ・デシャン監督は、世界王者として臨む欧州王者を目指す今大会に向けて、守護神とキャプテンを務めるGKウーゴ・ロリス(トッテナム)やDFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)ら主力を順当に選出。

また、ビッグサプライズとなったのが、FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)の2015年10月以来の復帰だ。

代表通算81試合27ゴールの見事な数字を残すベンゼマだが、代表の元同僚であるMFマテュー・ヴァルブエナに対する“セックステープ恐喝事件”に関与した容疑で逮捕され代表チームから追放。その後、無罪判決が出たものの、規律を重んじるデシャン監督はこれまで幾度も復帰待望論が出ていた中で頑なに再招集を固辞してきた。

しかし、レアル・マドリーのエースとして圧巻のパフォーマンスを披露し、ここ最近ではリーダーとしても存在感を放つ同選手の充実ぶりを鑑みて、今回の電撃招集を決断したようだ。

さらに、東京オリンピック世代でここまでレ・ブルー招集がなかったDFジュール・クンデ(セビージャ/スペイン)が初招集となった。

その一方で、DFフェルラン・メンディ(レアル・マドリー)、FWアントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)、MFタンギ・エンドンベレ(トッテナム)、MFエドアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)といった若手選手がケガや戦術的な判断で招集外となった。

なお、ユーロでグループFに入っているフランスは、6月15日にドイツ代表戦、19日にハンガリー代表戦、23日にポルトガル代表戦を戦う予定だ。今回発表されたフランス代表メンバーは以下の通り。

◆フランス代表メンバー26名

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
スティーブ・マンダンダ(マルセイユ)
ミケ・メニャン(リール)

DF
リュカ・ディーニュ(エバートン/イングランド)
レオ・デュボワ(リヨン)
リュカ・エルナンデス(バイエルン/ドイツ)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
クレマン・ラングレ(バルセロナ/スペイン)
ジュール・クンデ(セビージャ/スペイン)
バンジャマン・パヴァール(バイエルン/ドイツ)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン)
クル・ズマ(チェルシー/イングランド)

MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
コランタン・トリソ(バイエルン/ドイツ)
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングラン)
アドリアン・ラビオ(ユベントス/イタリア)
ムサ・シソコ(トッテナム/イングランド)
トマ・レマル(アトレティコ・マドリー/スペイン)

FW
ウィサム・ベン・イェデル(モナコ)
キングスレー・コマン(バイエルン/ドイツ)
ウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
オリヴィエ・ジルー(チェルシー/イングランド)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/スペイン)
アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ/スペイン)
マルクス・テュラム(ボルシアMG/ドイツ)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

関連ニュース
thumb

イングランド代表、D・ヘンダーソン負傷でラムズデールを追加招集

イングランド代表は15日、GKディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・ユナイテッド)の負傷離脱と、それに伴うGKアーロン・ラムズデール(シェフィールド・ユナイテッド)の招集を発表した。 声明によると、ヘンダーソンはでん部の負傷でフルトレーニングが不可能に。一足先に所属先に戻って来期に備えることになったという。 欧州サッカー連盟(UEFA)の規定では、大会中でも医療上の理由であればGKの入れ替えは可能。代わりに招集されたラムズデールは、5月末に発表された33名の候補には選ばれていたものの、最終選考で落選。6月初旬のオーストリア代表戦とルーマニア代表戦ではベンチ入りしていたが、今のところデビューはしていない。 クラブでは2020年夏にボーンマスからシェフィールド・ユナイテッドに加入し、今季のプレミアリーグで全38試合に出場。また、U-21イングランド代表では、3月に行われたU-21欧州選手権のグループステージ3試合でフル出場しており、絶対的な地位を築いていた。 2021.06.15 20:23 Tue
twitterfacebook
thumb

見たくもない? 記者会見に出席したC・ロナウドがコカ・コーラを目の前に不思議な行動

連覇を目指すポルトガル代表のキャプテンを務めるFWクリスティアーノ・ロナウドが、記者会見で思わぬ行動を見せた。 2016年に行われたユーロで優勝を果たしたポルトガル代表。ディフェンディングチャンピオンとして臨む今大会は、15日に初戦を迎える。 ハンガリー代表との初戦を前に記者会見に臨んだポルトガル代表。C・ロナウドがフェルナンド・サントス監督と共に会見に出席した。 そのC・ロナウドだったが、会見場に現れて着席。記者の質問が始まる前に、自身の前に置いてあるあるものに目がいった。 それはコカ・コーラのペットボトル2本。すると、C・ロナウドはおもむろに手を伸ばすと、2本とも自身の横に退けると、水のペットボトルを掲げ「アグア」とアピールした。 C・ロナウドは、最高のパフォーマンスを発揮するため、自身のコンディション調整にはとことんこだわる選手の1人であり、アルコールも全く摂取せず、身体づくりに対して良いものしかとらないほどだ。 さらにコカ・コーラをなどのジャンクフードが嫌いな一面も見せていた。昨年の「THE BEST」のFIFA(国際サッカー連盟)の授賞式に出席した際、息子についてコメント。「彼が素晴らしいサッカー選手になるかどうかはわからないが、まだそこにはいない」と語り、「時々、彼はコカ・コーラやファンタを飲み、ポテトチップスを食べる。そして、彼は僕がそれらを好まないことを知っている」と語っていた。C・ロナウドにとっては、目にするのも嫌なのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドがコカ・コーラを前に変わった行動…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTWUQ1QWpwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.15 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【ユーロ2020/グループF展望】前回王者、世界王者、ドイツ同居の“死の組”

ユーロ2020のグループステージが6月11日に開幕する。グループFは前大会王者ポルトガル、世界王者フランス、ドイツという3強とハンガリーが同居する今大会における“死の組”だ。 ◆連覇に向けたいきなりの試練を乗り越えられるか~ポルトガル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210606_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/優勝 予選戦績/5勝2分け1敗(グループB2位) 監督/フェルナンド・サントス 注目選手/DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ) 7大会連続の出場となる前回王者ポルトガルは、2018-19シーズンのUEFAネーションズリーグに続くヨーロッパ主要大会連覇を狙う。2014年に就任したフェルナンド・サントス監督の下で長期政権を築くチームは、今大会出場チームにおいて最も安定感のあるチームのひとつだ。 今回の予選では伏兵ウクライナに競り負けて首位通過を逃したが、セルビアを振り切ってきっちり2位での突破を決めた。これまではエースFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)におんぶにだっこの状況が続いたが、現スカッドではそのエースやDFペペ(ポルト)、MFモウティーニョ(ウォルバーハンプトン)というベテランに加え、MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)といった中堅、FWフェリックス(アトレティコ・マドリー)、MFレナト・サンチェス(リール)という若手とよりバランスの取れた構成となっている。 連覇に向けてはまずフランス、ドイツのいずれかを退ける必要があるが、初戦をハンガリーと戦えるアドバンテージによってドイツとの第2戦、フランスとの最終戦に向けてコンディションを高めつつ、勝ち点計算を意識した戦い方が可能となる点はプラス材料だ。 今大会でイラン代表FWアリ・ダエイの歴代代表得点記録(109点)更新が期待される通算104ゴールのC・ロナウドにも大いに注目が集まるが、若きディフェンスリーダーのルベン・ディアスを注目選手に挙げたい。 昨夏、ベンフィカから総額6450万ポンドの移籍金でシティに加入した24歳は、持ち味の対人守備、カバーリングに加え、難解なグアルディオラの戦術を完璧に理解し、ビルドアップの局面でも存在感を放つ完全無欠のパフォーマンスを披露した。そして、シティの国内2冠に貢献し、今季のプレミアリーグMVPとFWA年間MVPをダブル受賞。今や世界最高のセンターバックの一人との評価も確立している。拮抗した戦いが予想されるグループリーグにおいてはまず失点しないことが求められており、FWムバッペやFWグリーズマンを擁するフランス、MFミュラーやFWヴェルナーを擁するドイツの強豪攻撃陣相手の奮闘が期待されるところだ。 ◆タレントの質は今大会屈指も一枚岩で戦えるか~フランス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210606_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/優勝 予選戦績/8勝1分け1敗(グループH1位) 監督/ディディエ・デシャン 注目選手/FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー) 8大会連続出場で3度目の優勝を目指すフランスは、ベルギーらと並び今大会の優勝候補筆頭だ。前回大会準優勝のデシャン率いるチームは、2018年ロシア・ワールドカップで悲願の世界一に輝き、今大会では主要大会連覇を目指す。今予選ではトルコ、アイスランドらと同居したグループHを貫録の首位で突破し、以降の試合においても世界王者に相応しい安定した戦いぶりを見せ、直前のテストマッチ2試合ではウェールズ、ブルガリアに快勝している。 ただ、以前から様々なルーツ出身の選手が多く、個性派揃いとして知られるチームは、大会直前にFWジルー(チェルシー)とFWムバッペ(パリ・サンジェルマン)が試合中のパスを巡って口論に発展するなど、ここに来て内紛の可能性も報じられている。堅守速攻一辺倒だったロシアW杯時に比べチームとしてのバリエーションは明らかに増えているが、それを生かすも殺すもチームとしての一体感が重要だ。グループリーグ初戦のドイツ戦までにコミュニケーション問題を改善したいところだ。 注目選手に関してはバロンド-ル候補に挙がるMFカンテ(チェルシー)やMFポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、ムバッペらも気になるが、今大会に向けて最大のトピックとなったFWカリム・ベンゼマを挙げたい。 代表通算83試合27ゴールの実績を誇るも、元同僚MFヴァルブエナへの恐喝事件への関与の疑いから2015年10月を最後に、長らく代表追放の扱いを受けていたベンゼマ。しかし、レアル・マドリーでのここ数年の活躍やパーソナルな部分での成長を受け、デシャン監督は個別面談を経て約5年半ぶりの再招集を決断。直前のテストマッチ2試合ではPK失敗こそあったものの、ムバッペとグリーズマンとの好連携によっていきなり存在感を示しており、カウンターを最大のストロングとするチームの攻撃に新たなオプションをもたらすことが期待される。ブルガリア戦での右ヒザ付近の打撲によって初戦欠場の可能性も伝えられるが、レ・ブルーのキーマンであることに変わりはないはずだ。 ◆下馬評3番手もレーブ体制で有終の美を目指す~ドイツ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210606_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/優勝 予選戦績/7勝1敗(グループC1位) 監督/ヨアヒム・レーブ 注目選手/MFトーマス・ミュラー(バイエルン) 13大会連続で4度目の優勝を目指すドイツは、まず苦戦必至のグループリーグ突破が最大の目標となる。2006年に就任したレーブ監督の下、ユーロ2008準優勝や2014年ブラジル・ワールドカップ優勝など多くの成功を収めたマンシャフトだが、ロシアW杯での屈辱のグループリーグ敗退以降、凋落の一途を辿っている。それでも、今予選ではオランダ、北アイルランドを退けてグループCを貫録の首位通過を果たした。 ここ数年の成績不振もあり、今大会後の退任を明言したレーブ監督は、世代交代を理由に事実上の引退勧告を行ったDFフンメルス(ドルトムント)、MFミュラー(バイエルン)の重鎮を急遽呼び戻すなど、なりふり構わぬ姿勢で自身の有終の美を飾ろうと躍起になっている。そして、直近のテストマッチでは恥を忍んで呼び戻した2選手が早速存在感を発揮するなど、良い形で本大会を迎えることになった。 試合日程に関してはフランスとポルトガルとの直接対決の後にハンガリーとの対戦を残しており、最終節で直接対決となるライバル2チームが談合試合を行う可能性も否定できず、最初の2試合でいかに勝ち点を拾うかが突破のカギを握る。 注目選手は2018年11月以来、約2年半ぶりの復帰となったMFトーマス・ミュラー。2010年のデビュー以降、長らくマンシャフトの主力として活躍してきた百戦錬磨のアタッカーは、代表引退勧告後も所属するバイエルンでは健在ぶりを発揮。とりわけ、今大会後の代表監督就任が内定しているハンジ・フリックの下ではトップ下を主戦場に、2年連続リーグ戦アシスト王に輝くなど、アタッキングサードで違いを生み出し続けている。その卓越したポジショニングセンス、プレー精度、献身的な守備は唯一無二であり、ここ最近勝負弱さが目立つチームに多くのプラスアルファをもたらしてくれるはずだ。また、ワールドカップでは16戦10ゴールと驚異的な決定力を発揮している一方、ユーロでは通算11試合でノーゴールとなっており、今大会での初ゴールにも期待したいところだ。 ◆グループ最弱評価の中、かき乱し役となれるか~ハンガリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210606_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/3位 予選戦績/4勝4敗(グループE4位) 監督/マルコ・ロッシ 注目選手/GKペーテル・グラーチ(RBライプツィヒ) 2大会連続4度目の出場となるハンガリーは、グループ最弱の前評判を覆し、2大会連続のグループリーグ突破を目指す。東欧の古豪は前大会で下馬評を覆すグループリーグ突破を飾り復権の兆しを見せた。そして、今予選ではグループEでクロアチア、ウェールズ、スロバキアに次ぐ4位フィニッシュとなったが、プレーオフではブルガリア、アイスランドを続けて撃破し、2大会連続の本大会行きを決めた。 通常のグループであれば、勝ち点次第で3位突破の可能性が十分にあると言いたいところだが、優勝候補3チームが並ぶ今回のグループにおいては勝ち点奪取が目先の目標となる。すべての試合で守勢が見込まれる中、チーム一丸となった守備で接戦に持ち込めるか。 注目選手は同僚DFオルバン、主砲FWアダム・サライ(マインツ)と共に長らくブンデスリーガで活躍するRBライプツィヒの守護神ペーテル・グラーチだ。近年躍進を続けるライプツィヒを最後尾から支え続ける31歳は、卓越したシュートストップ、ハイラインの背後をケアする守備範囲の広さ、安定した足元の技術と総合力が高いGKだ。今季のブンデスリーガではドイツの守護神ノイアー(バイエルン)を抑えて最優秀GK(最多クリーンシート)に輝いており、今大会においても最後の壁として存在感を発揮したいところだ。 【試合日程】 ◆第1節 ▽6/15(火) 《25:00》 ハンガリー vs ポルトガル 《28:00》 フランス vs ドイツ ◆第2節 ▽6/19(土) 《22:00》 ハンガリー vs フランス 《25:00》 ポルトガル vs ドイツ ◆第3節 ▽6/23(水) 《28:00》 ポルトガル vs フランス ドイツ vs ハンガリー <span class="paragraph-title">【動画】世界王者・フランスがドイツ戦を前にトレーニング!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5S3ByOFlsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.15 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ライバルとの関係性を語るイタリア代表FW「似た者同士で仲良くやっている」

トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティが、同僚であるFWチーロ・インモービレとの関係やチームの目標について語った。『UEFA.com』が伝えている。 イタリアは11日に行われたユーロ2020グループA第1節で、トルコ代表に3-0のスコアで快勝。目標である優勝に向けて絶好のスタートを切る形となったチームは、16日に第2節スイス代表戦を控えている。 こうした状況のなか、『UEFA.com』のインタビューに応じたベロッティは、ポジション争いのライバルであるインモービレとの関係についてコメント。現状では序列で上回られ、自身はベンチメンバーとなっているものの、関係は非常に良好だと語った。 「僕たちはとても良い友人さ。トリノで一緒にプレーしていたから、代表に来る前からお互いを知っていた。同じポジションでプレーしていてもライバル意識はないし、健全な競争になっていると思う」 「個人が勝つのではなく、グループ全体が勝つんだ。イタリアの強さの理由は、グループにある。プレーしていない選手でも、チームメイトの役に立つことを知っているよ。チーロとはよく話をする。ピッチの外から分かることはあるから、アドバイスをしているんだ」 「彼は素晴らしいストライカーだ。たくさんのゴールを決め、昨年は得点王を獲得した。だから、ストライカーとしての彼を表現するのに言葉はいらないよね。数字だけで十分だ。人としても彼は性格が良く、似た者同士で仲良くやっている。とても親切で面白い人間だよ」 また、ベロッティは代表チームの持つメンタリティについても言及。全員が組織を第一に考えていると語り、このチームであれば優勝も可能だと意気込んでいる。 「このシャツがいかに重要か、僕たちは知っている。そして、ワールドカップ(W杯)に出られないという最悪の状況に陥った後、良い結果を出すのがどれだけ重要かも理解しているよ。それが義務であり、贖罪であり、僕たちが何かを引き出すため必要とするものだ」 「監督はすべての選手に落ち着きと自信を与えてくれた。チームに熱意を取り戻し、各選手にグループの重要性を再認識させたんだ。そして、控えの選手にスタメンを助ける意識を持たせたね。彼はそれがとても上手だった」 「彼は素晴らしい監督であり、ゲームのアイデアを与えてくれたり、各選手が最高のプレーを発揮できるような形でピッチに立たせてくれたりする。ピッチに立って、自分のできることをするときは本当に楽しいよ」 「W杯に出場できず最低の状態になった後、すぐこのユーロで優勝を目指すことにしたんだ。地に足をつけ、頭を揃えてグループとして働き、すべてのゴール、すべての試合に集中する必要がある。決勝戦でプレーするには、この方法しかないんだ」 2021.06.15 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

「僕は元気」病床からエリクセンがインスタ更新! 多くのメッセージに感謝

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、自身のインスタグラムを更新。改めて自身の状況を報告した。 デンマークは12日、ユーロ2020の第1節でフィンランド代表と対戦。2大会ぶり9度目の出場となるデンマークが試合を優勢に進めていた中、前半の終盤に悲劇が起きる。 43分、クリスティアン・エリクセンがスローインのボールを受けにいくと、足元がおぼつかず、そのままピッチへと力なく倒れ込む事態に。突然の出来事に一瞬時が止まったが、すぐに選手たちが気が付き、エリクセンの下へ。ドクターも呼ばれる緊急事態となった。 スタンドの観客も騒然とする中、10分以上の治療がピッチ上で行われ、その後ストレッチャーで運び出されたエリクセン。「心停止していた」とドクターが明かすなど、厳しい状況から生還していた。 代理人を通じてすでにメッセージを発表していたエリクセンだが、自身のインスタグラムでも無事を報告。ベッドで横たわりながらも笑顔で親指を立てた写真とともに、多くのメッセージに感謝し、デンマーク代表を応援すると綴った。 「みなさん、こんにちは」 「世界中からの甘くて素晴らしい祝福やメッセージに感謝します。それは、僕と家族にとって大きな意味を持ちます」 「このような状況だけど、僕は元気です。まだ、病院でいくつかの検査を受けなければいけないけど、大丈夫だと感じている」 「次の試合ではデンマーク代表の選手たちを応援する。デンマーク全土でプレーしよう」 <span class="paragraph-title">【写真】エリクセンが、ベッドから自身の無事を報告&メッセージに感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQIbbREAXo5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQIbbREAXo5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQIbbREAXo5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.15 16:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly