序盤のミスが勝敗分けたビッグロンドン・ダービーはアーセナルに軍配! 無敗優勝時以来となる対チェルシーのシーズンダブル達成《プレミアリーグ》

2021.05.13 06:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第36節、チェルシーとアーセナルによるビッグロンドン・ダービーが12日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。

チェルシー(勝ち点64)は前節、チャンピオンズリーグ(CL)決勝の前哨戦となった首位マンチェスター・シティとの敵地での上位対決を劇的な2-1の勝利で飾り、来季CL出場権獲得に大きく近づく勝ち点3を手にして3位に浮上。今週末にトゥヘル新体制での初タイトルが懸かるレスター・シティとのFAカップ決勝を控える中、シティ戦からはギルモア、リース・ジェームズ、プリシッチ、アスピリクエタを除く先発7人を変更。チアゴ・シウバやマウント、チルウェルが復帰し、前線は最前線にハヴァーツ、2シャドーにプリシッチ、マウントが並んだ。

一方、リーグ戦で9位のアーセナル(勝ち点52)は、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝で前指揮官エメリ率いるビジャレアルに敗れて来シーズンのCL出場権獲得の可能性が潰えた。直近のWBA戦では相手を降格させる3-1の勝利を収めてバウンスバックを果たすも、逆転でのEL出場権獲得は非常に困難な状況だ。シーズンダブルを狙う今回のダービーでは先発5人を変更。チャンバース、セバージョス、ペペ、ウィリアン、マルティネッリに代えてパブロ・マリ、ティアニー、トーマス、オーバメヤン、ウーデゴールを起用。さらに、システムを[3-4-2-1]に変更した。

立ち上がりはアーセナルの布陣変更もあって互いに様子見の入りを見せたが、相手の出方を確認して以降は前からビルドアップに制限をかけていくアグレッシブな姿勢を見せる。

その序盤の主導権争いの中で互いに最終ラインでの決定的なミスが出て早い時間帯に試合が動く。まずは11分、ガブリエウからバックパスを受けたパブロ・マリに猛然とプレスをかけてボールを奪い切ったハヴァーツがそのままボックス付近までドリブルで運び、GKレノのポジションを見てゴール上部を狙った左足のシュートを放つが、このイージーフィニッシュを枠の上に外してしまう。

すると、直後の16分にはアーセナルが最終ラインに落ちてズマから横パスを受けたジョルジーニョにプレッシャーをかけてバックパスを強いると、GKケパの位置を確認せずにゴール方向に出したこのパスがそのまま無人のゴールへ向かう。ケパが何とかラインぎりぎりでかき出すも、ボックス左でこぼれを拾ったオーバメヤンが冷静に折り返すと、ゴール前のスミス・ロウが左足のシュートを右隅に流し込んだ。

ジョルジーニョの痛恨ミスからスミス・ロウに2試合連続のゴールを許したホームチームはすぐさま反撃を開始。22分には右サイドを完璧に崩してボックス右でプリシッチが折り返したボールを中央のマウントが蹴り込むが、これはDFホールディングの決死のブロックに阻まれる。続く28分にはボックス左でハヴァーツからパスを受けたマウントが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKレノの好守に遭う。

前半終盤にかけても相手を自陣深くに押し込めることに成功したチェルシーだが、流れの中では相手の中央をきっちり締める守備をこじ開けられず。そうなると、セットプレーでゴールをこじ開けたいところだったが、ズマやハヴァーツ、チアゴ・シウバのシュートは相手のブロックなどに阻まれて、前半のうちに追いつくことはできなかった。

迎えた後半、先に動いたのはチェルシー。ギルモアに代えてハドソン=オドイを投入し、マウントがギルモアが務めていたボランチに下がる。後半も後ろに重心を置くアウェイチームに対して圧倒的なボール支配率で主導権を握り、早い時間帯のゴールを目指す。

すると、61分には左CKの場面でキッカーのマウントがゴール前に入れたクロスに競り勝ったハヴァーツのヘディングシュートがファーに流れると、これをドフリーのプリシッチが冷静に押し込む。だが、VARのレビューの結果、プリシッチは完全にオフサイドラインを越えておりゴールは認められず。

以降もチェルシーが相手陣内でハーフコートゲームを展開もアーセナルの堅守をこじ開けられない膠着状態が続く。そして、両チームは65分を過ぎたタイミングで積極的に交代カードを切っていく。

ビハインドを追うチェルシーは65分にハヴァーツを下げてターゲットマンのジルー、78分にはアスピリクエタを下げてツィエクを投入し、変則的な[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフト。対するアーセナルは66分にサカを下げてベジェリン、79分にはオーバメヤンに代えてラカゼットと同じポジションでの交代も、より逃げ切りを意識した戦い方にシフトした。

その後、後半終盤にかけてはチェルシーの猛攻をアーセナルが決死の守備で撥ね返し続ける。その中で90分にはチェルシーに絶好の同点機が訪れる。セットプレーの二次攻撃でツィエクのロングボールを攻め残っていたズマが頭で合わせると、これがクロスバーを叩く。さらに、ゴール右でこぼれに反応したジルーが右足ボレーで押し込みにかかるが、これも再びクロスバーを叩いた。

この土壇場での連続ピンチを凌ぎ切ったアーセナルは、6分が加えられたアディショナルタイムも集中力を切らさず、このまま試合をクローズ。この結果、序盤のミスが勝敗を分けた白熱のビッグロンドン・ダービーはアウェイのアーセナルに軍配が上がり、無敗優勝を果たした2003-04シーズン以来となる対チェルシーのシーズンダブルを達成した。

一方、ホームで敗れたチェルシーは公式戦8戦ぶりの黒星となり、前日に勝利したレスターに抜かれて4位に転落。今週末のFAカップ決勝に弾みを付けることはできなかった。

関連ニュース
thumb

アーセナルがスミス・ロウへの39億円オファーを拒否、アストン・ビラが狙う

アーセナルは、U-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(20)に対するアストン・ビラからのオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 アーセナルのアカデミー出身のスミス・ロウは、順調にキャリアを重ねると、RBライプツィヒやハダースフィールドへのレンタル移籍を経験。今シーズンからファーストチームに昇格していた。 シーズン序盤はプレミアリーグで出場機会を得ることがなく、カップ戦要員となっていた中、昨年末にプレミアリーグで出場機会を得ると、今年に入ってからはレギュラーポジションを確保。アーセナルの攻撃を牽引するまでに成長していた。 アーセナルとの契約は2023年6月30日までとなっているが、すでに契約延長に動いている状況。ミケル・アルテタ監督をはじめ、クラブの将来を担う存在として大きな評価を得ている。 そのスミス・ロウに触手を伸ばしているのがアストン・ビラ。2500万ポンド(約38億6700万円)のオファーを出したとのことだ。 当然アーセナルは売却する意思などなく、スミス・ロウがアストン・ビラに行く可能性はほとんどない状況。また、アーセナルはノリッジのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを今夏のターゲットにしていたが、アストン・ビラに3300万ポンド(約51億円)で獲得されており、なおさらスミス・ロウを渡す理由はなくなった。 なお、アーセナルはブライトン&ホーヴ・アルビオンのDFベン・ホワイト(23)、シェフィールド・ユナイテッドのGKアーロン・ラムズデール(23)と、イングランド代表としてユーロ2020に参加している2人の補強を目指しているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】ユース時代のスミス・ロウの輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKM0M3N002ZSIsInAiOiJob2NoaW5ld3MiLCJwbCI6IiJ9"></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/hochinews.js"></script> 2021.06.17 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャカ、ローマ移籍近しとの去就に「そのときになればわかる」

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ行きの噂も取り巻く自身の去就に言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。 2016年夏にボルシアMGからアーセナル入りしたジャカは公式戦通算220試合の出場で13得点20アシストをマーク。今季も本職の守備的MFとしてだけでなく、センターバックや左サイドバックとしても重宝され、公式戦45試合に出場した。 そんなジャカはミケル・アルテタ監督から信頼が厚く、アーセナルとの契約もまだ2年間も残るが、来季からローマの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望。リクエストを受けたローマが獲得に乗り出しているといわれる。 そのなかで、ローマと個人条件で合意に至ったとされ、アーセナルとのクラブ間交渉でもゴールが近いと目されるジャカ。近く移籍が決まる可能性も取り沙汰されるが、本人はついに開幕したユーロ2020の戦いに集中する意向を示した。 スイス代表のキャプテンを務めるジャカは12日に行われるグループA第1節のウェールズ代表戦に先駆けた会見に出席すると、自身の将来よりも代表活動に集中していくと話した。 「市場がオープンしたら、常に噂も挙がるものだが、将来についての話をしたくない。このトーナメントが終わるまではね。この後に何が起こるかはそのときになればわかってくるはずだ」 「他のことに気を取られたくない。状態が良く、やる気もある。色々とやりたいんだ。この大会はチームにとっても、スイスにとってもすごく大事。僕らは良い戦いを披露したいんだ」 2021.06.12 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“社長”フラミニが新プロジェクト立ち上げ、相棒は元同僚エジル

元フランス代表MFマテュー・フラミニがフェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルとともに、新事業に乗り出すようだ。 かつてはアーセナルやミランでプレーし、献身的な守備で中盤に不可欠なプレイヤーとなっていたフラミニ。しかし、2019年夏にヘタフェを退団してからは無所属のまま約3年が経過しており、事実上の引退状態になっている。 また、サッカー選手とは別に経営者の顔を持っていることでも有名だ。2008年にビジネスパートナーと共に「GFバイオケミカル」という会社を設立すると、石油の代替エネルギーとなり得る新エネルギー、レブロン酸の大量生成に成功しており、その市場規模は200億ポンド(約3兆円)にも上ると見られている。 そんなフラミニはイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「これまで以上に忙しい日々を送っているよ」とコメント。経営者としての生活についてを話した。 「僕はエネルギーに溢れた人間だ。毎日、トレーニングをしているし、それが僕のライフスタイルの一部になっている。椅子に座っていると不安になるんだよ」 「僕はバイオ燃料の分野で様々なことに取り組んでいる。環境問題の解決策を探っているんだ」 また、今回アーセナル時代の元同僚であるエジルをビジネスパートナーに迎え、新プロジェクト『UNITY』を設立したことを発表。アスリートの食生活を考え、健康を管理するサプリメントを販売するサービスのようだ。 「サッカー界には10代の若者も多く、トップアスリートでさえ、砂糖と着色料が多く入った不健康なエナジードリンクを飲んでいる。それにはショックを受けたね」 「僕らのアイデアは人々が自分の健康をコントロールできるように、特定の目標に向けたサプリメントを作ることだった。他の市場にある製品は自然の素材を使っていなかったり、あまり重要ではないことに焦点を当てて作られていたりしていたからね」 さらに、相棒となるエジルについても言及。「サッカー選手としてのプレーが彼の最優先事項だ」としつつも、別分野での再びの共演を喜んだ。 「彼は多くのアイデア、多くの意見を持っている。時には決断を迫られることもあるけど、まるでブレインストーミングのように、通話やメッセージで連絡を取り合ったり、写真を取り合ったりしているよ」 「定期的に連絡を取り合って話をすることができるから、とても楽しいね。このプロジェクトは、僕らの長年の友情を続けさせてくれているんだ」 2021.06.11 18:29 Fri
twitterfacebook
thumb

モウがリクエストのジャカ、ローマ移籍に先進か

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ移籍に先進しているようだ。 2016年夏にボルシアMGからアーセナル入りしたジャカは公式戦通算220試合の出場で13得点20アシストをマーク。今季も本職の守備的MFとしてだけでなく、センターバックや左サイドバックとしても重宝され、公式戦45試合に出場した。 そんなジャカはミケル・アルテタ監督から信頼が厚く、アーセナルとの契約もまだ2年間も残るが、来季からローマの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望。リクエストを受けたローマが獲得に乗り出しているといわれる。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、そんなローマはまだ合意に至ってこそいないが、アーセナルが見込む2500万ユーロ(約33億2000万円)の評価額に歩み寄っており、獲得に接近。ジャカとは個人条件で合意に達しているという。 2020年1月にヘルタ・ベルリン行きが迫りながらアーセナルに残留して、今に至るジャカ。アーセナルはスイス代表MFが抜けそうな中盤の補強として、ウォルバーハンプトンからポルトガル代表MFルベン・ネヴェスを狙っているといわれる。 2021.06.11 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがラ・レアルのエースFWイサクに関心か

アーセナルがレアル・ソシエダに所属するスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグを8位でフィニッシュし、25年ぶりにヨーロッパのコンペティション出場を逃したアーセナル。ミケル・アルテタ体制3年目で捲土重来を図る新シーズンに向けては、上位クラブとの戦力差を埋める上でも積極的な補強が求められるところだ。 ここまでクラブはGK、両サイドバック、セントラルMF、攻撃的MFという5つのポジションを優先的にテコ入れする考えと言われているが、『The Athletic』はその動きと同様に新たなストライカー候補として若きスウェーデン代表FWの獲得に動く可能性を指摘している。 現在、アーセナルではU-21イングランド代表FWエディ・エンケティア、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットという2人のストライカーが売却候補に挙がっており、仮に両選手共に手放した場合、新たなストライカーの獲得が必要となってくる。 そして、その有力な候補はテクニカル・ディレクターのエドゥ氏お気に入りのイサクだという。 今シーズンのソシエダでリーグ戦34試合17ゴールとキャリアハイの数字を残した21歳は、192cmのサイズを感じさせないアジリティとテクニック、馬力のある仕掛け、磨きをかける決定力を武器に“イブラヒモビッチ2世”との期待を集める逸材だ。 ただ、過去にバルセロナからの関心が伝えられた同選手は7000万ユーロ(約93億5000万円)の契約解除金が設定されており、獲得には相応の移籍金を積む必要がある。 2021.06.09 23:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly