C・ロナウドのポルトガル凱旋なし…母説得公言も代理人否定

2021.05.15 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)の母国凱旋はなさそうだ。スポルティング・リスボンから世界に羽ばたいて以降、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントスを渡り歩くC・ロナウド。36歳の今季もここまで42試合の出場で35得点4アシストと抜群の存在感を示す。

ただ、所属先のユベントスはアンドレア・ピルロ新体制でスタートした今季、大苦戦。チャンピオンズリーグ(CL)の戦いがベスト16敗退に終わっただけでなく、セリエAもインテルに王座を譲る形で10連覇の夢が消滅した。

さらに、来季のCL出場権すらも危うく、残り2節の現時点で5位。低迷するチーム状況もあり、批判の矢面に晒されるC・ロナウドはユベントスとの契約が来季まであるが、今季終了後の去就にフォーカスした報道が増加傾向だ。

ユベントスがCL権を逃すと、C・ロナウドの世界最高クラスの高額な給与の支払いが厳しくなるともいわれるなか、同選手の母であるドロレス・アヴェイロさんが先日、スポルティング・リスボンに戻るよう説得すると公言した。

しかし、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はポルトガル『Record』で、きっぱり否定した。

「クリスティアーノはスポルティングのリーグ優勝を誇らしく思っているが、現時点で彼のキャリアプランはポルトガルに行くことじゃない」
関連ニュース
thumb

サントスFWカイオ・ジョルジ、ユベントス移籍でクラブ間合意

サントスは2日、U-20ブラジル代表FWカイオ・ジョルジ(19)がユベントスへ移籍することで合意に達したことを発表した。 ブラジルメディアによれば移籍金は300万ユーロ(約3億9000万円)、ボーナスで100万ユーロ(約1億3000万円)追加される契約とのことで、将来のリセール時の移籍金5%をサントス側に支払う模様だ。5日までにイタリアでメディカルチェックを済ませ、正式契約となる運びだ。 ブラジルのオリンダ出身で10歳の頃からサントスの下部組織に加入したカイオは、アンダー年代からゴールを量産してきた逸材ストライカー。2018年にトップチームデビューを果たすと、ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで42試合に出場し、5ゴール3アシストの数字を残している。 また、2019年に行われたFIFA U-17ワールドカップでは5ゴールを挙げてブロンズブーツを獲得し、ブラジルの準優勝に貢献していた。 182cmのセンターフォワードはフィジカル面に未だ伸びしろを残すものの、優れたスピードとテクニックを生かした打開力に加え、抜群のコーディネーション能力で相手DFを背負ってのポストワークもそん色なくこなす大器だ。 これまではミランやベンフィカが強い関心を示してきたが、ユベントスが新天地となった。 2021.08.03 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ制覇のイタリア代表主将キエッリーニがユベントスと2年契約締結

ユベントスは2日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(36)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 リヴォルノの下部組織で育ったキエッリーニは、2004年7月にフィオレンティーナへと移籍。1年後の2005年7月にユベントスへと完全移籍で加入した。 加入当初は左サイドバックを任されていたキエッリーニだが、ポジションを中央に移しディフェンスリーダーに。ユベントスでは公式戦535試合に出場し36ゴール24アシストを記録していた。 セリエA9連覇を始め、コッパ・イタリア5度の優勝など多くのタイトルを獲得してきたキエッリーニだが、6月30日でユベントスとの契約が満了を迎えて無所属状態となっていた。 負傷こそ多くなっているものの衰えを見せないキエッリーニは先のユーロ2020ではキャプテンとして出場し、イタリア代表を53年ぶりの優勝に導いていた。 2021.08.03 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ制覇のイタリア代表主将、キエッリーニがユベントスと2年契約締結へ

イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(36)がユベントスと新たな契約を結ぶようだ。イタリア『スカイ』が伝えた。 リヴォルノの下部組織で育ったキエッリーニは、2004年7月にフィオレンティーナへと移籍。1年後の2005年7月にユベントスへと完全移籍で加入した。 加入当初は左サイドバックを任されていたキエッリーニだが、ポジションを中央に移しディフェンスリーダーに。ユベントスでは公式戦535試合に出場し36ゴール24アシストを記録していた。 セリエA9連覇を始め、コッパ・イタリア5度の優勝など多くのタイトルを獲得してきたキエッリーニだが、6月30日でユベントスとの契約が満了を迎えて無所属状態となっていた。 ユーロ2020にもイタリア代表のキャプテンとして出場し見事に優勝。その後の休暇を終えたキエッリーニは2日、ユベントスのトレーニングセンターへと顔を出したようだ。 『スカイ』によればキエッリーニは2年契約を結ぶとのこと。すぐにでも発表されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】キエッリーニ、ユベントスでの栄光の日々</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjR21KdklDcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.02 22:04 Mon
twitterfacebook
thumb

バルザーリ氏がデ・リフトを絶賛!ディバラについては「全力を尽くすべき」と期待を露わに

ユベントスのレジェンドである元イタリア代表DFのアンドレア・バルザーリ氏が、クラブの後輩たちについてコメントした。 バルザーリ氏は、アスコリやキエーボ、パレルモでプレーしたのちにブンデスリーガのヴォルフスブルクへと移籍。2011年冬にヴォルフスブルクからユベントスへ加入。2018-19シーズン限りで現役を引退した。 2019-20シーズンからファーストチームのコーチに就任したものの、家族を優先するために約8カ月で退任。しばしの休養期間を挟んで新シーズンから解説者としての活動を開始する。 イタリア『Tuttosport』のインタビューで、「世界最高のセンターバックは誰なのか」という話題に答えたバルザーリ氏は、錚々たるメンバーを挙げつつも、古巣で活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトのポテンシャルについて言及した。 「複数いるが、それはその時によって違う。キエッリーニ、ボヌッチ、ファン・ダイク、セルヒオ・ラモス、ピケ、チアゴ・シウバが私の中ではベストだ」 「デ・リフトはまだ22歳にも満たない。数年後には世界最高の選手になるだろう」 「彼はメンタリティをはじめ、世界最高の選手になるためのすべてを持っている」 また、ユベントスで10番を背負うアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラについても言及。もっと全力を尽くして絶対的な選手になってほしいと、期待を込めたコメントを残した。 「パウロは自分にもっと要求できる。持っているクオリティを飛躍させなければならない」 「キャリアを好転させなければならず、アッレグリとクラブの助けが必要だ」 「彼に才能があることは間違いないが、多くの選手のように時々光を放つだけではダメだ。絶対的なトッププレーヤーになるためには、全力を尽くす他ないよ」 「ピッチ上でのリーダーシップを高めたり、バランスを変えたりしなければならない。ユベントスは契約更新してでも彼を手放したくないということを示さなければならないね」 2021.08.02 21:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、サントスの逸材FWカイオ・ジョルジ獲得決定的に

ユベントスがサントスに所属するU-20ブラジル代表FWカイオ・ジョルジ(19)の獲得を決定的なモノとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数イタリアメディアが報じている。 ブラジルのオリンダ出身で10歳の頃からサントスの下部組織に加入したカイオは、アンダー年代からゴールを量産してきた逸材ストライカー。2018年にトップチームデビューを果たすと、ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで42試合に出場し、5ゴール3アシストの数字を残している。 また、2019年に行われたFIFA U-17ワールドカップでは5ゴールを挙げてブロンズブーツを獲得し、ブラジルの準優勝に貢献していた。 182cmのセンターフォワードはフィジカル面に未だ伸びしろを残すものの、優れたスピードとテクニックを生かした打開力に加え、抜群のコーディネーション能力で相手DFを背負ってのポストワークもそん色なくこなす大器だ。 現時点での市場価値は1200万ユーロ(約15億6000万円)程度となっているが、サントスとの現行契約は今年の年末までとなっており、クラブは移籍金が得られる今夏のタイミングでの売却を模索。 これまではミランやベンフィカが強い関心を示してきたが、最終的にユベントスが個人間、クラブ間共に合意を取り付けたようだ。 移籍金に関しては即金で150万ユーロ、2022年に同じく150万ユーロを支払う総額300万ユーロ(約3億9000万円)となり、将来のリセール時の移籍金5%をサントス側に支払う契約になっている模様だ。 2021.08.01 17:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly