控えGKフザート奮闘のローマがダービー制す、ラツィオは来季のCL出場権獲得ならず《セリエA》

2021.05.16 05:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ローマvsラツィオのローマ・ダービーが15日に行われ、2-0でローマが勝利した。

ヨーロッパリーグ(EL)出場を争う7位ローマ(勝ち点58)と、チャンピオンズリーグ(CL)出場が厳しくなっている6位ラツィオ(勝ち点67)によるローマ・ダービー。

ローマは前節インテルに1-2と競り負けたものの、8位サッスオーロもユベントスに敗れたため、2ポイント差を維持。7位までに与えられる最低限の目標であるEL出場を果たすため、現状のベストメンバーで臨んだ。

対するラツィオは消化試合が一つ少ない中、4位ナポリを6ポイント差で追う。直前の試合で5位ユベントスがインテルに勝利したため、引き分け以下に終わるとCL出場権獲得が絶たれるラツィオはコレアがベンチスタートとなって、インモービレの相棒にはムリキが抜擢された。

慎重な入りとなった中、ややラツィオがポゼッションで上回る展開で推移していく。互いにシュートに持ち込めない膠着した序盤を経て、26分にラツィオに決定機。相手ボックス内でミリンコビッチ=サビッチがイバニェスからボールを奪った流れから、ルイス・アルベルトのシュートが枠を捉えたが、GKフザートの好守に阻まれた。

ひやりとしたローマが前半半ば以降はポゼッションを高めるも、引き続きシュートに持ち込めず苦戦していたが、42分に先制する。ボックス左でパスを受けたジェコが仕掛けてゴールライン際からクロスを送ると、ムヒタリアンが合わせた。

ローマが1点をリードして迎えた後半もボールを握る展開で推移すると、57分にクリスタンテがボレーで追加点に迫った。

その後もローマがペースを握る中、ラツィオは75分にインモービレがボレーシュートでゴールに迫るも、ここもGKフザートの好守に阻まれた。

すると78分、途中出場のペドロが勝負を決定付ける。バイタルエリアで仕掛けたペドロがボックス手前中央から左足を一閃。正確なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。

終盤にかけてもローマが主導権を握ると、87分にはジェコが左足ミドルで3点目に迫りラツィオを牽制。そして1分後、アチェルビがジェコに対するファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場となったラツィオに対し、ローマが2-0で勝利。最終節スペツィア戦に勝利すればEL出場権獲得が決まる状況となった。対するラツィオは来季のCL出場権を逃す格好となっている。


関連ニュース
thumb

トッティはモウリーニョを歓迎 「世界最高の監督を迎え入れた」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏が、ジャッロロッシの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督を称賛している。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 インテル時代にイタリア史上初のトレブルを達成したモウリーニョ監督だが、直近のマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムでは思うような結果を残せず。その守備的なスタイルや歯に衣着せぬ発言といったチームマネジメントの部分でも、“終わった監督”との指摘もある。 ロマニスタやクラブOB、セリエAの識者の間でも今回の新指揮官招へいは賛否両論となっているが、ローマ屈指のレジェンドは「世界最高の監督」とポルトガル人指揮官の招へいを歓迎しているようだ。 ミラノとコルティナ・ダンペッツォで開催される2026年の冬季オリンピックのアンバサダーを務めるトッティ氏は、その会見の場で古巣のモウリーニョ監督招へいについて言及した。 「彼が到着したら、彼は自分自身の考えを言うはずだ」 「我々は世界最高の監督を迎え入れた」 「彼の指導を受けたかったかって? 私が若ければ、イエスと答えるだろうね」 また、犬猿の仲と言われたジェームズ・パロッタ前オーナーが去り、現フリードキン体制移行後はクラブに復帰する可能性が噂されているが、現時点でローマに帰還する可能性は低いようだ。 「ローマについては誰とも話していないし、そこに私の役割はないだろう。電話はオフになっているよ」 2021.06.25 00:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェコはローマを早期退団? フリーでセリエAクラブへ移籍の可能性が報道

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(35)がセリエA内で移籍する可能性が高まっているようだ。 ジェコはこれまでローマで公式戦260試合に出場し119ゴール55アシストを記録。チームの攻撃を牽引してきた存在だ。 しかし、今シーズンはパウロ・フォンセカ監督との衝突が激しくなり、冬の移籍市場ではユベントスやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バルセロナ、ウェストハムなど、幾つかのクラブへの移籍の可能性が取りざたされた。 結局チームに残留したジェコだが、来年で切れる契約は延長しない見込み。さらに、ジョゼ・モウリーニョ監督が新たに就任することもあり、移籍が取り沙汰されている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ジェコは前倒しでクラブとの契約を解除したい意向を示しているとのこと。ローマとしては750万ユーロ(約9億8000万円)という給与を支払わなくて良いというプラス材料がある。 そのジェコだが、トルコのフェネルバフチェと交渉中ともされた中、ミランやユベントスなどセリエAクラブにフリーで加入することを希望しているという。 ミランはチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが契約を延長したため、ターゲットを切り替えてジェコにすると見られている。 実績十分のジェコだが、来シーズンはどこのユニフォームを着ているだろうか。 2021.06.20 22:46 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョもセルヒオ・ラモスを狙う? 電話で会話と報道も…

ローマの新監督に就任するジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の獲得に興味を持っているようだ。 セルヒオ・ラモスは、今シーズンまでのレアル・マドリーの契約が満了を迎えるにあたり、チームと契約延長の交渉を行ってきた。 しかし、両者の契約内容が合意せず、セルヒオ・ラモスがクラブの要求を飲もうとしたものの、交渉期限が過ぎたとのことでチームから退団することが公式に発表されていた。 古巣のセビージャへの移籍を自身が否定。一方で、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に動くとされる中、ローマも検討しているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ローマのモウリーニョ監督がセルヒオ・ラモスと会話をしたとのこと。マドリー時代の教え子であるセルヒオ・ラモスと友人関係が続いているモウリーニョ監督。この電話はあくまでも友人同士の会話だったようだが、将来について話す場にもなったと報じられている。 しかし、ネックとなるのはセルヒオ・ラモスの高額な給与。さらに、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権がないため、交渉の場では弱い立場となるとされている。 多くのクラブへの移籍の噂が止まないセルヒオ・ラモスだが、一体どのクラブを選択するのか。スペインから離れるのかにも注目が集まりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、16年間にわたる数々のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.20 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

レンヌ、1年半レンタルで在籍したエンゾンジの退団を発表

レンヌは19日、元フランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(32)とのレンタル契約が満了し、退団することを発表した。 アミアンでプロデビューを飾ったエンゾンジは、ブラックバーンやストーク・シティでプレー後、セビージャで活躍。 そして2018年夏にローマに移籍したが、ローマでは実力を発揮しきれなかった。そしてガラタサライへのレンタルを経て、昨年1月にレンヌへレンタル。レンヌでは主力として活躍し、今季はリーグ・アン34試合に出場。チームは6位でフィニッシュしていた。 2021.06.20 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマがジャカ交渉難航受け、ビラのブラジル代表MFに関心!

ローマがアストン・ビラに所属するブラジル代表MFドウグラス・ルイス(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『BirminghamLive』が報じている。 来シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するローマは、今夏の移籍市場でアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)の獲得に動いている。 すでに個人間での合意を漕ぎつけたローマは、アーセナルに対して1290万ポンド(約20億円)の公式オファーを掲示。だが、最低1700万ポンド(約26億3000万円)を求めるアーセナルはこのオファーを拒絶した模様だ。 そのため、ローマはアーセナルとの交渉を継続していく一方、獲得に失敗した場合に備えて新たな候補としてドウグラス・ルイスをリストアップしているようだ。 母国のヴァスコ・ダ・ガマでプロキャリアをスタートした23歳のボランチは、2017年夏にマンチェスター・シティに完全移籍。すぐさま提携クラブのジローナに武者修行に出されると、2シーズンに渡って準主力としてプレー。だが、シティ復帰はならず、2019年にビラへ完全移籍した。 すると、ビラでは中盤のアンカーや2セントラルMFの一角として、持ち味の豊富な運動量と球際の強さ、的確なボール捌きを武器に、中盤の絶対的な主力に君臨。その活躍が認められてブラジル代表にも定期的に招集されている。 現時点ではあくまでジャカのプランBと言えるが、現在のローマ中盤の陣容を考えると、その伸びしろを含めジャカよりも適した人材かもしれない。 2021.06.16 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly